乳がんとは|乳癌の症状、しこりや石灰化について解説|石灰化にマンモトーム|乳癌の治療|東京の江戸川病院 乳腺外科・乳腺外来

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

ルミナールbの抗がん剤について   [管理番号:2892]
ルミナールbタイプなので、放射線とホルモン療法の前に抗がん剤をするように言われました。
現在、FECを3週間ごとにしていて来週4回目が終わります。
その後にウィークリーパクリタキセルを16回と言われています。
副作用を考えるとFECだけで終わり
たいのですが、主治医はパクリタキセルを
追加するとしないとでは再発率が違う、最初が肝心と勧めてきます。
<女性:48歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

田舎での治療   [管理番号:2730]
放射線はこの病院では設備が無く別な病院で行う
そこも医療従事者が集まらず潰れるのでは?と噂があるほど
放射線医師も他県から周1で派遣
毎日しなければならない治療に医師が周1しか来ない事に不安が・・・
今の先生も数か月後に同じ大学病院の別の医師と変るそうです
鉄道もない、公共の乗り物は使い物にならない、1人1台の車の保有率
車の運転ができない私は放射線のある病院に通うのは不可能
<女性:52歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

乳がんについて   [管理番号:3031]
脇にしこりを見つけて乳腺外科に行きましたが、悪いものではないと言われました。
乳腺症があるので時々胸が痛かったり、うつ伏せになった時に痛みがあったりします。
両胸だったり脇のしこりが時々痛みますが、現在不妊治療をしておりホルモン剤を飲んでいるので、そのためかと思っています。
自己検診をしなくても、年に2回もエコーしていたらそこまで不安になる必要ないですか??
脇のしこりが気になりますが以前からありますし、年に2回も違う病院でエコーしていたらそれ以上の検査(細胞診など)希望しなくても良いですか?
<女性:39歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

微小浸潤   [管理番号:2974]
私は手術前の検査で石灰化が5センチくらいに広がっていて全摘しました。
手術前は非浸潤がんの可能性だったんですが手術後の病理検査で 2.5ミリ微小浸潤していて低リスクの乳頭腺管ガンでした。
ホルモン両方50%以上 HER2マイナスで1月からノルバデックスとゾラデックスのホルモン治療しています。
<女性:37歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。