乳がんプラザ|乳がんの手術・マンモトームは東京の江戸川病院乳腺外科

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

針生検と細胞診の信憑性   [管理番号:2956]
昨年の春 触診にて 1センチのしこりが 見つかりました。
すぐ 針生検となりましたが 結果は 線維腺腫だろうとのこと。
半年ごとの経過観察となり 秋に診察したときは 変化がありませんでした。
ところが 最近 しこりを触ってみると 前と形が違う感じがしたので 定期健診を待たずして 急いで 病院に行って エコーをしたところ 1.3ミリになっており 誤差範囲とは 言われましたが 念のためということで 細胞診をしました。
そこで 結果は クラスⅤとの診断診断でした。
線維腺腫は 癌にならないと 思っていたのに、びっくりなはなしです。
<女性:44歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

治療について   [管理番号:2955]
4月に右側全摘したものです。
乳頭はそのまま温存しております。
同時に1次再建しました。
乳頭に近かったので手術後に乳頭は考えることになっていました。
病理結果は
癌の大きさ1.5
顔つき  3
リンパ節転移 10個ほど取りましたが転移はありませんでした。
<女性:48歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

乳癌術後について   [管理番号:2221]
主治医にはそのとき乳頭の近くと胸壁の筋肉に近い部分に一ミリ程度の癌細胞があると言われ、追加手術をするか放射線治療をするか選択してくださいと言われ、放射線治療を選択しました。
今となってはその1ミリの癌が残っているのではないかと心配でなりません。
<女性:51歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

術後の化学治療についての質問です   [管理番号:2884]
右乳房全摘手術をしました。

術後病理検査の結果
大きさ22mm
ホルモンER10%のみ
LK67 20%
HER2 +3
グレード3

質問はUFTの服用を止める選択は再発転移の危険性を高めますか?
この治療は標準治療でしょうか?
先生のサイトをもっと早く知っていればアドバイスが欲しかったです。
HER2でグレード3では再発転移して死ぬと考え薬がないと眠れません。
<女性:64歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。