乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

治療方針について   [管理番号:2833]
先月末に右乳房温存手術をしました。
病理検査結果は、
癌の大きさ約13mm
乳癌の中でも珍しい髄様癌という組織リンパ節転移はみられませんでした。
癌の悪性度
Ki-67:32.6%(少し高い)
癌の進行具合ステージI
今後の方針は
温存乳房への照射(約5週間)
念のため薬剤による補助療法(抗ガン剤治療)を行うか行わないで様子をみるか考えて欲しいと言われました。
<女性:42歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

リンパ節微小転移 今後の治療について   [管理番号:2832]
余りにも手術まで長かったのでリンパ節転移が心配で医師にたずねると、
乳がんは進行が遅いし腫瘤が小さいので転移までは大丈夫だろうということでしたが
(一応開けて見ないと分からないこともある…と説明は受けました)、
今回微小転移2個という結果になりました。
質問なんですが
今後の治療として医師からは放射線治療に加えて
TC療法までいかずとも
TAM+UFT…微小転移があったのでしたほうがいいのでは?と提案されてます。
田澤先生のサイトを拝見し私自身ホルモン剤療法(+放射線治療)だけでと思ってます。
<女性:46歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

嚢胞内乳頭腫   [管理番号:2831]
1年前「嚢胞内腫瘍」で手術。
その結果「嚢胞内乳頭腫」と診断されました。
その後、術後検査を何度か受けていたのですが、先日、その手術をしたあたりに新たな「嚢胞内腫瘍」がある、と言われました。
腫瘍の大きさは6ミリ~8ミリ。
半年間、経過観察をして必要であれば摘出しましょう、とのことでした。
私が妊娠を希望していると『妊娠すると2年間何も手出しできなくなるので3ヶ月にしましょうか』ということで3ヶ月後の再検査になりました。
<女性:36歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。