乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

非浸潤性乳管癌のタモキシフェン服用について   [管理番号:2793]
現在タモキシフェンを服用しながら、5月のオペ待ちです。
毎年検診は受けており、今回初めて経過観察と言われ、来年では遅いのでは?と念のため受診をしたところ見つかりました。
ホルモン感受性8点で満点とのことで、服用を開始しておいてはとのことで内服をしています。
私もその方がよいと思って内服していたのですが、
今回オペで別の病院に行く事になり、そこの医師からは、他の癌の発生を考えると非浸潤癌であれば飲まなくてもいいのではと言われ、よくわからなくなりました。
<女性:43歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

トリプルポジティブの治療、予後について、   [管理番号:2792]
先日、乳がんの診断を受けました。

トリプルポジティブです。

腫瘍の大きさは約1.3センチ。
グレード2
KI67、53% リンパ節転移は現状は確認されていませんが、手術で見つかる可能性も高いのでしょうか。
その他 詳しくわからずすみません。

来週手術の予定です。
主治医からは一応早期だけど、ハー2の増殖がさかんなので…と言われショックを受けております。

その後の治療は先生ならどのようにすすめられますか?
<女性:41歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

検査結果グレーからステージ2に。1年で2cmの腫瘍。進行性のがんでしょうか?   [管理番号:2791]
良性腫瘍に見えても、検査の結果がグレーになり、生検を受けることはよくあると聞きます。
細胞診の段階で、グレーで悪性とは
言い切れないのだから、がんだとしてもステージ0の非浸潤性乳がん
である可能性が高いと医師が言っていたようです。
でも現実は違いました。

細胞診、MRIがグレーなのに、ステージ1以上、場合によってはステージ4
なんてことは起こりうるのでしょうか?

また、2cmもある腫瘍なのに、細胞診でわからないなんて、
細胞診を行った医師が、うまく採取できていなかったなんて
可能性はあるのでしょうか?
<女性:55歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

抗ガン剤治癒について   [管理番号:2753]
病理組織検査の結果は紙面で以下のように説明をうけました。
しこりの大きさ 0.8センチ
リンパ節転移 センチネル 0/2個
グレード 2
リンパ管の中のガン細胞 陰性
血管の中のガン細胞 陰性
ER PgR 陰性
HER2 陰性
Ki-67 30~40
ステージ Ⅰ
今後の治療については
抗エストロゲン剤約5年以上
放射線治療16回
抗ガン剤は希望があればタキソールを3回/月4クール抗ガン剤治療を受けるべきかどうか悩んでいます。
<女性:48歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

手術先行か術前化学療法先行か、迷っています。   [管理番号:2790]
しこり、左胸外側3.8cm、リンパ節転移3~4個位(エコーでは、数個がくっついているようで不明との事)
しこりも、エコーでは境界がはっきりとしない感じの画像でした。
先生もモヤモヤしてると言ってました。
この時点で、担当医からは全摘と腋窩郭清の手術との事。
手術先行か抗がん剤先行かどちらでもいいですとの話を受けて、悩んでいます。
<女性:49歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

マンモで構築の乱れがない場合   [管理番号:2789]
しこりがあったので病院に行き、マンモグラフィとエコーをしてもらったのですが、「乳房内のひきつれがないから乳がんではない」と言われました。

ひきつれがない乳がんはないのでしょうか?
<女性:28歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。