乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

アポクリンがん、非浸潤がんの場合   [管理番号:2782]
1)非浸潤がんに対する乳房温存術の45%で取り残しがあると聞きました。
全乳房切除術+再建の方が安全のように感じますが、先生は非浸潤性乳管がんの場合、どういった手術をされることが多いのでしょうか?
2)温存手術+放射線後に再発した場合、はじめから全乳房切除術+再建よりも再建が難しくなるのでしょうか?
3)3-4カ月手術を待っている間に、非浸潤性乳管がんが浸潤がんになる可能性はないのでしょうか?HER2陽性、アポクリンがんということも気になります。
<女性:56歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

リンパ節の腫れについて   [管理番号:2736]
乳癌確定後、同様のケースを検索していて先生のQandAにたどり着きました
私は先生のおっしゃる判別できない石灰化で経過観察後に見付かりました。
検査依頼を出来なかった自分が悔しいです
ご相談したいのは
「アレルギーによるリンパ節の腫れの評価と経過観察」についてです
片側手術前の検査(CTとMRI)で両腋に(アレルギー由来?)の腫れがあり、術中センチネル生検では陰性でした。
<女性:39歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

ノルバデックスの服用期間   [管理番号:780]
ノルバデックスの服用期間で迷っています。ノルバデックス服用後の副作用は軽度のホットフラッシュくらいでしたので継続して服用することを選択し7年目に入りました。この間の診察でノルバデックスの長期服用は子宮がんのリスクを高めるが、まだ続けていきますか?と主治医に言われました。<女性:49歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。