乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

アロマターゼ阻害薬とプラリアの併用   [管理番号:2724]
海外(ドイツ)在住者で、2年前に乳がんの全摘手術を受けました。
以下が術後の病理です。
浸潤性小葉癌
T1b(7ミリ) N0(0/1)(sn)(i-) M0
ER PgR共に90パーセント以上
組織学的異形度2 (3+2+1)
核異形度1(2+1)
HER2陰性
Ki67 5パーセント
浸潤 f、Ly(-) V(-)
放射線治療が嫌だったので、全摘して同時再建しました。
こちらでは、閉経前ですが、アロマターゼ阻害薬とリュープリンの併用が一番良いと言われ、2年前からフェマーラを服用しています。
<女性:43歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

ご質問させてください。   [管理番号:2605]
44歳女性 閉経前のものです。
左乳房全摘手術+センチネルリンパ生検+エキスパンダー挿入
浸潤性入管癌  130mm(13cm)

質問は2点です。
①私の場合オンコタイプDX ではどのような結果が予測されるのでしょうか?
②また、今更主治医にオンコタイプDXをおねがいできるのでしょうか?
<女性:44歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

針生検の結果がなかなか出ません。   [管理番号:1563]
左胸上部にマンモグラフィーで気になるものが写っているということで、エコーで調べてもらうと「境界線のはっきりしないもの」があるので、針を刺して調べてみましょうということになりました。
【質問5】
昨年11月に左胸全摘手術をしております。
傷口は15cmほどあるのですが、そのうち3cmくらいの部分がミミズ腫れのような感じになっています。
手術後すぐに、その部分にかさぶたができ、入浴時に取れてしまってから、そのような感じになったと記憶しております。
その後も時々、入浴後にピリピリした感じがあり、生傷を繰り返しているのかな、と思っています。
<女性:46歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。