乳がんとは|乳癌の症状、しこりや石灰化について解説|石灰化にマンモトーム|乳癌の治療|東京の江戸川病院 乳腺外科・乳腺外来

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

非浸潤がんについて   [管理番号:2699]
切断した断面の写真をいただいたのですが、乳頭にとても近く再発が不安です。
1cmスライスなので間に5㎜以上の浸潤がんがあるのではないか。
石灰沈着を認めるとはコメド壊死ではないのか。
主治医の先生は再発率はとても低く断端陰性なので問題はないが、
不安であればティッシュエキスパンダー入れ換え時に乳頭を切除しますと言われました。
グレード2という事と乳頭に近いということが不安です。
やはり乳頭を切除したほうが良いのでしょうか?
<女性:47歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

再発について   [管理番号:2698]
PET検査2回撮影、右胸鎖骨下リンパ節当たりでしょうか、赤い集積がありました。
読影する方は、癌だとおっしゃっていたそうですが、主治医は少し納得がいかないようです。
4月にリュープリン注射なのでそれに合わせて再血液検査をし、その結果如何でMRIの予定です。

1.エコーをしてもPETCTには写らない癌もあるのでしょうか。
2.やはり再発が濃厚でしょうか。
3.再発の場合、手術は受けられますでしょうか。
<女性:46歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

ハーセプチン治療   [管理番号:2697]
3月に入り左乳房全摘術+再建をしました。
病理結果
浸潤性乳癌≪非浸潤性乳癌 乳頭腺管癌 ステージ1
腫瘍の大きさ 浸潤部3×4㎜ 全体 70×51×13㎜
センチネルリンパ節0/3
脈管内侵入なし
断端陰性

今後はハーセプチンのみ1回/3週間の1年間と言われました。
いろいろ調べると、ハーセプチンを単独で使うことはしていないと見ます。
核グレードも悪く、顔つきも悪いし、MIB-1も高いので、とても心配です。
もちろん抗がん剤に抵抗はありますが、先生ならどうお考えになられますか?
<女性:45歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

術後の療法について。   [管理番号:2696]
2月下旬に乳頭乳輪温存乳房切除術を受け、先日全ての病理結果が出ました。
診断結果:悪性

病理診断:Scirrhous
carcinoma,right
breast,NSM+SN.Lymph
node:Negative.

病理所見:乳頭乳輪温存右乳房全摘術材料。

浸潤癌は連続3割面、I-Kに存在し、中等度から高度異型を示す上皮が管状、癒合腺管状、索状、小胞巣状に浸潤増殖しています。
乳管内癌成分、間質量ともに少量です。
硬癌と診断します。
<女性:36歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。