乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

術後の治療について   [管理番号:2680]
2月に非浸潤がんで右胸温存手術をし、病理の結果がでました。
ガンの範囲は5センチで、7ミリの浸潤がありました。
ER(-)PR(-)HER2(3+)
HER2タイプ
Ki67 40パーセント
病期1
リンパ転移なし
今後は抗がん剤、ハーセプチンを推奨しますが
考えてみてくださいとのお話をいただきました。
<女性:47歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

温存手術後の抗がん剤について教えてください   [管理番号:2679]
Breast carcinoma,C area,about 12×9×7mm,Invasive ductal carcinoma,papillotubular carcinoma,g,f,ly(-),v(-),right breast, Bp+SN
右乳腺:5.5×4×2.5cm
類円形の腫大濃染核を有する腫瘍細胞が、小型~融合腺管構造、索状、
小胞巣状に増殖しています。
Invasive ductal carcinoma,papillotubular
carcinomaが主体と考えます。
乳管内進展を伴います。
comedo patternは認められません。
浸潤巣の大きさは …

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

手術後の補助療法について HER2陽性   [管理番号:2678]
今月初め、左乳房全摘術を終え、先日病理結果がわかりました。
乳頭腺管ガン(多発)
①1×0.9cm
②0.5×0.4cm
③0.4×0.4cm(DCIS)
①胞巣状 癒合腺管 櫛状構造の浸潤性増殖からなり、
papilltubular carcinomaに相当するinvasive
ductal carcinomaの所見で、
波及度 g(+) f(+) EIC(-)
リンパ管侵襲(-) 静脈侵襲(-)
<女性:42歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

しこり発見後の初診   [管理番号:417]
乳腺外科のある総合病院を受診し、触診→エコー検査の結果、6.4㎜の腫瘍が見つかりました。まだ、小さいが、形がとげとげして見えるとのこと。細胞診では確定ではなく、組織診によって確定だという事ですが、結果を聞きに行った際、「良性」でも、再度、組織診を希望した方がいいのでしょうか?また、「悪性」でも、組織診をした結果「良性だった」という事もあるのでしょうか?<女性:43歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

良性葉状腫瘍   [管理番号:2677]
組織所見から、phyllodes tumor,benignを考えます。
鑑別としてFibroadenomaが挙がります。
以下質問です。
上記病理組織検査より、間違いなく「葉状腫瘍」と判断した上での治療で 問題はございませんか?
担当の医師からは、「良性でも摘出が望ましい。
マージンを取っての摘出となる」旨、説明がありました。
マージンについては5ミリ程度を考えているとのことでした。
<女性:44歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。