乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

乳癌   [管理番号:2630]
全摘出しました。

これからAC療法、3週間に1回、合計4回をしたあとに、
パクリタキセルとハーセプチンを1週間に1回、合計12回、そのあとハーセプチンを3週間に1回、合計14回繰り返します。

最後に少し長めにホルモン剤をしましょう、と担当医師から言われました。

しかし、これは教科書通りの治療方法であり、
貴方の場合はリンパ節転移も1個と他の所見をみたら
第2の選択として
最初のAC療法を省くのも有りだと言われました。
副作用もキツいということもあるそうです。
<女性:40歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

摘出生検の結果待ちです。   [管理番号:2423]
マンモグラフィ、エコーともにしこりがあるのは間違いないとの事で、穿刺細胞吸引診を2回実施。
どちらも有意な細胞がみられません、との結果で、細胞をきりとる摘出生検術を受け○○日に結果を聞きにいきます。
医師に有意な細胞がみられませんとは、病気ではないのか訪ねたところ、レントゲン写真の形が通常丸いけど私の場合は、放射線状になっていて形がきになるとの事。
<女性:43歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

トリプルネガティブ 術前抗がん剤治療後の手術 温存か全摘か   [管理番号:2652]
術前抗がん剤の効果は、EC四回終了後のMRIで4mmまで縮小し、ドセ二回目終了後の超音波(三回目直前に計測)では、腫瘍がほとんど確認できない状態と言われました。
最終的には手術前のMRI検査をする予定です。
手術を前に、主治医より、乳房温存でも全摘(乳頭を残しての同時一次再建)でもどちらでもよいと言われ、悩んでおり、アドバイスお願いいたします。
主治医には、温存を勧められました。
<女性:50歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。