乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

・リンパ節転移の医師の判断と、ペットCTの画像判断との相違について。 ・リンパ転移ありで廓清後のホルモン療法の再発効果について   [管理番号:2431]
主治医は腫瘍の大きさから、絶対的にリンパ転移はあるとの話です。
術中に行うセンチネル生検の結果を待つ以外には、不安を持ち続けるしかないでしょうか。
<女性:58歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

左乳房乳癌 細胞針クラス5 と診断されました。   [管理番号:2008]
初診の先生は乳腺専門ではないらしく、CT、MRの結果で年明け7日に乳腺専門の別の先生に治療方針を聞いてくださいとの事でした。
もし、リンパへの転移であれば早くに治療しないと遠隔転移などリスクが高くなるのではと不安です。
<女性:47歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

手術までの期間が長くて心配です。   [管理番号:2506]
年末にシコリに気ずき、休日診療でエコーをすぐ見ていただき、良性だろうけど念の為詳しく調べて安心しましょうと言われて、年明け〈1/(上旬)〉紹介先の近所の病院に行きました。
次回の予約は、MRIとCTを3/(上旬)にしてその日に治療法を決めて、手術は1ヶ月先になるそうです。
詳しい癌の種類は調べてる最中です。
発見から手術までこんなに長くてリンパ転移などしないですか?
<女性:36歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

単孔性か多孔性か   [管理番号:2459]
拝見していると単孔性と多孔性ではかなりの違いかあるみたいですね。
私の場合ですが1ヶ月程前は両方の胸からクリーム色の分泌がありました。
今は右の胸からほんの少しだけで、左胸からは出なくなりました。
元々、右胸の方が量は多かったです。
<女性:39歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

ルミナールB   [管理番号:2483]
1月○○日部分切除しました。
センチネル陽性でリンパ郭精しました。
病理の結果は、センチネルリンパ一つ転移でそれ以外なし。
腫瘍1.2×1.2、ly+v+、
ルミナールBとの診断でした。

その後、部分切除の部位が感染し、壊死したため、植皮のオペを受けました。
その後も経過がおもわしくなく、まだ化学療法にとりかかれない状態です。
遅れれば再発率はあがりますか?
<女性:58歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

授乳中の乳房の痛み   [管理番号:2505]
授乳中の乳房の痛みについてお聞きしたいのですが、
4ヶ月以上張りもなく熱もないのに痛みだけがあります。
押すと痣を押されたような痛みです。
<女性:23歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

両胸非浸潤性乳ガン、温存後の治療について   [管理番号:2504]
左胸には3.7センチのしこりと石灰化。
右胸はしこりはないものの石灰化数カ所あり
両方が非浸潤性乳ガンという事で、
両方、全摘、再建をすすめられました。

なんとか全摘以外の方法を探し、
2016年1月
両胸とも温存で摘出手術を受けました。

もともと両胸にガンが見つかり、右には数カ所の石灰化が見られたので、ガンになりやすいと言われており、今後の再発は覚悟しています。
そこで、今後、再発したとして、ペタンコの胸で、再建しなくていいという決断は、たぶん一生出来ないと思うので、全摘になったら、絶対に再建したいと思っています。
摘出、再建になった時、今回放射線治療をした事で、再 …

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

99%良性でも針生検は必要ですか   [管理番号:2503]
マンモをした後、放射線科の医師がエコーをし、
裏で別のドクターとひそひそ密談を始め、よく聞こえませんでしたが、「2とはいいきれない」、とかという声が聞こえました。
その別のドクター(後から調べたら乳腺専門医のようでした)が、「良性と思われるが、針生検をしないとわからない。2%くらいの確率で違うこともある。」と言われました。
<女性:44歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

非浸潤癌が浸潤癌に   [管理番号:685]
セカンドオピニオンの先生が、最初の先生の師匠にあたる先生で、「最初の所で手術をどんどんやないと非浸潤が浸潤になっちゃうよ」と言った事がいまだ気になり悩んでしまいます。手術後病理結果で、浸潤が見つかりました。諸説あるとは、存じますがわたくしは、時間の判断を誤り非浸潤を浸潤してさまったのでしょか?<女性:49歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。