乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科|ブログ


乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

ER PgR 陰性 HER2 3+   [管理番号:2492]
全摘にて非浸潤癌と4mmの浸潤癌が見つかりました。
ER PgR 陰性
HER2 3+
悪性度2
リンパ節転移なし
主治医に5mm以下なので化学療法をしなくてもいいと思うけど自分できめてと言われました。
こちらのQ&Aを見ると化学療法が不要だと書いてありましたが
その場合、田澤先生は5mm以下の私と同じサブタイプの人は何人ぐらい経験されて、再発や遠隔転移率はどれくらいでしたか?
本当に化学療法はいらないのでしょうか?
<女性:49歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

乳ガンの可能性   [管理番号:2491]
最近右胸に硬いとこがあるのに気付き検診とは違う乳腺外科に受診しました。
最初、固いものを感じる場所を触診してもらったのですが、これくらい普通だよと言われ、超音波で5ミリほどの丸いものがあると言われました。
マンモでは写ってないとの事でした。
しかしこれは触ったくらいではわかないと思うけどと言われました。
結果、嚢胞があって一年後来てくださいとの事でした。
毎年の検診でも嚢胞や乳腺線維腫と言われています。
癌の可能性はあるのでしょうか?
<女性:47歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

針生検の鑑別困難について   [管理番号:2490]
微細石灰化と乳腺症(痛みと腫れ)で数年経過観察をしてきました。
乳腺症の上部に1cm程、触診で気になる箇所があると言われ、細胞診を受け結果が鑑別困難となり針生検を受けました。
針生検では、特別な染色も行い良性と悪性の両方の結果が出たそうで、
0期の非湿潤ガンか、良性のポリープのようなもの(病名がよく分かりませんでした)、
良性と言っても、ガンの前段階と言う医師もいるので経過観察が必要ですと言われました。
判断を間違えると大変なことになるので大学病院ではっきりさせましょうと言われ、大学病院で再度の針生検を受けて結果を待っています。
<女性:40歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

抗がん剤投与期間中のインフルエンザ予防接種は?   [管理番号:1487]
乳がんでもインフルエンザ予防接種を受けて大丈夫でしょうか?
免疫細胞療法が、2018年に確立される様なことをテレビで見たのですが、これは期待していいのでしょうか?
樹状ワクチン療法、NK細胞療法など、他にも色々あるようですが、これらは再発を抑制することは出来るのでしょうか?
<女性:51歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

脇の横のしこり   [管理番号:2489]
現在七ヶ月の授乳中です。
脇の横辺り体側の副乳辺りに小豆より
小さなころころした丸いしこりがあります。
右のみです。
一年ほど前の超音波診断では異常なしでした。
<女性:36歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

抗がん剤治療について   [管理番号:2488]
左乳腺原発巣のため乳房温存術を受けました。
現在抗がん剤治療(AC×4回)を実施しているところですが、終了後追加で
T系療法も実施すべきかどうか判断を迷っているところです。
抗がん剤が終了後、放射線25回(もしくは20回)とホルモン治療(5~10年)を同時に始めることは決めています。
(48歳 閉経)
[病理結果]
・組織型 浸潤がん、硬がん
・センチネルリンパ節生検 リンパ転移あり 2/4
・浸潤径 1.5×1.2cm
・手術断端 + 正常乳管内にがん細胞浮遊
・脈管侵襲 中
・NG 2  ・波及度 ly(++)、f(++)
・ホルモン感受性 ER+(PS5、IS3) …

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。