乳がんとは|乳癌の症状、しこりや石灰化について解説|石灰化にマンモトーム|乳癌の治療|東京の江戸川病院 乳腺外科・乳腺外来

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

病期1 ルミナルA グレード3の抗がん剤使用について   [管理番号:2315]
ステージ1のルミナルAで、ホルモン治療の適用との事ですが、グレード3が気にかかっています。
主治医は、心配だったら念のため抗がん剤治療をしてからホルモン治療をしても良いとの事です。
<女性:44歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

20代の患者の予後   [管理番号:2379]
私は昨年、右胸の全摘手術をうけました。
腫瘍は20mm、ステージ2A、
リンパ節転移2個、ルミナールAです。
現在、タモキシフェン+ゾラデックスを始めて4ヶ月目です。
若年性、特に35歳以下だと予後が悪い、とはよく聞きますが、これは若年性乳癌に遺伝性のトリプルネガティブが多いために無再発率を押し下げているからだ、と聞きました。
<女性:28歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

乳癌告知されました   [管理番号:2400]
初期がんの場合は初期治療の際に遠隔転移の可能性が低いというのは
田澤先生のご回答を拝見していて理解しているつもりですが、数年経ってからの転移というのは、
メカニズム的にいつ頃発生するものなのでしょうか。
<女性:34歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

浸潤性乳管がん   [管理番号:2323]
12月に、ステージⅠ、7㎜?の浸潤性乳管がんと診断。
発見から手術までにこんなに時間が経ってしまい、もっと早く何とか出来たのではと、悔しい気持ちでいっぱいです。
<女性:41歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

再発について   [管理番号:2399]
手術から9年目にして、昨年9月骨に転移が見つかり、ホルモン剤服用。
ホルモン剤の副作用もあったようですが、慣れてきて続けているようです。

あと、1か月に一度の骨の注射をし、12月に腰に放射線治療で1月の血液検査の結果、腫瘍マーカーが69から44に下がっていたと喜んでおりました。
<女性:57歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

浸潤性乳管ガン転移   [管理番号:2293]
乳がんからの肝臓転移、ステージ4だと告げられ目の前が真っ暗になりました。
手術は出来なく、EC療法を来週からスタートする事になりました。
乳がんの大きさは19mmでCT画像ではリンパ節にも転移が認められていなかったのに肝臓転移(PET-CTで4箇所)見つかりました。
<女性:49歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

乳頭のしこり   [管理番号:2275]
乳頭の中にしこりのようなものがあることに気がつき、マンモを受けた病院を受診しました。

結果、しこりはないので心配ないということでした。

自分ではしこりがあると思うのですが、納得いかないまま悶々としています。
<女性:44歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

嚢胞内腫瘍について   [管理番号:2370]
嚢胞内腫瘍は摘出しないとわからない、と書いてありましたので、本日主治医にその旨を聞きました。
すると、今の段階では小さすぎるから、しなくても良いと言われましたが、細胞診も何もしてないので100パーセント安心感は得られません。
それからしこりが見つかった方の胸から白色分泌があります。
<女性:37歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

ステージ3Bです   [管理番号:2044]
左の乳首と乳輪の境目から腫瘍が顔を出してるのでステージ3Bと言われました。
リンパ転移濃厚のため、結果次第では3Cになるとのこと。
<女性:53歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。