乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

病理の結果   [管理番号:2339]
11月に乳がんと診断され年末に右乳房全摘手術をうけました。
術前検査の針生検などから「転移性の無いガン」との診断をうけていたのですが、以下の結果でした。
腫瘍の大きさ 0.4cm|
センチネルリンパ生検 陰性|
リンパ転移 無し 4個中0個|
組織型 乳頭腺管ガン|
グレード 1と2|
ki67 30~40パーセント|
ホルモン受容体 どちらも陰性|
HER2 3+|
以上の結果、腫瘍の大きさなどから判断して抗がん剤などの治療はせずに3カ月に一度の検診になりました。
正しい判断でしょうか?
<女性:54歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

手術後の病理検査結果について   [管理番号:2338]
手術前は、ハーセプチンがよく効くから、今はとても治療効果が高く、再発率も抑えられている。
と説明を受けていた。
ここで、トリプルネガティブがでてきたので、びっくりしているところです。
トリプルネガティブだと、ハーセプチンがいらないと聞きました。
<女性:61歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。