乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

線維腫と転移   [管理番号:2337]
7か月くらい前に肺腺癌Ia期で胸腔鏡で摘出術を施行しました。
幸いリンパ節や多臓器にも転移などはなく、手術のみで化学療法など行わず、現在術後定期的に受診しています。
乳癌や、肺癌の転移も気になっています。
乳癌は肺からの転移も多いのでしょうか。
またその場合、肺癌の存在した側の乳腺にできやすいのでしょうか。
<女性:35歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

病理結果   [管理番号:2143]
しこりとしては1センチと言われましたが、上記のように9センチと明記があり、担当医に聞いたところ、しこりとして9センチなわけではない、全摘出したし、おとなしいタイプなので大丈夫、小葉癌ではよく見られるとのことでした。
<女性:41歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

骨転移の不安   [管理番号:2336]
1月から右肩の痛みが出現しました。
大掃除のせいかと様子をみてましたけど次第に腕や肩甲骨周辺、安静時にも痛みがある為、
骨転移ではないか?と気になり始めました。
特定の部位だけに痛みが出るのが骨転移の特徴だと書いてありました。
抗癌剤は効果がなかったのでないかと考えたりしています。
<女性:58歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

小葉癌温存術後全摘考慮中   [管理番号:2162]
乳管癌であれ小葉癌であれすることは同じでまずは放射線とホルモン剤の服用と経過観察との返答全摘した方が良いのではとの質問には、こんな小さな癌で全摘していたら、みんな全摘になってしまうと否定的でした
<女性:59歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

手術の選択について   [管理番号:2335]
MRIの検査で他に腫瘍が見つからない場合、手術は温存も可能となり、全摘とどちらにするか選んで下さいと言われました。
どちらの手術を選択しても抗がん剤は使用する可能性が高く、術後の病理検査で決まります。
<女性:59歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

ki67の線引きと、ホルモン療法の期間について   [管理番号:2226]
私は去年の9月、29歳で乳がんになりました。
このまま5年間ホルモン療法を続けて、半年あけて妊活しスムーズに授かれたとしても、出産するのが37歳になります。
<女性:30歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

乳ガンの手術前の治療について   [管理番号:2084]
手術まで不安ならばホルモン剤(ノルバデックス錠20g)を処方されましたが、手術前から服用してもよいのか?
<女性:42歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

抗がん剤を加えるほうがいいですか?   [管理番号:2268]
抗がん剤をして再発率が0になるのならすぐにやるのですが、抗がん剤の副作用のつらさと効果の%で本当に悩みます。
先生からオンコタイプDX検査があるが、高価でそのうえ中間リスクという結果もあるとのことでした。
期間も1か月かかるからその分治療開始が遅れるということでした。
<女性:53歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

術後の治療について   [管理番号:2334]
乳がんステージⅡa。
術後の治療は、
最初に放射線治療25~30回(皮膚の状態が良ければ30回打ちたいそうです)
その後、抗がん剤(TC療法)+ハーセプチン、
最後にホルモン療法・・・ということになっております。
放射線が最初なのは、
照射する場所、筋肉や胸骨の状態(がん細胞が残っているかもしれない)、心臓への負担を考えてのことのようです。
<女性:41歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

センチネルリンパ節生検について   [管理番号:2333]
センチネルリンパ節生検をすることになりますが、これについてはまだ簡単な説明があっただけで、転移が認められればリンパ郭清となる、というくらいの説明しかありません。
<女性:46歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。