乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科

手術方法の選択について

A医師は、部分切除でOK(手術時に乳頭までとる可能性もあり)全摘+再建は見た目だけの問題。 B医師は、部分切除後の不安(見た目含む)を抱えたり、再発の場合の再手術を考えれば全摘をすすめるということでした。 <女性:47歳>

回答はこちらをクリックしてください。

乳がんでしょうか

3ヶ月前に健診しているので、大丈夫だろうと受診したのですが、しこりですねと先生に言われ、注射針で細胞を取られました。 結果は1週間後なのですが、今日のエコーを見ると1.7cmもあり、3ヶ月の間にこれほど大きくなることはあるのでしょうか。 もしくは、長い間発見されなかったのでしょうか。 <女性:41歳>

回答はこちらをクリックしてください。

CNBの結果

紹介状を大学病院宛に書いてもらい、そこで12月末に手術をすることになりました。 前のクリニックの検体を持って行き、大学病院でもCNBの検査をしました。<女性:49歳>

回答はこちらをクリックしてください。

胸のひきつり

右胸の内側下に痛みを感じ乳腺外科を受診したところ、触診マンモエコーをしたけど異常なしでした。 痛みが続くならまた来てとゆわれましたが、痛みはなくなり内側にひきつり?を感じます。 <女性:26歳>

回答はこちらをクリックしてください。

浸潤性癌と非浸潤性癌について

手術で取った部分に非浸潤性癌が沢山あった点から、乳房全体に非浸潤性癌がある可能性も高いのでしょうか。 <女性:54歳>

回答はこちらをクリックしてください。

ki67の線引きと、ホルモン療法の期間について

私は去年の9月、29歳で乳がんになりました。 このまま5年間ホルモン療法を続けて、半年あけて妊活しスムーズに授かれたとしても、出産するのが37歳になります。 <女性:30歳>

回答はこちらをクリックしてください。

乳癌と診断されました

ホルモン療法ですが、まだ子供も六歳と9歳で小さく私は10年の服用を希望しています。 が、10年の効果は最近のデータなので5年後のはまと新たな薬やデータが出るかもしれないから、取り敢えず5年続けてからその先は5年後に話し合って決めましょうと言われました。 <女性:39歳>

回答はこちらをクリックしてください。

術後抗がん剤の選択肢と妊孕性について

抗がん剤治療についてですが、当初はTC療法を4クール3ヶ月間行う予定でしたが、担当医から、パクリタキセル12クール3ヶ月間という選択肢もあると教えられました。 <女性:32歳>

回答はこちらをクリックしてください。

ステージ3Bです

左の乳首と乳輪の境目から腫瘍が顔を出してるのでステージ3Bと言われました。 リンパ転移濃厚のため、結果次第では3Cになるとのこと。 <女性:53歳>

回答はこちらをクリックしてください。

マンモト-ム下生検について

今度マンモト-ム生検をしたらステンレス製のクリップを留置すると説明されました。 先生の病院で生検・手術をすると又は一般的に記載は無いけどクリップ留置は当たり前なのですか? <女性:56歳>

回答はこちらをクリックしてください。

微小浸潤、微小転移について。

まだ、35歳だし、トリプルネガティブなので私は抗がん剤をしたいと思っております。 また、微小浸潤なのに、リンパ節転移をおこしていることが、勢いがあるのではないかと思い、不安です。 トリプルネガティブで微小浸潤、微小転移の場合の治療方針はどのようにお考えされますでしょうか。 <女性:35歳>

回答はこちらをクリックしてください。

ki-6724.7%化学療法は必要

温存はできないとのことで、乳房全摘+ホルモン療法で良いと思っていたのですが、KI67、24.7%と高いので、化学療法いれたほうがよいとのことでした。 私としてはなるべく、副作用があるので受けたくないのですが。 <女性:55歳>

回答はこちらをクリックしてください。

乳がんの広がり

4つのシコリは同じ乳腺でつながっているそうです。 今は、転移の検査(CT、シンチ)の結果待ちとガンの悪性度の検査の結果待ちです。 <女性:48歳>

回答はこちらをクリックしてください。