乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科

ホルモン療法の使用薬剤と開始時期について

8月に検診で見つかり、10月に手術で左乳房全摘しました。 45歳の誕生日まであと7か月、そこまでに妊娠できなければ諦めてホルモン療法を始める、というのは危険なことですか? とりあえずの命の危険が去ったと思ったら欲張りになっている、と自分でも思いますが… <女性:44歳>

回答はこちらをクリックしてください。

乳首が痛い

ここへきて、乳腺炎になった方の乳首が痛みます。 しこりがある部分は乳首の間近で、もともと陥没乳首です。 しこりのある部分は前から変わらず固くなっています。 ミルクかすのような物が乳首に溜まる事があります。 これは乳腺下乳腺炎になったのでしょうか。 <女性:28歳>

回答はこちらをクリックしてください。

抗HER2療法

今後の治療方針ですが、化学療法と抗体療法となりました。 ①FEC療法 12週間 ②パクリタキセル+ハーセプチン 16週間 ③ハーセプチン このようなかたちを提案されました。 薬剤の選択について、主治医に確認しましたところ、これが標準ですということでした。 再発や遠隔転移をできる限り避けられる治療を望んでいます。 <女性:43歳>

回答はこちらをクリックしてください。

浸潤性小葉癌

(主治医はPETを信じるそうです)小葉癌の為、やはり全摘をした方がいいですか。術後、何か所かリンパに転移があれば、抗がん剤はさけられませんか?  <女性:43歳>

回答はこちらをクリックしてください。

乳頭陥没、ひきつれなどの症状について

乳頭陥没があり受診しました。 しこりも感じず、超音波でやっと見つかり、乳頭下にあり10ミリくらいだと言われました。 乳頭陥没、皮膚ひきつれなどの症状は、乳癌として症状が進んでいるから出る症状でしょうか? <女性:40歳>

回答はこちらをクリックしてください。

治療方針について

現在 転移は見られません。 ステージ 2a 授乳中での乳癌診断でした。 主治医は、6か月の抗がん剤の後、手術、ホルモン療法との方針でした。 (抗がん剤の効きを見たいとのことでした) <女性:35歳>

回答はこちらをクリックしてください。

乳がん疑い

大学病院へ行き、触診して もらい『少し硬いですね』と言われマンモ・エコーをしました。 それらをした後 画像を見た先生が『悪性が疑われる』と言い(シコリは2cmちょっと)その場で局部麻酔をし、衝撃音がしますと言われ物凄い痛いのをしました。<女性:40歳>

回答はこちらをクリックしてください。

乳頭腫

医師の診断はサンプル検査結果、悪性ではないが腫瘍ではある。乳頭腫と思われる。 但し、今回のサンプリングでは腫瘍の一部しか採取出来ないので10%の悪性の可能性は依然残る。 医師としては別途腫瘍部分の摘出手術を行い腫瘍全体の検査を勧める。 これで良性と確認できればそれで終わり、悪性と判断されればその後の処置となる。 本人の都合もあるだろうから何時にしますかという事なりました。 <女性:56歳>

回答はこちらをクリックしてください。

娘の乳がん

娘の事で悩んでいます。5月に乳がんを告知されて6月より術前 化学療法をしております。EC療法4回が終了して現在タキサン系の化学療法中です。 (2回目終了)今月28日に手術の説明があります。温存か全摘かどちらになるのかとても不安です。<女性:39歳>

回答はこちらをクリックしてください。