乳がん手術は江戸川病院・東京

治療法について

[管理番号:6546]

質問
1.主治医の先生より、「ホルモン療法を継続し、時期を見て抗がん剤(TC)も試してみよう」と言われましたが、この状態で抗がん剤の意味はあるのでしょうか?

2.私としては、ホルモン療法を3次まで行い
   1次:レトロゾール   (効果が続く限り長く継続)          
   2次:フェソロデックス500mg    (1次が効かなくなった時)
   3次:レトロゾール+イブランス   (2次が効かなくなった時)

抗がん剤はホルモン療法3次が効かなくなった段階で考慮と考えていますが、この考えは正しいでしょうか?
<女性:64歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


不安です。

[管理番号:6545]

生理中でした10日ほど前の週末、突然、チクチクと針を刺されるような今までない痛みを左胸に感じました。

よく左乳房の乳頭を確認すると、出血したような後の瘡蓋ができてました。
「乳がんでは?」と月曜日に地元の総合病院の乳腺外科へ行きました。
先ずマンモでは、はっきりせず、エコーで3cm強の腫瘍が乳輪の下付近から発見され、触ってみると、コリコリとしたものを感じます。

先生は「明らかに悪性ともいいきれない」と微妙な発言。その後、局部麻酔をして針検査をして結果が一種間後の月曜日に出るとの事で予約して、不安な一週を過ごしたのですが、予約当日の早朝、病院の看護師さんより、「前回の検査では結果がでないので、先生が追加で更なる精密な検査を依頼した為に、予約を来週にして下さい」との連絡が入りました。
追加の更なる検査ってなんなのでしょう?

これはかなり悪性の可能性が高いのでしょうか?

そんな追加検査って事って普通あるのでしょうか?

先週から生理が終わっても痛いですし、乳頭から分泌液もたまに出ています。
また3cm強で痛いということは悪性ですとかなり緊迫した状況なのでしょうか?
<女性:51歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


乳首のただれ?

[管理番号:6544]

田澤先生に質問させてください。

質問①この水イボのようなものは乳がんの症状でしょうか?
放置でも良いですか??
(何でも左右にあるなら飲み込めますが、水イボは左側の乳頭だけなので不安になってます。)
(旦那に相談すると、アホらしい。ホクロが左右対称にないのと同じような感覚で考えるべきだ!と言いますが、田澤先生もそのように思いますか???)

質問②垢のような角質のようなものは乳がんの症状でしょうか?
放置でも良いですか??

質問③インターネットで乳頭のただれは乳がんの症状かも知れない。
と書いてありました。

私の水イボのようにいなもの、こすると垢のようなものが出るのは乳がんの症状の乳頭のただれに当てはまりますか?
このただれは乳腺科で診てもらっていません。

受診すべきですか?
<女性:40歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


リンパ節

[管理番号:6543]

胸にしこりがあり大きさは1センチほどでエコーのみで線維腺腫と言われ経過をみたいます。

先日ヘルニアのためMRI検査とエコーをしたところ回盲部にリンパの腫れが7ミリ楕円形と言われました。

他にとくに指摘はありませんでした。

他の場所に特に異常がないためまさか線維腺腫が、実際は乳癌で転移しているのではと不安になってしまいました。

乳癌で回盲部のリンパ節が腫れるこもありますか?
また乳癌と関係なかった場合特に異常がなくてもこんな場所のリンパ節が腫れることがあるのでしょうか?
<女性:32歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


サブタイと術後の治療について

[管理番号:6542]

田澤先生に質問ですが
①私のサブタイプは何になりますか?
ホルモン受容体±2%の場合は陰性でトリプルネガティブになるのでしょうか?
②田澤先生でしたらどういう治療方針にされいますか?
③抗がん剤治療をした場合でも放射線治療も必要でしょうか?
④抗がん剤治療の場合は種類はどのようになりますか?
⑤私の場合、オンコタイプDX検査を受けて、より有効な治療法はわかりますか?
また現在の病院は市立のためオンコタイプDX検査は受けれないのですが
貴院にてオンコタイプDX検査の依頼と田澤先生のセカンドオピニオンを
受けて頂く事は可能でしょうか?
現在の無治療ですが、オンコタイプとセカンドオピニオンを受けた場合
治療の開始がさらに先になっても大丈夫でしょうか?
⑥ホルモン療法のみ、抗がん剤のみ、抗がん剤治療+ホルモン療法の再発率と10年生存率はそれぞれどのくらいでしょうか?
<女性:46歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


局所再発の治療について

[管理番号:6541]

2015年8月に右乳房胸骨寄り
の所に2cmの粘液癌と診断。
HER2 1+ ホルモン受容体陽性 ルミナルA Ki67 19%
リンパ節転移なし。
その後部分切除したのですが病理検査の結果取り残しが有り、私は他に抗がん剤治療をしていることもあり、自分から全摘手術を希望しアリミデックスを
服用しておりました。
にもかかわらず翌年また局所再発し放射線治療50グレイ25回、薬もタモキシフェンに変更。
そして今年また局所再発。
HER21+ KI67 30%
今はフェソロデックスで治療していますがまだ米粒大のしこりが3~4個残ったままです
・主治医からの提案では、①このままフェソロデックス治療を続ける。
②しこりのみ取り除きフェソロデックスで治療を続ける。
私はしこりを取らないで手術をしないのは疑問です。
③しこりを含み皮膚も大きく取り除き皮膚移植する。
と提案されましたが皮膚移植と聞き怖くなり、どれを選択して良いか迷っています。
田澤先生ならどの様な治療をしますでしょうか。
私は完治したいのです。
<女性:52歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


脇のしこりについて

[管理番号:6540]

現在、2人目の産後8ヶ月でまだ授乳中です。

1、2ヶ月ほど前から右脇にしこりのようなものが触れる感じがありました。

それも皮膚のすぐ下ではなく奥の方で、痛くはありません。

元々妊娠中から両脇に副乳ができており、ゴロゴロしたものがあったので特に気にしていなかったのですが、他の副乳はなくなったのに最近になって、右脇のしこりがなくなっていないのが急に気になりだしました。

このサイトの画像を拝見しましたが、場所的には②のような気がします。

ちなみにしこりは脇だけで胸にはないように感じます。

また産後1ヶ月頃より、右胸が詰まり乳腺炎になり発熱したりと産後からずっと右胸にトラブルがありました。

本日近くの総合病院の外科で先生の触診、マンモと超音波の検査を受けてきましたが、結果は一週間後となるようです。

それまで気になって気が気じゃありません。

乳がんの可能性はあるでしょうか?
<女性:29歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


石灰化と診断されました

[管理番号:6539]

先日受診したところ、嚢胞は全く変わらずエコーには問題ない。
と言われれたのですが
マンモグラフィーで右の胸に石灰化が確認できるとの事でした。

先生の説明によると、かなり淡く目を凝らさないと見えないものだけどとと
拡大して見せて下り、ポツン、ポツンと3つほど離れた場所に丸い石灰化がうっすら映っていました。

これは良性の物だと思うけど、まれに癌の死骸の場合があるから半年後にもう一度検査しましょう。
とおっしゃいました。

マンモグラフィーをしながら生検する検査もあるけど、今はかなり淡いし必要ないと思うとおっしゃっていたので
マンモトーム生検をご存知の先生のようでした。

私は他にも病気があったり、過去にも大病をしたことがあるので
かなり病気に対しては敏感で、とても【ガン】の言葉に不安になり黙っててしまったのですが
先生は本当に大丈夫だから。
と癌になる石灰化と私の石灰化を比べるよう写真で説明してくださいました。

私のは丸いもので癌は縦になってるんだ。とのお話し。

あまり気にするほどじゃないんだよ。
気にしすぎる方が病気になるし、
何度もマンモグラフィーをして被爆する方が心配です。

との事、そこまで言って下さるのであれば大丈夫なのか。
と思いましたが…

やはり癌を否定できないカテゴリー3と言われると、気になってしかたがありません。
<女性:33歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


乳癌治療方針について

[管理番号:6538]

一連の検査(マンモ エコー MRI CT)結果、乳癌と診断され治療方法がでました。

治療方針に関してセカンドオピニオンをお願いします。

下記は、医師からの診断説明書をそのまま記載しました。

*診断
右乳癌
右10時 16mm大腫瘤

*針生検
浸潤性乳管ガン(転移する可能性あり)
グレード3 : たちが悪い
ホルモン受容体
(エストロゲン/ブロゲステロン受容体)陽性 :おとなしい
HER2/陽性 : たちが悪い
増殖能(Ki67 : 50%) 高値 : たちが悪い

*T1cN0Mx ステージ Ⅰ

*CT検査の結果 転移なし

*治療方針
化学療法先行→手術→術後ホルモン療法
手術 : 部分切除/ 乳房切除 拡がりを確認し決定
センチネルリンパ節生検

化学療法 : 3週毎 8回(6か月)
FEC タキサン系
エピルビシン、5FU ドセタキルもしくはパクリタキセル
サイクロフォスファミド
2コース毎に超音波で、4コース毎MRIで評価

医師からは始め3か月は抗がん剤のみ、次の3か月は抗がん剤とハーセプチンの併用 →手術 → 術後 ハーセプチンのみ9か月
ホルモン剤服用10数年間継続との説明を受けました。

先生の診断及び治療方針はいかがでしょうか?
<女性:62歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


左のしこりと右の単孔性分泌、乳房痛(乳腺の仕組み)について質問させてください。

[管理番号:6537]

現在、気になっている症状は2つあります。

左にあるしこり、2年前に米粒より小さいものを発見し少しずつ大きくなり、現在は乳腺上に縦長に太くなっている感じで乳腺と一緒に良く動く状態が分かります。

しかし、このしこりは、皮膚表面をさーっと撫でるような触診の仕方では触れることは出来ず、少し抑え込みながら触れることができます。

こちらで半年前のエコーでは何も映りませんでした。

エコーに映らないものは良性と考えてよいのでしょうか。

エコーも技術者によって…とありましたが、その点も気になってしまいます。

もう1点ですが、2年半前から右のみに単孔性分泌があります。

血清は見られませんが絞り出す度に少量確認できます。

2年前その分泌がある乳頭の一部に、痛みのある水膨れが出来て、その水膨れが消えずに乳頭の一部として残っています。
見た目の色等は問題ないのですが、乳頭が歪になってしまいました。

乳頭にはガンは出来ないとありましたが、
分泌がある近くなので何か関連性があるか気になっています。

そういった点もあって市川での診察を希望しております。
夏は難しくても、秋か冬までには診て頂きたいと思っております。
<女性:41歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


分泌液の多孔性と単孔性に区別

[管理番号:6536]

分泌液の事ですが、
両側で多孔性であれば、問題なしとの事ですが、
私の場合、
両側多孔性ですが、
片側のある1ツの穴から、
時々、血性分泌液が出ます。
2~3か月に1度、数回絞ると、
小豆色からオレンジ色、そして黄色、出なくなるパターンです。
絞れば、毎回は出ません。

この場合は、乳管造影すべきでしょうか?
両側に、嚢胞が多数あります。
分泌液の出る側に乳腺症ないし乳腺線維腺腫が10×5ミリあります(バネ組織診済)
組織診で乳腺症と記載されているので、
乳腺症の影響で血性分泌液が出ている可能性はありますか?

分泌液の件で受診した際
医師に乳管造影…..聞いてみたのですが、
患者さんに負担をかけるだけで、
その検査は古いと、他に検査方法が有ると言われました。
MRIの事かと思い…
血性分泌が出て何が悪いの?と聞かれました。
エコーで映ってないのだから、
経過観察でいい、死ぬ様な事にはならないからと言われ
機嫌が悪くなりかけたので、これ以上は話せませんでした。
早期発見したいと思って、受診しているのに残念です。
<女性:43歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


産後1年たってからの胸の不調

[管理番号:6535]

①過去の質問を読んでいて、鬱滞性乳腺炎によるリンパ肥大?と考えたのですが先生はどのようにお考えになりますか?
一度詰まりは取れましたが助産師さんのマッサージを受けた時は「やっぱりつまりあるねぇ」と言われ、乳腺科でエコーしてもらっており(技師さんでしたが)授乳中なので血流はあるけどしこりはなしと言われたので(4ヶ月ほど前の話です)今すぐ受診すべきか悩んでいます。
ただその時よりはリンパもふくれているような?一時期よりはふくらみも落ち着いたのですが、前回の受診時よりふくれたような気もしております。

②助産師さんに言われた「乳腺がむくんでいる」生理が来たらむくみがとれるのかもしれませんが、私は授乳中は生理はこない体質のようで、このままの状態で卒乳まであと2年位かかるかもしれません。
このシリコンのような塊を抱えた状態で授乳を続けていても問題ないでしょうか。

③塊のようなものは授乳をやめたら元に戻るのでしょうか。
<女性:36歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


術後2年 肝転移疑いについて

[管理番号:6534]

■質問事項
①現時点で転移の疑いを晴らすことは可能でしょうか?
可能な場合、どの様な検査が適切でしょうか?
②転移に関する再検査を行うべきタイミングはいつ頃が適切でしょうか?
一日も早く不安を解消する形が希望です。
(担当医からは、本年12月頃と言われております)
③H30 6月の血液検査にてTGが高く(531)、今回よりホルモン剤をタモキシフェンからトレミフェンに変更しました。
中性脂肪を下げる事を目的として健康食品の併用を検討しておりますが、その効果やホルモン剤との相性など不安な点もありためらっております。
一概には言えない内容かと思われますが、健康食品は控えた方がよいものでしょうか?
<女性:45歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


遠隔転移の化学療法について

[管理番号:6533]

2014年7月に乳がんステージ2b、ルミナルB型、HER2陰性と診断。
右乳房全摘手術。
術後、放射線治療とアリミデックスを服用。
抗がん剤は術前術後ともになし。

2016年11月、胸骨単独転移発覚。
ランマークとフェソロデックスの注射開始。

2018年1月、フェソロデックスの効果が落ちてきたのでエキセメスタンに切り替え。
(現在も服薬中)

2018年1月に骨転移の部位にサイバーナイフの治療を受ける。
胸骨のガンが縮小する。

2018年6月、肺に転移が発覚。
厳しいと言われ、現在に至る。

主治医は、厳しい状況(余命1~2年)だが今のホルモン主体で治療を続けるのが良いとの見解。
抗がん剤治療を一度も受けたことないので、
主治医に聞いたところ、母の様子では体力や免疫力低下が気がかりでどこまで効果があるか疑問。
希望すれば行うといったことを言われる。
また近い将来の緩和ケアのことを視野にとも言われる。

このまま今のホルモン治療をズルズル続けていいのものか家族皆が悩んでいます。
<女性:61歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


不安です

[管理番号:6532]

28歳の女性です。

健康診断で乳がん検診を受診し、エコー検査で右胸上側に気になるしこりがあるので再検査を勧められました。

形は扁平楕円形で1.5~2.0cmほどとのことでした。
形は心配ないとのことでしたが、境界が不明瞭なのが気になるとおっしゃっていました。

違う病院で再検査を受け、エコーは同じ結果で、マンモグラフィーには
映っていないとおっしゃっていました。

念のためということで今、針生検の結果待ちです。

不安な気持ちで毎日過ごしております。

上記の診断では、どのような結果が考えられますでしょうか。
<女性:28歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


悪性葉状腫瘍の転移について

[管理番号:6531]

約1年前、右胸に悪性の葉状腫瘍ができ、
右胸の全摘出手術をしてもらいました。

この腫瘍は手術で切除するしかないからと
緊急でしていただき、
始めにしこりに気づいてから、約1ヶ月での手術となりました。

しこりは8cmほどの大きさでした。

術後は3ヶ月に1度、CT検査を受けにいっており今のところ再発や転移は見つかっておりません。

1年たったので、検査を4ヶ月に1度と間隔を少しあけることになりました。

前回は4月に検査がありそのときも異常なしでした。

ですが最近、突然胃がむかついたり、吐き気が襲ってくることがあります。

実際に吐くことはありません。

そしてそれ以外の症状はありません。

最近仕事の環境が少し変わり、かなり忙しくそのストレスなのかな、、と思うのですが
病気に関わっていたら、と不安になり次回の検査まで少し時間があるので質問させていただきました。

転移などでこのような症状が見られることはあるのでしょうか?
<女性:23歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


非浸潤癌温存術後の放射線治療省略の提案に困惑

[管理番号:6530]

①先生のQ&Aのご回答(5608)で、温存術は(浸潤癌でも非浸潤癌でも無関係に)「術後照射が必須」で、「ご高齢」「低異型度の非浸潤癌が小範囲」では、照射省略も提案しています。
とあったので、
先生なら私の年齢と所見からはガイドライン通り放射線治療を行いますか?
②今の病院で、局所再発のリスクを減らす(15%を5%に)ならやらせて欲しいと申し出るべきでしょうか?
③それとも、術後の今からでも病理結果を(スライスの画像も)持って田澤先生のセカンドオピニオンを伺う事は出来ますか?
<女性:35歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


局所再発

[管理番号:6529]

質問です。

・先生はこの場合、やはり局所再発の可能性が高いと思いますか?(主治医は局所再発の割にはしこりの場所が離れすぎてるかな、とおっしゃっていましたが…)

・もし局所再発だとしたら、先生はやはり、手術で全摘を行うのみで、抗がん剤を使用しませんか?

・(もし局所再発だとして)私のように再発までの期間が短い場合でも同じように考えますか?

・乳癌診療ガイドラインによると、局所再発後は遠隔転移を起こす確率が高くなる、と書かれていました。
先生の豊富なご経験でもそのように感じますか?また、抗がん剤を使うことによる、遠隔転移を起こす確率というのは変わらないでしょうか?
<女性:32歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


鎖骨上下の転移

[管理番号:6528]

2016年2月 乳癌発覚
トリプルネガティブ
ki-67 75%
左胸 位置的には 乳首 2、3センチ下
1.8センチ ステージ1
資料がなく説明を聞く範囲の情報で
申し訳ありません。

今年5月 脇の転移 2cm 1.8cm 二個
鎖骨下 二個
鎖骨上 に転移が見つかり

鎖骨上は放射線
鎖骨下の腫瘍は大事な神経があり
難しいので放射線
(腕が上がらなくなっても困るでしよ!)
脇の二個はとって頂きました。

ただ 本当にこれで良かったのかと
悩み こちらの質問コーナーで
同じ事例を探し読んでいると
取りきらなければ 未来はないのではないかと不安になっています。
<女性:67歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


自己検診と左胸下にしこり疑い

[管理番号:6527]

現在一歳の赤ちゃんに授乳中です。

4月に左胸にしこりを感じ、内科外科の医師には超音波をしてもらい何かわからないからと紹介状をもらいました。
紹介先の乳腺外科では乳瘤という診断でした。

今、現在は乳瘤のしこりは無くなったように思います。
ですが、よく先生がおっしゃってるビー玉のようなしこりやさーっと撫でた感じにはしこりを感じませんが押すとぷにゅっとしたものを感じます。
二ヶ月前に乳瘤の件で超音波をしてもらっているのですが、乳がんという可能性はありませんか?私は心配性で自己検診をするとすぐにしこりを勘ぐってよしまい、不安になってしまいます。
先生が提案された自己検診はしない代わりに半年に一度の超音波をしようと思っています。
半年に一度の超音波で早期発見ができますか?手遅れにはならないですか?
一度の超音波で何もなかったとして、しこりに触れるようになるまでどれぐらいかかりますか?
<女性:36歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


左脇の下しこりと右の脇の痛み

[管理番号:6526]

4ヶ月前の2月、右脇のシコリが気になり乳腺外科へ行ってマンモとエコー両方して異常はなく、手のアトピーからのリンパの腫れだと言われました。
今はシコリも1センチほどに小さくなり経過観察してます。

今日相談したいのは、昨日、左脇にも縦1センチ横5ミリくらいのシコリをみつけてしまって不安なことです。

左手も少しアトピーなので前からあったのかもしれませんが。

脇を色々さわってみても両脇とも特に硬かったり、他の大きなシコリはありません。

脇の位置の②にあたるところだと思うのですが腕側でなく胸側のため乳腺もある場所?③かもしれないと思い、乳がんではないかと不安です。
また動くことは動くのですか右側のリンパの腫れのシコリほど動かない気がして不安です。

あと、もう一つ不安なのが2ヶ月前くらいから右腕を上げたりすると、たまに、右脇が痛いのです。
痛みは一瞬で大した痛みは
ではないです。
右腕上げたりした時いつも
痛むわけでなく、たまにです。
デスクワークで肩こりひどく右手をよく使うのでそのせいかもとも思うのですが、
しかし脇ということで乳がんではと不安になっています。

4ヶ月前に乳腺外科でマンモ、エコーをし
てもらったとこですが、近くの産婦人科で再度見てもらうか迷っています。
<女性:37歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


左腋窩リンパ腫脹

[管理番号:6525]

6/(中旬)に左脇の腫れと痛みで内科を受診したのですが。

その際。
技師さんによるエコーと血液検査のみの検査でLDH数値が少しの上昇と左腋窩リンパの腫脹(3cm)
乳腺線維腫?と言われ乳腺外来へ受診予約を入れてくれました。

6/(中旬)に乳腺外来を受診。

その際。
前とは違う技師さんによるエコーのみの検査で脇と胸を見ても
らったんですが。

左胸にはやはり5mmくらいの腫瘍。

鎖骨下リンパ?に黒く丸いものがいくつか←私がみた感じです。

左腋窩リンパの腫れは変わりなく大きい黒いものが見えました。

触ると奥の方にゴロっとした物を感じます。

その後乳腺外来の先生から「胸は大丈夫そう。
はっきりしたいなら取る
しかないけど。
もう少し様子を見てみたい」との事でした。

リンパの腫れについては「脇が痛くて内科に来たんだよね?」と言われ6/(下旬)にまた内科での予約を入れてくれました。

先生の診断結果の伝え方な曖昧?だったのか。

私が理解出来なかったのか。

はっきり何か分からず…。

これだと。
乳がんとは関係なくリンパに問題があるのでしょうか?
少しでも乳がんに関係があるのなら。

内科に戻すという事はないでしょうか?
<女性:29歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


抗がん剤の必要性について

[管理番号:6524]

手術については躊躇なくここまで進んできたのですが、今回術後の治療について大変悩んでおります。

今までの皆様への先生の回答の中で、正直ある程度把握している部分はあるのですが、自信がなく、どうしても先生のお考えを直接お伺いしたくご連絡した次第です。

[診断詳細]
診断:浸潤性乳管癌
浸潤径:1.2×1.0cmと近くに0.5cmの2つ
腋窩リンパ節郭清:あり(2/9)
ホルモン受容体:陽性(ER:7、PgR:8)
核グレード:3
脈管侵襲:なし
HER2:陰性
Ki-67:20%
当初ステージは初期のⅠでしたが、
リンパ転移があったためステージⅡa

この診断で主治医と腫瘍内科医の見解としては、
化学療法(TC療法3週×4)その後ホルモン療法5年を提案されています。

こちらの病院はki-67、14%以上はルミナールBの判定としているため、規定どおりでこの提案になるのだと認識しております。

化学療法の上乗せとしてはどの位か質問したところ、約10%という回答でした。

自覚症状が全くないまま、たまたま受けた健診で見つかり、
初期段階であることから当初は抗がん剤まで必要がないと思っていたのですが、現状それでも必要かどうかの判断を迫られています。

家族は少しでも生きてほしいという願いから病院の提示を推奨するので、余計モヤモヤして悩んでおります。

お忙しいところ大変恐縮ですが、先生のご意見を是非お伺いさせてください。
<女性:45歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


抗がん剤の必要性

[管理番号:6523]

5月に乳がんで全摘しました。

7月から3週に一度4回
ドセタキセル(T)+ シクロホスフィミド(C)
の抗がん剤を投与することになりましたが・・・抗がん剤は必要なのでしょうか?
田澤先生のご意見をどうぞお聞かせください。

田澤先生なら、今後どのような治療をされるでしょうか?

現在の状況

リンパ転移なし
しこり大きさ 2.5
核グレード  1(おとなしい)
増殖率    K167指数 2%(のんびり)
ホルモン受容体 陰性
HER2    陰性

不安で仕方ありません。
どうぞ、よろしくお願いします。
<女性:62歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


母の癌治療について

[管理番号:6522]

今年4月下旬に右胸のシコリに気がつき前回と同じ病院でのマンモとエコーの結果、初期のガンだろうとの事。

紹介状を頂いて県立のがんセンターでの手術前診断は
右乳癌 cT1cNOMO Stage1A
病理:充実腺管癌、グレード3
ER-0% PR±5-10%
HER2- score0
Ki-67+80%
Luminal B(HER2 陰性)タイプ
手術乳房部分切除+センチネルリンパ節生検
6月〇日に手術がすみました。

1.5センチのシコリでリンパの転移はない。

シコリは血液を取り込んで中は壊死をしている状態と担当の先生は仰っていたかと思います。

先生は術前からトリプルネガティブと診て話されていて、術後は TC療法で4回、ホルモン療法、放射線治療25回と仰ってました。

術後の診断はまだ出ていません。

現時点で先生はルミナルb HER2- 陰ではなくトリプルネガティブとみて治療法した方が良いでしょうとの事でしたが。

私の場合、やはりトリプルネガティブと診て治療方針を立てるのが良いのでしょうか?

そうだとした場合、 TC4回で良いのでしょうか?

私の場合ホルモン療法は何が良いのでしょうか?
<女性:50歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


授乳中の乳瘤と思われるしこりと断乳について

[管理番号:6521]

現在生後3ヶ月半の乳児を完全母乳で育てています。

二ヶ月前から右乳房上部に小豆大の弾力のある可動性に富んだしこりを認めており、拡大したり縮小したりを繰り返していますが、消退には至っていません。

過去の質問を拝見するに、これは乳瘤である可能性が高いのでしょうか?
また、持病の治療の関係で近々カバサールを用いて断乳する予定なのですが、低月齢の乳汁分泌が盛んな時期に断乳した場合でも、乳瘤はいずれ自然に吸収されるのでしょうか?
また、低月齢で断乳した場合、将来的に乳がんのリスクが上がるなど何か弊害はありますか?
<女性:30歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


手術創の治り

[管理番号:6520]

3月上旬
右乳房浸潤性乳管癌で温存手術
ホルモン受容体陰性、HER2陽性
リンパ管転移なし
腫瘍 1.1ミリ ステージ1
T C×4、放射線25回、ハーセプチン予定
現在、TC療法3回終了し、手術後3カ月経過したところですが、ちょっとしたことが気になり相談させて頂きます。

今回は、手術創部痕の相談です。

手術後創部の端から糸が出て主治医に切って貰い、その後手術痕も少しづつ治りつつあったのですが、5月上旬頃から手術創部が赤く腫れ、端からしるが出てガーゼを毎日あてている状況です(赤くなっているのは創部7センチくらいのところ3センチくらい)痛みはありません。

主治医は、糸がまだ溶けきれてなく、糸に反応し、体液が出ている。
細菌感染はしていないので、そのうち治ると言われています。
しるが出てくるところは、最初針穴くらいだったのが少しづつ大きくなって、2、3ミリ程に傷口が広がってきています。

この後、放射線治療が始まるのにこの状態で様子をみても大丈夫でしょうか?
放射線治療には差し支えないでしょうか?傷口が開かないか心配です。
何が原因でこの様な状態になっているのでしょうか?
<女性:57歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


正しい診察を受けたい

[管理番号:6519]

良性と言われ、経過観察になり
何年か過ぎて悪性でした……という方か
いる事も知っていましたし、もしかしたら
私もか……と残念な思いです。

2度目の細胞診をする必要があるのか、
針生検をすべきでは?
線維腺腫です。
と言っていたのに
硬ガン、悪いものでも小さいから大丈夫です。
と、言われ不信感しかありません。

この後、針生検をして結果が良くても悪くても信用できないんです。

この先生を信頼できないんです。

初めて病院に行った時に、悪い結果だったら
田澤先生の所に行こうと決めていました。

私は、正しい診察をして頂き
正しい治療をしたいのです。
<女性:48歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


抗がん剤治療について

[管理番号:6518]

私は今年の4月下旬に左乳癌(浸潤性乳管癌)の温存手術受けた者です。

術後の治療について、術前は抗がん剤治療を言われませんでしたが、術後、術中の検査結果後は放射線やホルモン療法の前に抗がん剤投与(AC療法4ク一ル)の見解を言われ、医師も下記の状況により(抗がん剤治療をするか否か)判断が悩ましいようで患者と相談の状態です。

リンパ節転移→陰性

転移リンパ節数→0

摘出リンパ節数→5

大きさ(浸潤型)→1.2cm(範囲同じ)

核異型度(がんの顔つき)→1

組織異形度(がん全体の顔つき)→2

リンパ管,脈管侵襲→なし

Ki67→20.2%

術前化学療法→なし

ホルモン感受性→あり

HER2/neu→なし

断端→近い(他に陰性、陽性の三択の中で「近い」にチェックが付いてました)・・・この意味を聞きそびれてしまいよくわかりませんでした

以上の検査結果の中で、Ki67が悩ましい数値で少し高いようで化学療法を取り入れる説明でした。

抗がん剤は癌細胞を死滅させるくらいの威力があるようですが、ホルモン療法は増殖を抑えるという感じで根治という点では抗がん剤になるのかと思いますが、副作用を考えると覚悟を要し、先生の見解をお伺いできればと思います。
<女性:50歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


乳輪際のおできのような膨らみと痛み

[管理番号:6517]

昨年7月に単孔性血性分泌が収まらず、田澤先生に乳管腺葉区域切除をして頂いた者です。

その節は大変お世話になりました。

今年の2月頃から、また時折単孔性血性分泌が見られるようになりました。

先生からのアドバイスでは、「血性分泌は“継続して”“長期”に渡って」からの様子見でも遅くはないとのことで、こちらは様子見をしているところでしたが、
一週間ほど前から、ちょうど乳管腺葉区域切除の傷跡に、
膿を含んでいるような2センチほどの赤紫色のような膨らみ(おできのようなもの)が出来ました。

日を追うごとに範囲が広くなっていき、現在では3センチほどの広がりになっております。

この部分は、表面が固くなって痛みを伴い、つまむと、その膨らみの下全て(感覚では5センチくらい)がしこりのように固くなっている状態です。

(現在も時折単孔性血性分泌は続いております。)

調べてみる限り、肉芽腫性乳腺炎のように思えます。

痛みもあるので、他院ですぐに診てもらおうとも思いますが、手術をした経緯、また術後の傷口からの膨らみということもあり、先生に診て頂きたいのですが可能でしょうか。
<女性:40歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


乳ガン?

[管理番号:6516]

癌センターへ行ってきました。
マンモ、エコーをして、診察室に行ったら。
「エコーの先生も、これはリンパの腫れかな?と言っていて。
確かに、あるけど、何かと言われたらわからないもので。
でも癌とか悪いものではないかと」と乳腺外科の先生が言われたので、喜びました。
「心配なら細胞診はできますが?」「痛いのは…なので、悪くないなら大丈夫です」「じゃあ、次は、3カ月後に」と話をして。
最後に触診だけと言われ、ベッドに横になりました。

触診をされたら、何度か触られ、いくつか質問され…、先生がエコーを持ってこられました。
それから「これはリンパではないね。
組織をとっておきましょう」と、細胞診ではなく、針生検というものをされました。
麻酔をされましたが、骨と言われていた部分に刺さった感じがしました。
2回、バチンとされました。
来週、また診察です。

癌でないのでは?癌?転位してる…?と、骨と言われた部分が痛んだり、体のどこかが痛かったりすると、どうしていいかわからなくなっています。
最近、食欲が落ち、咳と痰(たまに血が混じる)、頭痛や関節?骨?の痛みは続き、針生検後、胸がすく感じ?息がしんどいときがあります…。

この流れ、針生検をされたのは、あまりよい病状ではないでしょうか?
また、今日、病理の結果がまだだからと、診察を1週間後に延ばす連絡がきました。

やはり、悪いのでしょうか?
<女性:43歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


授乳中のしこりについて

[管理番号:6515]

質問①乳腺です。と言われた時点で安心しても良いでしょうか?
質問②右側から授乳しても、しこりは引きませんが問題ないのでしょうか??
質問③今後ずっと右側のおっぱいに、このしこりらしき腫れが残っていても放っておいても1年に1回の検診のペースで大丈夫でしょうか??
(右側から授乳しても腫れが引かないので触るたびに不安になります。)

私は右側に副乳もあるし、左側に比べて右の乳腺が発達している。

とシンプルに解釈するべきでしょうか?
不安です。
<女性:40歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


CUREBESTと抗癌剤

[管理番号:6514]

6月(中旬)日手術(センチネルリンパ節生検+乳房部分切除予定)を受けます。
針生検の下記結果から、最適な治療を選択できるよう主治医よりCUREBESTを勧められており、手術までに回答を求められています。
しこりは約9mmです。

質問1 先生でしたらこの結果からCUREBESTを勧められますか?
質問2 今の段階で抗癌剤は必要と想定されますか?
何卒宜しくお願い申し上げます。

Invasive ductal carcinoma
Nuclear atypia: score 2, number of mitotic figures: score 2 → nuclear grade 2 ER total score: 5(proportion score)+ 3(intensity score)= 8
PgR: 5+3=8
HER-2: score 2+
MIB-1 index (invasive front): 20%
特殊染色を行って検討した結果、浸潤性に増殖している異型細胞では、
E-cadherin(+)であり、浸潤性乳管癌と考えられます
<女性:46歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


初めての乳がん検診で・・・しこり

[管理番号:6513]

初めて乳がん検診を受けました。

検診は、エコーとマンモグラフィーです。

検診結果が届きました。

エコー、9ミリ(最大)以下のしこりが両側に数ヵ所みつかりました。

良性。
年に1回の検診を受けるように書いてありました。

たくさんある しこり 乳癌にかわるり可能性どのくらいの率ですか?
<女性:35歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


ホルモン療法について

[管理番号:6512]

今回お聞きしたいのは、ホルモン療法についてです。

過去のQ&Aによると、①35歳未満、②化学療法後に月経再開した群、③ステージ2以上がタモキシフェンに加えて、LH-RHagonistの使用が勧められる、40歳以上では上乗せ効果はない、と解釈しました。

では、例えば、上記以外でも勧める場合、もしくは上記でも勧めない場合、はどうゆう患者でしょうか?
血液検査でのホルモン値等、なにか判断基準にできるものがあれば教えて下さい。

私は35歳で乳がんの診断を受け、術後、化学療法が2月に終了し現在タモキシフェン服用中です。
今月、月経が再開しました。

主治医にはタモキシフェン開始時に、例え月経が再開しても、LH-RHagonistをするつもりはないと言われています。

本当にそれでいいのでしょうか?
<女性:36歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


細胞診クラス3

[管理番号:6511]

乳がん細胞診クラス3はがんでしょうか?

乳腺エコーでしこりが見つかり、細胞診でクラス3
乳管上皮は過形成状態。
Usual ductal hyperplasia(UDH)が示唆される。

しかし部分的には、軽度~中等度の異型が見られ、また形態学的に概ねmonotonousであり、atypical DH(ADH)/DCISが鑑別の対象となります。

と書いてありました。

造影MRIで、造影剤の入り方のグラフ(?)が、がんの時に近いと言われました。

再度エコーをしたら他にもいくつもしこりがあるらしくまた細胞を取りました。
リンパのあたりも取りました。

新しく見つかったしこりは、エコーで見ると鳥のくちばしのような形をしているので
これも怪しいと言っていました。

しかし、こちらは良性とのことで
部分切除+センチネルリンパ節生検が必要と言われました。

マンモトーム生検も確実ではないので、手術して開放生検が確実と言われ疑問に思っています。

細胞診は確定診断ではないはずなのに、確定診断なしに手術先行なんてことは通常あるのでしょうか?
<女性:40歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


乳首と乳輪の境目に

[管理番号:6510]

乳輪にある、ブツブツはモントゴメリー腺というものだということは、分かっているのですが私の場合、両胸の乳輪と乳首の境目に円をかいて、小さくて細かいブツブツが沢山あります。
いつ頃からあったかは、わかりません。
もともと、乳輪が茶色なのですが、その周りのブツブツも薄い茶色っぽくみえます。

これは、なんでしょうか?これもモントゴメリー腺なのでしょうか?
あと、1つ質問させてください。

乳腺の繊維化は、癌になる可能性はありますか?
<女性:41歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


術前化学療法

[管理番号:6509]

母はトリプルネガティブで検査当時しこりは2.7センチのステージⅡB、転移なしとのことでした。

母の癌は悪性で化学療法も効きにくい可能性が高いタイプらしく、現在アメリカへ遺伝子解析してもらっており、結果が遅くて今月末にわかるらしいです。

治療は遺伝子解析の結果が出てから始めるとのこと。

そうすれば効きやすい抗がん剤がわかるかもということらしいです。

そして治験をお願いされました。

私たちは全摘出を望んでいるので、手術を先にしていただきたくお願いをしたら担当医は出来ません、無理ですの一点張りで、それならば術前化学療法をするのであれば、遺伝子解析の結果が出る今月の間に何か抗がん剤などお願い出来ないかと聞いたところ、それも無理と言われました。

乳がんが発覚してから2ヶ月経過するのに治療の1つもしていただいてません。

抗がん剤が効きにくい可能性が高い母なので、家族としてはその間にも転移などしないためにも尚更、手術をしていただきたいと思っております。

何故、術前化学療法じゃなきゃダメなのか?の説明が癌が消滅したり小さくなる可能性があるからとのことでした。

それ以外の説明がなく、ならば患者が望んでるのであれば手術でもいいのではないかと思っております。
<女性:55歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


再発、骨転移他

[管理番号:6508]

皆さんのように詳しい内容数値を持ち合わせていないのですが、
10数年前に温存にて手術を受け、その後放射線とホルモン治療を行いましたが、昨年10月に、背骨の骨折により再発転移が分かりまずは3ヶ月間ホルモン治療を行いましたが効果がなく、抗がん剤治療となりました。
治療を続けて行く為にも、仕事に復帰しなければらず、
毎日が心配と不安で一杯一杯の日々です。

先生に伺いたいのは、抗がん剤治療をしながら、背骨の外科的な治療は出来ないものなのでしょうか?今は某医科大学の付属病院で治療をして頂いておりますが、どうも縦割りで乳腺、化学療法、整形外科での連携した治療を受けられない印象です。
副作用も辛そうですが、まずは壊れた背骨を直してあげたい、そんな毎日です。
<55歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


胸の痛みの理由について。

[管理番号:6507]

私は数ヶ月後に受験を控えており、おそらくストレスがたまって、細かいことが色々気になってしまっています。
その中で、普段から胸のいろんなところに一瞬痛みを感じることがあり、しこりは特にわからなかったのですが、気になって先週病院に行ました。
外科で検査をしてもらいました。
神経質になりすぎてるかもとは思ったのですが、これで不安が解消できるのならと思い、行った次第です。
結果は一部水がたまっているところがあるが、それはのう胞で、よくあることだと言われました。

ちなみに、検査内容は触診とエコーで、触診では問題ないと言われました。
エコーでのう胞が見つかりましたが、部位は特に指摘されなかったと思います。
ただ、右の胸の上あたりの同じところを何度もエコーで見ていたのでそこかなと思います。

しかし、その日はホッとして帰ったのですが、やはり未だに胸の痛みに敏感になってしまう部分もあり、気になっています。

そこで相談なのですが、
たまに布団で寝ている際、突っ伏して胸を圧迫する状態になると右の胸だけ痛むことがあります。
左は何も感じないのですが、考えられる要因としてはなんでしょう?のう胞でしょうか?生理前やホルモンバランスとかでしょうか?
<女性:22歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


教えてください

[管理番号:6506]

主治医の方針は、
抗がん剤(アンスラサイクリン+タキサン)→放射線→ホルモン

・浸潤がん
・大きさ 2.8×2.6cm
・リンパ節転移 2/13 (lvⅠ 2/12、lvⅡ 0/1)
・核グレード2
・エストロゲン受容体+ 8/8
・プロゲステロン受容体+ 7/8
・HER2 ほぼ陰性(2+)FISH 増幅なし
・Ki-67 47%(術前です。
術後は検査していません)

主治医からはホルモン療法のみの場合と抗がん剤を併用した際の再発率の差について明確な説明をもらっていません。

自分としては差の程度によってはホルモン療法のみの選択を希望しているのですが、主治医の選択肢には入っていないようです。

オンコタイプdxについては年齢が若く、閉経前でリンパ節転移もあるためやる必要がないとのことでした。
<女性:42歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


ホルモン療法を遅れて開始することについて

[管理番号:6505]

主治医はタモキシフェン5年を勧めています。

このQ&Aを見て、妊産出産は予後に影響を与えない、授乳はリスク低減になるということは分かりました。
これからのことを考える上で、微小転移の可能性を抱えて妊娠することについて気になっています。

(質問1)
術後の微小転移が体のどこかにあった場合、妊娠期のホルモンの著しい上昇により(エストロゲンは通常時の約400倍にもなると)、体内に残っている可能性のあるがん細胞に短期間に膨大なえさを与えるようなものとなってしまい、体にがん細胞が一気に広がることにならないでしょうか。

(質問2)
そのような状態になることで、産後にホルモン療法を行っても効果がない、ということにはならないでしょうか。
もちろん、術後すぐ開始するのと産後開始とでは違いがあると思いますが、妊娠すること自体が悪化の要因になるかどうかという意味で。

こう考えると、短い期間であっても術後ホルモン療法(2~3年、もしくはたとえそれより短くても)を行い、少しでも微小転移(の可能性)の段階で、芽が小さいうちに治療・根絶をしておく方が良いものなのか、と悩んでおります。

(質問3)
田澤先生の言うホルモン治療に緊急性はない、という所の仕組みがなぜなのか分かれば、きっと自分としても納得がいくのだと思いますが、この点についてもう少し詳しく教えていただけないでしょうか。
<女性:37歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


凍結胚移植とホルモン補充について

[管理番号:6504]

硬癌
腫瘍の大きさ 11mm
ステージⅠ
ER 90% PgR90%
HER2 2+ FISH +(2.44)
MIB-1 70%
グレード 3
(G3・NG3)
断端 陰性
リンパ節転移なし 
放射線治療済

EC⇒weeklyパクリ⇒ハーセプチンを今年の1月に終了しました。

ハーセプチンを終了して7か月あけた8月中旬に凍結胚移植(受精卵2つ有)をする予定の為、3か月前の5月(下旬)日にタモキシフェンの服用を中止しました。

●化学閉経しているため産婦人科医の先生が、生理をおこしたほうが良いということで7月にエストロゲン(プレマリン)+プレゲステロン(ルトラール)を使い生理をおこすのですが、これらのホルモン剤はやはり再発リスクをあげますか?

●胚移植をする時はエストロゲン(エストラーナテープ)+プレゲステロン(ウトロゲスタン)を使い着床しやすい体をつくりますがこれも再発リスクは高いですか?

●私のような乳癌治療後の場合ホルモン補充周期に胚移植をする場合再発リスクは高いですか?

●先生も以前お書きの通り、「エストロゲン+プレゲステロン」を併用する場合「乳癌リスクを増加される可能性が示唆」され、また乳癌術後ののホルモン補充療法はすすめられないですか?

自分の中では凍結胚移植をするつもりでしたがやはりホルモン補充することでどれくらい再発リスクが上がるのか心配で胚移植をするか悩んでいます。
<女性:42歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


60代 乳癌 ステージ2a トリプルネガティブ転移なし 術後化学療法について

[管理番号:6503]

今年4月上旬に自宅でしこりに気が付き、
その後、乳癌と分かり、2週間後の4月下旬には右乳房全摘出(腫瘍4cm)センチネルリンパ節を切除をしました。

リンパ節の転移なし。

術後病理結果
・ステージ2a
・トリプルネガティブ
・ki-67…20~50%

上記しか情報が分からずすみません。

母は今年63歳になります。

トリプルネガティブ、右乳房全摘出、転移なし。

担当医からは、抗がん剤は本人の意思に任せます。
無治療もありえる。
抗がん剤が効かないかもしれない。

と言われ、母も家族も頭を悩ませております。

母には長生きしてほしいです。

でも、抗がん剤を投与することで現在、元気に生活している母の生活の質が落ち、この先の余命などに関わることにならないか心配でなりません。

母は歯肉炎や高血圧、皮膚炎などもあり、副作用が心配です。
<女性:62歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


ジェネリックについて

[管理番号:6502]

ノルバディックスを飲み始めて3ヶ月になりますが、薬局でジェネリックの提案を受けました。

タモキシフェン(日医工)なのですが、調べてみると他のメーカーより単価が安く少し不安です。

メーカーによって大きな違いはあるのでしょうか?
現在副作用もなく過ごせているのですが、こちらに変えても品質、副作用は問題ないのでしょうか?
<女性:43歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


40代で見つかるシコリ

[管理番号:6501]

毎年乳がん検診を同じクリニックで受診しています。

元々両胸に良性のシコリが数個ずつありマンモグラフィーとエコーで経過観察しています。

先日新たに一つ小さいものが見つかり、先生は、全く問題ないです。
一年後にまた経過を見せてください、との事でした。

帰宅してからインターネットで調べると、40代で新たにシコリが出来るのは癌の可能性が高いというのを見つけ不安になりました。

もう一度受信して、細胞を取って検査した方が良いでしょうか?
<女性:40歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


術後の治療の選択肢について

[管理番号:6500]

5月の末にステージ2aの早期乳癌で温存手術をしました。

病理検査の結果は
1.4×1.4cmの浸潤性乳管癌
リンパ節の転移なし
HAR2が過剰発現を認めている(数値の提示なし)
Ki67→39%
エストロゲン、プロゲステロンともに0%の為ホルモン剤の利用不可。

放射線治療に加えて抗がん剤に加えてハーセプチン(3週間に一度点滴を1年間)と説明を受けました。

実際の治療は他の病院で行う事となり、週明けまでに意思表示が必要なのですが、抗がん剤+ハーセプチンの治療に迷いがありご相談させて頂きました。

母の介護もある為、治療を選択した際の副作用、また現時点での必要性のパーセンテージ(食生活の改善などで補える数値なのか)伺えたらと思います。
<女性:56歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


手術不能乳がんについて

[管理番号:6499]

妹の乳がんについて教えて頂けますでしょうか。

数年前から左側にしこりがあり、離婚や引越しなどでそのまま放置していたそうです。

1年前には乳房全体がパンパンで、直ぐ病院に行くように話したのですが行かなかったようです。

今年になってわきのリンパ節にもしこりがあり、腕がいたんで始めて病院に行き、そこで紹介状を書いてもらい○○大学病院で検査しました。

骨、肺、肝臓にも転移あり 手術不能と言われたそうです。

昨日初めての抗がん剤ACをしてきました。

AC4クールその後薬を変更して4クール 抗がん剤治療をするそうです。

余命宣告があり1年とのこと。

他にも何か出来る治療があったら教えて下さい。
<女性:55歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


針生検について

[管理番号:6498]

数年前から左乳房外側にしこりがあり、年1回の人間ドックのエコーては毎回0.8センチ、線維腺腫と書かれていました。

大きさは変わらずで3年ほど同じ結果でしたが、今年5月に受けた人間ドックで1.2センチほどに大きくなっているため針生検となりまして。

結果は以下で、生検をして現在結果待ちです。

※マンモは乳腺が多くみえないということでした。

偽陽性3
乳頭状重積集団の出現
・小型細胞が散在する中に混じって乳管上皮細胞のシート状、腺管状、乳頭状集団が多数現
・核は小型だがやや腫大し密集性は見られ増殖集団を形成集団辺縁は結合性が緩くほつれて散在
・筋上皮細胞の付着は確認できる部分もあるが過形成病変を疑い鑑別困難と判定医師追記
・核は小型で筋上皮も散見されるが集塊の数が多く細胞が密集しているので生検を勧める

以上です。

・何年か大きさが変わらなかったものがガンになる可能性はあるのか?
・上記の内容では、悪性の可能性が大きいのか?
※エコーでは良性の形だと言われています。

お教えいただければ幸いです。
<女性:38歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


71歳アポクリン癌ステージⅢの治療

[管理番号:6497]

主治医からその都度説明を受けているのですが、次の内容について教えて下さい。

質問1. アポクリン癌は特殊型で少ないわけですが、このタイプの癌の特徴、治療
特徴、治療や予後の特徴について教えて下さい。

質問2. リンパ節転移の数: 39/43:Ⅰ(24/27)Ⅱ(15/16)Ⅲ(
(0/0)Rotter(0/0)です。
数の多さに驚いて深刻な状況
   であることはわかりますが、この結果から
①病状としてどうとらえればよいのか ②治療はどのような選択がなされるのか   
③予後はどうなのか

質問3. ステージⅢと説明を受けています。
ステージⅢはa ,b,c分かれていますが私の検査結果から見てどの段階にあるのでしょうか?
   以前の相談内容「管理番号687」の回答から考えると、ステージⅢCとなりますがその理解で良いでしょうか?
ガイドラインのステージ等を見てもリンパ節転移数との関連がはっきりしません。
<女性:71歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。