乳がんとは|乳癌の症状、しこりや石灰化について解説|石灰化にマンモトーム|乳癌の治療|東京の江戸川病院 乳腺外科・乳腺外来

  1. 術後検査

  2.  病理結果が非浸潤であったので田澤先生の回答で無治療に決め1年が経ちました。
     先日マンモ、触診、超音波をして異状なしで、次は半年後に超音波をする事になっています。
     そこで質問ですが、血液検査はしなかったのですがした方がいいのでしょうか?
     手術跡がまだ腕を回したりすると痛むのですが、先生は気にする事ではないと言われますが、気にしなくていいのでしょうか。
     よく動かした方がいいでしょうか。
    <女性:52歳>

  3. これからの治療方法を教えてください

  4. 病理検査結果から、
    ①原発巣(調べられていない所)に浸潤癌があるかもしれないので抗癌剤治療
    ②原発巣は非浸潤癌で生検は散布であり転移ではないので無治療の選択があるが、いずれをとるか?と医師から聞かれています。
    質問
    ①診断結果をわかりやすく説明してほしい
    ②「散布」などありえるのか、教えてほしい
    ③治療方法について先生の意見を伺いたい
    <女性:58歳>

  5. 術後の治療について

  6. ① kiの数値が低いこともあり、進行のスピードは遅い。
    にもかかわらずリンパ節にまで転移していることから、かなり前から存在してい たということでしょうか?
    10年前から年1度マンモとエコーはしています。
    ② kiの数値からトリプルネガティブの可能性が高いと思われます
    再発防止のために抗がん剤は絶対必須ですか?
    ③ 再手術で切除しなくてはならないでしょうか。
    全摘することに抵抗はありません。
    <女性:62歳>

  7. ルミナールAの術後療法

  8. 化学療法は現在FEC4回、その後ドセタキセル4回です。
    田澤先生のQAは、ずっと拝見しており、きっと先生ならばルミナールAでホルモン療法となるだろうと理解しております。
    たとえ少しの可能性でも再発リスクを下げたいという思いから頑張っているところです。
    とはいえ、まったく意味のない治療なのかとも思え、ドセの副作用などに怯えております。
    <女性:47歳>

  9. 両側乳癌で左右タイプが違う場合

  10. 同時に手術します。
    両側部分切除の温存予定です。
    質問
    1. 右側を全摘する可能性はあるのでしょうか?
    2. 部分切除の場合と全摘では再発や遠隔転移は違いますか?確率はどうですか?
    3. 骨シンチや、ペット検査は必要ではありませんか?
    4. 治療は左側はホルモン剤対応で、右側はHER2プラスなので、化学療法をします。ハーセプチンの治療もします。
    左右違いますが、ホルモン剤も使うということですか?
    5. 化学療法しても左側には効かないのでしょうか?
    <女性:54歳>

  11. 骨転移について

  12. 右乳房全摘手術後半年経ちました。
    大人しいタイプだと言われホルモン治療中です。
    2週間くらい前ら、手術したのとは反対の左側の肩、首筋、鎖骨、肩甲骨のあたりがずっしりと重く、肩こりのような痛みがあります。
    術前のCTやレントゲンでは異常はなく、3ケ月前の血液検査でも異常はありませんでした。
    違うとはおもいますが、骨転移の可能性はありますか?
    <女性:42歳>

  13. 乳腺症の痛みに効く漢方薬

  14. 今年の2月に、乳腺症。
    良性のしこりあり。
    (手には触れない、超小さなもの)と診断されました。
    昨年の10月終わりごろより
    乳腺症による痛みを発症し、
    発症し始めた頃よりも、
    痛みはゆるやかになってきましたが、
    時折やってくる毒々しい痛みに
    落ち込む日々を送っています。
    ①間違えてもこれだけは飲まない方が良い!
     という痛みどめがあれば、教えて下さい。

    ②逆におすすめの漢方の痛みどめがあれば
     教えてください。
    <女性:42歳>

  15. 胸のしこりについて

  16. エコーでは8ミリ程度のしこりが確認され、触診でも確認ができてるね。との事でした。
    マンモを撮った際に、分泌液が出て分泌液の検査を実施しました。
    検査結果はクラス3という事で癌か良性かグレーゾーンだとの事でした。
    マンモは乳腺が真っ白で、しこりが見つけられないと言われて一番精度の高い造影剤を使ったMRIの撮影をします。
    と言われ実施いたしました。
    結果、造影剤のMRIではしこりは発見できませんでした。
    不思議なのは、触診やエコーでは確認できるのに精度の高いMRIで確認できない事はあるのでしょうか?
    <女性:29歳>

  17. 右胸にしこり

  18. 1歳の娘の授乳時期(H26.11月)に初めてしこりを発見しましたが授乳期という事もあり特に心配もしていませんでした。
    妊娠が分かって最近胸が張ってきて触ってみると、以前に見つけたしこりが確認出来ました。
    助産院に相談すると、総合病院を紹介して下さりその日のうちに乳腺外科を受診。
    超音波エコーで診て頂くと3ミリのしこりがあり、5ミリ以下なので良性か悪性は判断出来ないとの事。
    見た感じでは良性だと思うが、9月に出産予定なので産後年内に再診する事になり とても不安な気持ちでいます。
    <女性:27歳>

  19. 頭蓋骨転移?

  20. 11月に乳癌と診断され、12月に左胸全摘を(再建なし)を受けました。

    MRIで明らかな脳転移はないものの、頭蓋骨については診断がつかず、来月またCTをとって見比べることになりました。
    1、先生の患者さんでいきなり頭蓋骨に転移した方はいらっしゃいますか?画像もなく、判断は難しいと思いますが、頭蓋骨転移だと思われますか?
    2、診断をつけるにはあとどんな検査をしたらいいと思われますか?
    3、頭蓋骨転移だった場合は、先生ならどんな治療を行いますか?
    脳外科では、開頭手術で病変をとり、人工骨に置き換えるか、放射線と言われています。
    <女性:44歳>

  21. 右胸しこり

  22. いろんな病院にも行きマンモーなどしましたが乳腺線維腺腫ではないかと言われました。
    ところが、先月4月(中旬)日の病理組織検査結果では、fibrotic stromaの間に小型腺管が少数見られ、免疫染色ではp63+の筋上皮の随伴がみられるものの、上皮細胞はck5/6の染色性が低下しています、従ってDCISの可能性が残ると言う事でした。
    元々しこりが気になったので、来月(中旬)日に手術します。
    この判断は正しいでしょうか?
    また、私は非浸潤性乳管癌だったのでしょうか?
    <女性:26歳>

  23. 2ミリの硬いしこりについて

  24. 乳頭直下奥の辺りに米粒大程の硬いしこりがあるのに気付き、毎年乳がん検診で行ってるクリニックを受診しました。
    去年は6月にマンモとエコーの検診をしてお
    り、今回はまだ前回のマンモから一年経ってないためエコーだけの検査になったのですが、エコーで見たところ2ミリほどのしこりが確かにあ
    るとのこと。
    ただ5ミリ以下は精査対象ではないから、とりあえず3か月様子を見て、8月にまた来るよう言われました。
    <女性:50歳>

  25. 左胸にしこり

  26. お聞きしたいのですが
    ・ステージ2で今の状況では、手術は避けられないのでしょうか?
    ・もし手術するとしたら、早い方が良いのでしょうか?
     やはり手術となると全摘が一番いいのでしょうか?
    ・乳房温存と全摘ではどれぐらい再発する確率が違うのでしょうか?
    ・リンパ節の腫れをやはり妻も気にしています。
    現段階では
     そこまで落胆しなくていいものなのでしょうか?
     このリンパの腫れの不安を取り除くにはどんな治療が効果的でしょうか?
     リンパ節が腫れてる=遠隔転移的な思いがどうしてもぬぐえません。
    ・そもそもどれぐらいの確率で完治できるのか?
    <女性:44歳>

  27. 乳頭分泌液

  28. 以前から、両側の胸から白色の分泌液が主に一ヵ所の穴からあり、気になって強く絞ってみると他から透明な液が少しでました。
    両側ともです
    透明な分泌液は、未熟者な母乳か、なにかでしょうか?
    心配いらないですか?
    <女性:36歳>

  29. 抗がん剤の使用について

  30. 右の乳がん(右外下)で全摘、再建しました。
    浸潤がん(3.7cm)非浸潤がん(5.4cm)リンパ節転移無し
    核グレードは3、トリプルネガティブです。ステージはIIAです。

    悪いところはとりきれた、ということでしたが、
    浸潤がんなので、全身に回っている可能性のあるがんの芽を摘むために
    抗がん剤をするといわれています。
    私としては、リンパ転移もなく 仕事を続けたいので、副作用の可能性のある抗がん剤はしたくないと考えています。
    後は自己管理したいと考えていますが、田澤先生の場合もこのような場合、抗がん剤はしたほうが良いとお考えになりますか。
    <女性:58歳>

  31. 細胞診と針生検の結果の違い

  32. 私は乳がんになってるのでしょうか?
    細胞診がグレーゾーンならまだしも、クラスⅤの結果で悪性細胞と考えますとハッキリ書かれてるのに、確定診断で陰性とは、先生がちゃんと該当箇所に刺せなかったということなのでしょうか?
    先生の技術の問題なのでしょうか?
    それとも細胞診の結果が間違ってるということなのでしょうか?
    <女性:42歳>

  33. 産婦人科か乳腺クリニックか

  34. 産婦人科では直ぐに結果が出ず、撮影したレントゲンを見てもらうたもに依頼しておられるため、結果は2.3週間先になると言われました。

    5/(下旬)の○曜日に電話連絡があり、マンモグラフィーで要検査結果が出た為、エコー検査を受けに来てくださいと言われました。
    心配で直ぐにエコー検査したかったのですが5/(下旬)○曜日にしか予約が取れませんでした。
    調べると、電車で10分の市に乳腺クリニックがありました。
    そちらは、
    予約無しの診察可能で、その場でマンモグラフィー撮影やエコー検査をして下さり、直ぐに結果が分かるクリニックになります。
    <女性:41歳>

  35. 妻が乳がんと診断されました。これからの事がとても心配です

  36. 妻(36歳)が乳がんと診断され水曜日に紹介先の病院で二回目の診察があります。
    現在分かっている事は
    腫瘍の大きさ 2cm程 
    リンパへの転移 有 3個くらいの影が見えておりました
    ER 90%
    Pgr 20%
    HER2 2+ (FISH はまだです)
    Ki67 30
    最初に検査した病院・紹介先の病院の先生ともに術前化学療法をしてからという話が出ております。
    <女性:36歳>

  37. 術後のスケジュール

  38. 今後、おそらく放射線、抗癌剤、となっていくのでしょうが、仕事の関係あり、どのようなスケジュールがよいかお尋ねしたいのです。
    術後抗がん剤は、いつまでに初めたほうがよいかのお考えはありますか。
    早ければ早い方がよいのでしょうか。
    放射線は、後のほうがよいのでしょうか。
    ホルモン療法は、どちらとも併用はしないほうがよいのですか。
    抗がん剤治療中に仕事での海外旅行可能でしょうか。
    放射線は、年末年始で中断してもよいのでしょうか。
    <女性:56歳>

  39. 術後治療方法についてお伺いします

  40. 浸潤性乳癌。
    リンパへの転移はなし。
    大きさは12×17×13。
    グレード3。
    ER,pGRともに0。
    HER2は3+。
    そこで術後治療を主治医から提案されたのが次の通りです。
    ①FEC100を3週間ごと6回
    ②パクリタキセルを毎週8回
    ③②と同時に毎週、合計52回
    すでに1回目の治療は2週間前に済んで、脱毛も始まっています。
    <女性:51歳>

  41. 左胸乳がんと診断されましたが右胸も怪しい感じです

  42. MRI検査の後、技師の方が、右側のことを聞いてきました。
    右側は何とも言われなかったのか、自分でしこりは感じないか等。
    以前石灰化していると言われましたがとお答えしたのですが、これは右にもがんがあるということなのでしょうか?
    急に不安になり、悪いことばかり考えてしまいます。
    <女性:58歳>

  43. 乳がん

  44. 昨年2月に 乳がん手術をうけました
    一年後の検査で 手術をしたところが ゲル状になっているそうです
    胸もかちかちに硬いです 腫瘍マーカーも術前の値にもどっていましたが 
    そのひと月後に正常値にもどりました

    リンパ節は術前からひとつ腫れているそうで生検後 病理結果は 進行がはやいですと説明を受けましたが きちんとした診断名は教えてもらえませんでした 結果をもらいたいと伝えましたが それは駄目だといわれました
    放射線治療終了から1年経ちましたが 今はホルモン療法がただひとつの治療法だともいわれています
    <女性:51歳>

  45. ホルモン療法5年経過後の妊娠について

  46. 5年前に乳がんの告知を受け、2年半のホルモン術前療法後、部分切除術を受けました。
    その後もホルモン療法を継続してきました。
    挙児を希望しており、ホルモン療法継続の目安である5年が経過しようとしているため、PET検査を受け再発していないことを確認し、妊活しようと考えておりました。
    また、年齢的なこともあり、妊活する際は排卵誘発剤/排卵促進剤の使用を考えております。
    しかし、5年前とは違い、現在はホルモン療法は10年が目安となっていると聞きました。
    10年継続すべきでしょうか?
    <女性:41歳>

  47. トリプルネガティブの術後治療および予後等について

  48. 主治医ではなく、腫瘍内科の担当医からの話では、私の抗がん剤治療の勧めはEC×4回。
    でした。
    リンパ節に転移してたら、もう少し治療を追加するのだが、副作用とのバランスをみるとこのくらいがよいと思う。
    ということです。
    <女性:43歳>

  49. 母の乳がん

  50. 母が乳ガンと診断されました。
    初診の段階で右乳房の内側下(乳首寄り)辺りに大きめのしこりがあるとの事で針生検の結果、しこり自体の大きさは3センチでその周囲を脂肪の塊が覆っている状態だったそうです。
    ステージはⅡとⅢの間くらいだと説明されました。
    <女性:60歳>

  51. 石灰

  52. 健康診断でエコーを撮り腫瘍の疑いありで再検査になりました。
    病院に行きエコーで見たら何かあるのでマンモで調べたら石灰でした。
    石灰だから安心という訳ではないので三か月後に診察に来て下さいと言われました。
    乳房砲のうもあります。
    乳がんの初期症状かもしれないと言う事ですか。
    カテゴリーは言われてません。
    <女性>

  53. サブタイプ分類に+があった場合の抗がん剤について

  54. 主治医からはルミナールAと言われました。
    サブタイプ分類の数字がリンパ管浸潤3+、静脈1+あるので
    抗がん剤の検討を言われました。
    このような場合、抗がん剤はした方がいいのでしょうか?
    <47歳>

  55. 胸の腫瘍について

  56. 私としては造営剤のグラフが
    癌に似ていると言われたことが不安で
    増大傾向があれば摘出したいので
    定期検診をお願いしたら断られました。
    これ以上見ても結果は
    かわりないので気になるなら取りなさいと言われました。
    これは取ったほうがいいのですか?
    セカンドオピニオンにいったほうが良いですか?
    <女性:28歳>

  57. 乳ガン検診について、

  58. 先日、左胸の痛みが気になり
    乳ガン検診を受けました。
    結果、触診、マンモは所見なし
    エコー右が線維腺腫、入管内乳頭腫疑
    エコー左が線維腺腫
    とのことで、診断名が要精密検査および要再診察でした。
    <女性:27歳>

  59. 治療のアドバイスをお願いします。

  60. 私の乳がんは、ステージ1(11mm)浸潤性乳管癌、センチネンタル
    リンパ節転移無し(1/1)、静脈浸潤無し、遊離癌細胞なし、metastatic size 0.15mm。
     腫瘍外の腋リンパ節拡張子:なし、グレード(悪性度)3、ER98%,PR54%,ki-67(MIB-
    1) 20%, hers2(c-erbB2) 10%, 1+(negative),
    c-rrbB2 ISH Negative です。
    切除手術、ドセタキセル×3回、CE
    F3回、その後放射全治療を予定しておます。
    当方はルミナルBのher2
    her2陰性タイプでしょうか?
    <女性:44歳>

  61. 乳がんについて

  62. 脇にしこりを見つけて乳腺外科に行きましたが、悪いものではないと言われました。
    乳腺症があるので時々胸が痛かったり、うつ伏せになった時に痛みがあったりします。
    両胸だったり脇のしこりが時々痛みますが、現在不妊治療をしておりホルモン剤を飲んでいるので、そのためかと思っています。
    自己検診をしなくても、年に2回もエコーしていたらそこまで不安になる必要ないですか??
    脇のしこりが気になりますが以前からありますし、年に2回も違う病院でエコーしていたらそれ以上の検査(細胞診など)希望しなくても良いですか?
    <女性:39歳>

  63. 血性乳頭分泌

  64. 先週からまたしても血性分泌があり、先生からいただいた診断で異常なしとのことですので安心しておりますが、ちょっと当たっただけでも鮮血があってり、分泌物と混ざったものが出ます。
    いつまで出るのかどうする少し押さえたりしたら、翌日は量が増えた気がします。
    相変わらず両側多孔性で、血性は乳菅像影していただいた箇所です。
    押さえたり絞ったりがすこし強い時乳菅は傷口ものでしょうか?
    このまま様子をみて大丈夫でしょうか?
    <女性:48歳>

  65. 乳腺外来での診察 検査の進み方について

  66. 左胸のふくらみの1番下あたりにしこりかな?
    という物があり 5/(下旬) 病院を受診しました
    マンモグラフィーとエコーをしました
    マンモグラフィーでは確認できないが
    エコーで何か1つ5ミリ程のシコリがあるとの事で その日に細胞診でした
    麻酔をして細い針を刺しキュポキュポ吸ってるかんじでした(何ヶ所か)怖くて見ていられずはっきりしませんが

    結果まで1週間程かかるということで
    6/(上旬)に細胞診の結果を聞きます
    <女性:41歳>

  67. 授乳中のしこりです。

  68. 私は今は授乳中で6ヶ月の子供がいます。
    しこりが出来ることはよくあり、上の子の時からしこりは出来ても熱は出たことがありません。
    それなので、今回しこりが出来ても1ヶ月以上放置してしまいました。
    しこりがなかなか取れないので、マッサージを受けると婦人科を紹介され、エコーを受けたら、硬いなー。
    乳癌?なんてボソボソ言いながら、細胞の検査をされました。。
    <女性:37歳>

  69. 抗がん剤治療について

  70. 5月(上旬)日に右全的手術をし、今日退院後初めての外来で、(下旬)日から抗がん剤の
    治療を勧められました。
    病理結果がでてからの抗がん剤治療開始と思っていましたので、
    少々あせりましたが、早く治療にとりかかったほうがいいと先生に言われ、決断しました
    治療内容につきましては、
    EC3週に1度を4回
    TC3週に1度を4回とハーセプチン
    ハーセプチン3週に1度を12回
    病理結果を待たず、早く治療にとりかかることについては、田澤先生も賛成ですか?
    <女性:54歳>

  71. 抗がん剤

  72. 私の母の術後療法について質問させていただきます。
    今年4月に部分切除手術を終え、初期乳がんでリンパ節転移もなしとのことで、術後は放射線+ホルモン療法かと本人も家族も考えておりました。
    ところが最近になり主治医から「少し元気なガンだから、僕としてはおすすめは抗がん(剤を追加)です。」と言われ、正直驚き遅ればせながらいろいろ調べているところです。
    <女性:67歳>

  73. 乳房温存の手術を受け今後の治療に悩んでいる

  74. (病理所見)
    浸潤性乳管がん
    pT1a 4.9×3.5mm
    g(+)
    f(-)
    ER 90%
    PgR 30%
    HER2 score1
    Nuclear grade 1
    ly(-)
    v(-)
    pN0(0/1)
    MIB-1 8%
    上記の病理結果より、抗がん剤は必要なく、放射線は必要、ホルモン療法はどちらか悩ましいところとの事でした。
    <女性:41歳>

  75. 骨転移の疑い

  76. 先日、骨転移の疑いで先生に質問した者です。
    先生の心配ないと思いますというお言葉を支えにMRIの結果を待ちました。
    結果は悪いものには見えなく、何か怪我の痕のように見えるとのことでしたが、打ったりした覚えがないというと、画像には一応異常がみえるから、今後詳しく調べるとしたら、PETか、骨腫瘍の専門医がいる病院を紹介しますとのことでした。
    <女性:55歳>

  77. 術後の病理検査結果と今後の治療について

  78. 術前からホルモン治療はよく効くタイプだとは聞いています。
    (なのでホルモン治療 以外の他の治療や検査などはどうなのか?悩んでいます)
    姉には可能な限りベストな治療を受けて欲しいので色々教えていただけたら幸いです。
    幸い医療保険がおりましたので金銭的には多少まだ余裕があるので標準治療+の治療や検査などありますでしょうか?
    <女性:44歳>

  79. 皮膚浸潤で手術不可能 抗がん剤治療のみと言われました

  80. 詳しい説明もなく、最初は5/(下旬)に手術して、そのあと放射線、簡単です、と言われましたが、
    昨日、突然、手術は中止、皮膚浸潤があるので(本人には自覚なし)手術はできない、抗がん剤治療しますと言われました。

    ○曜日の話次第では、転医したいと思いますが、何を聞いたらよいかお教えください。
    <女性:64歳>

  81. アポクリン癌と診断されました。ステージ1と言われました!

  82. アポクリン癌に合致するとの結果でした!
    HER-2:score 1+
    MIB-1 index(invasive front): 12%
    PETCTも受けまして転移はないとのことです!
    治療としてはFEC 3周ごとに4回 DTX 3周ごとに4回抗ガン剤治療。
    して
    その後手術をするとのことです!
    この検査結果でこの治療は必要なのでしょうか?
    <女性:59歳>

  83. 母の抗がん剤治療の不安

  84. ○76歳の母でも今の状態で抗がん剤は必要なのでしょうか?
    術前はゴルフが仕事のように行っていた元気なひとなので、抗がん剤で身体を痛めつける事が心配でなりません。
    <女性:76歳>

  85. トリプルネガティブ 多発性

  86. トリプルネガティブ、grade3とのことでかなりショックを受けています。
    手術は、新たに見つかったしこりが癌だった場合、多発性ということになるので全摘、7月の頭予定です。
    grade3と聞き、今回見つかったしこりが、新たに出来たものだとしたらとても早いスピードで癌が増殖しているのではないかと不安です。
    <女性:42歳>

  87. 右胸の違和感

  88. 1週間くらい前から右胸の違和感が気になっています。
    部位としては、乳首の右側あたりから乳房にかけてです。
    何となくチクチクした
    痛みと重たい感じがしています。
    皮膚の変化はありません。
    現在2歳の子どもがおり、昨年9月に断乳しました。
    <女性:41歳>

  89. 乳がんについて

  90. 田澤先生がコラムでおっしゃっていたように、どんなヘボ医者でも脇のしこりは判別できるとの返答もいただいたので、脇のしこりは心配する必要ありませんよね??
    やはり自己検診は余計に不安になってしまいますので、このまま年に2回のエコーと年に1回のマンモグラフィーを受けようと思います。
    <女性:39歳>

  91. 抗がん剤治療後の妊娠の可能性

  92. ○トリプルポジティブ グレード3 核異形成?3は極めて予後は悪く完治はないのか?又再発、転移の可能性は高いのか?
    ○妊娠は今後無理なのでしょうか?諦めた方がよいのでしょうか?
    ○卵巣機能に影響の少ない抗がん剤はあるのでしょうか?あった場合乳がんに対しての効果は低いのでしょうか?
    <女性:39歳>

  93. 乳管乳頭腫かもしれないけれども…

  94. 現在細胞診まちですが。
    乳首の近くから胸の山の下まで乳管内にしこりがたくさんあって、
    丸くなかった為不安に思ってます。
    海外では乳頭腫の診断でした。
    先生は何とも言いがたい感じでしたが、
    細胞診が良性の場合と悪性の場合のどのようになるか、教えてほしいです。
    切る範囲は、今の医療で少なくできるのでしょうか。
    <女性:27歳>

  95. 数年前から経過観察中のしこりについて

  96. 1 5年間約2cmと変化なく経過観察していてもやっぱりガンだったという可能性はありますか?
    どこかで乳がんは1cmに育つまで10年かかることもあると読みました。
    2 もしガンであった場合は、それなりに進行していますよね?
    3 次回経過観察は6ヶ月後ではなく3ヶ月後ということは、まだ怪しいのでしょうか?
    4 江戸川病院でマンモトーム生検を受けて白黒ハッキリさせる場合、これまでの診断内容をお持ちしなくても診断結果に影響はないでしょうか?
    <女性:43歳>

  97. 手術後の治療の選択について

  98. 今後の治療について、
    ホルモンとハーセプチンは効かない。
    年齢と体力を考慮して抗がん剤は使わない。
    ということで説明を受け理解しています。
    放射線照射について、予防的にはした方がよいが、
    毎日通うことと、いくつかの副作用について困難を感じるなら、
    無理にでも、ということでもない印象です。
    <女性:89歳>

  99. 初期乳がんホルモン療法中断による妊娠出産について

  100. 高齢出産となりますが挙児(第二子)を希望しています。
    ホルモン療法を中断し、期間限定で妊活をし、自然妊娠出来なければ子供は諦めてホルモン治療を再開したいと考えております。
    先生は私の病理結果を見てどのように思われますでしょうか?
    また妊娠出産を目指す場合に、再発リスクを把握する意味でオンコタイプDXを受ける意義があるでしょうか?
    <女性:40歳>

  101. アポクリン癌、アポクリン化生について教えてください。

  102. ①アポクリン癌、アポクリン化生という病気は非常に稀だと書いてありましたか、エコーやマンモグラフィーで分かるものなのでしょうか?
    ②エコーやマンモグラフィーで診断はできなくても、アポクリン癌などであれば、乳がん検診で引っかかるものなのでしょうか?

    ネットでの情報もあまり多くなく、アポクリン癌、アポクリン化生の症状や診断が分かりません。
    <女性:41歳>

  103. 非浸潤乳ガンの病理結果について

  104. 主治医は「病理検査の結果も手術前と変わらず非浸潤乳癌でした。
    閉経前なので、ホルモン治療はしません。」「ER、PgR、HER-2、Ki-67の評価も必要ありません」といわれました。
    この判断について先生はいかがお考えでしょうか。
    <女性:38歳>

  105. 今後の治療

  106. 現在(5/(下旬))EC4クールを終了しました。
    ステージⅠの早期ですが、抗がん剤治療は必要なのか?ということで悩んでいます。
    副作用による生活レベルの低下も考え、タキサン治療を中止しようと思っています。
    また、ホルモン受容体が低いので、ホルモン治療の効果があまり期待できないにもかかわらず、
    ホルモン治療をする必要がありまるのでしょうか?
    <女性:51歳>

  107. 病理結果

  108. 左乳房全摘手術を終えて 、本日 病理結果が出ました。
    全てではなく途中報告でした。
    手術が終わってから今日の結果が出るまで不安で押しつぶされそうでした。
    結果を聞いてまた不安になっております。
    治療は、来月から抗ガン剤治療を6ヶ月その後ホルモン療法を10年の予定です。
    <女性:31歳>

  109. ki67の高値について

  110. グレードが1でしこりの大きさも
    1.4cmであり、リンパ節も微少転移が1つですが、ki67が70%と高値です。
    グレードが1であれば大体はおとなしいがんのはずだと思いますが、増殖率が高値になるのはなぜだと思いますか?
    間違いの可能性はありませんか?
    というのも、術前のマンモトームではグレードは同じ1でしこりは1.7cmと言われておりましたがki67は20%でした。
    <女性:47歳>

  111. DCISの補助治療について

  112. 乳腺クリニックにて検診を受けたところ、気になるもの(嚢胞)があるという事で細胞診を行いクラス5が出たため、3月に左胸上部内側の温存手術(とセンチネル)を終えました(MRIでの広がり1.8×1.2×0.8cm)
    術前はステージ1だと言われていましたが、(細胞診で悪性と出たため針生検はやりませんでした)術後の病理でホルモンレセプター陽性の非浸潤乳管ガンとわかりました。
    非常におとなしい正常の細胞に近いものですよ、と聞き、今は前向きに放射線治療を受けているところです。
    <女性:41歳>

  113. 4ミリの場合

  114. もし乳がんだったら初期に越したことはないのではと思い、こちらに質問させていただきました。
    4ミリ程度では正しく針生検することは難しいのでしょうか。
    7月末に再受診して再度超音波検査の予定ですが、それまで待っていいものでしょうか?
    <女性:41歳>

  115. 単孔性分泌(血性)のその後

  116. 先生より「乳腺症でしょう。
    特に心配はないので気にし過ぎないように。
    そのうちなくなるでしょう。」
    とのお言葉を頂きました。
    ホッとしたもののそれから4か月ほど経ちますが、まだ摘まむと血性の分泌があり量も減らず、「実は何らかの病巣が進んでいるのでは…」と、不安になってしまいます。
    <女性:38歳>

  117. 組織診断の結果

  118. マンモトーム結果
    乳管内増殖性病変 ERがびまん性に陽性となり
    CK5 6 は基底層のみに陽性でモザイク状になっていません。
    LOW grade DCISが示唆され
    ますが病変が小さい為疑診と致します。
    との結果でした。
    マンモグラフィー 石灰化あり
    その他の針 と分泌液の細胞診では問題ありませんでした。
    この組織診断で早期癌で間違いないと思うと言われたのですが、
    先生もそう考えられますか?
    <女性:41歳>

  119. 家内の病状について

  120. 主治医からは、術前化学療法後の温存手術も選択できるが、乳頭部近くに腫瘍があるため、乳頭部は切除しなければならないこと、またバストサイズも小さいので全摘を勧められました。
    家内とも相談し、全摘についての抵抗感がないこと、温存での局所再発のリスクも考え、主治医の指示通り全摘を選択するつもりです。
    来週○曜日に手術予定です。
    <女性:43歳>

  121. 閉経前フェマーラの影響

  122. 術後10ヶ月ぐらい後にタスオミンからフェマーラに変更になりましたが、1ヶ月でタスオミンに戻りその後また1ヶ月後にフェマーラになりました。
    主治医はホルモンの値などを見て決めたようです。
    半年フェマーラを飲んでいたら出血があり生理でした。
    すぐに止めてタスオミンになりまた。
    <女性:55歳>

  123. 腫瘍径について

  124. 昨日、手術時の病理結果をいただいた○○です。
    報告書には[tumor size 31x11x11mm]の記載がありましたが、
    私の場合は
    ①石灰化のところにあった腫瘍のみで、このサイズということでしょうか?
    ②それとも他への拡がり(モヤモヤした所とおっしゃっておられた)の範囲も含めた腫瘍部分を指しているのでしょうか?
    非浸潤癌なので腫瘍径は問題にならない事は承知しておりますが、自分で想像していたよりもだいぶ大きな数値だったので、気になります。
    <女性:56歳>

  125. 抗ガン剤点滴の腕について

  126. 今の病院では、全摘出手術とリンパ郭清を受けた右側の腕では、白血球の値などを調べるための採血は行うことは可ですが、点滴による薬の投入はしないと言われています。

    でも、病院によっては、点滴を左右の腕で交互に行っているところもあると聞きました。

    使える血管がだんだんと少なくなってきている中、ポートを埋めることはしたくないため、できれば右側の腕も使えたら安心なのですが、
    リンパ浮腫などの危険性があるため、やはり右側は使わない方がよいのでしょうか。
    <女性:51歳>

  127. 全摘出手術を急ぐべき?

  128. 確定診断前に受診、エコー、相談。
    リンパに1つくらい転移が?
    頭が真っ白でよく覚えていません。
    Q1.硬癌?、KI167が高く、転移がどんどん進んでいるようで気が気ではありません。
    転移のスピードは?
    Q2.KI167が高い、腫瘍が大きい、転移・再発が不安等の
    理由から、温存にはこだわらず、命を優先し、全摘手術、再建を相談してみようかとも思っています。
    先生は、同様に思われますか?
    <女性:54歳>

  129. 非浸潤性乳がん温存術後の治療について

  130. 非浸潤性乳管癌でした。
    ①センチネルリンパ節への転移はなし。
    ②核異型度1。
    ③乳管内に少し拡がりがあったが、一応とりきれている。
    ER:90%
    PgR:90%
    HER2:-
    Ki67:3%
    という検査結果でした。
    今後の治療として、
    ①放射線+ホルモン治療
    ②予防的乳房切除
    ③治療なし
    で悩んでおります。
    <女性:34歳>

  131. 上腕の痛みが一年半以上あります。これは、乳がんに関係あるのでしょうか。

  132. エコーを受けている時に、左と言われていたにもかかわらず、右胸のところで何度も撮っている様子を感じ、また、左は当然何度も撮り。
    いつもとは違う様子だったので、本当に心配になりました。

    上腕の痛み、首、背骨、肩甲骨の痛みなどが、乳がんと関係することはありますか?ちなみに、生理前は胸が張ります。
    結婚はしていますが、出産経験はありません。
    <女性:44歳>

  133. どうしても乳房を失いたくない

  134. 小葉癌なので、大きな塊というより、パラパラと散らばっている感じです。
    主治医からは全摘と言われてしまいました。
    私は細い割に胸が大きく70Eカップあり形も色も綺麗でどうしても失いたくありません。

    以前から、乳がんだけは注意をし、毎年マンモグラフィー・エコーを受診していたのに残念でなりません。
    癌と言う病気より、胸を失う喪失感に生きて行く気力もなく毎日泣いています。
    <女性:54歳>

  135. ADHの診断

  136. 健康診断のマンモグラフィーで集簇性微小円形石灰化で要精密検査となり、先日マンモトーム生検を受けました。
    4体採取したうち、一体に石灰化部分が入っており、そこからADHという検査結果が出ました。
    医師から、切開手術を勧められており、少し大きめに該当箇所を切除すると言われました。
    <女性:38歳>

  137. ステージ2A術後治療

  138. ステージ2A、腫瘍経23㎜、組織型papillotubular、リンパ節転移なし(センチネルリンパ節生検実施)、ER7、PgR8、HER2.1+、ly+、y-、NG1、断片陰性との結果でした。
    ①20㎜以下は予後が良いとよく聞きます。
    腫瘍経が20㎜を超えていたのですが、ホルモン療法だけで良かったのでしょうか。
    ②再発率、5年、10年生存率を教えてください。
    <女性:47歳>

  139. 乳腺腫瘤で精密検査

  140. 先日健康診断で乳腺エコーを初めてしました。
    26歳、出産経験なし。
    親族では多分乳がんいないかと思います。
    結果で、左乳腺腫瘤とありました。
    サイズは15.2×9.8×6.7mm 横長の分葉形。
    境界部は粗造、石灰化なし、境界断裂なし。
    可動性は触診なしだったので不明。
    葉状腫瘍の可能性が高いでしょうか?
    きれいなつるんとした円形ではなく、もこもこと横長です。
    <女性:26歳>

  141. 妊娠・出産後、ホルモン治療の選択

  142. 15人のドクターのうち、3人のドクターが
    私が妊娠を考えてるのであれば、卵子冷凍をしてその後、病理結果に沿って化学療法等の治療を検討すればいい
    そのうち1人が
    ただ、卵子の質が悪いからと、化学療法等の治療が先送りとなり、転移した患者もいたという話です。
    私は44歳で、ホルモン治療を10年必要とされれば
    54歳で、日本で卵子冷凍の最高年齢が50歳までです。
    <女性:44歳>

  143. リンパ液の溜まり

  144. 左胸 全摘、センチネル手術をしました。
    病理結果は、ホルモン共にプラスの
    リンパ0 ki67 10~20
    ルミナールAだと判断されました。
    ホルモン治療は今週から始まります。
    実は、まだ術後のリンパ液が溜まっており、昨日はパンパンになり痛みもあったので、外来で抜いて頂きました。
    抜いてもらうのは退院してから3回目になります。
    <女性:44歳>

  145. ルミナールA、グレード3の化学療法追加について

  146. 左側について、ルミナールA(Ki67で判断する場合)かルミナールB(核グレードで判断する場合)と言われ、リンパ節転移有り、腫瘍径50mm、グレード3ということで化学療法を検討するように言われました(積極的には勧められていません)。
    特にグレード3が気になるのですが、本人は、術前の結果のこともあり「抗がん剤は使いたくない」と言うので、私も尊重しようと考えていますが、問題ないでしょうか?
    <女性:45歳>

  147. 乳がんの手術をしたら葉状腫瘍と言われました。

  148. 4月に細胞診とMRIの結果、右乳房の乳がんと診断され、5月中旬にセンチネルリンパ節と温存療法の手術を受けました。
    先週病理の結果を聞いたら乳がんではなく、良性の葉状腫瘍ということでした。
    こんな間違いはあるのでしょうか?
    葉状腫瘍だとリンパ節に転移がないので、
    リンパ節をさわる必要はなかったとを思うと残念でたまりません。
    <女性:40歳>

  149. 非浸潤性乳管癌から浸潤癌へのグレードアップについて

  150. 「本当に非浸潤性ですか?」と伺ったところ、「針生検で一番悪いと思われるところをとって
    非浸潤性乳管癌だからほぼそうだと思います」とのことなのですが、他に浸潤している可能性もやはり可能性としてはあるのですよね?
    非浸潤癌と思っていたものが、実はステージが高い浸潤癌だったということもあるのでしょうか?
    <女性:33歳>

  151. 乳首の痛み

  152. 右胸の乳首が痛みます。
    ここ一ヶ月ほど痛みを感じたり感じなかったりで継続しています
    赤くはなっていません。
    時々、白いカスみたいのが出てきます。
    <女性:47歳>

  153. エコーで石灰化?

  154. 今日、エコーで乳腺をみてもらい異常なしと言われました。
    ですが、エコーで右胸に白い線みたいなもの横長に写っており、石灰化かな?にしては周りの血管?に肥大がみられいから全く心配するものではないですよ。
    とのことで異常なしと言われました。
    マンモはまだしなくていいです。とのこと。
    私が精密検査しなくて良いか尋ねたら、この所見で異常なしなので精密検査不要と言われました。
    心配するような所見ではないので安心してくれと、言われました。
    <女性:29歳>

  155. 術後の病理結果

  156. 病理診断の結果が下のように出て、術前と変わり、抗がん剤をするよう勧められました。
    リンパ節転移 センチネルリンパ節1/1 レベル1リンパ節0/15
    腫瘍経 15×14㎜
    組織型 浸潤性乳管理癌 広がり 40㎜
    波及度 脂肪織
    核グレート2
    ホルモン受容体 陽性 ER16.03%
    PGR89.81%
    Ki67 0.39%
    HER2 陰性
    ルミナルBタイプ
    化学療法 3カ月+ホルモン療法5~10年との事でした。
    家に帰り、ルミナルBは増殖が高いとパンフレットで読んだのですが、ルミナルBでよろしいのでしょうか?
    やはり抗がん剤は必須でしょうか?
    <女性:41歳>

  157. 粘液癌の治療法について

  158. 針生検の結果、
    右胸に7ミリ
    浸潤、粘液癌、CTによるリンパ、臓器転移はなし
    HER-2:1+、Mib-1 index8%、f+、ly-、v-
    ER90%陽性、PR90%陽性
    ルミナールA、1期

    MRI後、切除手術の後
    ホルモン療法との説明を受けました。
    再発が心配なので、全摘希望ですが、

    いまだ知識に乏しく、
    先生でしたら、手術、治療法をどう判断されますか。
    <女性:39歳>

  159. 遺伝性の若年性乳がん

  160. 私の母が38歳で炎症性乳がんになり、診断から2年で亡くなってしまったので、
    自分でよく胸を触って確認していたのに、急に大きなしこりがあらわれたのです。
    これはやはり非浸潤で広がっていたのが急に浸潤し始めたのでしょうか。
    それとも奥の方にあったのが上に上がってきたのでしょうか。
    <女性:32歳>

  161. 今までの経過と今後の治療について

  162. 2014年2月 48歳で右乳房切除術を施行し、現在はホルモン療法をしております。
    2014年3月から、リュープリン3年、ノルバデックス5年の予定でホルモン療法を開始しました。
    (閉経前)
    その時に主治医から「ぎりぎりで抗がん剤は無し」と言われました。
    なぜ抗がん剤をしなくても良いのでしょうかと伺ったところ、「リンパ節転移がないから」とのことでしたが、今になって何がぎりぎりだったのか疑問です。
    Ki-67の値でしょうか。
    <女性:51歳>

  163. 乳がんかもしれない

  164. 去年9月下旬から右乳頭より透明な分泌が出てきました。
    10月にマンモグラフィーとエコー撮り、異常なし。
    12月になると分泌が2.3箇所と増え透明と乳白色のも出るようになった
    為再度エコーするも異常なし。
    また背中(ブラジャーのあたる位置あたり)
    今年3月頃から左首こりから肩こりがひどくでるようになりました。
    脇下や鎖骨周囲の違和感が出るようなりました。
    ちなみに右乳頭からの分泌は続いてます。
    正直乳がんではないかと心配です。
    <女性:37歳>

  165. 再発乳がんの今後が心配です

  166. 4月(中旬)日、右乳房を全摘いたしました。
    再発乳がんでした、
    腫瘍の大きさは1.0×0.8×0.7センチメートルでした。
    実はこの乳がんは昨年6月にしこりとして発見されていましたが
    主治医はいまやっても何も出ないとその時は細胞診を行いませんでした。
    <女性:54歳>

  167. 化学療法を省くかどうか

  168. 右胸下の方に8ミリの浸潤癌がみつかり、
    場所的に再建手術希望の為、乳首などは残して全摘手術を行いました。
    センチネルリンパに1つのみ転移。
    他17個とって転移0でした。
    ただ、ハーツプラス2 その後の検査で陽性、グレード3
    ki67が80パーセントだった為、術後抗ガン剤AC療法合計4回、現在2回終了。
    <女性:43歳>

  169. 病理診断の結果について

  170. 2週間前に左胸の乳がん全摘手術を行い、先日病理検査の結果が出ました。

    浸潤性乳管癌・充実腺管癌
    核異型3.核分裂数2で核異型スコア3
    構造異型3で組織学的異型スコア3
    リンパ節転移20分の1(センチネル)ステージ2b エストロゲンレセプタースコア3b プロゲステロンレセプタースコア3b
    HER2 2+ FISH検中 Ki67 30-60%
    の診断でした。
    顔つきが悪いと言われとても不安です。
    <女性:42歳>

  171. 細胞診でクラスIIIa

  172. 2つの病院で2人の医師から大丈夫だと言われたので、
    念の為の細胞診で安心が得られたら良いと思っていたのですが、
    結果を聞きに行くと、クラスIIIaでした。
    医師の言葉を信じていたので、とてもショックで結果用紙に書かれていたことはあまり覚えていませんが、不整形という文字が見えました。
    不整形でクラスIIIaということはありえるのでしょうか?
    不整形だと、悪性の可能性が高いクラスIIIb、IV、Ⅴが出るのではないでしょうか?
    <女性:29歳>

  173. ステージ3

  174. 放射線 ホルモン療法 を予定し、現在FECを3回終了したところです。
    ①weeklyPTXでよくあると聞く手足の痺れはどの程度の方が多いでしょうか。
    細かい作業もある仕事に従事しているため心配しております。
    ②リンパ節転移と腫瘍の大きさから ルミナルAとはいえ長い期間体内にあった腫瘍と思われますが、stageが進んでいるほど早い時期に再発転移しやすい傾向がありますか。
    ③FECを始めてから月経はありません。
    開始前のエストラジオールは60pg/mlでした。
    LHRHアゴニストを使用することになると考えてよいでしょうか。
    ④10年再発率 生存率をお教えください
    <女性:51歳>

  175. 不思議な結果

  176. マンモトーム生検ではガンは見つからず、
    最初に行った針生検で免疫染色を行った結果、浸潤がんの最終結果が出ました。
    Ca(+)2/3、Scirrhous carcinoma or Tubular carcinoma in site(-) NA:1 MC:
    1 NG:1  ER +50%以上 PgR +50%以上 HER2 0
    この時点で不思議な結果だったのですが、ガンがあった事は事実だという説明を理解し、
    大学病院を紹介していただき、4月末に手術を受け、5月初旬に最終病理結果が出ました。
    その結果、取った検体からは浸潤ガンは見つかりませんでした。
    <女性:50歳>

  177. ステレオガイド下マンモトームは必要ないのでしょうか

  178. マンモグラフィー、エコーで、しこりと石灰化が発見され、
    次回、エコー下マンモトーム検査のみを受けます。

    この病院ではステレオガイド下マンモトーム検査が、
    事情により現在はできないとホームページに掲載されています。

    石灰化は非常に小さいものだと医師から説明されましたが、これにどのように対応するのか、説明されませんでした。
    <女性:48歳>

  179. トリプルネガティヴ 卵管ガン

  180. 私としては卵管ガンの手術してから、乳癌の化学療法したいです。
    乳癌の化学療法の薬と卵管ガンの化学療法の薬は同じ薬を使うこともあるといいます。
    手術してからどれくらい経てば化学療法できますか?
    私の選択は間違ってますか?
    どうしたらいいですか?
    <女性:40歳>

  181. ステージ2Aリンパ節転移ありで術前化学療法の可能性ありは状態が良くないのでしょうか?

  182. エコーで見たところしこりは1cm程度とのことなので2Aでも十分早期発見かと思っていますが、リンパ節への転移が細胞診とエコーでみつかり、
    また、リンパ節転移があるので全摘になり(本人は全摘希望)、現段階で術前化学療法の場合もあると告げられており、全身への転移があるのでは?心配しています。
    <女性:70歳>

  183. 乳頭分泌?

  184. 今年の1月、何気に乳を絞ると黄色い乳汁が出ました。
    1年前に卒乳しています。
    左胸からの方が量が多かったのですが、両胸から出て数個の穴から出ていました。
    その際に乳腺外科に行き、マンモグラフィー、エコー、細胞診までして異常なしという結果でした。
    私は乳腺症があるらしくその為か両胸がチクチクと痛み、下着がすれることで痛みが増すので、自分で解決策を考えた結果、乳パットを当てることで軽減したので現在もそのようにしています。
    <女性:39歳>

  185. 非浸潤性乳癌 右乳房全摘手術での乳頭について

  186. 先月、マントーム生検をしたところ、悪性とわかり、右乳房全摘手術 同時再建をする予定です。
    乳頭を残したいという希望があります。
    腫瘤は乳頭から、1.5cm離れているので、残せる可能もあるというお話ですが、血性分泌があったので、
    局所再発が心配です。
    乳頭は切除した方がよいでしょうか。
    乳房再建後に乳頭に放射線照射はできるのでしょうか。
    <女性:48歳>

  187. ホルモン治療と妊娠について

  188. もし、ホルモン治療を2年で中断し、妊娠出産後に再開したら再発防止の効果はあるのか主治医に聞いたところ、「1年以上ブランクを開けて再開したデータがないので効果は不明」と言われたのですが、先生も 妊娠出産後の治療再開はあまり意味がないと思われますか?
    <女性:37歳>

  189. 細胞診の結果がII コメントに悪性の可能性否定出来ず そんな事ありますか?

  190. ○細胞診がⅡでも 悪性否定出来ないのでしょうか Ⅲなら理解できますが。
    ○MRIを先に撮っておく必要があるのは
    エコーなどから悪性だと先生が感じでみえたからでしょうか。
    ○細胞診がⅡでもマンモトームで悪性の可能性は高いですか?
    もし悪性の場合非浸の可能性が高いですか?
    <女性:42歳>

  191. しこりについて

  192. 右胸上部外側に米粒ほどのしこりを自己触診で発見し、
    直ぐに近くの総合病院の乳腺外科を受診し、マンモグラフィーと超音波の検査を受けましたが、マンモグラフィーには何も映らず超音波でもしこりが小さい事を理由に何も映らないと言われ、半年後まで経過観察になりました。
    しかし万が一の事を考えると心配になり、一月後に他の乳腺外科を受診しました。
    しかしそちらの病院でも全く同じことを言われました。
    この大きさでしこりが超音波でも映らず良性か悪性かの判断がつかないのは普通なのでしょうか?
    <女性:43歳>

  193. 受診後の疑問に関して

  194. 左側の上方にあったもの(以前センイ線種を切除したところに再びできたもの)は葉状腫瘍ではなく過誤腫と思っていいですか?
    もし、先生があたしのしこりが葉状腫瘍疑った場合は生検されますか?
    今回その部位は生検しなかったので大丈夫と思っていいですよね。
    <女性:37歳>

  195. 乳腺外科専門医でのエコー

  196. 私の見つけたしこりは乳腺の腫れ?かなとおっしゃいました。心配ないよでも3カ月後もう一度エコーしましょか、と言われたので4月終わりにエコーしました。
    線維腺腫だね1センチと言われました。
    もうひとつはしこりではないまた乳腺の腫れ?でしょう
    癌ですかの質問に先生は癌ではないよと言っておられました。
    エコーはいいから区の検診でマンモー受けてみればと言われました。
    このような診断でしたが田沢先生はどのように思われますでしょうか?
    <女性:52歳>

  197. 骨転移

  198. 2年半前に左側温存後、放射線し現在はホルモン治療中です。
    リンパ節転移なし、断片陰性でした。

    質問は、2週間ほど右側のあばら骨が痛いのです。

    痛みを感じるのは大きな呼吸ををしたときです。

    骨転移したときの痛みとはどのようなものでしょうか。
    やはり激痛なのでしょうか。
    骨転移でも鈍痛もあるのでしょうか。
    <女性:46歳>

  199. 左乳房の痛み

  200. 昨日、夜テレビを見ていて、パッと立ち上がろうと上体を起こしかけた時に左乳房の真ん中より外側3cm斜め下辺りにツキッと射し込む様な痛みが走りました。
    その痛みが嫌な感じの痛みで、体が一瞬硬直するくらいです。
    それからは頻繁ではありませんが、動いた拍子にツキッと痛みが走ります。
    入念に触ってみましたが、触った時にも痛みはありますが、ハッキリとしたしこりは無いような気がするのですが、乳腺が全体に腫れているのか?とも思ったり…。
    <女性:48歳>

  201. 乳頭分泌

  202. 痛みが続いていたので、絞ってみたところ、分泌液が出てきました。
    白っぽいものでしたので、様子を見ていたら、先日血が混じったような分泌液が出てきました。
    慌てて病院に行ったのですが、分泌液の検査とエコーをしてもらったのですが、分泌液の検査をする際、絞ったら白い分泌液でした。
    しかし、その後家で絞ると、やはり血が混じったものだったり、白っぽかったりします。
    乳管造影の検査をしてもらうのがいいと思ったのですが、陥没乳頭のため、難しいようです・・・。
    <女性:35歳>

  203. エコー画像とグレード3について

  204. 「核グレードについて」
    免疫染色がまだなのですが、核グレード3(核異型度3、核分裂像2)が気になります。
    (細胞診のコメントで核異型度が高そうな記載があったので、核グレード1ではないのかもと素人ながら覚悟していましたが)
    ・そもそも、術後の病理結果を待つべきであって術前の組織診での核グレードは考慮すべきではないでしょうか?
    <女性:43歳>

  205. 術後補助療法について

  206. 浸潤性充実腺管がん トリプルネガティブ グレード1a
    脂肪織への浸潤 静脈侵襲を認める
    化学療法に対しては DCISに変化があると考えられ 壊死を認める。
    しかし、
    浸潤病変に関してはほとんど変化はみとめられない。
    断端は陰性 リンパ転移はみとめられない。
    先日の診察で 補助療法としてタキサン系の抗がん剤を三週おきに6回することを告げられました。
    がんの顔つきが良くないのが気になるから・・・ということでした。
    <女性:56歳>

  207. 脇にしこりがある

  208. 乳腺外科で診てもらったところ、おそらく副乳だろうと言われました。
    時々痛みがあります。
    ジーンとする痛みです。
    言われてみれば生理前に少し硬くなっています。
    1年毎に人間ドックでエコーとマンモグラフィーをしてもらい乳房を診てもらっていますが、脇のしこりまでは検査していません。
    <女性:40歳>

  209. 鎖骨リンパに転移あり。手術不能?

  210. [現状]
    乳がんであること(針生検しました)。
    大きさは5-6cm程度、脇リンパ節複数転移あり
    鎖骨下リンパ転移2箇所くらい。
    それ以外の他臓器転移なし
    と現在主にエコーを見せられて説明されています。
    外見は左胸が大きく腫れているようになっています。
    そして胸と脇リンパは手術でとれるが、鎖骨下はとれない。
    また
    乳房上で一部赤くなっているところは皮膚上にでている炎症性乳がんだと思うといわれました。
    <女性:52歳>

  211. 乳輪の色が一部のみ変わった?

  212. 左の乳輪の一部が
    10円玉ぐらいの大きさで色が変わっています。
    皮膚の色は赤やピンクではなく周りの乳輪の色が薄くなった感じというか、薄茶でやや周りよりもピンクっぽいかな?って感じです。
    湿疹、かぶれ、痒み、痛み、周辺のしこり等なく乳頭もかわりないです。
    多分もともと乳頭の形が左のみいびつというかまん丸ではないです。
    右より左の方が少し乳房全体が大きく、硬い感じはします。
    乳輪の色が変わった部分の周りが毛細血管でしょうか?
    <女性:38歳>

  213. 乳首が陥没していました。

  214. 超音波検査の結果を聞いた後、結果で異状なしでしたら、陥没した乳首を出していただけるんですか?と尋ねましたら、
    ”その前に切らなくては”みたいなことを医師から言われているのと、
    看護師さんに、次の診察について説明を聞いたときに、私が”夫は心配性なので何もいってないんです。”
    と話すと
    ”そうですね、これからの治療の方向などをお話しするときには来て頂かないと。” と言われたことも思い出しました。
    <女性:69歳>

  215. 術前化学療法について

  216. 非浸潤がんの可能性が高くリンパの転移もないと言われていたのですが、浸潤がんでステージⅢa、T3N1M0 グレード3。
    また、
    ホルモン感受性 +/-
    HER2 +
    Ki67 <10%
    ルミナールB < HER2陽性
    との診断でした。
    来週、骨シンチと脳CTの予定です。
    担当の先生からは、早い時期から術前薬物療法(抗がん剤7ヶ月プラスハーセプチン1年)を強くすすめられました。
    術後薬物療法の場合は7月末に全摘手術の予定です。
    <女性:50歳>

  217. 乳腺検査

  218. 受診の際に先日針生検した一つの腫瘤が、良性の結果が出なかったので
    2ヶ所生検しますと説明がありましたが、いざ検査が始まると、小さい腫瘤が見つからず(これかな?というのはありました)結局、そちらは経過観察となりました。
    そういうこともありますか?
    大丈夫でしょうか?
    メインの腫瘤の大丈夫そうと言われていますが結果が出るまで心配です。
    <女性:42歳>

  219. 乳がんの可能性はありますか?

  220. 半年ほど前から、右胸の内側の下の方に しこり らしきものがあります。
    大きさは1cmほどなのですが、
    ここ一週間くらいの間に少し大きくなったような気がします。
    痛みはありません、触ると逃げるように動く感じです。
    乳がんだったらと怖いんですが、逆に親にも言えなくて…
    乳がんの可能性はあるでしょうか?
    今年二十歳になります。
    <女性:19歳>

  221. 乳頭分泌

  222. 分泌に気づいたのは4ヶ月前です。
    出産、授乳経験はありません。
    年齢的には乳腺症で一時的なものだろうとあまり気にせずにおりましたが、この1ヶ月注意して確認したところ、毎日分泌があります。
    右乳房10時の方向から乳頭に向けてマッサージするように押すと、乳頭からぷっくり水の玉ができるような感じで、黄色の透明な分泌があります。
    <女性:43歳>

  223. エコー検査結果について

  224. T3N1M0、ルミナールtypeで現在術前化学療法中です。
    先日エコーの検査がありました。
    (検査は技師さんが行いました)
    その際、対側の胸も検査したのですが、腋窩リンパ節の所で手を止めて、大きさを測っているようでした。
    その後、医師の診察があり、画面にエコーのレポートが写し出されていたのですが、
    腋窩リンパ節 +両側 (右,〇ミリ 左,12ミリ×4ミリ)となっていました。
    元々ガンのある右側は腋窩リンパ節転移がある事は分かっているのですが、これは対側の腋窩も転移しているということですか?
    <女性:29歳>

  225. 多発性嚢胞

  226. 指摘されたところは半年前に針生検した所と同じところです。
    0、8cmと言っていました。
    針生検したはずなのにまだ疑わしいのか、半年も放っておいて大丈夫なのか、不安ばかりが募ります。
    技師さんには癌が1cmになるまで7.8年かかるので半年様子見なければ比較ができないとも言われました。
    悪性を疑われているのか気になり夜も眠れません。
    <女性:38歳>

  227. 手術後の治療についての相談

  228. 4月末に右胸 乳頭・乳輪温存 皮下乳腺全摘 シリコンで同時再建の手術を無事すませた者です。
    病理診断の結果としては
    粘液癌 腫瘍の大きさ 1.1×0.8 1.6×0.7
    ステ-ジ1
    グレ-ド2
    ルミナ-ルA リンパ節 転移なし
    Ki67 一部20%との説明(当院では20%が標準値との説明)
    との結果がでました。
    しかし、追加の説明がありました。
    ①乳頭下に異形細胞が見つかったこと。
    ②乳房内のリンパ管内の乳がんが見つかったこと。
    <女性:49歳>

  229. 病理検査の結果について

  230. 現在主治医より
    ステージ1 限定的な浸潤がある
    今後の治療:放射線治療(5週間25回)ホルモン治療 アリミデックス(5年間)と言われています。
    細胞診でも結果が一致せず(しない場合も多いと説明は受けました)マンモトーム生検では、前癌症状とでました。
    最終的な術後病理診断では、「浸潤性乳がん」となり、検査の度に症状が軽かったり重くなったりしています。
    術後病理検査が一番正確と思っています。
    術後病理検査の中の癌のステージが主治医からのものと合わずに不安を持っています。
    <女性:54歳>

  231. 再発?転移?

  232. 左温存術後一年です。
    気になる症状があります。
    pT1c pN1(mi 0.3mm) luminal
    放射線25回 アリミデックス服用中です。
    術側左腕肘の内側が5cm位腫れています。
    痛みはありません。
    腕を伸ばして外側にひねると
    つっぱる感じがします。
    <女性:56歳>

  233. しこりが触れず6ヶ月後に来て、と言われました。

  234. 触診→エコー→マンモをしました。
    ※触診以外は女性技師の方にお任せしていました。
    また、マンモの技師の方には、左胸上に、右ののうほうとは違う病気があるかもしれないから、組織診をやるか先生が判断されます、と言われました。
    その結果、先生にマンモをみると左の上部にしこりが見える、と言われました。
    その話の後、もう一度、触診があり、「分かんねぇなぁ、分かんねぇなぁ」とくり返し、「分泌物が出てこない」と言われました。
    そして「半年後にまた来て下さい」と言われました。
    <女性:36歳>

  235. 温存手術後放射線治療について

  236. 標準治療としては
    温存手術後、予防放射線(50歳以上とガン種類から短期3週間コースも適用)+ホルモン療法 適用となりますが
    ①無治療選択もあり(日本では病院が近く毎日通える距離のため、放射線予防治療が一般的。)
    ②先生としては、70歳以上なら無治療でよいが、50代で子供がまだ12歳のため、放射線だけでもしておいたほうがよい。
    ③ホルモン療法は今回乳癌にならなかった胸の再発ではなく、発がんを防ぐために放射線治療後ホルモン剤一錠だが、三か月くらい試しに飲んでみて、人により更年期のような副作用が違うので辛かったらその時に考えましょう。
    とのことでした。
    <女性:52歳>

  237. ホルモン療法を受けなかった場合の再発の可能性

  238. ホルモン治療の方法は、5年間毎日薬を服用
    副作用として、ホットフラッシュや、倦怠感、子宮頸がんの発生率の増加など。
    実は、主人とも話し合い、ホルモン治療は受けない方向で気持ちが傾いていました。
    しかし、病理結果の所見をよく読んだころ、軽度の静脈侵襲像を認めるとの一文があり、
    転移の可能性が頭をよぎりました。
    <女性:51歳>

  239. 組織診について

  240. エコー所見と細胞診の見直しで総合的に判断して良性の可能性が高いから経過観察となったことに一旦は納得したのですが、そもそも組織診で白黒はっきりつける心構えでいたことと、ネットで色々な情報を知るにつれ(先生のご回答も大変参考になりました)、万が一悪性であったらと不安になってきました。
    やはり組織診をしてもらうように他の病院を受診した方がよいでしょうか?
    またなるべく早く受診するべき状態でしょうか?
    また以下の点について教えて頂けるとありがたいです。
    <女性:30歳>

  241. 左上1センチしこりについて

  242. 質問は、
    1センチの大きさがあっても触診では分からない乳癌はありますか?
    1センチ位だと初期のことが多いと言われてますが、乳頭から分泌液はとまりますか?

    エコーにうつる位の大きさなら乳頭分泌はとまらない、と読みました。
    もし今、1センチ位でも半年後には大きくなるし、不安になりました。
    <女性:36歳>

  243. 非浸潤がんで乳管内乳頭腫を多発している場合

  244. 主治医からの説明では、①放射線治療をするか、②たくさんある腫瘍が今回の病理結果に似たものである可能性と、将来的に悪性になる可能性が高いから、全摘も視野にと言われました。
    放射線治療で行けるかと思っていたので驚き迷っています。
    たくさん腫瘍があることと、それらが悪性である、または将来的悪性の可能性も鑑みて全摘をするほうが良いのでしょうか。
    お忙しいかと思いますがよろしくお願いいたします。
    <女性:47歳>

  245. 脇のりんぱ筋しこり?りんぱ炎で腫れ?

  246. 質問:
    リンパで頭がいっぱいで、エコー上の触れなくなった胸のしこりの事を聞くのを忘れてしまいました。
    でももし、胸にまだしこりがあったら、エコー検査の際、画像を撮ったりしますか?
    あるのに、診察の際に指摘されない事はありますか?線維腺腫のようなしこりはすべて一センチ未満でしたが、無くなる事はございますか?
    脇のリンパ筋のエコー画像でそんなにハッキリしこりと単なる腫れの区別が可能でしょうか?
    (胸だとよく念のためと細胞診(針正検)をするのに対し、今回はbiposyもなく、エコー検査のみだったため細胞診が明らかに不要という結果でしょうか?)
    <女性:30歳>

  247. 乳房について

  248. 1日に2回授乳中の27歳です。
    左側の乳房?胸?にズキっとした痛みやチクッ?とした痛みがあります。
    この痛みがはじまったのは今年に入ってくらいからです。
    4日程前に左乳房の外側に赤いポツポツした湿疹が3つほどあります。
    両胸の同じ場所に枝豆の小さい感じのツルツルした上から押すと動くしこりのようなものがあります。

    バンザイをしてもえくぼやひきつれなどはありません。
    これは乳ガンを疑ったほうがいいのでしょうか?
    また乳ガンのしこりはどのような感じなのでしょうか?
    <女性:27歳>

  249. 左胸のしこりについて

  250. もうすぐ3才になる子供がいて10日程前に卒乳しました。
    とはいえ、もともと左胸は陥没乳頭気味の為に嫌がられ、右胸のみの片側授乳、そして最近は夜中のみ数回、量も少量だったと思います。
    卒乳後、左乳首に痛みがあり、気になり、セルフチェックをしたところ、左胸乳首の内側横辺りに大きいしこりを発見しました。
    今は乳首の痛みはありません。
    しこり自体に痛みはなく、触りすぎてどんな形大きさなのかよくわからなくなってしまいましたが、三センチほど、根をはっている感じ、胸を持ち上げるとしこりの部分にえくぼのような症状がでる…。
    <女性:38歳>

  251. 術後の補助療法について

  252. 主治医は、核グレードが2なので、抗がん剤を考慮に入れてもいいリスクだと言っています。
    ただ、抗がん剤の上乗せは数%で、その数%をどう捉えるかは患者さんごとに違うから、抗がん剤をやるかやらないかは患者さんの意志が尊重されるべきとのことでした。
    主治医個人の考えとしては、抗がん剤をしない方にやや振れるというような表現でした。

    ホルモン療法については、タモキシフェン5年とリュープリン2年(延長もあり)と説明されています。
    抗がん剤をやるのであればCEF(3週毎4回)のようです。
    <女性:39歳>

  253. 乳房に黒子のような点と痛み

  254. 先週、同じ左胸ですが、新たな痛み場所(左横)ができ、結構な痛みがあります。
    見てみると、皮膚に茶色っぽい黒子のような点(触ると少し凹凸アリ)が一つ出来ていて、そこを押さえると、とても痛みがあります。
    また深く息を吸うと特にその部分がとても突っ張ったよう
    な痛みがあり、もちろん何をしていなくても痛みがずっとあります。
    ネットでの知識だけですが、調べると乳腺症は、皮膚変化はないと見たのですが、この新たな黒子のような点とその場所の痛みが気になり仕方ありません。
    <女性:42歳>

  255. 術後病理検査結果について

  256. 一見ⅡAかと思いますがⅡbとの表記もあり、顔つきが悪く早期ではないと言われました。
    そして
    「IDCの辺縁に、拡張した乳管に類円形の核を有する小型の異型細胞が充実性に配列する像と、一ヶ所に個細胞~数個の小胞巣を形成する癌が間質内にばらばらと浸潤する像を認める。
    いずれの細胞もE-cadherinを喪失しており、LCISおよび浸潤性小葉癌と診断する。」と。
    温存した乳房に残っているのでしょうか?
    癌は全部取ったんですよね?と聞いたら「大丈夫そう、あとは放射線で」と言われ心配です。
    残っているなら、放射線と抗ガン剤を受けるべきでしょうか?
    <女性:45歳>

  257. 乳がんの可能性について

  258. しこりを上から押すと逃げるように動くと良性の可能性があると見たのですが、この場合しこりの真上から押すのでしょうか?
    私のしこりは真上からだと全く動く感じはなく、当たり前なのかもしれませんがしこりの一番上や下から押すと動きます。
    根をはっているかというのも自分のしこりではよくわからないのですが、動かない=根をはっているということになるのでしょうか?
    <女性:32歳>

  259. 乳癌を受け入れるには

  260. 結果は追加検査で、今のところ画像も針の結果も悪いものではないと
    曖昧な説明しかされず次回が1ヶ月後になり怖い日々を続けなくてはいけなくなり
    精神異常に本当になりそうです。
    その時大きさは1.5センチと言われましたが
    恐る恐る自分で触れた感触ではそれより大きく感じて更に怖くなっています。
    縦?に楕円な形でつるっとしている感じでした。
    触れるとしこりよりその周りが痛い感じでした。
    <女性:40歳>

  261. 乳がんの鎖骨リンパ転移について

  262. 私は49歳、閉経前です。
    1年半前に左乳がんで部分切除、その後放射線、リュープリンとタモキシフェンで治療中です。
    ki67が高いため、オンコタイプを行い、スコア9で低リスクだったため、抗がん剤はしていません。
    ホルモン治療を始めて1年半になります。
    先日、半年ぶりのエコーを受けたところ、鎖骨上にリンパ節が映りました。
    左(術側)に2mm×3mm 右(健側)に2.6mm×5.3mm とのことでした。
    半年前には映らなかったものです。
    <女性:49歳>

  263. はじめまして 助言お願いします

  264. 自分は27歳の男性です。
    昨年の9月中旬から、動いたとき左胸にちくっとした痛みを感じるようになり、
    10月上旬から左の二の腕に違和感を覚えるようになりました。
    肥大感というか、膨張感というか・・
    左二の腕がなんだか出っ張っているような感覚がして、うまく腕を閉じられません。
    <男性:27歳>

  265. 嚢胞の中に白い部分はガンですか?

  266. 嚢胞の中に白い部分があると全てガンですか?
    ガン以外で考えられる原因はないのですか?

    2年半前に15mmの嚢胞と言われ、触診で細胞診(エコー下でない)をし、結果が不明瞭だった為、
    MRI造影をしたところ、ガンではないと確定したという事で、摘出せず経過観察の状態でした。
    あれから2年半たち担当医師が変わり、エコー画像の結果を聞いたら、嚢胞が倍の3cmになり、
    中に一部分だけ、白い部分があるので、エコー下での細胞診をしましょう、大きくなったのは、中の水の部分が増えたのでしょうと言われました。
    <女性:41歳>

  267. 予後転移について

  268. 同じステージⅡAでもリンパ節に転移というのは
    腫瘍の大きさによるⅡAと
    リンパ節転移有りのⅡAでは予後は違ってきますか。
    リンパ節転移有りはやはり予後は悪くなりますか?10年生きられますか?
    手術から3ヶ月程たちましたが今後自分がどうなるのか不安で仕方ありません。

    主治医からの言葉でのきれいに取り除けたから大丈夫と言うのは
    リンパ節に転移があったのは
    全て取り除けたから大丈夫だよと受け止めて良いのでしょうか?
    <女性:41歳>

  269. 術後の補助治療いついて

  270. 術後の補助治療いついて教えてください。
    オーストラリアで4月に左乳房部分切除、6月に両乳房全摘出+同時再建手術をしました。

    無治療なのは嬉しい反面、将来、転移が恐いです。
    こちらは転移箇所しやすいと言われている肺、骨など術後に定期検査はありません。
    (オーストラリアの治療ガイドラインより)

    不安な点として
    ①左乳房リンパ節転移: 不明
    ②左乳房グレード:3
    無治療でもいいのでしょうか?これで無治療だと生存、転移率はどのくらいでしょうか?
    全摘したら無治療でもいいのでしょうか?
    <女性:42歳>

  271. 今後の治療について

  272. 主治医からは、非浸潤癌でホルモンは陽性。
    乳管内の広がりは5CM程度。
    ホルモン療法をするか、しないか検討するようにとだけ言われました。
    手術前は浸潤癌と聞いていたので、予想外の結果に頭が真っ白になり、聞きたい事も聞けませんでした。
    自分で病理結果を解読しようと調べているのですが、理解できない部分も多く、困っています。
    <女性:40歳>

  273. 乳腺症?

  274. 先日、左胸の脇に近い端のあたりにしこりを感じました。
    慌てて翌日、外科にて触診とエコー検査をしたところ、大きさは4ミリくらいで、乳腺症かのう胞だと思うが、癌の可能性がない訳ではない。
    半年後にまた検査に来てくださいと言われました。
    この病院ではマンモは予約。
    やってもうつらないかもとの事でした。
    白黒はっきりしなかったため、今日、ほかの病院の乳腺分泌外来にて再度検査をお願いしました。
    ここでもマンモは予約でないと出来ないと言われ出来ませんでしたが、
    触診、エコー検査を見た限りでは癌ではないと思う。
    念のため針を刺しての検査をして結果は来週との事でした。
    不安な日々をまだ過ごさ …

  275. 胸の痛み

  276. もともと生理前は胸が張りやすいのですが、今回はいつもより痛く、気になりよく押していました。
    生理がおわり落ち着くかと思いましたが、、
    張りは落ち着いたのですが、左胸の一部を押すとすごく痛い部分があります。
    右は痛くありません。
    しこりらしきものはありませんが、とにかく指で押すとズキッと痛みむす。
    乳がんがとても心配になりました。
    押すと痛いのは乳がんでしょうか?
    <女性:40歳>

  277. 抗がん剤投与の必要性について教えて下さい。

  278. マンモ、超音波、細胞診を経て温存手術とセンチネル生検をしました。
    ER,PgRともに陰性
    Her2 陰性
    サブタイプ トリプルネガティブ
    腫瘍径 10mm
    組織学的悪性度 2
    グレード 2
    Ki67 15%
    現在、45歳 閉経前、子供一人
    再発しない確率は90%。
    抗がん剤治療による再発しない率の上乗せは5%
    その5%に迷っております。
    <女性:45歳>

  279. 術後の病理検査の結果が3週間が6週間後?→更に

  280. 術前に看護師から
    ドクターは、かなりこだわりがあり
    アメリカに病理検査(健康保険適応のもの)を出すので、3週間かかると聞いておりましたが、

    実際に受付の方に聞くと、ドクターはそういいますが、
    一ヶ月から二ヶ月かかりますと言われて、かなり不安になりました。

    術後3週間目に確認をすると、更に3週間かかるといわれ、
    命にかかわることなので、急いでほしいと、
    さんざん受付の方にお願いしましたが、最短3週間といいました。
    <女性:44歳>

  281. しこり

  282. しこりについての不安を聞いて下さい。
    左胸(腋に向かって外側)に1センチ程度の痛みのないしこりに気づき、
    3月に乳腺専門の病院を受診しマンモグラフィとエコー検査をしました。
    マンモグラフィでは何も写らないから、次は1年後の検査で良いと言われ、
    ほっとして帰って来てしまいましたが、触ると明らかにしこりがあるのに、大丈夫なのかと心配になりました。
    <女性:41歳>

  283. 術後病理結果

  284. 術前は多発性で腫瘍が大きいのは2.5cmあり少し離れた所にもあり、
    下の方にもモヤモヤと広がっているので全摘になりました。
    たくさんの浸潤部があるとの事
    リンパも腫れてるので手術してみないと、分からないと、言われてまして大分心配してましたが
    病理結果を見てパラパラと癌が散らばっていたと、
    説明がありましたがステージが何かは言われてません。
    結果がよく分からないのですが、浸潤径は1ミリ大一箇所のみで、
    多発していた箇所はほとんど非浸潤なのですか?
    <女性:53歳>

  285. 32歳 乳癌。 母親も乳癌で他界。

  286. 現在は発見した病院から、
    大学病院に紹介状を書いてもらい治療拠点を大学病院に置いて来週、全摘の手術をすることになっています。
    先生なら、どのような治療方針を出しますか?
    捕捉ですが、母親も40代で乳癌を患い先々月他界いたしました。
    全摘でも、若さで 抗がん剤なども有りうるのでしょうか?
    <女性:32歳>

  287. トリプルネガティブ 抗がん剤

  288. トリプルネガティブにほぼ近い癌だから、
    抗がん剤は効きにくいと、主治医に言われ、
    抗がん剤をしない再発率 10%、抗がん剤をした場合でも、
    13%と言われ、迷っています。
    <女性:48歳>

  289. 胸と鎖骨の間のしこり

  290. 先週土曜日に、しこりを発見しました。
    昨日、総合病院の乳腺外来を受診し、癌の可能性は否定出来ないとの事で、マンモ、エコーで検査しました。
    来週、MRI、針生検が待ってます。
    しこりの周りが少し赤くて、何となく熱を持った感じで、触ると痛いです。
    分泌液は出ていないのですが、何か液体が出る感じがしたり、乳首のひきつれ、授乳期にあったような、胸がキューっと締まる感じがあります。
    <女性:35歳>

  291. エコー&マンモ検査では良性とも悪性とも判断がつかないしこり

  292. 昨年の検診でエコーおよびマンモ検査では良性とも悪性とも判断がつかないしこりがあるのが見つかりました。
    硬さはそれほどでもなく14mmのしこりです。
    その時は、注射針で細胞を採取し病理検査の結果、良性と診断されました。
    先日、1年の間隔をおいて同じ病院で検診を受けました。
    当該のしこりは大きさは14mm、硬さも変わらず。
    しかし、色が少し黒っぽく変色している箇所があるとのことです。
    しかし、それを見ても悪性とは診断出来ないと言われました。
    <女性:48歳>

  293. 再発率

  294. 6月に左胸全摘手術をしました。
    乳頭と乳りんは温存しています。
    左乳癌二ヶ所 最大径2.1cm 2.2cm
    リンパ節転移 1/10 遠隔転移なし
    グレード2
    ER95%
    pgr95%
    HER2-
    ki67 30%
    今後の治療法として、3カ月の抗ガン剤、その後ホルモン療法〔リュープリン+ノルバデンクス〕を5年と言われています。
    再発率はどのぐらいになるのでしょうか…
    <女性:33歳>

  295. 局所再発の可能性

  296. 乳房全摘出手術を終えホルモン療法中の者です。

    全摘後の局所再発について質問があります。
    全摘した傷跡のすぐ近くに、薄い茶色のシミのようなものを見つけました。
    大きさは2ミリくらい、顔などに出来るシミや小さ目のイボのような様子です。
    そのあたりにしこりは感じません。
    (シミ自体は皮膚が少し盛り上がっていますが軟らかいです)
    局所再発の可能性はありますか?
    ニキビのような物が出来たと思ったら局所再発だった、というケースをどこかで読みました。
    <女性:42歳>

  297. ステージについて

  298. シコリ1つ1つはステージ1だが、距離が近く、取ってみたらくっついていたということもあるので、ステージ2の可能性もあると言われました。

    ホルモン陽性(2種類)
    HER2 強陽性
    センチネルリンパ節を1つ取って調べたところ転移なし
    3個のシコリ全て同じサブタイプ
    2つの並んだシコリを1つとして捉えられたため、シコリの大きさ3センチとなりステージ2a
    <女性:47歳>

  299. 手術後の病理結果で切除断端陽性

  300. 手術でがんは取りきれたと思っていたので、かなりショックであり、
    リンパ節に転移していたことにもショックでした。

    早々に化学療法・分子標的療法・放射線等の話が決まりましたが、再手術の話はなく、先生は「大丈夫です。問題ないです。」とおっしゃっていました。

    ただ落ち着いて考えてみると、体の中にがんが残っているままでいいのか、その非浸潤がんがだんだん大きくなって新たに浸潤がんになる、また再発・遠隔転移などの要因になるのではと、不安です。

    ネット検索しても再手術の話は出てくるのですが、残したままの今後の治療にマイナス面等が無いのか、探すことができません。
    <女性:48歳>

  301. 粘液癌の治療

  302. 右乳頭近くに1.5cmの粘液癌。
    ステージ1、6/15に摘出、センチネルリンパ節生検ではリンパの転移なし。
    ER 90%(Score3b)、PgR 40%(Score3a)、HER2参考値(特殊型の為)…スコア3+相当、Ki-67 25-30%(場所による差がある)、本検査は160511-
    0321のブロックを使用。
    7月(上旬)日からパクリタキセルとハーセプチンを3週間に1回×4、放射線治療を5週、ハーセプチン1年、ホルモン療法を10年と言われました。
    化学療法は免れないですか?再発の可能性は?先生の診断はいかがですか?
    <女性:46歳>

  303. 嚢胞かなと思うのですが

  304. 右乳頭から透明の分泌物が出ます。
    しこりは、両方あるのですが、特に右乳頭の所に十円だま程の大きなしこり?硬いんです。
    先生の結果が、どこから血が出てるかわからないわと言われ
    細胞を取って調べてもいいけど、
    胸の形がかなり変形するしそれが良性なら悲しいでしょ、
    悪性確率は普通20%もしその20に入ったとしてもそう悪いガンじゃあないから、赤褐色の分泌物が出るようになったらすぐに来てください。
    または半年後に検査と言われました。
    この症状先生ならどんな病気を疑いますか?
    先生がわからないわと言われたら、私自身もっとわかりません。
    <女性:42歳>

  305. 術後の放射線について

  306. 45歳のとき、左全摘、ステージ0 非浸潤
    乳頭を中心に広範囲のため、全摘
    5年間 ホルモン療法

    7年目検診で反対側に乳がんみつかる
    ステージ2b トリプルネガティブ
    術前抗がん剤の後 手術
    リンパはレベルBまで 17個とったけど
    ガン細胞なし
    病理学的完全奏効 グレード3
    放射線は必要なし といわれました。

    ネットで調べると、完全奏効しても予防に鎖骨に放射線あてる場合がありました。

    放射線は必要でしょうか?
    <女性:53歳>

  307. 術後療法が妥当か

  308. 質問は「この術後療法が妥当(最良)か」「再発率 生存率 は」です。

    病理組織型 粘液癌(混合型)
    浸潤部 1.5cm (全体の範囲4cm)

    乳頭温存皮下全摘
    センチネルリンパ節生検
    エキスパンダー挿入

    リンパ節転移 陽性 1mmの微小転移
    脈管浸潤 1
    ER 90% PgR 90%
    HER-2 1(陰性)
    組織学的異型度 3
    Ki-67 35~43%

    術後療法として
    TC療法 + タモキシフェン
    を提案され、既に了承しました。
    <女性:47歳>

  309. 抗がん剤を迷ってます

  310. 術後の病理結果がでて…悩んでおります。

    Rt.breast,#1-33
    Invasive ductal carcinoma(scirrhous carcinoma) Invasive carcinoma of no special type (#3) with ductal carcinoma in situ (#1,3.7.8.13.14)
    pT1b(6㎜). f, v(+) ly(+) surgical margin(-) Nuclear grade2(n2 m2)

    抗がん剤TC治療をやるか悩んでますが…
    <女性:36歳>

  311. 抗がん剤後の生理について

  312. かかりつけの婦人科に行ったところ、
    私の年齢でもうずっと生理が止まってるのはよくないと言われて、
    黄体ホルモンといって生理を越させる注射を勧められました。

    乳ガンには全く問題ないと言われましたが、
    まず田澤先生に聞いてからじゃないと怖いと思ったのでここで質問しました。
    その治療やっても問題ないでしょうか?
    <女性:40歳>

  313. 抗がん剤について

  314. 5月末に乳がんの全摘手術をし、先日病理結果が出ました。

    ステージ  2B (ホルモン感受性の強いタイプ)
    腫瘍径   2.5cm
    ER/PgR  強い
    HER2    無し
    核グレード  2
    Ki67     20%
    脈管浸潤   なし

    内分泌療法だけで治療を進めるか、抗がん剤(TC療法)3か月と内分泌療法の両方するかを悩んでいます。
    <女性:45歳>

  315. 乳ガンです。と言われました

  316. 4年前、右胸上部やや内側のしこりが気になり乳腺科にて細胞診。
    その時は問題無かったのですが、ここ最近そのしこりが大きくなっているような気がして、しかもチクチクとした痛みも少し感じるようになり、細胞診をし“悪性の疑い”と出たのでコアニードル生検で組織検査した結果、乳ガンです。
    と言われました。

    大きさは17㎜。
    女性ホルモンを食べて成長するタイプだということでした。
    <女性:31歳>

  317. 術後の抗がん剤治療について

  318. 先日、病理診断結果がでたのですが、術後の抗がん剤治療をするか、しないかで迷っています。

    【病理診断】
    invasive ductal ca,scirrhous ca
    2.50×2.50cm,n(0/2),margin -,
    NG(1),g,ly0,v0,pT2 pMO stage2A

    トリプルネガティブ ki67(MIB-1 80-90%)

    主治医の先生の話では、抗がん剤の上乗せは5%程しかないので、副作用の事を考えると、やったほうがいいと強くは言えないと、1週間後の診察日までに考えてきて欲しいとの事でした。
    <女性:48歳>

  319. 乳ガンエコーが不整形

  320. 総合病院で針生検で2次検査迄してもらい悪性は認められる所見はありませんでした。
    がエコーの形が不整形で針生検もたまたま良性のところに当たっていたかもしれないので再度針生検をする事になったのですがマンモトーム生検の出来る病院に転院しました。

    結果は二週間後ですがエコーの形が悪性を否定できないと言われました。
    総合病院の外科でのctでは転移はなかったみたいですが何か映っているとの事、エコーが不整形で良性という事は無いですよね。
    <女性:61歳>

  321. 乳頭分泌液

  322. 右胸から乳頭分泌液があります。
    単孔なのか多孔なのかよくんからないです。
    色は透明から黄透明です。

    3週間前に気になりガラスプレートにとり検査しましたが、細胞がよく分からなくもう一度と言われましたが分泌液が落ち着いてしまいやらなくて良いと言われました。
    丁度排卵日あたりのことでした。
    それからエコーで検査しましたが異常なしでした。
    <女性:29歳>

  323. 検査結果について

  324. ○担当医からはステージ2bと言われましたが、リンパ節転移14個という数字を見ると
     ステージ3ではと思うのですが…このような転移の場合でもステージ2なのでしょうか?
    ○改めて私のサブタイプはどのタイプになりますか?
     もしトリプルネガティブだとすれば、抗がん剤の効き目(再発予防)に期待はありますか?
    ○書類にKi-67の文字が見当たらないのですが、上記の【LI:40%】の事でしょうか?
    ○核グレード3ということは【顔つきの悪い腫瘍】に当てはまり、細胞の増殖率も強く、
    これからの予後・再発に大きく影響してきますか?
    <女性:60歳>

  325. 胸の痛みについて

  326. 胸がチクチク痛みたまにですがズキっと痛みます。

    酷い痛みではないのですがとても心配です。
    今年1月にも同じ症状が置き、掛かりつけの婦人科に電話したら9月まで検診は出来ないと言われ、
    婦人科のスタッフの方に外科の先生に見て貰ってくださいと言われたため、近所の掛かりつけ外科の先生にエコーをしてもらいました。

    その時は何もないと言われ、その後痛みも引いたので検診を予約する形にしました。
    ですが最近また痛むのです。
    <女性:40歳>

  327. 今後の治療方法がある

  328. 浸潤性乳管がんの硬癌で部分切除の手術をしました。
    術前病期はct1N0M0でした。

    細胞を調べた結果ER/PgR,HER2は3?でともに陽性、ki67は5%核グレードは1でした。

    今後、抗ガン剤はファルモルビシンRTUとエンドキサン、ハーセプチンもする予定です。
    ホルモン剤も5-10年と言われてます。

    放射線も30回します。

    抗ガン剤にしろ、ホルモン剤にしろ、メリット、デメリットがあるのもわかります。

    したからといって癌細胞がこれだけ減ったとかはわからないし、あくまで若いので、後でやっておいたらよかったと思わない様にの治療と言われました。
    <女性:44歳>

  329. 初めての検診

  330. 先日、同年代のアナウンサーが乳癌のニュースや出産経験がないと乳癌になりやすい話を聞き、怖くなり今日はじめて乳癌検診を受けてきました。

    検診内容は、エコー(技師さん)とマンモグラフィーです。

    両側エコーの時間が長く写真を沢山とっていたので、気になりました。
    <女性:33歳>

  331. 右乳房乳輪のしこりについて

  332. 無事に出産を終えた翌日授乳を開始した際に、右乳房の乳輪にしこりがあることに再び気づきました。
    左乳房にはありません。
    場所は乳頭の近く、乳輪沿いです。
    5mmから1cmくらいで丸っこくコリコリした感じです。
    <女性:32歳>

  333. 骨転移について

  334. 妊娠中に乳がんが見つかりました。

    トリプルネガティヴ、KIT-67 70%、リンパ転移なし、しこりの大きさ4.5×3
    2月 しこりを発見
    3月 左乳房全摘出手術
    4月下旬 抗ガン剤開始
    5月中旬 出産
    6月の上旬に骨シンチとCTを行い腰椎、肋骨(12番?)に集積があり追加でPET、MRIの検査を行いました。
    不安で不安で毎日骨転移の事ばかり考えています。
    医師からはトリプルネガティヴという事もあり進行が早いのかもとの事。
    <女性:38歳>

  335. 急な進行と、乳管内乳頭腫について

  336. ひとより、こまめに乳腺外科にかかってるつもりでいたので、こんなに短期間で状況が変わるものなのか、、、
    かなり大きいのでもし悪性の場合どんな進行状態が考えられるのか、
    また、乳管乳頭腫というものを調べると、癌との判別が困難、前癌状態、将来乳がんのリスクが高まる、これ自体は乳がんに変化はしない、
    周辺に乳がんがある可能性がある、乳がんが影に隠れてる可能性がある、などなど、乳管乳頭腫というものがどれくらい注意が必要なのか分かりません。
    <女性:35歳>

  337. 若年性乳がんです。全摘出について

  338. 私は、30才で先日乳がんの診断を受けました。
    1. 私は、ルミナールbでいいのでしょうか?
    2. 術前抗がん剤をした場合、温存手術になる可能性はどれくらいありますか?
    3. 温存できるなら、メリット、デメリットは??
    4. 今の段階で、術後に抗がん剤をしなくて良い可能性はありますか?
    5. 今の段階で、ホルモン治療をしなくて良い可能性はありますか?
    6. 同時再建はあまりすすめられないといわれました。デメリットとメリットは?
    <女性:30歳>

  339. 乳がん

  340. 5月末にしこりを見つけ、病院受診(エコー)し、細胞診で悪性と診断されました。
    先日PETとMRIをして、その結果で今後の治療をきめるそうです。
    ①よく聞く組織診?針生検はしてないのですが、
    petとMRIだけでどのような腫瘍なのか、また今後の治療方針は決まるものでしょうか?
    ②しこりの大きさとしては初期だと言われましたが転移が心配です。
    <女性:32歳>

  341. 乳房痛と甲状腺機能亢進症

  342. 甲状腺機能亢進症と診断され、現在左右の胸に張り、左胸には圧痛、時折針でつつかれる様な痛みがあります。
    左胸は押しつぶすとかなり痛むため、マンモグラフィー検査と言われるのが嫌で、主治医に胸の症状を伝えるのを躊躇しています。
    1.この場合、田澤先生ならば触診以外の検査をしますか。
    する場合はどんな検査をしますか。
    2.乳房痛があった場合、マンモグラフィーに代替する診断方法はありますか。
    3.男性ですが、今後乳房に関して定期的な検査を受けた方が良いでしょうか。
    <男性:38歳>

  343. 対側の不安

  344. 希望している再建は、自家組織の方法なので、もしも両側であるなら考えないといけない気がします。
    このまま再建にむかっていいものでしょうか。
    それとも、両側の診断が出ていない状態でも、左二期再建と同時に右乳房予防切除、一期再建は可能でしょうか。
    <女性:47歳>

  345. 乳腺腫瘤で要精密検査

  346. 現在29歳、初めての妊娠で、14週目です。
    四年前から毎年、超音波検査を受けています。
    去年までは左上部のしこりが「線維腺腫 疑」で一年おきの経過観察でしたが、今年同じしこりが「乳腺腫瘤」となっており、要精密検査となりました。

    来週、針生検を受けることになりましたが、この場合、悪性の可能性は高いのでしょうか。
    また、悪性の場合、四年前からあるということは、進行がかなり進んでしまっているのでしょうか。
    <女性:29歳>

  347. 断乳後3ヶ月 血乳 検査結果について

  348. 数回か絞った後、痛みのあるところ(右下)を中心に絞っていると、針で刺した時に出るような鮮血が一箇所からでてビックリして乳腺外来にかかりました。
    エコー、マンモ、触診、何の検査かわかりませんが絞った物をとり検査をしました。
    (分泌液細胞診かな?)エコー、マンモ、触診では異常がなかったのですが、絞った物をとった結果が3といわれ、3でも二つにわかれていてという説明をされたのですが、動揺してしまい自分がどちらかわかりませんが先生の説明から良くない方なのかなぁって感じで、グレーゾーンと言われました。
    <女性:42歳>

  349. 皮膚転移でしょうか?

  350. 5前程前に、右胸の乳頭よりやや体の中心寄りに1.4センチの石灰化が見つかり、ステージ0の非浸潤がんと診断されました。
    悩み抜いた結果、
    皮下全摘、自家組織(腹部)による同時再建手術をすることになりました。

    5年が経ち、以前の病変部分から数センチ離れた場所の皮膚が赤くなっていることに気付きました。
    少し様子を見ていましたが、少しずつ範囲が広がってきて、そう言えば5年前も乳輪の周りの皮膚に同じ様に赤いシミのような物が広がっていったのを思い出し、心配になって色々と調べたところ、皮膚転移ではないか…と心配になりました。
    <女性:45歳>

  351. 石灰化の散在としこり 腕の痛みについて

  352. マンモ検査の画像では、非浸潤がんだと伺いましたが、
    本当にそうなのか、すでに転移しているのではと気が気ではありません。

    乳癌の場合、エコーで1cmのしこりがみえないことがあるのでしょうか。

    また、石灰化している範囲は左胸上部ですが、箇所が小さいやわらかいしこりを作り、もしくはしこりを作らず、他の場所に転移するようなことはあるのでしょうか?

    早々に紹介して頂いた病院を予約しましたが、
    マンモトーム検査まで時間があるためとても心配です。
    <女性:34歳>

  353. 検診にて

  354. 5年ぶりの乳がん検診にてマンモグラフィー、エコー診断にて1cmのしこりとそのまわりの乳腺に放射状の乱れがあるとの事でした。
    5年前は、石灰化が点々とあったのが1個になったようですとの事。
    来週、MRI、マンモトーム生検を必ずしましょうとの事で予約しましたが、心配でたまりません。
    <女性:44歳>

  355. 線維腺腫か葉状腫瘍再発か

  356. 18才の娘の事ですが、針生検後、線維腺腫か葉状腫瘍の良性の疑いで2.5cm×2×1.5の摘出手術をしました。

    手術が昨年11月、今年6月に定期検査をしたところ場所は定かではないがたぶん同じような場所に1cmのしこりがまた見つかりました。

    しこりは線維腺腫でしょうか・・それとも葉状腫瘍の再発でしょうか・・
    また針生検をする予定ですがのんびりと構えていて大丈夫ですか・・
    最近鎖骨辺りが息をすると痛いといいますが。
    まだ高校生なので心配です。
    <女性:18歳>

  357. 乳がんと診断されました

  358. CT検査、MRI、骨シンチの予定が入り、
    現段階ではステージ2以上で、残りの検査結果で遠隔転移があればステージ4だと言われました。
    毎年健診を受けていたのに??と思わずにはいられません。
    2014年の検診の際にはすでに乳癌であり、これまで放置してしまったということでしょうか。
    <女性:49歳>

  359. 度々の細胞診について

  360. 素人目にも、丸く線もハッキリしていて、前回と同じ良性のものかな?と思うのですが、
    またも細胞診…
    痛いので、やはり辛いです。

    B病院だったら経過観察だったのでは?と思ってしまいます。
    もちろんハッキリさせるために細胞診をすることに異論もないのですが…
    これからもしこりが見つかる度に細胞診されるのかと思うと…

    A病院の乳腺外科の先生は元外科の先生だったようです。
    やはり、細胞診は必ず必要なものなのでしょうか?
    <女性:40歳>

  361. 非浸潤性乳管がん 術後療法

  362. 無事に手術を終え、左側(全摘出・エキスパンダー挿入)、右側(しこり切除)しました。
    センチネルリンパ生検の結果、リンパ節郭清はせず。
    今、術後の病理検査の結果待ちです。

    術前の説明では、左側の結果が浸潤なら、抗がん剤とハーセプチン、ホルモン療法5年。
    非浸潤のままでもホルモン療法5年と言われています。

    非浸潤の結果でも、ホルモン療法は必要なのですか?予防のためと言われています。
    非浸潤癌は取れば治療なしも可というのを、ネットで見ました。
    私の場合は当てはまらないからでしょうか。
    病変が大きいからでしょうか。
    顔つきが悪いからでしょうか。
    <女性:41歳>

  363. 妻の乳ガン、ステージ3c

  364. 実は1週間程前に妻が乳がんの宣告を受けてしまいました。
    まだどのような種類の癌なのかはわかりませんが、乳がんの大きさ約2cm、脇の下のリンパに1.8cmの転移、鎖骨下のリンパ2箇所に1cm程の腫大が認められ転移巣の可能性あり。
    ということです。
    今のこの状況からするとステージ3Cと考えておいたほうが良いのでしょうか?
    ステージ3Cだとすると、ネットで調べると5年生存率25%とかなり厳しい状況のようです。

    鎖骨の下のリンパ1cm程の腫大、それも2箇所というのは転移巣の可能性は高いのでしょうか?
    <女性:53歳>

  365. 抗がん剤について再質問

  366. Oncotype DXのお話もあったのですが、
    閉経後の方が対象と伺いました。
    閉経していない私も検査できるのでしょうか。
    最後に、ホルモン治療をすると子宮体がん、子宮内膜症の発生が増す可能性があると聞きました。
    治療をし、子宮の病気にかかる確率と、予防のための治療を何も受けない場合の再発率はどのくらいでしょうか。
    <女性:45歳>

  367. 片方からの乳頭分泌について

  368. 片方の乳頭の一部、いつも同じところから透明で少し黄色がかってるような分泌が出ることがあります。

    もともとアトピー体質なので、かゆくて掻きこわしてしまったときは血が出ることもあります。
    ただこれは左右両方の乳頭や乳輪から出血する場合もありましたし、
    アトピーの症状が治ればなおるので心配はしていませんでした。
    しかしアトピーの状態が良いときでも、前述のような、
    いつも同じところから分泌があることに気付き不安になっています。
    <女性:25歳>

  369. 左右のしこり

  370. 右にしこり2.2センチを6/(中旬)手術をし、今は結果待ちです。
    一次結果報告では、非浸潤性を否定できないと書いてありました。
    更に免疫染色を加えて最終報告を待っている状況です。
    質問なのですが、もし非浸潤性になった場合全摘しなきゃいけないのでしょうか?
    <女性:26歳>

  371. 脇の下のしこり

  372. 数日前、脇の下にしこりを見つけました。
    窪みの中というよりは、窪みのすぐ下のような気がします。
    皮膚とはくっついておらず、中にある感じです。
    だいたい1センチくらいで指で押すと動きます。
    押すと少し痛いですが、触ってない時の痛みはありません。
    <女性:32歳>

  373. 今後の治療について

  374. 5月に、右乳がん全摘手術をしました。
    病理結果が出ました。

    非浸潤がんではなくなりました。

    腫瘍の大きさ浸潤径 0,2mm
    非浸潤部を含めた全体 53x22mm
    リンパ節転移検査なし
    遠隔転移   なしステイジ 1
    ホルモン    陰性
    レセプター   陽性浸潤部が小さいので参考値出ず
    ki67 12
    これからの治療法として放射線治療をするか検討中です。
    先生のご意見をお願いします。
    <女性:57歳>

  375. 骨転移

  376. 4月に乳がん術後3年目の検査でCTをとりました。
    その他、子宮けいがん、たいがんの検査もしました。
    その結果は異常なしでした。
    6月中旬にに不正出血があり、その時から腰痛、腰骨痛がずっと続いています。
    背中、背骨も痛みます。
    骨転移の可能性はありますか?
    <女性:39歳>

  377. もう一度検査を受けるべきでしょうか?

  378. 検診結果が昨日届きました。
    カテゴリー3 触診 異常なし
    右乳房腫瘤陰影 精密検査必要

    実は検査後に滅入ってしまって検査結果が届くまで待てずに
    別の乳腺外来に翌日行き今回の検診で言われたことを伝えマンモとエコーの検査をしました。
    マンモには白い丸がやはり写っていましたがガンま場合はトゲトゲしているが
    綺麗な丸なので心配ないしエコーにも何も写っていないので大丈夫とのことでした。
    安心して帰って来て過ごしていたのですが
    書面を見ると本当に大丈夫なのかまた心配になってきました。
    <女性:48歳>

  379. 脇にしこり

  380. 1年に1度乳癌検診を受けており、乳房にはしこりなどなく異常を指摘されたことはありません。
    脇のしこりは3年前の発見時と去年の検診時に診てもらっただけです。
    先生も副乳か?脂肪か?と言った感じで悪いものとは言われませんでした。
    最近になって右脇のしこりが痛むようになってきたり、右腕のダルさや痺れは乳癌や、乳癌による転移が脇にあるのでしょうか?
    心配し過ぎでしょうか?
    <女性:39歳>

  381. 抗がん剤投与について

  382. 抗がん剤の投与間隔と効果について質問いたします。

    現在術前化学療法中で、先日、6回目の抗がん剤前血液検査で
    初めて白血球減少のため延期となってしまいました。

    こちらのQ&Aで、抗がん剤の全投与量の85%を下回ると予後に影響が出る事、延期と減量では減量の方が良い事を拝見しました。

    次回からは投与後にGーCSF注射をする予定ですが、
    残りの3回を予定通り出来たとして、一度の1週間の延期は予後にどのくらい影響を与えますか?
    延期によって85%を下回ってしまうのでしょうか。

    ハイステージ(ステージ3)のため、延期による影響がとても不安です。
    <女性:32歳>

  383. 葉状腫瘍について

  384. 葉状腫瘍と診断されました。
    大きさは8cm強で現時点では良性の判断です。
    初発です。
    場所が悪く乳頭直下に発生しており、乳輪部分を押し上げて変形をきたしています。
    乳輪付近の皮膚にも及んでいるといわれました。

    どうにかして温存できないかと県内の乳腺科2箇所で診察してもらいましたが
    A病院では温存はできるが乳頭乳輪は切除、形も凹むといわれました。
    (それくらいなら全摘したほうが良いとも言われました)
    B病院では再発の危険性を考慮し、全摘でしか手術できないといわれました。
    (マージンは2cm以上必要とも言われました)
    <女性:41歳>

  385. 肝臓への遠隔転移

  386. 今月初めに妻(38)が胸のしこりに気付き検査の結果、今月中旬に乳がんと診断されました。
    その後CT検査の結果、肝臓に怪しい影があるという事でPET-CTで検査したところ、昨日の診察で遠隔転移との説明を受けました。

    肝臓の腫瘍は1cmほどで肝臓の外側の一箇所のみで他に転移はなく、
    主治医の話ではガイドラインでは肝臓への転移では手術しない事が
    一般的だが腫瘍がひとつだけで手術が可能な場所である事から、
    年齢が若い事も考えると胸、肝臓の手術を行い出来る限りの治療をした方が良いのではないか。
    との意見を頂きました。
    来週にセカンドオピニオンを受ける予定です。
    <女性:38歳>

  387. 40歳。線維腺腫の経過観察について

  388. このQ&Aで少しずつ勉強してますが、やはり怖いのは線維腺腫と間違えやすい葉状腫瘍かなと思います。

    今回が初めての超音波だったため、この線維腺腫がいつからあったものかがわからないのが心配ですが、
    医師二人とも、それ以上の検査をするか迷う事もなく「大丈夫」と言っていたので、ひとまず落ち着こうと思います。

    今後、定期的な自己検診(月1回位)をして、
    しこりが大きくなったり、異常を感じたらすぐに受診。
    異常なければ半年ごとの経過観察、で大丈夫でしょうか?
    <女性:40歳>

  389. 乳がん検診にて、しこり?

  390. 先日、乳がん検診を受けてきました。
    マンモグラフィー、エコーをやり、エコーで左脇に黒い豆のようなものが映りました。
    長さを測っていたようです。
    検査結果が3週間後とあり、なんなのか?不安です。
    目に見えるしこりはないです。
    じーっくりと触ってみるとしこり?と言えるようなものはないですが、少しボコボコしていて痛い部分があります。
    <女性:24歳>

  391. 中間期乳癌

  392. 「中間期乳癌」は進行の速い乳癌で予後が悪いという記事を見つけたのですが、
    私の場合も進行が早いケースとなるのでしょうか。

    右脇のしこりは今も感じており(田澤先生が図解している位置からは若干下の感じが
    します)生理前になると痛みます。
    癌と診断された側なので非常に不安になりますが、
    これは乳癌の症状とは切り離して考えるべきでしょうか。
    <女性:45歳>

  393. 妊娠中の脇のしこり

  394. 脇の下のしこりについて。
    只今妊娠中ですが、妊娠中に急に脇にしこりができました。
    副乳かなと思っているのですが、副乳だと皮下にあるので摘めるとみたのですがつまんだりはできません。
    副乳でも摘めない事はありますか?
    ちなみにバンザイした状態だとしこりの形が分かりづらくすじみたいに硬いかんじで、腕を降ろして触るとコリコリと形がわかりやすくなります。
    副乳なのか硬い気がするので副乳癌なのではと不安になっています。
    <女性:30歳>

  395. 腫瘍マーカー 1-CTPの上昇

  396. 腫瘍マーカの結果を聞いてきました。
    3月下旬と、6月下旬の数値の変化です。
    CEAが1.9→2.0  CA15-3が8.0→6.4   1-CTPが3.2→4.1 です。
    1-CTPが2月には3.5で、3月に3.2に下がったのに、今回は4.1に上がったのが気になりますが、上限値は4.49ですので、これは気にしなくても良いでしょうか?

    白血球の値が、抗がん剤終了後は3240まで回復したのですが、また、2700に落ちてしまいました。

    放射線治療で白血球が落ちるとは聞いていましたが、治療終了して1ヶ月もたつのに、こんなに回復しないのは、大丈夫なのでしょうか?
    <女性:51歳>

  397. 術後1年の傷の痛み

  398.  5月に術後1年のマンモと超音波、触診をし異状なしの結果でしたが、最近傷跡が痛む事があり押さえても痛くなります

     傷の辺りはまだ固くしこりなどは無いと思いますが、術後1年以上たっても傷口は痛むものでしょうか?

     脇から下20センチの辺りも痛みます
     乳がんに関係しているのでしょうか
     落ち着いた生活になって来ましたが、やはりまだ小さい事が気になります
    <女性:52歳>

  399. 術後の治療について

  400. 5月に、右乳房全摘出しました。

    術後組織検査の結果は
    浸潤径1.0×1.0(しこりは1.6)
    センチネンタルリンパ 1個中0
    乳頭腺管がん
    高度ホルモン反応性
    グレード1
    脈管浸潤なし
    HER2スコア2+ DISH法 陰性
    MIB27%

    現在、ノルバデックス服用中です。

    このしこり以外にも、小さい癌が多発していましたのと、MIBが27%とグレーゾーンだったのが、ホルモン療法だけで、いいのかと不安になっています。
    <女性:39歳>

  401. 生検後のしこりの形について

  402. お聞きしたいのですが、生検をした場合、しこりの形は変わりますか?
    だいぶ皮膚の腫れがひいてきたので触れてみたら気がつきました。

    一つは、今まではラグビーボールのような二センチのしこりでしたバネ式針生検を三回ぐらいやり、組織をとっていただきました。

    いまは眼科の視力をはかるわっかのようなみぞ(ランドルトかん)が表面サイドに長めにはいっています。

    また、もう一ヶ所はマンモトーム生検をしましたが、しこりの大きさは1,5倍ぐらい大きくなり、
    以前は球形でしたが、ピーナッツのような形になっています。

    生検の影響で形がかわることはありますか?
    <女性:38歳>

  403. 外科的生検おこなって良いのか

  404. 2個ともに良性との事でしたが、
    外科的生検で取り除いた方が良いと言われたので、何故かと伺うと新たに出来たものが早いスピードなので癌になる可能性があるかもしれないと外科的生検を進められました。

    不安に思いましたので 再度聞くと3か月以内での経過観察でも構わないとの事もいわれましたが、ガンになる可能性があるかもしれないし、
    ないかもしれないとの事で 外科的生検を進められましたが、正直マンモトームで良性と仰られたのに 外科的生検をすることに疑問を感じながらも予約をしましたが、不安になりましたのでご相談させていただきましたが先生のご意見をお聞かせください。
    <女性:40歳>

  405. 胸の不快感

  406. ちょうど生理が来てすぐの頃から、右胸がじわじわするようなしびれるような変な違和感があります。

    最初は服が擦れてるのかなと思いましたが、動かなくてもその違和感があり、
    痛みはありませんが5日ほど経ったので近くのブレストケアクリニックにいきました。

    しかし、やはり芸能人の影響か予約でないと診察が出来ない、一番早くて2ヶ月後と言われました。

    低用量ピル(アンジュ)を飲んでいますが、それでもホルモンの影響はあるのでしょうか?
    <女性:36歳>

  407. 母の乳がん手術・治療について

  408. 母は、18年前にも左側乳房を乳がんで全摘しており、それ以来、年に一度のマンモグラフィと3か月に一度の診察に通っていたのですが、右側の乳がんは、病院では、指摘されず、母が自分でしこりを見つけて、発覚しました。

    こんなにがんが大きくなるまで、病院で診察を受けながら見つからないことがあるのでしょうか?

    田舎でもあり、手術はこの病院で受けますが、母が診察を受けていた医師は、乳がんは専門外とのことで、手術は、他の医師がされます。

    執刀医は、専攻医の若い女性医師で、外科部長(呼吸器外科がご専門ですが、乳腺も以前から診ているとのこと)と一緒に手術をされるとのことです。
    <女性:76歳>

  409. 外科的生検

  410. 生検は外科的生検で、しこりを取り除きました。

    結果は2週間後です。

    生検後、止血のため、患部を医者が押さえてくれてましたが
    世間話に終始し、聞きづらい雰囲気で何も聞けませんでした。

    自宅に帰り、こちらのWEBで乳がんの確定診断は、
    マンモトーム生検で出来ると書かれてあったので、私の場合はなぜマンモトーム生検ではなく、
    外科的生検をされたのか疑問に思いました。

    乳房には傷跡が6cmほど残り、完全には消えないようです。
    <女性:50歳>

  411. 腫瘍径の誤差

  412. 半年で15㎜進行が早いんですか?
    腫瘍径はエコーやMRIでの誤差はありますか?
    手術で追加で腫瘍回りをとったって事は浸潤が広かったのでしょうか。
    センチネルリンパは人によってちがうけど一つで転移なかったと言われました。
    手術が終われば又違う不安があり気持ちがしんどいです。
    <女性:52歳>

  413. 母の胸のしこり

  414. 医師の今までの経験からいって、いい状態ではないといわれました。
    左胸の乳首の外側に2cmほどのしこり、
    その上にえくぼもあり、以前より胸も縮小、つっぱった感じもあるといいます。
    乳首は昔から陥没しています
    やはり、乳腺炎ではなく癌の可能性が高いのでしょうか??
    <女性:62歳>

  415. しこりのない乳がん

  416. 昨日 病院から「先生との診察をMRIを撮った後(7/(上旬))に早めて欲しい」と連絡がありました。
    「結果が良くなかったという事ですか?」と
    聞いても「この電話ではそれは申し上げられません」と。

    しこりもなく、今は胸の痛みもなく、身体の異常もなく、最初は経過観察で、と言われてたのに 他に転移しているって事はあるのでしょうか?
    不安でいっぱいです。
    <女性:42歳>

  417. 不安ばかりです。乳腺炎?がん??

  418. 前にも針生検して、その時は乳腺炎という結果でしたが、膿などで腫れていたので、
    このまだ残ってるしこりの組織の部分はとれず乳腺炎という結果になったけれど、
    もしかしたらこの残ってるしこりががんなのでは…とすごく不安になっています。

    しこりというか硬いかたまりのようなものです。
    石みたいな硬さです。
    <女性:27歳>

  419. 妻の乳がん

  420. 三月に妻の左乳房に、しこりが見つかり、大学病院で検査を受けました。
    その結果、24×14㎜の癌で、先日左乳房摘出の手術を受けました。

    お聞きしたいことは、
    1.今回の抗ガン剤の副作用はかなりダメージが強いものなのでしょうか?
    妻は脱毛などの覚悟はしていますが‥
    2.半年間の投与で、転移がなければ治療は終了と考えていいのでしょうか?
    3.brca遺伝子変異検査の治験の同意を求められています。
    先生のお考えをお聞かせください。
    <女性:57歳>

  421. 検査について

  422. 6/(下旬)に乳がん検診にて、マンモ+超音波+触診を受けたところ、超音波にて、「去年はなかった4mmの影がある」と言われました。
    エコー写真を見たところ丸い形をしており、先生も「楕円形だと良性なんだけど、丸い形が気になる」とのことでした。
    「まだ小さいので良性のものだと思うし、今日細胞をとって検査してもいいし、3カ月様子を見てもいいですよ。」と言われました。
    私が悩んでいると、「私だったら、3カ月様子を見るかな~」と言われましたが、
    それでも悩んでいると、「そんなに気になるなら今日検査しておきましょうか」と言われ、針を刺されて細胞をとる検査をしました。
    <女性:39歳>

  423. 診断を信じて良いのか

  424. 一週間前にに3Dマンモ、エコーを行ったところ、結果針金のようなしこりはリンパ管炎で問題ないが、その奥の方に石灰化、エコーで血管が密集しているところが見える、初期の乳がんです。
    切除すれば治ります。
    と言われました。

    その翌日造影MRIを取り、昨日結果を聞きに行ったら、癌の所見は見られないから念のため6か月後にまた来てください、と。

    こんなことはありますか?癌だと断定されていたため、見落とされているのではという不安があります。
    生検をやってくれと言いましたが、必要ないですと却下。
    <女性:49歳>

  425. 再発でしょうか?

  426. 5年前に母が70代で、温存手術。
    右下、ステージ1 浸潤癌1.8mm、リン
    パ転移無し、グレード2でした。
    その後、抗ガン剤2回(急性腎不全、消化器系疾患で意識もうろう救急搬送)、放射線、ホルモン療法をしました。

    今は半年毎の受診で、ホルモン剤も飲んでません。
    ところが数日前、右下の手術の傷跡が引っ張られるように乳房が少し2段腹のようになってるのに気づきました。
    傷跡の一部がぐっとかなり凹んでいるとこがありました。
    <女性:79歳>

  427. 脇下の痛み ホルモン治療中

  428. 硬癌
    ステージ1
    グレード2
    ER,PGR共に 強プラス
    HER2 0
    ki-67 10~20%
    ルミナールAと診断を頂き
    術後は左胸全摘しましたので
    ホルモン治療を開始してます。

    ノルバデックスとリュープリンを開始2ヶ月が過ぎました。

    まだ生理はあります。

    質問なのですが…
    左脇下のみが 排卵期の1週間、生理前など
    未だにズキズキ痛みがあります。
    <女性:44歳>

  429. 術後の検査や腫瘍マーカー数値について

  430. かかりつけ病院では、
    手術入院前の検査で、CT、MR、骨シンチをやりました。
    術後6か月頃となる3月には、CT、エコー、心拍数が多かったために心電図の検査もしました。
    また、この先9月頃に術後1年となるので、またマンモ、エコー、CT、血液検査の予定と言われており、それに先駆けて今回骨シンチをするよう言われました。
    私の主治医は骨シンチは1年に1回するようなことを言っています。
    こんなに検査を重ねて、線量は大丈夫なのか、体への負担はないのかと心配です。
    <女性:40歳>

  431. 石灰化カテゴリー3

  432. 特に右胸の石灰化は淡い点が集まっている感じで、カテゴリー3と言われました。
    担当した医師は経過観察で良いのではないか?と言う診断でしたが(マンモトームのない施設です)、不安な事と、2人目の妊娠を希望しているため、
    ぜひ先生のところでマンモトームを受けたいと思い予約の電話をしたところ、2ヶ月待ちとのことでした。
    もし悪いものだったら、2ヶ月の間に進行してしまわないかととても心配になりました。
    <女性:42歳>

  433. 遺伝子検査について

  434. 遺伝子検査についてですが、ホルモン療法においてですが、、本人にとって治療効果の高い薬、治療効果の低い薬…などがわかり、治療の目安に有効な検査なのでしょうか?
    47歳、閉経前です。
    <女性:47歳>

  435. 乳がんの術前ステージ

  436. 「先生、2か3かは今は分からないのですか?再発率とかあるし気になるんですけど」
    「どちらにしたって手術で取れるんだから早期。今再発の事心配したって仕方ない」
    詳しくはリンパ節に何個転移があるか病理結果を待ってからとなります。
    とのことでした。

    ですが、この間「がんと診断されたら保険金支給」されるタイプの生命保険金のための診断書をお願いしていたものを先日受け取りに行くと「T2 N2 M0」となっていたのです。
    ステージⅢaですよね?
    <女性:41歳>

  437. 両胸の乳房下部のへこみ

  438. お風呂上がり乳房下部にへこみを見つけました。
    左右両方ともで、右乳房下ははっきりと左乳房下はよくみると位置は多少ずれてますが同じようなへこみがありました。
    生理一日前にみつけました。
    全くしこりにはふれることが出来ませんし、生理中で痛みがあります。
    心配です。
    <女性:42歳>

  439. 乳頭分泌

  440. 6月に入り押してみると、一つの穴から薄黄色の分泌液が出ましたのでティッシュに取ってみたところ、薄黄色に丸く染みた中央に小さいですが濃い赤茶色のシミができました。
    やはり血液の様に見えます。
    そして7月、つい先日も同じ様な事がありました。

    薄黄色の分泌液は押せば簡単に出てきますが、毎回茶色のシミが確認できるわけではありません。
    薄黄色だけの時も溶け込んでいて、目には見えないだけではないか?と心配しています。

    2月に検査をして頂いた穴だろうと思いますが、確実ではありません。
    <女性:40歳>

  441. 病理学的完全奏功後のホルモン治療について

  442. 去年1月に右乳癌と診断されました。
    ER(+) PgR(-)Her2(1+)
    髄様癌 T2(us2.2cm)、N1 、 M0、StageⅡB
    術前に化学療法FEC4コースとドセタキセル4コース施行
    7/(下旬)手術 右乳房全摘+リンパ郭清
    病理所見 No remnant malignant cells pNO=0/13
    (化学療法効果判定 グレード3)という結果でした。

    その後、ホルモン治療ノルバディクス内服しましたが、副作用が強く(軽度うつ)3ヵ月で中止しています。
    現在無治療で、再発するのではないかという不安が強いです。
    <女性:43歳>

  443. 10㎜のしこり

  444. 私の質問ですが

    ?このように、触れにくい?シコリだと思うのですが
    4月の検査で見落とされていた可能性は本当に無いのでしょうか…
    (医師は無いと言います)
    マンモの非対称印影はこれではなかったのか?と疑問です。

    ?医師の言う通り、3カ月弱で1センチに成長するような腫瘤なら
    組織検査が10日後…さらに結果は1週間後…のようなペースで
    大丈夫なのでしょうか。
    <女性:46歳>

  445. Weekly PTXの副作用について

  446. 手術とEC療法までお世話になり、遠方ですので次のWeekly PTXは他院でということになりました。
    まだ序盤なのに白血球が減少しているので悩んでいます。
    2回目からはPTXを112ml→98mlに減量になりました。
    7/(上旬)に3回目を行いましたが、白血球が2100でギリギリだったので、
    また次回は下がって受けられないのではと思います。
    WeeklyPTXは後半から副作用が出やすいときいていますので、最初からこんな状態で最後まで続けられるか不安です。
    <女性:39歳>

  447. 術後の治療法について

  448. 主治医からは、ルミナールAかBかは迷うところだが、腫瘍径が小さくリンパ転移もないので、抗がん剤はしなくてよい。
    LH-RHアゴニスト注射も上乗せ効果が少ないし副作用もあるから、すすめないけど希望するなら検討してもいい、と言われました。
    迷っています。

    オンコタイプDXの検査についても聞いてみましたが、必要ないでしょう、とのことでした。
    <女性:36歳>

  449. 母の乳癌について

  450. 12年間再発転移なく過ごしておりましたが、先日右胸の1センチほどのしこりの形が気になるとのことでMRIをしました。
    結果やはり悪性が疑わしいとのことで(上旬)日に針生検をして、(下旬)日に結果がでます。

    この右胸しこりは13年前からあったもので形は楕円、大きさもずっと変わらずで画像のみの診断で毎年問題ないとのことでした。

    それが今年母曰く、星型のような柏の葉のような形になっているとのこと。

    これはいったいどういうことが考えられますか?
    私は線維腺腫が葉状腫瘍になったのかなぁと思っていますが。
    <女性:61歳>

  451. 乳がんと強皮症の合併について

  452. 現在、肺に真菌がおり、「アスペルギルス」の診断を受けています。
    同時に、「膠原病:強皮症」も併発し、診断されました。
    更に、右胸、リンパに差し込む痛みを感じ、受信した所、超音波でシコリが見つかり、生態検査を受けました。
    担当ドクターが言うには、「恐らく転移性のない乳がんと思われる。」との事。
    <女性:54歳>

  453. 抗がん剤治療等について

  454. 先日6月初旬に左乳房全摘出をしました。

    6月末より、ac治療1クール目に入ったのですが、余りにも、抗がん剤の副作用が、
    きつく中止してもらおうかと、検討中なのですが、
    たった1クールで、中止しても問題ないのでしょうか?
    無理してでも、続けた方が良いのでしょうか?
    この後、放射線治療とホルモン療法が待っているそうなのですが、
    適切な処置なのでしょうか?
    <女性:44歳>

  455. 右胸にしこりらしきもの。

  456. 生理後、右胸にしこりまではくっきりしていないですが、触ってみると、左右にかなり動いて、柔らかくしこりっぽく感じるのを見つけました。
    大きさでいうと、楕円形で大きく感じます。
    <女性:39歳>

  457. 組織診

  458. 先生に相談です。
    主治医に聞けなくてすみません。

    針生検
    NA 2 MC1 NG1 ホルモン受容体 陰性 HER2 陰性 ki67 8%

    部分切除し術後組織
    NA2 MC 1 NG1 ホルモン受容体 陽性 HAER2 2+ K i67 30%

    こんなに変わってしまうものでしょうか?
    <女性:50歳>

  459. 右胸の影

  460. 人間ドックで精密検査に行くように、と言われマンモ、エコー、MR、CT、ホネシンチ、マンモトーム生検をしました。
    左はほぼ確実と言われていましたが、右も小さい影があると言われ、左右共に生検をしました。
    結果は左はがん、右は大丈夫とのことでした。
    4月下旬に結果が出て、6月上旬に手術をし、これからFec4回?
    タキソテール4回、放射線についてはまだ未定となっています。

    心配なのが右胸です。
    左胸の治療中、右胸はどのように経過観察していくのでしょうか?
    <女性:47歳>

  461. 乳房の痛みと張りについて

  462. がんではないと安心し、症状は少し落ち着いたと思ったのですが、
    7月に入った辺りから左の肩甲骨の痛みと、左胸の外側の上の辺りから脇の下にかけて張っている感じがします。
    脇の下は腫れているというか違和感を感じます。
    <女性:27歳>

  463. 炎症性乳がんについて

  464. 痛みを感じ始めた日に、入浴の時に乳房を見てみると、痛みのある左側の一部がうっすら赤くなっていました。
    (乳首の少し上の内側と、外側全体的に)
    熱感や乳腺炎のような痛み、発熱はありません。

    この赤みが炎症性乳がんではないかと心配です。

    症状から炎症性乳がんの可能性は考えられますでしょうか。

    炎症性乳がんは誰がどう見てもわかる程の症状のようですが、薄っすらと赤みのある現在の症状が炎症性乳がんの出始めで、今後赤みが強くなるのではと不安です。
    <女性:38歳>

  465. 脇の下のしこり

  466. 三ヶ月前はリンパの腫れかな?と言われたのに
    昨日は副乳と言われたこと。
    妊娠中の乳がんは見つけにくく、進行が早いこと。
    年齢が若いので乳がんだったら進行が早いこと。
    まだ上の子も1歳7ヶ月…
    すごく不安です。
    本当に副乳なのでしょうか、、、
    乳首みたいなのはなく、しこりが2つ左脇下にあります。
    <女性:21歳>

  467. 石灰化について

  468. 結果….
    右胸 D/W比の高い腫瘤 境界やや不明瞭 前方境界線断裂疑いとの事でしたが良性、線維腺腫との事。
    左胸→液体不敵性。
    血液細胞、間質細胞を認めます。
    乳管上皮細胞は見られません。
    石灰化は区域性分布ともとれるとの事。
    2013/5のマーモと比較すると今回、石灰化は増えてるそうです。
    右のシコリは無かったと思われます。
    左胸は7/(中旬)マーモトーム生検の予約を入れてます。
    癌の確率はあるのでしょうか?
    <女性:43歳>

  469. 術後治療について(抗ガン剤治療)

  470. 6/(中旬)に乳癌手術をしました。
    当初ルミナールA リンパ転移なし 部分切除の予定でしたが
    センチネルリンパ節生検でセンチネルリンパ節にガン細胞があった為
    部分切除と腋窩郭清をしました。

    今後の治療として年齢の事も考えて化学療法を担当医より勧められており
    7/(中旬)までに返事をしなければなりません。
    化学療法に抵抗があり本当にやる必要があるのか田澤先生のお考えを
    おき聞かせ頂きたいと思います。
    <女性:44歳>

  471. ホルモン療法について

  472. 手術後の病理検査で
    これから、抗ガン剤約半年、放射線、ホルモン療法となりました。

    ホルモン療法がよく効くタイプ、と聞いておりますが、ホルモン療法開始までに期間があるように感じ、不安になっております。
    <女性:47歳>

  473. 左胸の痛みについて

  474. 北斗晶さんがまだがん発覚前にがうつ伏せになったときにチクっと痛んだとブログに書かれていましたので
    わたしも床にうつ伏せになってみたんです。

    そしたらチクっとどころじゃなく結構痛かったのです…。
    左胸は特に痛かったです。
    右胸は強く押さない限りは痛くありませんでした。
    そのあと普通にしていてもジンジンした軽い痛みがありました。
    <女性:29歳>

  475. MRIについて

  476. レントゲンでみてみると点々で逆、くの字のような状態にポツポツ結構ありました。
    しこりも全くないと思います。
    茶色の汁も全くでなくなりました。
    ただ自分でみても石灰化は結構多いのかなと思う感じです。
    密にあるというよりやや散らばってです。
    一応先生は大丈夫だとおもうけれど心配ならばMRIをということでした。
    <女性:35歳>

  477. 乳がんの可能性が高いのでしょうか?

  478. 乳腺外科を受診しました。
    逆の乳房エコーで1年前はしこりがあるが明らかに良性であると言われました。
    今回は大きさはほとんど変わりないが(1センチ位)白く映る部分があり、ちらほら血流が見られることから昨日、針生検を行いました。
    数か月、様子をみるというのも有りだが年齢を考えると念のための検査だと言われました。

    本当に念のためなのか、白く映るのは悪性の可能性が高いのでしょうか?
    <女性:50歳>

  479. バネ式針生検結果

  480. 先日、左乳房に15mmのしこりが認め、針生検を受けました。
    結果は浸潤性乳管癌の所見でした。
    グレードは2です。
    ER:PS(5)+IS(3)=TS(8)
    PgR:PS(5)+IS(3)=TS(8)
    HER2:1+
    Ki67:20-25%
    <女性:47歳>

  481. 抗がん剤は必要性

  482. 病理の結果からルミナールB なので抗がん剤が適応するとのことでした。
    主治医からは
    抗がん剤することで再発率5%ぐらい上乗せといわれたのですが、早期だし、5%ぐらいだから抗がん剤の副作用を考えたら無理には勧めないけどどうしますかと言われました。
    <女性:43歳>

  483. マンモトーム生検について

  484. 「癌ではありませんでしたので大丈夫です」と検査していただいたのとは
    別の医師から結果を伝えられましたが、先生のブログやQ&Aを拝見して、バネ式生検とマンモトーム生検の特徴と使い分けを知り、この検査内容と結果で本当に安心していいものか不安が消えておりません。

    (バネ式生検を担当してもらった医師がとても若く見え、検査処置もとてもスムーズというわけではなかったというのも理由の一つかもしれませんが・・)
    <女性:34歳>

  485. 脇に近い胸 動くしこりがあります

  486. 脇に近い胸なのでマンモグラフィーで何回も撮り直しました。
    触診では1センチ弱と5ミリのしこりがあると。
    マンモグラフィーの画像では円の形(輪郭)にポツポツと石灰化が見られました。

    先生には何も言われず…
    (下旬)日に超音波と細胞診を受けましょうとの事。

    また、しこりが小さいので針がさせない場合は切開も考えますと言っていました。
    (下旬)日までの間が不安です。
    癌の可能性はありますか?
    <女性:39歳>

  487. 高濃度乳腺

  488. 先生は、癌を疑うものはありませんとハッキリ言うのですが、いつ癌です、と言われるのかビクビクしながら生活しています。
    なぜなら、私は高濃度乳腺と言われているからです。

    50代まで高濃度乳腺だった方の乳癌になる確率は、何もない方の4~6倍と言われました。
    そんな確率なら、予防的に両方の乳房を切除してしまいたいと思うこともあります。
    <女性:43歳>

  489. 術後の治療方針 抗がん剤が必要か?

  490. 6月(上旬)日に左乳房温存手術、センチネルリンパ節生検を受けました
    浸潤性乳管がん
    8×7×3mmの腫瘍
    リンパ節転移なし
    ステージ1
    ホルモンの感受性あり
    HER2陰性
    癌の増殖能力41%
    これからの治療方針は、基本的には、放射線とホルモン剤治療となりますとの話でした。
    <女性:60歳>

  491. 病理の検査結果について

  492. グレーゾーンの診断は難しく、針生検で最も変化の強い部分が採取されたため「乳癌(乳頭腺管癌)」と診断されたが、摘出した全体像で見ると、「非定型乳管過形成」のいちぶとするのが妥当なようです。

    病変を摘出した事は、診断を付ける上で必要な事でしたが、
    センチネルリンパ節生検は、結果として、余分な手術のいう事になりました。
    と、言われ説明を受けましたが、また今日から1週間後に病理の先生などとの検討により、今後癌として治療するのかどうか診断を受ける事になっていますが、
    1度「癌」と言われ、覚悟をして向き合おうと思った矢先、違うかもしれないという事で、頭が混乱しています。
    <女性:49歳>

  493. 乳がんの治療について

  494. 昨日 病理検査の結果 乳がん と診断されました!
    しこりは 感じ的には 2cmくらいに感じます

    シコリを見つけて 総合病院にかかりましたが
    始めから 不信感があり (顔みて話さない、説明書がない。
    など で 病院を変えたい事 紹介状を書いて欲しい事をつたえました!

    病院検査は外科生検でおこないました!
    シコリの大きさなど具体的なエコー検査でも
    伝えてはくれず 病理検査検査の結果も
    ある程度進行性のがんです! とだけでした!
    <女性:44歳>

  495. 小葉癌の抗がん剤について

  496. 左乳房全摘手術を受けました。

    ステージ1、腫瘍の大きさ 15mm、ki67は12.6、ルミナールAタイプ リンパ転移なしの小葉癌で、リンパ管浸潤と脈管浸潤はありませんでした。
    オンコタイプの結果は28でした。

    主治医はとてもいい先生で後悔のないようにと、
    小葉癌は転移しやすい予後の悪い癌で
    オンコタイプが中間リスク高値なので抗がん剤をしたほうがいいとの考えでした。
    <女性:54歳>

  497. 術後の治療について

  498. 10年前に豊胸(シリコンバッグ)した胸が乳がんになり
    6月中旬に乳頭乳輪温存皮下乳腺全摘手術を受けました。
    シリコンバッグはそのまま残しています。

    針生検では非浸潤がんでしたが、術後の病理は浸潤がんトリプルネガティブでした。

    幸い浸潤径1.5mmでしたがまだ治療も始まらず気持ちが落ち着かず日に日に悪いことばかり考えてしまい夜も眠れません。
    <女性:49歳>

  499. 妊娠中の炎症性乳がん

  500. 先日1カ月後の検査に行ったのですが、
    しこりはやはりないが右胸が大きくなっていること、よく見るとうっすら皮膚が赤いことから炎症性乳がんの可能性もあるため大きな病院への受診を勧められました。

    私は元々右胸が左胸よりも1カップくらい大きかったのですが、確かにここ1カ月で更に1カップ程大きくなっています。

    これは炎症性乳がんなのでしょうか?
    妊娠中のためとても不安になっています。
    <女性:26歳>

  501. 乳がんと診断されました。

  502. 針生検の結果を聞きに行った際、肝臓と脇下のエコー検査、脇下の針生検、腫瘍マーカー用の血液検査を実施。
    エコーの結果では肝臓転移は認められず。
    脇下は、ごく小さいが疑わしいかもしれない箇所があるため、針生検を実施して1週間の結果待ち。
    この箇所は初回検診時のエコー検査でも確認し、写真が残っていますが、かなり小さいため、初回の針生検は見送ったとのこと。
    今回も大丈夫だとは思うが、乳がん判明後でもあり念のため検査とのことでした。
    全体を通して、ステージは2ではないかとの発言がありました。
    <女性:38歳>

  503. 線維腺腫について

  504. 先生いわく、線維腺腫だろうとの事で、横2.5センチ・縦5ミリの大きさでした。
    また3か月後に受診し、その時に針生検をするかしないかになりました。
    家に帰ってからネットで調べると線維腺腫2.5センチは大きいのではと思い、切除した方がよいか悩んでいます。
    また、線維腺腫と言われていても、実は癌だったらどうしようと気持ちが落ち込んでいます。
    受診した後、お風呂後に自分の胸を見ると、左の乳首の皮膚が下を向いているように思え左右で違う事に癌ではと不安でたまりません。
    <女性:31歳>

  505. 粘液乳ガン からの肝臓転移

  506. 先日の2年半検査の腹部エコーで
    肝臓に白いものがあるとのことで
    造映MRI を(下旬)日に予約してきました

    肝臓転移ならホルモン剤をかえるかもしれないので
    と主治医より言われ
    いつも3ヶ月分処方して頂く薬も検査結果の日までの日数しか処方されませんでした

    ステージ1でおとなしい癌と説明うけて
    治療してきてここで肝臓転移なのかと
    心配で毎日をすごせなくなっています
    <女性:46歳>

  507. 授乳中のしこりと乳管内乳頭腫

  508. 近くの乳腺外科にて、エコー診察をしてもらったところ、「真面目に授乳してますね。
    なにもしこりはないので問題ないです。乳頭腫は授乳中だと乳腺も変化しているのでまぎれて見えないです。」と言われ、その場では安心したのですが、やはりこのしこりらしきものは母乳のたまりなのかが心配になりました。
    <女性:42歳>

  509. 乳管内乳頭腫

  510. 5月6月に入っても、黄色い分泌物は止まらず疑問に思っていたので、
    液が茶褐色になったところで、再度受診。

    するとエコーで3ミリの「乳管内乳頭腫」と診断。

    (これに関しては細胞診なしでした。)
    説明もなくこれまたまた6ケ月あとにきてと。

    当日はそのまま帰宅しましたが、説明がほしくて後日受診。

    良性のしこり、細胞診してないというと、3ミリだからね。と濁されました。

    切除したい場合は切除していただけるかと聞いたら、時間がかかりそうだけどいいよ。と。

    そう言われて帰宅しました。
    <女性:44歳>

  511. 病理診断について

  512. 病理診断の見方教えて欲しいです。

    scirrhous cacinomaとは硬癌という事ですか?
    日本語で白色の硬い腫瘤と書かれていました。

    私の癌は予後が悪いのでしょうか?
    f+ ly0 v1 margin- LN2/14〔senti1/1 sampling0/4 backup1/9〕NA2
    MC1 NG1
    ホルモン感受性高め ハーツ陰性 ki 11%
    ステージⅡA ルミナルA
    と書かれておりました。

    f+やv1とは体に癌が回っているという事ですか?怖いです。
    <女性:42歳>

  513. 細胞診断について

  514. 確認出来た事は浸潤の硬癌で大きさは2センチ。
    まずはCTと骨シンチの検査をしてからしこりの摘出手術をすると全て今月中に行われるようトントンと決まりましたが今更ながら他に確認しておくことはなかったのか不安です。
    殆ど説明がなく腫瘍も取って調べないとはっきりは言えないし治療方針も決まらないと言われました。
    ただ細胞診断で悪性であり抗癌剤の治療が必要になる事を言われました。
    <女性:40歳>

  515. 病理の結果をみて

  516. 6月上旬に左乳房全摘しました。
    病理結果から田澤先生であれば、どんな治療を薦めますでしょうか。
    病理診断
    Invasive ductal carcinoma of the left br breast,mastectomy
    -Lt.C,1.9×1.6cm(浸潤径),papillotubular
    carcinoma,NG2,g,ly-,v-,ER+,PgR+,HER2-,sn(0/1),margin
    (-)
    です。
    <女性:42歳>

  517. 病理組織検査結果についてご相談させて下さい。

  518. 主治医からは年齢が若く子供がまだ小さい事や
    非浸潤とはいえ病変が大きい事、核グレードが2だった事
    病理医のコメント付きではあるがpvi(2)だったことを考えると、
    ホルモン治療を絶対ではないが勧めると言われました。
    (10年)
    私としては、副作用の事を考えると迷ってしまいます。

    今後、妊娠の予定はありません。

    先生でしたら、このようなケースではホルモン治療を勧めますか?
    <女性:38歳>

  519. 排液

  520. 6月上旬に手術をし、5週経過します。
    術後1週間でドレーンを抜きましたが、その後脇の下に液が貯まり、ほぼ週一で注射器で液を抜いております。
    黄色の透明の液ですが、注射器2本分ほど未だに抜くことができ、減る傾向がありません。
    今週より抗ガン剤開始でしたが、延期となりそうです。
    <女性:47歳>

  521. 乳頭部腺腫について

  522. 「乳頭部腺腫」ということで、乳頭切除も勧められましたが、一旦経過観察していくことになりました。
    その後春頃からに再度左乳頭にかさぶたのように分泌物が固まってきて、自分ではがそうとすると乳頭ごと取れてしまいそうになり、6月に以前と同じ医師の診察を受けました。
    再度乳頭からの分泌物やかさぶたを病理検査に出しましたが、以前と同じように悪性ではないという結果でした。
    が、医師の曰く乳頭がびらんの状態になっており、あまり繰り返すようだとがん化する事もあるので、やはり乳頭を切除した方がいいといわれています。
    <女性:45歳>

  523. 術後の胸の痛み

  524. 質問①
    術後1週間の診察の際、傷も綺麗になってると言われ、胸の大きさが
    以前と全然変わってないと伝えると 腫瘍を取り除いた部分に水がたまってるからだと思う、水は少しずつ体内に吸収されるのであえて抜く必要はないと言われました。

    傷口の痛み等は術後からほとんどありませんでした。
    (センチネルの所は痛みましたが)
    ですが術後 10日位たってから(術後直後から少しはありましたが)胸の中がズキィィンと痛みます。
    <女性:44歳>

  525. 100%に近い確率で乳がんと言われました

  526. まず、去年9月にマンモの検診を受けて異常なしと言われました。
    安心していたのか、しこりに気付かず
    6月末にしこりがあることに気付き、すぐ病院に行って見ていただいたら
    100%に近い確率で乳がんと言われました。

    その時、検査したのはマンモとMRIをしました。
    しこりが5センチ近いと言われました。

    9月に検診を受けて6月に約5センチのしこり。
    急にそんなに大きくなるものなんでしょうか?
    <女性:44歳>

  527. 抗ガン剤治療について

  528. アドバイスいただきたいのは、
    ①抗ガン剤を効果的にするために出来る事はあるのでしょうか?
    ②水素吸入することで免疫力がアップするのでしょうか?
    ③食事を変えることで免疫力がアップするのでしょうか?
    ④姉はヨウ素アレルギーで造影剤を使用できません。
    その場合CT scanやMRIは使用できないのでしょうか?
    <女性:53歳>

  529. 嚢胞の中の様子

  530. ①嚢胞の中の一部分が雲のようにグレーにうつるのは悪性の可能性があるのでしょうか?
    ②濃縮嚢胞といわれるものはエコーでは分からないことがあり悪性ではないことを否定する為に針生検をすることがあるのでしょうか?
    ③血流があるというのはどういうことなのでしょうか?
    <女性:50歳>

  531. 脈菅侵襲

  532. 術後病理結果で腫瘍5cm以内(明確な数値を聞き忘れました)リンパ転移3個でステージⅡbでしたが、脈菅侵襲が著しいと言う結果を言われかなり落ち込んでいます。
    今度FEC4クール+ドセタキセル4クール終了後放射線、ホルモン療法場合によっては乳房全摘と言う事です。
    <女性:44歳>

  533. 術後の病理結果にショックを隠しきれません

  534. 病理結果の用紙はもらっていませんが、
    ng1
    hg1
    HER2 fishで陽性
    ホルモン剤が効くタイプ
    との事で、抗がん剤治療が始まります。

    パクリタキセル+ハーセプチン
    FEC100
    ハーセプチン
    合計1年だそうです。
    その後ホルモン剤です。
    術後、先生に聞いたらステージ1と言っていましたが、こうなると違いますよね?
    <女性:36歳>

  535. 左脇の匂い

  536. 左脇の臭いが右脇よりも臭くなってきました。
    (左脇に手をこすりつけて汗を嗅ぐと、玉ねぎのような臭いがします)
    もともとワキガなど無く、脇の臭いも若い頃は気にしたことはなかったので、気になりネットを調べたら、
    「片方の脇がくさい場合は、そちらの胸が乳がんだった、とか、脇にリンパ節転移していた」
    という情報をみて心配になりました。
    <女性:39歳>

  537. 全摘か温存か。転移が怖い

  538. 先生が私がかなりの不安症という事で全摘を進められました。
    再発のリスクが少なくなるという事と
    全摘した後形成が綺麗にできると説明をしていただきました。
    ただ、全摘した後生活にリスクはないのでしょうか?
    右腕が上がらないとか胸が突っ張るとか..
    もう頭がいっぱいいっぱいです。
    その前に転移が不安で不安で。
    <女性:47歳>

  539. 脇の下のしこりについて

  540. 5月に胸の痛みがひどく、半年前に検診をうけたのですが、心配になり乳腺外科を受診しました。
    結果異常なしでした。
    何か気になれば、受診しても良いけれど、また1年後に検診をしてくださいと言われました。
    しかし、6月に何気なく、脇の下のをつかんだところ、小さな動くしこりを見つけてしまいました。
    痛みはなく、動くものなのですが、早く受診するべきか、悩んでおります。
    <女性:37歳>

  541. マンモにて要精密検査カテゴリー3

  542. 悪い結果ばかりを想像していたため拍子抜けしてしまい、あまり深く聞くことができなかったのですが、
    このようにマンモグラフィーで石灰化の所見(しかも区域性のカテゴリー3)でもマンモトームを必要しない場合もあるのでしょうか?
    <女性:31歳>

  543. 予後(再発率、生存率)について

  544. 乳がんの手術には、全摘と温存があり、温存後の局所再発は全摘の場合と予後が変わらないと知りました。
    これは、局所再発は恐るるに足らないと考えて良いのか、
    それとも再発する程の病勢の場合は全摘のメリットがあまりないからと考えるべきなのか、どちらなのでしょうか。
    <女性:40歳>

  545. エコー異常所見なしのマンモグラフィで癌が見つかる可能性

  546. 食欲もなく夜も眠れず結果待ちしてますが、エコー結果に異常が無く、
    マンモグラフィで癌が見つかる確率は高いのでしょうか?
    マンモグラフィ撮影指示がでてるのはガンの可能性が高いせいですか?
    <女性:41歳>

  547. 術後の治療方針について

  548. 浸潤性乳管癌の全摘出手術をしました。
    ER: + / PgR: +
    HER2 (-)?
    Ki67 15~20%?
    リンパ転移無し
    NG:1
    ステージ:2a
    上記病理結果に加え、オンコタイプDXを依頼し、22という結果が出ました。
    結果は中間リスクですが、低リスクに近いということで、抗がん剤無し・タモキシフェンのみの治療方針となりました。
    <女性:44歳>

  549. 乳ガン検診について

  550. 小林麻央さんの乳がんで皆ショックを受けられてると思いますが
    なぜ検診を受けているのに乳がんになったのでしょうか?
    進行性乳がんとは検診でも見つけにくいのですか?
    <女性:39歳>

  551. 乳ガンといわれ不安です

  552. 私がやるべきことはまずは全摘か温存か決めておくこと(手術当日に変更してもいいですよとは言ってくれてます)、術前検査を受けること、乳腺専門医の受診をして詳しい話を聞くこと、この3つだなということはわかっているのですが、不安に押し潰されそうです。
    子供も二人いて、母子家庭なので余計に途方に暮れてしまってるのかもしれません。
    <女性:40歳>

  553. 乳頭にしこり

  554. 先生は「たぶん膿かな?って癌とは違うような気がするけど一応細胞を検査しましょう。」とその場で針を刺して細胞をとりました。

    そして「来週生検もします。」と言われ金曜日にバコラ生検の予定です。
    血液検査もしました。
    先生が言うには考えられる可能性は三つだと言われました。
    腫瘍、肉芽腫、炎症だと言われました。
    <女性:34歳>

  555. 術後の病理結果で不安に

  556. 右乳房切除し、同時再建でエキスパンダー挿入中です。
    その後の病理検査結果説明で、がん細胞が取りきれているのか不安になりました。

    浸潤性乳管癌
    浸潤径18×11×30mm
    sentinel lymph node 0/1
    Nuclear grade2(2+2)
    f、ly(+)、v(+)
    ER陽性score7,90%、
    PgR陽性score8,>90%
    Her2 ; 2+(Fishで陰性)
    MIB-1 LI ; 14%
    断端陰性ですが、DCIS成分が大胸筋側垂直断端に直近(0.01-0.02mm)しています。
    <女性:45歳>

  557. 乳頭の分泌物について

  558. 私は7年くらい前に気づいたのですが左の乳頭から単孔性の分泌物(黄透明?)
    分泌物(黄透明?)が出ていました。
    乳首をつまむとぷくっと少量出る感じです。
    マンモとエコーは毎年受けております。
    分泌物については最近ではつまんでみるとたまに微量(肉眼ではわかりづらく
    ではわかりづらく、ティッシュにとるとうっすら色がつく程度)でます。
    <女性:43歳>

  559. 浸潤性小葉癌 6cmについて

  560. 乳癌と告知を受け、(下旬)日に左胸全摘、リンパも取り結果を(下旬)日に待つ身です。
    発見されたとき、6cmと非常に大きくまたリンパにもいっているということ。
    小葉癌ということで予後がとても心配になっています。
    質問ですが、
    1.右胸にも転移する可能性。
    右胸も全摘するべきだったのでしょうか。
    (知人がそうしていました)
    2.どういうような治療法が待っているか。
    <女性:50歳>

  561. 術後の治療方針について

  562. 5月に左胸温存手術と腋窩腫瘍切除を行いました。

    1.現在ホルモン治療、ゾラデックスのみです。2年の予定です。
    治療後妊娠希望です。
    飲み薬との併用は必要ないのでしょうか?

    2.来週から放射線治療が始まります。
    主治医は胸を脇だけで良いとのことでしたが、
    放射線科の先生は鎖骨までかけた方がいいとのことで、意見が食い違い一度延期になりました。
    主治医には好きにしていいと言われましたが、鎖骨までかけるべきでしょうか?

    3.現段階の病理結果で抗がん剤は必要だと思われますか?
    年齢的に再発の不安もあり、オンコタイプDXをお願いしました。
    <女性:27歳>

  563. 術後病理検査結果後の治療と妊娠のタイミングについて

  564. 2016年5月 手術
    左胸全摘出(皮膚と乳首温存) リンパ廓清
    同時再建シリコン

    ホルモン治療だけの場合、生存率は低くなりますでしょうか?

    また抗がん剤+ハープセプチン治療後、現在冷凍している卵子で妊娠
    出産後
    ホルモン治療10年か

    または
    抗がん剤+ハープセプチン治療後、ホルモン治療5年
    (卵子の保存が50歳の誕生日までのため)
    現在冷凍している卵子で妊娠 出産後
    ホルモン治療続けて5年
    先生は、どちらをお勧めになりますか?
    <女性:44歳>

  565. ルミナールA

  566. 右乳房全摘しました。

    ルミナールA、ホルモン受容体、腫瘍2.1センチ
    浸潤径4.5センチ。
    Ki67…10パーセント
    リュープリンとノルバデックスで治療。

    先生、腫瘍径と浸潤径の違いは何ですか?
    浸潤径が大きいのと腫瘍が大きいのとでは、再発、転移の可能性が違うのでしょうか?

    私の大きさでは、早期では無いのでしょうか?
    転移が怖くて仕方ありません。

    再発、転移の可能性はどのくらいでしょうか?
    <女性:45歳>

  567. 乳がんの可能性は?

  568. 今まで触診は毎年受けて来ましたが、マンモを受けたのは初めてです。

    病院では触診で大きさ3.5センチでした。
    その日は混雑していたため、エコーのみで結果まちです。

    先生は今すぐ、乳がんと言えるしこりかわからない。
    他にも、くっついている感じだから、嚢胞かもしれない。
    と説明されましたが、マンモと触診でガンの腫瘤なのかどうかわからないのでしょうか?
    <女性:44歳>

  569. 乳首奥が痛いです

  570. 産後3か月半ぐらいまで母乳の出が悪く、桶谷マッサージに通い、母乳の出が少しずつ良くなってきました。

    先週の金曜日から、左脇の下から乳房に筋肉痛のような痛みがあり、
    桶谷マッサージに行って診てもらったら、乳腺炎の初期段階でした。

    桶谷マッサージ後、赤ちゃんに頻回に飲ませて、その痛みは取れたのですが、その数日後から左胸の乳首の奥に針で刺したようなチクチクする痛みを感じるようになりました。

    奥だけではなく乳首周辺にもピリピリとした痛みがあります。
    <女性:32歳>

  571. がんの可能性とやるべきこと

  572. 受診したクリニックでは手術などは出来ないので
    大きな病院に行くことになると思うのですが病院選びの基準がわかりません。
    いろいろな病院を調べて納得のいくところに決めたいと思うのですが
    予約が取りづらい状況である今時間を割いていろいろな病院を調べることが
    現実的に良いのか?無駄なことなのではないだろうか?と考えがつきません。
    <女性:39歳>

  573. 線維腺腫の診断

  574. エコーの画像で線維腺腫と診断されましたが
    詳しく検査をしていないので不安です。
    画像のみで線維腺腫と確定できるものなのでしょうか?
    これまで検診を受けたことがないのでしこりが、いつからあったものかわかりません。
    <女性:47歳>

  575. 乳首の小さい白いプツから液体

  576. 私も白い小さいプツからにゅるとしたものともう一の白い小さいプツから透明な液体とたまに白い液体が出ます。
    一回出ると、白いプツも小さくなり全く出なくなり、
    翌朝また少し白いプツがあって、そこから透明てたまに白い液が出てきます。

    単孔ですが、白い小さい小さいニキビみたいなとこから出てきます。
    <女性:30歳>

  577. 乳腺症?

  578. 右胸に1~2cm程度のしこりがあり、分泌が止まりません。

    3年前に受けた検診では線維腺種と言われていたのです
    が、最近受けた検診で痛みがあると伝えたところ、であ
    れば乳腺症だろうと診断が変わってしまいました。

    がんの可能性はないでしょうか?
    <女性:38歳>

  579. 乳がんか不安です。

  580. 翌日何気なく検診で教わった触診をしてみると、
    素人判断ですがしこりのようなものはないのですが、透明の分泌液が出てきました。
    量はごくごく微量で、絞ると毎回ではなく時々出ますが下着につくことはありません。
    そしておそらく同じところから毎回出ています。
    それらを踏まえ慌てて(中旬)日に検診をした病院に連絡したら診察に来るように言われ(下旬)日に行きます。
    <女性:30歳>

  581. 非侵潤性乳管ガンの疑い

  582. とりあえず急がなくていいから
    8月(下旬)日にぞうえいざい入れMRIを
    9月(上旬)日に結果をそれにより切開生検を考えてはと言われました。
    ぞうえいざいのMRIは乳管ガンがあれば黒く写りますか?
    もし前に採った細胞ひとつだけの疑いなら異常なしって事もありますか?
    それにより切開生検をやらなくてもよくなりますか?それでも切開生検はやりますか?不安です。
    <女性:55歳>

  583. 乳がん再検査の結果が怖いです。

  584. 半年くらい前からしこりに気づいていたのに、
    怖くて病院に行けず昨日行きました。

    結果3センチのしこり、境界ははっきはりしてる。
    中に入っているのは水分だろうと。
    しかし上の方がでこぼことした物が見えるのが気になるとの事。

    年齢的にもがんを疑ってかかりますとの説明でした。
    10日後にMRIと針生検、穿刺吸引細胞診をする予定です。
    放置しておいた事を後悔するのと同時に、まだ何も分かっていないけど、随分進行してるのではないか、転移しているのではと不安でたまりません。
    <女性:57歳>

  585. 治療完遂後の再発リスクについて

  586. 現在はハーセプチン単独投与中、近日より放射線治療が始まります。

    ホルモン剤についても近々指示があると思います。

    FECが終わりほっとしたのと同時に再発転移も気になるようになってきました。
    腫瘍径が小さい割にリンパ節転移があったのも気になってます。
    <女性:45歳>

  587. 乳癌と診断されました。

  588. 半年でオデキから変わった私の癌、乳首に残されているモノはその期間にまた増殖し続けるのではないでしょうか。
    CT、骨の検査をするという ことは、転移もあり得るのでしょうか?
    乳首まで癌が行ってることは手術前のマンモやエコーでは分からないのでしょうか?
    <女性:51歳>

  589. 術後の治療について

  590. 私はルミナルAでホルモン療法でと思っているのですが、
    主治医は組織型がまれであること、脈管侵襲がある事、ki67が20%であるため、抗がん剤も考慮すべきとの事、抗がん剤も組織型を考えると、タキサンよりアンスラをとの事。
    こちらのQ&Aを拝見すると、脈管侵襲・組織型は考慮しなくてもよいのでは…と思うのですが、私があまり抗がん剤に乗り気ではないと伝えると、オンコタイプDXをしてみてはと言われました。
    先生でしたら、どのような治療を提示なさいますか?
    <女性:42歳>

  591. トリプルネガティヴ手術後の検査について

  592. トリプルネガティヴで 左側 全摘手術をしました。
    ステージ2a
    グレード3
    ki67-70%
    リンパ節転移無し
    今年はじめより 抗ガン剤治療 FEC3クール
    ドセタキセル3クールを受けました。
    4回づつの予定でしたが、副作用が酷く 回数を減らして頂きました。

    術後 半年の 胸部超音波検査は異常無しでした。
    術後 一年 今年末に 血液検査、全身骨シンチ、CT、胸から上腹部の超音波検査、マンモグラフィーをする予定です。

    この検査は、全部すべきでしょうか?
    <女性:61歳>

  593. LCISの疑い

  594. ・針生検の病理結果のLCISの疑いというのはどの程度だと思われますか?
    ほぼほぼLCISなのでしょうか?

    ・まだLCISと確定した訳ではないですが、もしLCISの場合、経過観察が多いとのことですが、浸潤小葉癌になる前に、部分切除などの手術や、放射線やホルモン療法など、他に手立てはないものでしょうか?
    <女性:32歳>

  595. 抗がん剤に関して

  596. 今年4月に乳がんの診断を受け、6月初旬に温存手術をしました。
    ly0、v0、Tis(+)、EIC(-)、浸潤径
    26×14㎜、HG(2、2、2)、N-SAS 2、B&R
    2、margin(-)、pN1: 1/11、ER(+)〉
    80%、PgR(+)10-50%、HER2 score2、

    ルミナルHER2タイプとの診断で、まずは、抗がん剤を始めることになりますが、
    担当医からは、TC×4回か、FEC×4回+ドキタキセル×4回のどちらにするか考えて決めて欲しいと言われました。
    <女性:45歳>

  597. 入院について

  598. 5月中旬非浸潤がんと診断され夜も眠れない程落ち込んでいたところ
    その一週間後にくも膜下出血で倒れてしまいました。
    四週間の入院後、無事全く後遺症が残る事なく社会復帰できたのですが、
    目の前に迫った乳がんの手術が心配で仕方がありません。
    <女性:45歳>

  599. 乳の痛みと片側からの分泌物

  600. 一カ月ほど前から右側の乳だけチクチクしたりズキズキしたりと痛みが
    あり絞ってみると白(心なしか黄色いような?)分泌物が1つの穴から出て来ました。
    不安になり乳腺外科でマンモグラフィー、エコーで見ていただきましたが異常なしと言われました。
    何故痛いのか(痛みはいつまで続くのか)片側の一ヶ所からの分泌物は何なのかが分からずモヤモヤしています。
    <女性:22歳>

  601. 抗がん剤治療『 「OncotypeDXによる分類」と「ER, PgR, HER2, Ki67の免疫染色による(簡易的)サブタイプ分類」と「本来のサブタイプ分類(intrinsic subtype)」の関係』

  602. オンコタイプDXなのですが…先生は中間リスクになった場合
    抗がん剤はなしでいいとおっしゃってましたが…高リスク近くの中間リスクだった場合は考えた方が良いですか?
    またオンコタイプDXで低リスクになった場合術後の病理結果のki67は気にしなくても大丈夫なんでしょうか?
    <女性:36歳>

  603. 左胸の痛み

  604. 28歳(未婚・出産授乳歴無し)です。
    普段から生理前に左胸が張るのですが、半年前から生理関係なく左乳房から肩にかけて
    じんじんと痺れるような痛みを感じることが多くなりました。
    初めは「乳ガンは痛みが無いと聞いたことがあるしひどい肩こりか若しくはホルモンバランスの乱れかな」と考えていたのですが、
    ふと不安になり、数日前から左乳房をお風呂で見て触るようにしてると、乳輪の色が、したの方の一部だけ半月様に変色というか、腕の角度によって、血が巡っていないような色をします。
    <女性:28歳>

  605. 抗がん剤治療についての質問

  606. ①Her2が2+はfish法で確認した方が良いのでしょうか。
    今からでも問い合わせればできるものでしょうか。
    ②ホルモン療法と放射線治療のみで抗がん剤をしなかった場合、4回抗がん剤をした場合、8回抗がん剤をした場合で具体的にどのくらい再発する確率を減らせるのでしょうか。
    ③母の68歳という年齢や、若い頃から体を酷使して働いてきたため、疲れやすく、体力があまりないように思います。
    抗がん剤を投与して、再発するリスクを下げたい反面、抗がん剤によって体力が消耗され生活の質が落ちることが心配です。
    また、4回投与がいいのか、8回が母にとってベストなのかで悩んでおります。
    <女性:68歳>

  607. 発ガンリスク

  608. 結果は嚢胞との事でした。
    今年はまだマンモ、エコーは受けておりませんが、半年たつので健康診断は受けた方が良いでしょうか?

    またネットでエコー検査は発ガンリスクを高めると拝見しました。
    <女性:44歳>

  609. 抗がん剤を行うべきか迷っています

  610. 右乳癌(硬癌)T1bN0M0,
    ステージ1

    センチネルリンパ節0/2
    浸潤径 1.1×0.8×0.7cm
    段端陰性
    f,ly1,v0
    グレード2(2、2) 
    ER+,Pgr-,
    HER2(2+)FISH増
    幅なし
    ki67=5~10%でした。

    ルミナールbとの判断で、抗がん剤を使用すべきか悩んでいます。
    <女性:48歳>

  611. トリプルネガティブ2Aにおける再発予防治療

  612. 質問として
    ・グレードの高さ、大きさ、年齢的なことを考えて半年の治療じゃなくてよいのか
    (動悸といってもたまになので私としてはアンスラサイクリンが影響する程ではないと思っています)Drは「充分だから。
    問題なく取り切れているのだから再発なんてしない方が多いのだから」と仰いますが年齢的にこれからが長いため不足なくしたいのですが
    どう説明すれば良いでしょう。
    <女性:33歳>

  613. 抗がん剤治療法を受けたくない

  614. 抗がん剤はしなくてもホルモン療法はして下さいと言われました。
    ホルモン療法に代わる栄養素的に何を摂取すればいいかとかあれば教えて下さい。

    私はとてもポジティブな性格なので
    ホルモン療法でうつ的になる事が一番考え深いところです。
    <女性:45歳>

  615. 術後の治療と不妊治療について

  616. まだ手術をしてないので、確実な病理診断では無い事は理解していますが、針生検の結果と同等だった場合の術後の治療についてです。
    ER、PgRともに100%という事でホルモン治療は必須かと思いますが、ちょうど数ヶ月前より婦人科にてタイミング療法をし始めたところでした。
    ですので術後は妊娠を優先し、その後ホルモン治療がベストだと考えていますが、私の状態でも特に問題無いでしょうか?
    <女性:32歳>

  617. 術前治療と術後治療について

  618. 現在、術前化学療法中です。
    しこりが見つかった時には、大きさが7センチ近くありました。
    私としては、温存は無理との事ですし、手術先行を希望したのですが、乳腺いっぱいに腫瘍があるため、術前を提示されました。
    質問ですが、
    手術時に、元からの浸潤径は痕跡などで分かるものなのでしょうか?
    脈管に入り込んでいたかなども分からなくなってしまいますか?
    術前化学療法をすると、術後の病理が分からなくなるという事をこちらで学びました。
    また、皆さんの病理結果を見ますと、腫瘍径よりも浸潤径の方が小さくなっています。
    <女性:30歳>

  619. 術後の抗がん剤治療と放射線治療について

  620. そのドクターは無治療に比較して抗がん剤+放射線による術後治療では3~4%程度しか、無再発率が上がらないと言われました。
    私は患者の乳がんの状況次第で、こんな数字があるのかどうかがわかりません。
    これでは、辛い抗がん剤治療をやる意味がないと思います。
    一般的には抗がん剤のきわめて重い副作用や後遺症を考えると、QOLの観点から果たして抗がん剤治療は意味があるのか悩んでおります。
    現在は手術後は無治療でと考えております。
    田澤先生のお考えをお聞かせいただければ幸いです。
    <女性:62歳>

  621. エコーでカテゴリー4

  622. 7月の検診エコーの結果、右手カテゴリー4でした。
    レポートには
    レポートには、D領域に6ミリ大の境界部不明瞭、
    内部エコー不均一、血流なし。
    エラスト固い。
    低エコー
    域認める。
    前方境界線の断裂あり。
    触診でも固い。

    これは、浸潤性のがんと考えて間違いないでしょうか。
    <女性:46歳>

  623. 乳がんと妊娠

  624. 一昨日温存手術を行いました。
    転移はないだろうと言われていたのに、
    センチネルリンパ節生検で、3つのうち2つに転移があり、リンパ節も取ったというお話でした。

    早期の癌であると言われ、治療を頑張ろう、もしかしたら妊娠も可能かもしれないと前向きにいたのに、ステージも変わってしまい、ショックで仕方ありません。

    抗がん剤も、強いお薬で期間も長くなるかもしれない。
    生理もなくなる可能性が高くなるので、受精卵凍結を真剣に考えた方が良いと言われました。

    このような状況で、今後の妊娠を考えても良いものなのか、悩んでいます。
    <女性:35歳>

  625. センチネル生検について

  626. センチネル生検について相談させていただきます。
    術後にセンチネル生検を受けることは可能でしょうか。
    主治医に相談したのですが、今から行う意味がないと言われました。

    非浸潤がんで右全摘出をし、ホルモン陰性、無治療でしたが、
    翌年に3ミリx5ミリのしこりが全摘側胸壁に見つかり、外来生検手術として摘出し、浸潤がん、HER2、ホルモン陽性と診断されました。

    治療前の検査は、PET CT、エコーでリンパ節転移なしと診断されていますが、
    センチネル生検をしていないことが不安で仕方ありません。
    <女性:48歳>

  627. 全摘術後のしこり

  628. 全摘術後の早期再発についての質問です。
    昨年(2015年9月)に右側を乳房全摘術しました。
    同時にインプラント再建手術もしています。
    先日(2016年7月)にエコー検査をしてもらったところ、異常なし。
    安心して、仕事で出張にでかけ(かなりハードスケジュール)帰宅したところ、
    手術をした右側、乳がんがあった近くに、小豆大くらいの「しこり」をみつけました。
    手術で脂肪が少なくなった場所で、しこりの部分は少しふくらんでいて、押すとちょっと痛い感触があります。
    乳首の6、7cmほど上になります。
    全摘術1年以内に、再発することはあるのでしょうか。
    <女性:44歳>

  629. ホルモン療法を受けるか迷っています

  630. ホルモン療法を受けるか迷っています。
    Invasive ductal carcinoma.pT2.pN2a.cMO.StageⅢA
    昨年12月、右乳房全摘、リンパ節廓清手術をしました。
    その後 抗がん剤 FEC4クール ドセタキセル4クール 投与
    現在 放射線治療中です。
    <女性:48歳>

  631. 脇の下のしこりと圧痛

  632. 今、気になっているのは脇の下のしこりです。
    二人とも、産後1か月程は脇の下の副乳に悩みました。
    副乳は、妊娠中は少し大きくなり、産後は熱を持って痛みました。
    その副乳周辺に腫れと圧痛が最近出てきました。
    <女性:34歳>

  633. 脇の下について

  634. 気になる事は、左脇の下(胸の膨らみ始めを脇の方へ移動した位置、脇の窪みから3cmほど下)の真ん中あたりから背中と脇の境目あたりに血管?
    の様に感じる物があります。
    手を当てて軽くグッと押さえ左右にゆするとわかります。
    丸いとは感じませんが横に長いような、段々にいくつかあるようにも感じます。
    この当たりにリンパ節や横に走る血管はあるのでしょうか?

    腋窩リンパ節だと脇と胸側の境目あたりでしょうか?
    <女性:32歳>

  635. 術後の病理結果

  636. 今の時点でわかっているのは、ステージ3段階のうち“3”たちの悪いガンなので、抗がん剤は確実と言われました。

    術前ではステージ2Aで温存も可から、大事をとって全摘にしたのに、進行性のものなのでしょうか?術前の針生検無しが最悪の事としておこりそうです。

    いきなりぶしつけな質問であることはわかった上で、私の余命は低いものでしょうか?
    先生の御言葉が欲しいです。
    <女性:66歳>

  637. LCISに対するホルモン療法

  638. エコーで認めた腫瘤は針生検を行いLCISと診断され、
    5月末に部分切除を行い腫瘤と近くにあった微小腫瘤も摘出し、
    病理の結果、9mmのLCISと、微小腫瘤は過形成と診断されました。
    6月末から放射線治療25回施行中でもうすぐ終了予定です。
    LCISなので、癌が出来やすいと言うだけなので、
    ホルモン療法はどちらでも良いけど考えておいてと主治医からいわれています。
    <女性:43歳>

  639. 術後の治療方針について

  640. 左乳房下内側部乳ガンで6月下旬に全摘手術を受けました。
    術前の針生検の結果、ER陽性、PR陽性、HER2陰性、Ki67陽性率15%
    PETCT遠隔転移なし
    術後病理検査の結果 TNM病期分類 IIA期

    主治医が積極的に勧めないのであれば、化学療法による治療の上乗せは少ないのではないかと推測したのですが、先生のご意見をお教えください。
    <女性:53歳>

  641. トリプルネガティブと診察拒否

  642. トリプルネガティブはたちの悪いもの
    と言われましたが、こちらで、トリプルネ
    ガティブにも3種類あると目にし、手術担
    当医が術前に言った、トリプルネガティブ
    で再発から約2年癌をもったままで転移が
    ないのはあまり考えられないという言葉か
    ら、再発転移しにくい術後補助療法の必要
    が低いタイプなのではと思うのですが、田
    澤先生の見解はいかがでしょうか?
    <女性:38歳>

  643. 誤診

  644. もし、前の病院で悪性所見が見つかってい
    て、そのまま、その病院で手術していたら非浸潤ガンの治療をしていた。
    セカンドピニオンをしていなかったら、乳がんを秋頃まで放置の状態にしていたのかと。
    乳がんは、12人に1人の可能性があると言われていて、検診をして下さい。
    と言われているのに、誤診される今、あたし 達は、何を信じればいいのか。
    <女性:44歳>

  645. 術後病理結果と治療方針について

  646. 主治医に確認したところ、病理的(?)には可能だが、一度温存術を受けた乳房への再手術時には技術的に大変難しく、自分にはできないと言われました。

    (いずれにしろ、転院を検討しています)

    なお、化学療法はしない予定です(自分としてもこれは一番したくないです)。

    ルミナールAタイプに対しては、既にタモキシフェンは服用開始していますが、リュープロレリンの追加も検討しています。

    問題はハーツータイプ側でしょうか。
    <女性:46歳>

  647. 部分切除+センチネルリンパ生検の傷口の大きさについて

  648. 腫瘍の位置が乳輪のごく近く、ほぼ上ですが、切開をセンチネルリンパ生検のためのものと2つにするか、つなげて1つにするかを入院前日(8/○)までに
     決めると言われていたことが気がかりです。

     腫瘍は1つと言われておりまして、複数あるのであれば大きく切るのは理解できるのですが。
    必要なしに大きく切ることは勿論ないと思いますので、
     説明を受けた際の理解が足らなかったのかもしれません。
    <女性:43歳>

  649. 術後5年目のリンパの腫れについて

  650. 最悪の場合の心の準備はしていますが、私のような癌のタイプで、数年後にリンパに再発する可能性はどのくらいあるのでしょうか?また、その場合、どのような治療が必要となるのでしょうか?検査当日は生理2日前でしたが、リンパの状態に影響はしないのでしょうか?癌以外の可能性があれば教えていただきたいです。
    <女性:44歳>

  651. 先日は大変お世話になりました。

  652. 紹介状を書いていただいた先生は乳腺とは少し離れた位置にあって、乳腺ではなく結合組織とおっしゃっていまして。
    結局は乳腺ということなのでしょうか。
    結合組織という説明も間違ってはいないのでしょうか。
    こちらに、乳腺症と乳癌の違いは分かりにくいと書いてあったのですが、私のはエコーだけではっきり分かるものだったということですか?(私が乳腺症だった場合)
    田澤先生にエコーしていただいたということで、安心はしています。
    今の状態が正常だと思っていて大丈夫ですよね?
    <女性:23歳>

  653. 抗がん剤治療するかしないか

  654. 左皮下乳腺全摘、センチネルリンパ節生検、エキスパンダー再建をしました。
    浸潤性小葉癌でした。

    径三センチ
    ER 80%
    PgR 0%
    HER2陰性
    Ki67 3%未満
    リンパ節転移なし(二個中)
    ルミナールAタイプ

    と言う結果で
    主治医の先生は7対3の7で抗がん剤治療 不要とのこと。
    ホルモン療法タスオミンのみでいけるのではと。
    <女性:46歳>

  655. 乳管内乳頭腫で全摘

  656. 左乳房全摘は私も了承していました。
    手術から1か月、先日病理結果を聞きに行ってまいりました。
    結果、乳管内乳頭腫 とのことでした。
    葉状腫瘍とのことだったので、全摘もやむなしと決断しましたが乳管内乳頭腫なら全摘じゃなくてもよかったんじゃないかなとなんだか、今頃になってすっきりしない思いで居ます。

    が○センターでは「再建」の決断ができたらまた来てくださいとのことです。
    <女性:46歳>

  657. HER2 3+で化学療法をしない選択は?

  658. 海外在住の膠原病持ちです。

    先月末に手術を終え、今後の化学療法について悩んでおります。

    多数の石灰化の中に15mmの腫瘍とリンパ浸潤が1つありました。

    pT1c、pN1、pMx、ステージ2a、
    グレード3、ER/PR (-)、HER2 IHC 3+

    現在の病状(癌以外)ですが、
    膠原病はシェーグレン、強皮症(疑いまたは混合型)、
    経度の肺線維症があり、他にも骨粗鬆症があります。

    毎日疲労感がかなりあり、ステロイドを服用しています。
    <女性:60歳>

  659. 乳がんの術後の治療法について

  660. 主治医からは、フィッシュが陰性ならHER2療法は必要ない、ki67の数
    値も高めだが腫瘍の大きさから抗ガン剤もやらなくていいと言われまし
    たが 針生検で陽性と出ていた事、ki67が42と高値だと言う事から、私自
    身はハーセプチンと抗ガン剤は必要なのではないかと思っています。

    (来週のフィッシュで陽性ならHER2療法を間違いなく進めるとの事)

    抗ガン剤治療は正直とても怖いですが、まだ子供も小さく20年30年先も
    元気でいたいので できる限りの治療は頑張るつもりです。
    <女性:37歳>

  661. ルミナールAB?

  662. 病理検査結果
    ER +80 
    PgR +80
    HER2 1+
    MIB-1 44%
    腫瘍5mm

    主治医に ルミナールを尋ねると「A」と返答。

    放射線治療+タモキシフェン+LH-RHアゴニスの治療予定です。

    先生が主治医でしたら ルミナール?何で 治療は何でしょうか?

    あと 民間療法で 活性化リンパ球療法や 樹状細胞ワクチン療法
    などは どのように お考えでしょうか?
    <女性:45歳>

  663. エコー検査で引っかかり半年後に再検査と言われたのですが

  664. 触診とマンモグラフィーとエコー検査をしたのですが、エコー検査で2つ腫瘍が見つかり、半年後に再検査に来るように言われました。
    乳癌の可能性はありますか?
    <女性:50歳>

  665. 術後の治療と食事について

  666. ホルモン受容体陽性、HER2陽性のタイプで特に食事において気を付けることはありますか?
    今まではかなりの便秘症でヨーグルトを欠かさず食べていました。
    ヨーグルト(L21やR1など)・納豆・イソフラボン系などは取らない方がいいのでしょうか?
    アルコールは?
    <女性:57歳>

  667. 化学療法は必要ですか?

  668. 病理結果でKi-67が50%と高かったのでオンコタイプDXを行い再発スコア20と中間リスクで出ました。

    ホルモン療法単独の場合5年平均率(再発+死亡)13%(95%CI:8%
    -20%)
    ホルモン療法+化学療法の5年平均率(再発+死亡)12%(95%CI:
    8%-18%)
    でした。
    中間リスクに入った場合は化学療法をやろうと覚悟していましたが、5年平均率が1%しか変わらないのにやる必要はあるのか迷っています。
    <女性:41歳>

  669. 抗がん剤

  670. 術後の治療で抗がん剤
    をするか・・で悩んでます。

    大きさ 1.8センチ
    リンパ転移有り 1つ
    ホルモン受容体 陽性
    ステージⅡa
    HER2陰性
    核グレード2
    ki-67 41%

    担当医からはTC治療を、勧められましたが、
    するべきか悩んでます。
    <女性:44歳>

  671. しこりと分泌液

  672. 不安に思っていること
    ・触診では何も言われなかったが、自分で触ると乳腺とは違う硬めの小さいしこりがあること。

    ・分泌液も左胸のみで同じところから出ている気がしたこと。

    ・いままで軽くつまむ程度で気づかなかっただけかもしれないが、分泌液が出るようになったこと。
    <女性:27歳>

  673. 乳腺症について

  674. 元々左胸にしこりがあるのは自覚しており2、3年に1回検診を受けていました。
    しこりの大きさは1.4cmと言われました。
    経過観察でよいと言われましたが今現在も同じような症状が毎日変わらず続いているため不
    安になり相談させて頂きました。

    乳腺症でこのような症状が長く続くことはありますか?
    <女性:29歳>

  675. 乳輪のくぼみ

  676. 乳輪に、乳首にそった感じの
    くぼみがあります。

    くぼみは、以下のような状態です。

    ①ブラジャーをはずした直後にできる。

    ②くぼみは、ずっと以前からある。

     昨年の11月にマンモを撮った時には
     すでにあった。
    <女性:42歳>

  677. 肺障害が出たためタキソテールを使用できない場合の治療法

  678. 左胸全切除、センチネルリンパ節切除の手術を受けました。

    今後の治療法はハーセプチンを3w毎トータル18回とホルモン剤内服5年間とのことですが、タキソテールに代わる抗がん剤を今使用しなくて良いのか不安です。
    タキソテールが中止に
    なったことで再発転移の可能性はかなりあがるのでしょうか?
    5年生存率はかなり下がるのでしょうか?
    タキソテールは乳癌の第1選択薬と書かれていたものもあり心配です。
    <女性:48歳>

  679. 右胸全摘しました。

  680. 右乳房全摘+センチネルリンパ節生検術をしました。

    今日で2日目ですが脇の下がポコって
    腫れて痛いです。

    右の指先もピリピリします。

    なんなんでしょうか?
    担当の先生とは明日しかあえません。

    ちょっと不安で..
    すいません。

    後これ以上腫れてきたらどうゆう処置を
    するのでしょうか?
    <女性:47歳>

  681. 先日は大変お世話になりました。

  682. 田澤先生に手術をしていただきました。
    その節は大変お世話になりました。

    今日で退院○日目となりますが、痛みもなく普段の生活を取り戻しております。

    全摘出で2泊3日で退院させていただきましたが、一昨日より普通に仕事もできております。
    <女性:44歳>

  683. 非侵潤性乳官ガンの疑い

  684. 9月ちゅうじゅんに切開生検査を受けます。
    通常結果はどのくらいででますか?

    その結果が良性だと手術とかは考えなくても大丈夫になりますか?
    よろしくお願いいたします。
    <女性:55歳>

  685. ホルモン治療の副作用

  686. 私はアリミデックスの副作用がかなり強く、どんなジェネリックに変えても関節痛、頭痛、倦怠感がひどく、特にひどい真冬と梅雨時は(自己判断で)薬を飲まないでおります。

    いろいろやらなければならないことがあるため、どれほど痛みが強くとも休めないのです。

    アリミデックス服用開始から3年1ヵ月の間に3か月少々休薬してしまいました。
    このペースでゆくと、5年間で半年くらい飲まないことになりそうです。

    これでは薬効が減るのでしょうか。
    どれほど副作用があっても必ず服用しなければならないのでしょうか。
    <女性:56歳>

  687. 乳輪のしこり

  688. 3ヶ月前に、乳がん検診(触診、マンモ、超音波 )をしてきました。

    が、2、3日前から右胸の乳輪の淵あたりに、しこりを見つけました。

    ゆびで押すと、ぷにっ、とした感じで動く感じです。

    ガンの可能性はありますか。

    やはり早急に検査をするべきですか。
    <女性:41歳>

  689. 胸のしこり

  690. 6月の初めになんとなく右の胸の上部の筋がゴリゴリしているのが気になり7月の初めに近くの乳腺外来に行ってきました。
    良性だと思うけど、と言い超音波で見た後に念のため細胞診をしてくれました。
    が、こちらで読んでいると腫瘍の部分にエコーを当てながら針を刺すとありますが、その先生はエコーは使わず2箇所に注射器を打って取っていました。
    一週間後の結果では、悪いものでは無かったとだけ伝えられそのゴリゴリが何かには答えてもらえず、半年後に再検査とだけ言われました。
    <女性:47歳>

  691. 化学療法と予後について

  692. ○質問
    ・病院からもらった病理検査結果にステージが二つ書いてありました。
    一般的に使われる
    基準から見ればⅡaとなりますか?ステージⅠに限りなく近い?といった前向きな捉え方はできますか?
    ・手術前の検査で腫瘍の大きさが1cm×1cmでしたが、いざ切除してみると0.7cm×0.7cmでした。
    思ったより小さくうれしかったのですが、医師からは『針検査でガン細胞の一部が吸い出された結果、小さくなっただけだからぬか喜びしないよう』言われました。
    そんなことってありますか?
    <女性:36歳>

  693. ハーセプチン

  694. 術前に主治医にホルモンが効きやすいタイプだから ホルモン剤を飲みましょうと言われ手術を待つ2ヶ月間 タモシキフェンを飲んでいました。

    こちらのサイトを読みホルモン剤の効果は2ヶ月間では出ない事を知り何故主治医が術前に飲ませたのか? 今となっては疑問です

    病院は年間乳がんの症例数 700件程ある 大きな大学病院です。

    それと、今不安に思っているのは術前に陰性だったhar2が 陽性になった事です。
    <女性:47歳>

  695. 浸潤性乳頭腺管癌について

  696. 先日乳ガンの告知を受けた者です。
    毎年市のエコー検診、日々簡単な触診をしていたにもかかわらず、2週間前にしこりを見つけ、針生検した結果悪性ステージⅠと診断されました。

    しこりは右に15㎜ですが、こんなに見つけられないものなんでしょうか…
    急に大きくなったりしますか?
    また、転移も心配しています。
    <女性:36歳>

  697. リンパ管侵襲がひどい場合のリスクについて

  698. 癌が2個ではなく1つの大きな5cmぐらいのかたまりととらえられ
    ステージ2bでリンパ管侵襲+3の 高リスクな乳癌と説明をうけました。
    リンパ管の中にびっしり癌が・・・という表現でしたが、これは相当よくない結果ですよね。
    ステージは2ですが、生存率がかなり低いのではと、不安でしかたありません。
    <女性:47歳>

  699. 濃縮のう胞について

  700. 結果は濃縮のう胞と言われ半年後また検査と言われました。
    癌ではないけど良いとも悪いとも言えないと。
    パソコンにマンモの画像の下に色々書いてあって、3bっていうのを一瞬見ました。
    クラス3bて事でしょうか?
    半年後大きさや形に変化があったら、針を刺す検査しますねって言われたんですが、それって今はやる必要ないんでしょうか?
    良いとも悪いとも言えないなら今じゃないのかな?と後から思い不安になりました。
    <女性:33歳>

  701. 術後の抗がん剤治療について

  702. 乳がんで左胸の全摘手術をうけ、術後の抗がん剤治療を受けるべきか答えが出せず、ご相談させてください。

    粘液ガン(乳管内進展あり)、腫瘍径6cm、リンパ
    節転移なし、核グレード
    1、ER(+)allredscore4+
    2、j_score3b、pgr(+/
    -)2+2 2、Her2(0)、MIB-
    1 index 20%、段転移なし、10年生存率87%抗がん剤治療+3%ホルモン剤治療+4%
    <女性:40歳>

  703. 健康診断の結果を待つべきでしょうか

  704. 健康診断で乳房エコーと触診を受けました。
    触診問題なし。
    エコーで左下部外側に7mmのシコリがあると検査技師に言われました。
    精密検査検査をするか否かは医師が決めますがと。
    5年前に同じエリアで水が溜まるのう胞が見つかってます。
    その後毎年検査を受けていますが昨年までなにも指摘されず、昨年のう胞の疑いあり、経過観察と結果をもらいました。
    今年検査を受けたらのう胞は見つからないのがシコリがあると言われました。
    <女性:39歳>

  705. 再発乳がん全摘後の治療について

  706. 2011年、5月に右乳癌疑いによる温存手術。
    病理で非浸潤ガン、ホルモン感受性陽性。
    ホルモン療法を勧められましたが、しませんでした。
    その後、放射線25回。
    これまで、6ヶ月ごとの超音波、1年おきにマンモをして経過を見ていました。
    今年5月の検診で、再発していることが分かり、7月に全摘、センチネルサンプリング1個摘出、迅速判断陰性を行いました。
    先日病理の結果が分かりました。
    <女性:49歳>

  707. HER2検査

  708. 針生検では+1、病理結果は+2となり、FISH中です。
    他の方への回答で、腫瘍が10mm以下の場合はハーセプチンの対象にならないと書かれていました。
    私は浸潤が0.5×1.0x0.4でした。
    この場合もハーセプチン対象外となりますか?
    ルミナールAだと思っていましたので、結果が気になります。
    <女性:55歳>

  709. 乳がん告知されましたが組織診をしてもらっていません

  710. しかし,しこり発見から1か月以上たつこの日まで組織診をしない,つまりどんなが
    んなのかわからないことが不安でたまりません。
    エコーをしてもらっていましてもらっていますが,リンパ節転移の話などもされていません。

    的外れなことはわかっていますが,教えていただきたいのです。

    しこりが10日の間に2倍以上の大きさ1.2→2.8cmになったのはエコーの腕のコーの腕の問題なのか,それとも成長の早いがんなのか。
    <女性:38歳>

  711. 抗がん剤のクルー3週間→2週間のリスクについて

  712. ご質問1  2週間ごとの血液検査で問題なければ実地とのことですが
    抗がん剤3週間→2週間 ほんとうに問題はないのでしょうか?
    また、このような治療は、よくあることなのでしょうか?

    手術は日本で行い現在、居住地の海外で治療を行っております。

    今回のこの1回の点滴だけで、金額を聞くと、日本円で100万円です。
    <女性:44歳>

  713. 腋窩リンパ節転移

  714. 浸潤径8 mm 、センチネルリンパ節転移無し、ステージⅠ、 luminalA 、
    3か月ごとの血液
    検査で異常なしにも関わらず、1年で転移するものなのでしょうか。
    また、現段階での多臓器転移の可能性はどのくらい考えられますでしょうか。
    <女性:56歳>

  715. 縦長しこりと分泌

  716. MRIの結果、半年前と同じで変化がなく、癌の症状もないので、経過観察となりました。
    マンモトームをお願いしましたが、良性なので、体に負担がかかる検査は必要がないと言われました。
    最初左胸乳頭分泌(気になる一ヵ所から毎回毎日ではありませんが分泌あり、たまに他からも分泌あり)で受診し、超音波で胸の張り強化があり、非浸潤癌(しこりなし、AC領域広範囲)の可能性で、CNB検査をし、最初の検査で癌細胞が出ず、追加の染色検査で癌ではないと言われました。
    乳腺症と乳管内乳頭腫。
    <女性:46歳>

  717. 迷う

  718. Tc療法の延期 毎週1回目投与で7回終わりました。
    8回目の時に肝機能 脂肪肝108で減量を主治医から言われましたが、延期を希望しました。
    1週間の延期です。

    これで良かったのでしょうか3日の延期も考えられました。
    身長150 54kg 減量は
    170→150 Tc療法が中断になった場合他に何がありますか?
    <女性:50歳>

  719. オンコ結果

  720. オンコタイプの結果が出ても、主治医は抗がん剤ありきなので、リンパ節転移3つではなく、実はもっとたくさんあったのかと不安になっています。
    5年生存したとしても、10年後には血行性から、骨に転移するかもしれない。
    だから、抗がん剤をしておいたほうがよいということでしょうか?
    <女性:56歳>

  721. 左胸外側のシコリ

  722. 左胸を下にして寝た所痛かった為
    触ってみたらシコリっぽいプニプニコリコリ
    した物を左胸外側にありました。

    仰向けに寝た時だけわかり座った状態で
    触るとわからないかな?
    痩せ体型の為、骨にあたっているのかもわかりません。
    <女性:35歳>

  723. MRIについて

  724. エコー・マンモフィーでは癌を疑う所見はないが、しこりが多発しているので、1つ1生検することもできないので、造影MRIをすすめられました。
    癌が隠れていないか診断するためと説明うけました。
    MRIだけでは診断つかないので疑わしい所見があったら、マンモトームしますと。

    しかし、まだ授乳中なこと(かなり出なくなってはきていますが1日2回程度あげています)・乳腺症なことから、MRIをとっても異常のように写り、よけい心配になる結果が出る可能性もあると言われました。
    <女性:38歳>

  725. 術後の転院について

  726. 都内某大学病院で術後のホルモン治療を受けていますが、大病院がゆえに、主治医がよく変わることが不安を感じ始めており、この先の10年を考えた場合、一貫して担当していたいただける主治医を希望しています。

    そこで、お伺いしたいのですが、手術をした病院以外でも受け入れてもらえるのでしょうか。
    <女性:45歳>

  727. 本当に線維腺腫なのかが知りたいです

  728. 手術後の病理結果は「 葉状腫瘍ではなく、線維腺腫だった 」とのことでした。
    組織診で検出された「 異型細胞 」の存在をどう考えれば良いものかが、どうしても気になります。
    手術後の病理の結果「 線維腺種から異型細胞が検出された 」という事実をどう捉えればよいものかと納得がいかない日々です。
    極小の異型細胞だったために、手術後の病理の際は異型細胞部分をスライドしていなかったということなのでしょうか。
    <女性:42歳>

  729. 術後抗癌化学療法の選択

  730. T2N0M0でステージⅡA、Ki67:50%のトリプルネガティブの乳癌と診断されました。

    術前化学療法か術後化学療法のどちらかをとるか迷いましたが、もし効果がなくこのまま大きくなってしまったことを考えると怖くなり先に左乳房全摘をしていただくことにしました。

    そこで術後化学療法に関してお尋ねしたいのですが、担当の先生からは
    アブラキサンの後、FECをそれぞれ3か月行うと言われています。
    <女性:54歳>

  731. ステージIIbの術後の治療方と予後について

  732. 左乳房切除術とセンチネルリンパ節生検の手術を行いました。

    〈病理結果〉
    組織名:浸潤性小葉癌
    腫瘍の大きさ:2.1cm
    ホルモン受容体:陽性
    ER:90% PgR:95%
    HER2:陰性
    Ki67:13.3%
    断端陰性
    脈管侵襲
    ly:1 v:2
    センチネルリンパ節転移:2/3個 2mm以下

    上記の結果から治療の選択が提示されました。
    <女性:45歳>

  733. 再発後の治療について

  734. (質問)
    ・今回の手術後1年での再発は、取り残しと考えていいのでしょうか。
    全身転移の前兆の可能性もあるのでしょうか。
    ・○○○クリニックの化学療法担当の先生と先日お会いして、今度の治療について話があり、今のホルモン療法だけで再発してしまったので、化学療法も考えた方がいいと。
    点滴は少しやり過ぎのような気がするので、経口の抗ガン剤でもいいかもと。
    あと、ホルモン剤もタモキシフェンから変えた方がいいと。
    ○○病院の主治医には、結果は報告してあり8月に今後の治療について相談するため受診予定です。
    <女性:52歳>

  735. 葉状腫瘍

  736. マンモグラフィ、超音波、針生検をしてもらい2週間後結果を聞いたところ
    良性の葉状腫瘍1.6センチと言われました。

    その際に今後について何も言われなかったので、今後どのようにしたらよいか尋ねたら
    来てくれれば診ますよ。
    と言われ、なんだか腑に落ちず、どのくらいの
    期間で診てもらえば
    良いですかと再度尋ねたところ、半年でも一年でもどうぞと。
    <女性:48歳>

  737. しこりの大きさと浸潤径の大きさ

  738. 手術検体病理結果について教えて下さい。

    浸潤癌の大きさ4.5センチ??4.0センチ??2.1
    硬癌、切除断端状態…陰性
    リンパ管、静脈侵襲…無し
    核、組織の異型度グレード2
    リンパ節に転移の状況
    リンパ節2個切除うち1つに微小転移
    ホルモン感受性有り
    ER90% PgR90%
    HER2…1+
    Ki67…10%

    私の腫瘍は何センチですか。
    浸潤径も教えて下さい。
    <女性:45歳>

  739. 先日は大変お世話になりました。

  740. 1ヶ月半前絞って出てきたところとは違う穴だと思いますが、1箇所から出ているのではないかと思います。
    透明の液とクリーム色の物は違う穴から出ているようにも感じますが、正直分かりません。
    これは
    多孔性なのでしょうか。
    2箇所からいっきにでるということはありません。
    <女性:23歳>

  741. 非浸潤癌の術後のホルモン療法の有無について

  742. 医師から言われたことは、癌自体は正直あまりよくない癌だが、検査結果ではしこりも
    みつからなかったし、切除断端も陰性で癌はとりきれているので、私の年齢や生活環境を加味し
    (5歳と4歳の腕白男児がおります。)
    無治療でよいのではという提案を受けました。
    <女性:44歳>

  743. 乳癌の再発確率について

  744. 2年前に乳癌の手術をしました。

    しこりは2.4cmだったのですが、炎症性乳癌とのことでステージ3b、脇のリンパ節転移が10個ありました。

    手術(全摘)、抗がん剤、放射線治療を経て今に至ってます。

    3ヵ月毎に診察してはもらっているのですが、どうしても気になります。
    再発率は高いのでしょうか?
    <女性:52歳>

  745. 乳がん手術の麻酔について

  746. 両側の手術を同時に行いましたが手術の時、麻酔の点滴を左腕にやりました。
    後日、普通 両側手術の場合は足から点滴をすると知りました。
    これはリンパ浮腫の問題だけのことですか。
    私は左腕でやってしまいましたがリンパ浮腫の心配はないのでしょうか。
    <女性:47歳>

  747. トリプルネガティブ 術後抗がん剤治療後の再発率

  748. 病理結果が出て、トリプルネガティブと診断されました。

    手術は、6/(下旬)に左胸全摘出+センチネルリンパ節生検しております。

    病理検査結果

    T1c N0 M0のステージ1
    浸潤乳頭腺管癌
    浸潤径1.8cm
    脈管侵襲:ly0、v0
    センチネルリンパ節 0/3(1つにはitc+有)
    ER:0
    PgR:0
    HER2:2+
    グレード3
    k67:86%
    p53:2+(画面をのぞいた時見えたのですが、これはなにか聞くのを忘れました。)
    とにかく顔つきが悪く増殖能力が高いと聞きショックでなりません。
    <女性:49歳>

  749. 左胸単孔性乳頭分泌(非血性)

  750. 先生へ伺いたい点は2点です。
    ・非血性分泌だがエコー、マンモに気になる所見ありの場合、「乳管造影」「マンモトーム生検」は過剰なのでしょうか
     ※先生のブログからも血性であれば・・という前提があるように拝見しています。
    ・現状で乳がんの可能性はどの程度とお考えでしょうか
     (カテゴリー3で10%程度とは拝見しております)
    <女性:38歳>

  751. 精密検査検査結果について

  752. 「ただ良性でも大きくなるのもなんなので半年後にもう一度エコー検査し大きくなってなければ問題ないでしょう。

    今回マンモでは映らなかった(異常はなかった)ので次回はエコーだけで大丈夫です。」…との結果で安心して帰ってきました。

    素人考えで不整形=悪性では?と思ってましたが「形がはっきりしてないから良性、形がはっきりしてるから悪性」と説明受けたのでそうなのかなーと気軽な気持ちでネット検索してみたところ「不整形=悪性の疑い」という結果がたくさん出てきたので「えっ?」と一気に不安になってしまいました。
    <女性:41歳>

  753. 右脇の下のしこり

  754. いつも生理前後は右側の乳房から脇にかけて全体が痛むような症状があり、ある一定の周期で出る症状だと自覚がありました。

    先月の20日頃に同じ症状が出た時に脇の下の皮膚の表面がピリピリ痛むので何気なく
    見て触ったら、2cm円くらいの大きさで赤い膨らみがありました。

    中にしこりがあり触ると痛みがありした。

    炎症性の急性症状だと思い込み、時間経過で落ち着くだろうとそのままにしておきました
    が、1ヶ月経過した現在も皮膚の表面が赤くしこりがあり痛みもあります。
    <女性:43歳>

  755. 胸壁再発について

  756. 術後7年経って、ちょうど放射線を当てただろうギリギリ外側の胸壁に再発をしました。
    針生検でHER2は1(念のためFISHして-)
    ホルモン+で、前回のが再発したであろうということです。
    他の場所に転移はありませんでした。
    初発でフルコースの治療をしたにも関わらず再発してしまい、かなりおちこんでしまいました。
    今回は局所再発ですが、これから転移などが出てくるかと思うと気持ちをどう持てばいいのか正直わかりません。
    手術は胸壁腫瘤切除術+筋皮弁術です。
    左は全摘します。
    <女性:49歳>

  757. しこり?受診すべきでしょうか?

  758. しこりの特徴は
    ・大きさは1cm程。
    形は縦長に感じる。
    硬さは消しゴムぐらい。

     しこりの横から押すと動く。

    ・生理2週間前から大きくなる(しこりの厚みが増す)。
    コリコリ感が増す。

    ・生理前はしこり一帯が痛くなるが、しこりだけがピンポイントで痛いわけではない。

    ・生理が始まると痛みは無くなるが、しこりが無くなりはしない。
    <女性:42歳>

  759. 安心できない。

  760. しこりを触ると痛みあり。
    大きさ、痛みは生理とは関係なし。
    2週間後に結果。
    良性。マンモ、エコー、触診で診断が難しい。
    3ヶ月待つか、すぐに検査をして白黒つけるか…。

    (芽のつく腫瘍の名前が書いてありました)炎症からのしこりということで放置しておいていいとのこと。
    痛みがあるので日帰りでの除去手術も可能です。
    ということで、なんだか鼻で笑われたように終わりました。
    今後検査に…。
    もないし。
    <女性:40歳>

  761. ルミナールA?の抗がん剤治療

  762. 6月に右胸全摘術を受けました。

    術前検査ではエストロゲン、プロゲステロンともに陽性、K6715%、HER2陰性でルミナールA、リンパ節転移もなさそうとのことでしたが、
    手術してみると、リンパ節手にが7個以上もあり、びっくりしています。
    腫瘍径は3cmでした。

    再検査にてER強陽性、PGRは陰性となっていました。

    これはルミナールAと考えてよいのでしょうか。
    <女性:56歳>

  763. 血乳

  764. 今回は 娘のことでの質問お願いします。

    一か月前に出産しましたが お乳のマッサージに行ったときに 少し茶色いお乳が出てるということを告げられました。

    一つの穴から ごく少量ということでしたが 今年私も4月に乳がんの手術をしており心配です。

     授乳中の検査なのでどのような検査が可能なのか
     先生のご意見をまずおききしたくてメールさせていただきました。
    <女性:28歳>

  765. 充実乳頭がんとは?(他質問あり)

  766. 質問1) 充実乳頭がんとはどのようなものでしょうか?

    乳頭腺管がんもしくは充実腺管がんの間違いなのかな?と思いましたが、
    英語表記が「Solid papillary carcinoma」となっており、「充実乳頭がん」で間違いなさそうです。
    <女性:70歳>

  767. 腫瘍マーカーの推移と乳がんの遠隔転移につきまして

  768. 術後抗がん剤治療と放射線治療、
    ホルモン療法を実施しておりますが、CEA値が上昇しております。
    明日、CT検査と、消火器科を受診することになっているのですが、
    遠隔転移(可能性として肝臓転移でしょうか・・・)が不安で 母も私も気が気でありません。

    このような術後8か月で遠隔転移の可能性はあるのでしょうか。
    <女性:67歳>

  769. 病理結果

  770. 顔つきが悪くグレード3に対しAC療法×4回だけでよいのか。
    またはAC以外のアントラサイクリン系のほうが再発率を防げるのか。
    私みたいな場合はタキサン系は追加しなくてよいのか、間も無く始まる抗がん剤治療に不安を抱いています。
    タキサン系を追加することで、どのくらい再発率を上乗せすることができるものなのでしょうか。
    <女性:38歳>

  771. 「内分泌がん」について

  772. 「内分泌がん」ですが、症例数が少なく手がかりとなる材料も少ないため不安を感じております。
    先生に以下の点についてご意見をお聞かせ願えますと幸いです。
    ①オンコタイプDXの検査について:
    絶対的に症例数が少ない内分泌がんについて、この検査を受ける意義はあるでしょうか。
    ②先生は今後、どのような治療を勧められますか。
    ③内分泌がんの予後について先生の印象をお聞かせ願えますでしょうか。
    <女性:71歳>

  773. 乳輪下のしこり

  774. 現在授乳中なのですが、乳首の淵に丸くよく動くしこりがあります。
    プニッとして皮膚の下から動くのがわかります。

    不安に思ったので産婦人科の乳腺外来に行きました。

    エコーで医師に悪いものではなく、乳口が肥大してふれるていると。
    しこりでもないし大丈夫ですよと言われたのですが。
    <女性:31歳>

  775. 若年性乳がん

  776. 手術は最速でも9月初めになるとのことで、それまでの1ヶ月間弱めの抗がん剤を打って進行を抑えて手術、その後抗がん剤や放射線治療をしようかという話になったのですが、私の貧血が発覚。

    今抗がん剤を使って貧血がこれ以上ひどくなると手術も難しくなるので、まずは何もせず9月にまず手術して取ったがんの性質を調べましょう。
    放射線も白血球が下がったり体に負担がかかるので、負担は1つでも減らした方がいいので全摘。

    術後2週間でがんの性質が分かるので、それからどういう薬を使うのか考えましょう。
    若年性の場合、悪性の高いものやトリプルネガティブの可能性もある。
    とにかくまずは手術してから考えましょ …

  777. 左胸8ミリのしこり

  778. しこりが硬くてうまく針が刺さっていなかったかもしれないので、組織診をしていただきました。
    エコーで確認しながらしていましが、刺そうとするとしこりが逸れて何度も引いては刺してと手こずっているように見えて…失礼かもしれませんが…先生に対して大丈夫かなぁ…。
    不安に思いました。

    先生にお聞きしたいのは、
    ①組織診は確定診断と言われてるが、結果が判定不能となる場合はあるのか
    ②硬いと刺すのに、何回も引いては刺してするものなのか
    ③もし、判定不能となる事があるのでしたらまたはじめから同じ検査を受けないといけないのか
    <女性:32歳>

  779. 乳輪の痛み

  780. 痛い部分が腫れているような気がします。

    つまんでみると、コリッとしたしこり?のような物があります。

    乳輪が固くなったような感じです。

    ガンの可能性はあるのでしょうか?

    基礎体温表を見ると、ちょうど排卵の期間と重なっているのですが、排卵によるものなのでしょうか?
    また、4ヶ月ほど前に卒乳しており、その影響で乳腺が詰まっているのかなとも思っています。
    <女性:30歳>

  781. 肝血管腫

  782. 田澤先生の第一回目のお返事のとおりで
    肝臓の影は
    嚢胞と血管腫とのことで良性なので
    念のため半年おきくらいに経過観察しましょう。
    と言われました。

    とりあえず肝臓転移では無くてほっとしておしております。
    <女性:46歳>

  783. 病変が見えなくなり、位置特定ができなくなりました

  784. 病変位置についてですが、生検をした前の病院の医師ならば、感覚、記憶等で、もう少し限定して切除部分を小さくできる可能性はあると思われますか?
     (マジックで乳房に病変位置を記した写真等、頂いている紹介状と画像資料以外に何かあるか問い合せましたが、無いとの回答は頂いています。)
    <女性:48歳>

  785. しこり?

  786. 1週間前ぐらいから、右胸にしこりのようなものがあります。

    弾力があって動きます。

    痛みはあまりありません。

    乳がんの可能性はありますか?
    線維腺腫ですかね?
    <女性:16歳>

  787. 両側の癌について

  788. 左乳癌 浸潤性乳管癌 硬癌
    サブタイプ
    エストロゲン受容体陽性
    プロゲステロン受容体陽性
    HER2 スコア2+ → 遺伝子検査へ
    Ki67:27%
    でした。

    1)両胸とリンパに数個も癌があるというのは、だいぶ進行していると考えられますか?
    2)主治医が術前療法を勧めるのは、そのためなのでしょうか?
    そもそも両胸同時の手術は可能なのでしょうか?
    3)検査がこのように次々追加になるのは一般的なことでしょうか?
    今まで私自身も家族も病気に縁がなく、知識がありません。
    <女性:50歳>

  789. 母のことで相談です

  790. 7月下旬 手術、左乳房全摘、リンパ節レベル1・2を廓清した。

    1、即手術を選択しましたが、正しい判断だったでしょうか?
    2、病理の結果から、リンパ節レベル1は転移していないと考えてよいでしょうか?
    3、抗がん剤の前に放射線治療をした方が良いのではないでしょうか?
    4、ER-, PGR 3%でホルモン剤は効果があるのでしょうか?
    5、5年生存率はどの程度になりますか?
    6、術後治療のことで、特に注意すべきポイントを教えてください。
    <女性:60歳>

  791. 病理検査の結果がよく理解できず不安です

  792. 医師は説明はしてくれるのですが、内容が難しくて中々理解ができません、
    最初はステージ1と言われていたのですがMRI検査の結果ステージ2bとなり
    かつグレードが3で悪性だと言われ、母は大変落ち込んでいました。

    Ki値も最初の生検の時は47%と言われていたのですが
    病理では17%となっていました。

    色々な数値が変動するので、どう病気と向き合ったら
    良いのか判らず、病理検査の結果がでる前の診察でも
    「治療は全部がっつりやらないとイカン」「珍しいタイプだ」等
    言われ、母も私も治るのだろうか?不安に思うばかりです。
    <女性:71歳>

  793. 一年前に検診で乳腺線維腺腫が大きくなり、新たに小さい影ができていたのでマンモトーム生検を行いました。結果、乳腺線維腺腫だと言われました。

  794. 検診を受けたら、大きくなっていますね、とマンモグラフィーの映像を見せられました。
    そして、前のところですよね?と触診をさっとされ、バネ生検をしましょうと言われました。
    大きく硬くなってるため、不安でたまりません。
    しこりは弾力があり、よく動きますが、形は自分で触っても横長とか縦長などはっきりとはわかりません。
    一年間の変化にとても戸惑っています。
    それで、マンモトーム生検の後、しこりが大きくなったり硬くなったりするものでしょうか?
    また、医師がバネ生検をするのは、再確認をするという意味でしょうか?
    <女性;46歳>

  795. 今後の治療について

  796. 質問
    1. 間質にばらばらと浸潤とはよくないことなのでしょうか?

    2. 所見の脂肪織にまで浸潤とは悪い意味ですか?

    3. リンパ管侵襲がありますが今後リンパに転移する可能性が高いですか?

    4. Ductal spread軽度とは何ですか?

    5. 軽度の乳腺症の変化とはこれも今後乳がんになる可能性がありますか?
    <女性:40歳>

  797. 硬いしこり、乳頭から茶色い分泌物

  798. 質問させていただきたいのは

    ①マンモグラフィのカテゴリー分類を聞き忘れたのは、自分の今の症状を把握するのにミスでしたか

    ②悪性、良性といった言葉が先生から何もでてこなかったのですが、こういう場合は現段階ではどちらつかずなので何も言ってもらえなかったのか

    ③放射線治療とホルモン治療と、今から言われるのは心構えしてくださいね、と言うことでしょうか
    <女性:40歳>

  799. しこり、ひきつれについて

  800. 検査結果を聞いてきました。

    結果は”判定不能”でした。

    検査報告書には好中球や赤血球は少々認めます。

    明らかな導管上皮細胞が認められないため判定不能とさせていただきます。

    再検査をお勧めしますと書かれていました。

    先生がおっしゃるには
    念のため細胞診をしましたが、
    乳腺と乳腺の重なりがエコーだと
    ひきつれに映ってしまったのかなということでした。
    <女性:29歳>

  801. 抗がん剤を上乗せする効果について

  802. 左右とも浸潤性小葉癌ルミナールAで、左全摘、右乳頭のみ温存で全摘しました。
    病理検査の結果は左右ともER70%、PgR90%、HER2陰性です。
    グレードと分裂像は左右とも1、核異型は右2左1、
    MIB-1右20%左15%、浸潤径右1.5左3.6、リンパ節転移と脈管侵襲は左右なしです。
    断端は左陰性、右近接です。
    ホルモン治療に加えてACまたはTC療法4クールも選択肢として提示されました。
    <女性:51歳>

  803. 乳ガンについて

  804. 右胸は乳ガンの可能性があると言われました。

    数日後結果を聞きに行くと左胸はハッキリ良性と書かれてますが
    右胸はハッキリとした良性ではなくコメント欄に様子を見て‥のようなコメントが書かれていたようで
    半年後もう一度検査しにきて下さいと言われて帰りましたがそれで大丈夫なんでしょうか?

    今でも時々乳首が焼けるような感じや脇腹が痛い感じがあり不安で仕方ありません。

    違う病院に行ってみた方がいいのでしょうか?
    乳ガンになる前に何かの処置はできないのでしょうか?
    <女性:46歳>

  805. 骨転移の心配

  806. 私は昨年6月、T1M0N0ルミナルAで右温存手術、放射線治療’30回し、現在ホルモン療法中です。

    4、5日前から左側の肋骨が咳やくしゃみ等すると響いて痛みます。
    じっとしている時は痛みません。

    特に風で咳が続いたとかいうわけではなく、たまたまの咳で気づいた次第です。

    骨転移は安静時も痛むと聞きましたが、私のような場合は心配しなくても良いのでしょうか。
    <女性:38歳>

  807. 乳がんの疑いあり

  808. 先日右胸にしこりを見つけ、
    初めて乳がん検診を受けにいきました。

    触診→エコー(若いのでエコーのみで大丈夫とゆわれ)その後、しこりに血流が見られるので、細胞診を行いましょうとのことで細胞診を受けました。

    1週間後の8/(上旬)に細胞診の結果を
    聞きに行くとクラスⅣの悪性の疑いありとのことでした。
    その際に説明されたのが①しこりの上部分がいびつな形をしていること。
    (エコーを見た所サイドと下側は平らでした)②硬さがあるとのこと ③乳腺の中でなく、上にぽこっとしこりがあること。

    ほぼ乳がんに間違いないとゆわれました。
    <女性:24歳>

  809. 妻が乳ガンのようです

  810. 総合病院での現時点での診断は、しこり2.8センチ、脇のリンパに腫れが見えるため、転移の可能性があるとの事。
    腫瘍の性質は来週まで分かりませんが、脇のリンパ節にも転移していたとしたら、ステージⅡbでしょう。
    かなり重たい乳ガンになるのでしょうか?
    針生検の結果も来週なんですが、怖いのは遠隔転移で手術が出来ない状態です。
    妻も私も診断結果が出るまで生きた心地がしません。
    それと、妻は毎年会社の乳ガン検診を受けていて去年は異常なしで、いきなりしこりが2.8センチになるものなんでしょうか?
    <女性:47歳>

  811. 浸潤径

  812. 浸潤径4.5×4.0×2.1はステージ2aですか?
    ステージ2bですか?
    主治医からは2aと聞いていたのですが、前回の先生からの回答で、2bと書いてありました。

    ステージ2aと2bでは予後は違って来るのでしょうか。

    ルミナールaでki167が10%だったので、主治医は抗癌剤を勧めましたが、自己判断でホルモン療法単独にしました。

    ステージ2bなら、抗癌剤をした方が良かったのかと、不安です。

    また目の奥が痛み出し、脳転移では無いか不安です。
    <女性:45歳>

  813. しこりについて

  814. 自己チェックとは石鹸やボディクリームをつけて行うものですか?
    坐位で行うものですか?
    臥位で行うものですか?
    私の場合、石鹸をつけるとすべてがしこりのように感じてしまいます。
    <女性:39歳>

  815. 頭蓋骨転移の治療方法について

  816. 術後16年目にして骨転移が判明した58歳の地方の乳がん患者(女性)です。

    この度、額に小さなたんこぶのようものが出現し、脂肪腫だろうということで形成外科のクリニックで手術を受けたことがきっかけで再発がわかりました。

    PETCTでわかる範囲では、転移箇所は、頭蓋骨(右前頭部)と右腸骨です。
    <女性:58歳>

  817. しこりが2つありました

  818. 乳腺外科医の診察を改めて受け、来週やっと手術です。

    でも執刀医が専攻医か研修医かということで、倒れそうなほど不安です…。

    ベテランの医師がもちろん一緒にやるとのことですが…。

    6mmほどの癌が側部にあり、それは自分で見つけたものです。

    でも、MRIをしたらそのすぐそばに8mmほどの癌と思われるしこりもみつかりました。

    同じ乳管から出ていると思われるものなので、一緒に切りますから大丈夫、心配ないとのことでした。

    そちらは針生検はしていません。
    <女性:40歳>

  819. 乳頭腫

  820. 分泌液を調べてもらったところ、良性とわかり、3ヶ月後に経過観察3ヶ月後にエコーをしたが、変化がないため、1年後に検診にきて下さいとのこと

    1年後にエコーをしたところ、3カ所に嚢胞があり、そのうち一カ所が二つ重なった嚢胞なので詳しく調べたいと言われ、MRI【造影剤】をして、結果、白く映るが少し気になるので、針生検

    その結果、良性、もう一つも小さく今後の検診で観察するのみでいいとのこと

    しかし、もう一カ所の乳頭の下のものについて、針生検したいとのことでしてもらったところ、粘着性のものが取れたのこと

    今、その結果待ちです

    厳しい結果が出るかもとのこと
    <女性:37歳>

  821. 乳腺症と乳がんの違いについて

  822. 健診センターの先生は紹介状に「乳腺症の疑い」と書いており、紹介先の先生も「乳腺症の可能性もある」仰っていました。
    しかし、本などで
    調べると素人目にはエコーの所見は乳腺症とはかなり違うように感じ、むしろ癌の所見にかなり近いのでは?と思います。
    乳腺症の特徴と書いてある張りや痛みも感じず、
    分泌液もないことからますます癌なのではと思い、落ち込む日々です。

    細胞診の結果を待ち、生検をしなければなんとも言えないということは理解しているのですが、何を見ても乳腺症には当てはまっていないような気がしてしまい、精神的に参っております。
    <女性:27歳>

  823. 再発率について

  824. 右乳がんの温存手術をうけました。

    8㎜のしこり、3㎜の浸潤でした。
    ステージ1でルミナールA、現在アナストロゾール
    服用中です。

    病理の結果時に主治医から「ホルモン療法で7%から4%まで再発率を下げれます」と言われました。
    <女性:55歳>

  825. 片側、ひとつの穴から黄土色の乳が出ます

  826. 数日前に軽い気持ちで乳を絞ってみたら、左胸からくすんだ黄色というか、黄色にほんの少し茶色が混ざったような、黄土色みたいな乳が出ました。
    左胸には、現在、母乳が出る穴が4.5個くらいあるのですが、その中の決まったひとつから黄土色のものが出るのです。
    絞れば同時に、他の穴からはいつものように白い乳が出ます。
    反対の右胸も白い乳が出ます。
    <女性:34歳>

  827. 乳頭分泌、ひど過ぎる診療

  828. 乳管区域切除とは田澤先生のホームページ説明で勉強しています。

    どの病院の術式も乳管入口から、末梢の乳腺小葉までの切除なのでしょうか?
    切除することにより、もともとあったものがなくなるわけなので、周りの細胞を傷つけたりすることにより
    血塊などができて、ガンなどの疾患が発生するかも?というリスクなのでしょうか?
    どんなリスクが考えられるか教えていただきたいと思い質問させていただきました。
    <女性:44歳>

  829. がんのできる場所と治療方法について

  830. 先生にお聞きしたいのは、
    1)乳頭に近いがんの場合、全摘・再建しか方法がないのか
    2)脇下のリンパへの転移の場合、術前の化学療法は必須なのか
    そして
    3)MRIの結果が揃い、術式の提案等を受けた後、こちらの病院でもしセカンドオピニオンをお願いする場合、時間がかかってしまうでしょうか。

    この3点になります。
    <女性:42歳>

  831. 胸のしこりについて

  832. 先生にお聞きしたいのですが、私がしこりと感じるものは本当にただの乳腺であると信じて大丈夫なのでしょうか?
    しこりは乳首の外側に向かって斜め下のあたりで、弾力がありコリコリした感じもします。
    動くと言われれば動くような、そんな感じです。

    また、素人が触ってしこりと感じるものが、エコーで見落とされる可能性はあるのでしょうか?
    <女性:38歳>

  833. ルミナルBの抗がん剤使用有無について

  834. 左乳房部分切除術、センチネルリンパ生検、腋窩リンパ郭清(レベルⅠ)を行いました。

    先日病理結果が出て、抗がん剤を使用すべきか悩んでおります。

    主治医は、リンパ節が1つだが転移があり、ki67がやや高い(25%)であることから、抗がん剤の使用も考えたほうが良いが、ホルモンが強陽性でホルモンがよく効くので、ホルモン療法をしっかり10年使用するだけでもよいかもしれない。
    あとは年齢や子供のことを考えて、念のため抗がん剤をする選択もあると思う。
     よく考えてください。
    との見解でした。
    <女性:41歳>

  835. 経過観察か?摘出か?

  836. ★この小さなしこりが何であるかもわからないうちに、
    マージンを取って摘出するというのは飛躍しすぎでしょうか?

    ★もし検査の結果、悪いものだったとしたら、
    元々しこりがあった場所の特定ができないために
    追加切除はできないと思うのですが、
    そうなった場合、どのような治療方法になるのでしょうか?

    ★切除は細胞診の結果を待ってからの方がよいでしょうか?
    はたまた、針生検ができるようになるまで、
    育つかもしれないのを待ってからの方がよいのでしょうか?
    <女性:40歳>

  837. 切開生検

  838. マンモトームで非浸潤性乳官ガンの疑いという結果で、
    9月の始めに切開生検を予定してます。

    切開生検はどのくらい時間かかりますか?
    傷は残るようですが痛みや家事をする不便はありますか?
    1週間位は不便ですか?
    <女性:50歳>

  839. 葉状腫瘍の疑い 8cm

  840. 大きさや年齢のこともあり、手術方法のアドバイスを頂けたらありがたく思います。
    マージンはどのぐらい?全摘はしなくて良いのか?追加手術で大丈夫なのか?
    自分のことでないので、余計に心配しております。
    本人も再発→再手術は避けたい様子、宜しくお願い致します。
    <女性:19歳>

  841. 理検査結果がでました。

  842. 結果では
    T3N3M0..術前はT3N1M0でした。

    浸潤経13センチ。
    リンパ転移15/17 ステージ3c
    血管浸襲なし。
    リンパ浸襲あり。

    核異型度2 組織学的異型度1
    ER+ PR+ HER2- Ki67 17%

    術後治療  抗がん剤FEC×4 ドセタキセル×4
    放射線  ホルモン療法レトロゾール5年
    となりました。
    いきなりのステージ3c。
    しこりの大きさ。
    リンパ転移の多さ。。

    どう考えても再発リスクが高いですよね。
    転移も。

    こんな状態でもこの治療お頑張れば根治望めますか。
    <女性:51歳>

  843. 針生検と術後病理検査の癌の種類が異なること、2種類以上の 癌の可能性について

  844. 針生検と術後の検査で、癌の種類が変わりました。

    よくあることなのでしょうか?また術後の種類が正しいという理解でよろしいのでしようか?
    以下も2種類の違う癌の結果?でしょうか?

    針生検の組織型
    左胸のしこりInvasive ductal carcinoma
    左腋窩リンパ節 metaplastic carcinoma
    <女性:44歳>

  845. トリプルネガティブ予後

  846. おこなってきた治療は、
    標準治療だとは思いますが、
    この治療方法でよかったのかと
    不安にもなってきております…
    述前以外は、化学療法など、
    今での治療方法は問題なかったでしょうか?
    <女性:40歳>

  847. 非浸潤癌とアロマターゼ阻害剤

  848. 一年前に非浸潤ガンで乳頭を残し摘出していて、今は無治療です。

    実は主治医から対側乳癌の予防にアロマターゼ阻害剤を勧められましたが、副作用を考え断ってしまいました。

    以前の先生の回答に非浸潤ガンでは閉経後のホルモン剤は適応外だと読み無治療に自信を持っていたのですが、やはりホルモン剤治療をすることを考えた方が良いのでしょうか?
    <女性:54歳>

  849. 骨転移

  850. 6月に温存手術を受けました。

    術後の病理結果は、

    浸潤径 0.5 1.0 0.5
    センチネル 0/3
    ルミナールA

    術前にCT.MRIでは、転移はありませんでした。

    ですが、術側とは反対側の背中が手術前より痛みがあり、今も治りません。
    痛みは鈍痛で、常にではありませんが。

    充分早期だと思うので、骨転移ではないと信じたいですが、やはり骨シンチを受けた方が良いのでしょうか?
    事前のCT.MRIでは分からないのでしょうか?
    <女性:55歳>

  851. 生存率や治療について

  852. 全摘後の結果からです。
    浸潤性乳癌癌
    最大径2.5cm
    グレード2
    リンパ管への広がり中等度
    リンパ転移 1/25 2mm以下の微小転移
    ステージ2B

    ホルモン陽性
    HER2陰性
    KI33%

    治療はCEF4クール、ドセタキセル4クール、その後リュープリン2年、ホルモン療法5年を予定しております。

    まず、再発についてとても不安があります。

    私の場合どのくらい再発率があるでしょうか。
    <女性:27歳>

  853. 今後の化学療法について

  854. 右側浸潤性乳管がん(硬がん)にて3月末に右胸全摘術、リンパ節郭清しました。

    T2 N1 (センチネルリンパ節に転移一個のみ)
    ER PgR 陽性(50%)
    HER2 陰性
    MiB-1(20%)
    grade2

    最終病理結果が出る前に5月から抗ガン剤TCスタートし4回を終えたところで主治医より、gradeが2であることMiB-1値が20%である事などからFEC4回追加したほうが良いと言われ
    今月(上旬)日に1回目をしたのですが
    吐き気の副作用が強くとても辛く中止出来るならと思っています。
    <女性:51歳>

  855. 一転してDCISの判断

  856. 再度訪れると、「DCIS]の文字が。
    「術前検査今日ならすべて入ります」、とっても手術をしたそうです。
    乳腺外科ができて4年目なので、
    実績がほしい、とも思ってしまいます。

    ①再度、再度検討したら、診断が変わるということは、よくありますか?
    最初から、DCISと言われたら素直に受け入れられたのですが、よく検討したらDCISって、不信感です。

    ②DCISと診断されたら、手術しかないでしょうか?自分がDCISと気づかず一生を終える方もいるときくと、経過観察でもいいのかとも、思ってしまします。
    <女性:49歳>

  857. 治療方針について

  858. 左乳がんの診断を受け、温存術・リンパ節生険の手術を行い、
    永久標本より、しこりより16cmの浸潤、またセンチネルリンパ節の4本中1つに陽性が出たため、
    全摘出・腋窩リンパ節郭清を行いました。

    今後は、ホルモン治療を行っていく事を薦められました。

    まだ治療方針の確定はしていません。

    手術とは違い、薬の判断を間違うと時間を無駄にしてしまうだけでなく、
    身体にとっても悪影響を及ぼし兼ねないという不安があります。
    先生でしたら、どのような方針でどのような治療を行っていかれるでしょうか。
    <女性:41歳>

  859. 乳ガン検診について

  860. 8年前に自身の細胞注入の豊胸手術を行っており
    現在の症状は左乳輪上の大きく硬いしこり、乳頭乳輪付近のかゆみ、左脇にさわって分かるほどのビー玉大のしこりとそのしこりに痛みがあります。

    5センチもあるしこりが癌か癌じゃないのかは
    マンモグラフィーやエコーの画像を見ても細胞や組織の検査をしなければ医者でも分からないものなのでしょうか?
    <女性:44歳>

  861. 石灰化と腫瘤について

  862. 市の検診を受け、一ヶ月後に石灰化、カテゴリー3、要精査との結果が来て、検診センターで拡大マンモ?と超音波検査を受けました。

    その中で左乳房下部に細かい石灰化が密集していました。

    二年前のマンモでは無かったので、悪性の可能性が高いのだろうと、
    マンモトームを受けることになりました。
    金属アレルギーがあるので、
    クリップは残さない様にしてもらうつもりです。
    <女性:45歳>

  863. トリプルネガティブの治療について

  864. 左乳房部分切除+センチネルリンパ節生検
    ・浸潤性乳管癌(化生癌様 分泌癌様の部位あり)
    ・大きさ:浸潤部 1.2cm(=T1)
    ・核グレード(NG):2
    ・組織学的波及度:乳腺組織内にとどまる
    ・リンパ管侵襲(ly):0
    ・リンパ節転移:なし(N 0)
    ・センチネルリンパ節:0/4+5
    ・Ki67:50%
    ・サブタイプ:トリプルネガティブ
    4月に温存手術を行い、5月から化学療法(AC療法を3週ごと、4回)を行いました。
    今後は放射線治療を行う予定で木曜には放射線科を受診します。
    <女性:51歳>

  865. 嚢胞内腫瘍について

  866. 『嚢胞じゃなさそうなシコリ』について伝えエコーで診て貰った所、
    『嚢胞内腫瘍』と診断されました。

    が、明らかに良性だから問題ないよ。
    と言われました。

    質問①エコーだけで良性と断定できるものでしょうか。
    先生は形状の事を言っていました。

    嚢胞内腫瘍は判断が難しいと書かれていましたが…
    <女性:44歳>

  867. 病理検査結果の再検討について

  868. 今回質問させて頂きたい点は、病理検査結果の件です。

    本来明日結果を確認する予定だったのですが、
    再検討のため二週間後に変更となりました。

    非浸潤でしたので、結果も非浸潤もしくは微少浸潤程度と
    思っておりましたが、再検討との連絡を頂きショックでした。

    再検討ときくと、予想より悪かったので詳細確認が必要なのでは
    と思ってしまうのですがよくあることなのでしょうか。
    <女性:34歳>

  869. ステージⅢB 術前化学療法について

  870. 主治医より、ステージⅡまでなら手術先行だか、胸骨傍リンパにも転移しているため、術前に抗がん剤治療(AC→Taxana)を行うと説明がありました。

    抗がん剤が効くタイプとも言われました。

    手術後、放射線→ホルモン療法といわれています。

    まだ2歳になったばかりの子供がいるため、局所再発の可能性を排除するためにも全摘を希望しています。

    田澤先生は、私のような場合は、手術先行は無理だと思われますか?

    8/(中旬)から抗がん剤が始まります。
    <女性:39歳>

  871. 乳がんの手術について

  872. ①【乳がんが1年で4mmも大きくなる事はあるのでしょうか】
    ②【13mmのしこりがマンモに映らず、触診でもわからないとはどういう事でしょうか】
    ③【今後手術に必要な検査(CTやMRI)をする予定ですが、全てキャンセルして田澤先生に手術をお願いする事はできますか】
    ④【③が可能だった場合、今の主治医に紹介状を書いてもらえるものなのでしょうか】
    <女性:48歳>

  873. 乳ガンの可能性について

  874. 大きな病院を紹介されました
    しこりは、1センチ大です。

    そこでの結果ですが、マンモグラフィーは、不均一高濃度乳腺です。

    両側とも明らかな腫瘤や病的な石灰化、構築の乱れなどを認めません。

    カテゴリー1

    超音波検査は
    右乳腺AC領域に境界不明瞭な低エコー域の集簇を認め、後方エコーは減弱しています。

    ドップラーにて明らかな血流はみられません。

    腫瘤性病変としては同定できませんがDCISなどは否定できません。

    と、書いてあります。
    <女性:40歳>

  875. 細胞診で左乳管内乳頭腫の疑い

  876. ・しこりの位置が胸筋(?)に近く、しかもしこりが小さい場合、マンモトーム
    (または針生検)はうまくできるのでしょうか。
    (胸の付け根というか、マンモグラフィ画像の端ギリギリに映っていました)

    ・健診センター医師はマンモトームの前にMRIと言いましたが、「がん」と診断されてから撮影するものではないのでしょうか。
    <女性:45歳>

  877. 分泌液と発赤について

  878. 質問なのですが、乳頭分泌液とは粘着性があるものなのでしょうか?
    固まってハナクソのようになるものなのでしょうか?(汚い話ですみません)色は白から黄色?まさにハナクソそのもののような感じです。

    絞ってみると透明な汗のようなものが両胸とも出てきます。
    また右胸の上部内側に毛穴が膨らんだ、1㎜ほどの発赤もあります。
    <女性:31歳>

  879. ホルモン治療と妊娠の可能性について

  880. (質問1)私の場合、第一子でなく、第二子希望であるということ(年齢も充分に高齢です)、また上記の病理結果からして、ホルモン治療を
    1-2年遅らせるというのは、大変リスクのあることなのでしょうか?

    (質問 2) 田澤先生の見解として、ホルモン療法を遅らせることに問題が
    無い場合においてですが・・・なぜ、病院や先生方によって、考え方が
    大きく異なってくるのでしょうか?(何かガイドライン等があるのでしょうか?)

    (質問 3) また、ホルモン治療に関してですが、ASCOの新しいガイドラインにおいても、私のケースの場合はタモキシフェン単独でいいのでしょうか?
    <女性:43歳>

  881. 病理診断結果

  882. 「膠原線維の増生を伴ったscleroticな変化を認める乳腺組織です。
    乳管は萎縮性となり、一部の乳管周囲には軽度の炎症反応を伴っています。」とありますが、これは硬化性腺症の事ですか?
    硬化性腺症について調べてみたら、特徴がよく似ているようなので心配になりました。
    硬化性腺症の中から癌が発生する事がある。
    リスクがある乳腺症と書いてあり、心配です。
    <女性:40歳>

  883. 術後補助治療について

  884. 浸潤性小葉癌(ステージ2A)で7月に右乳房全摘とリンパ節郭清しました。

    主治医からフルコースを提示されましたが、ルミナールAなので、化学療法は拒否し9月から放射線25回とホルモン療法(フェマーラ)10年を受けることにしました。

    ☆微妙なところですが、化学療法を受けないと再発・転移・生存率にそんなに影響をうけるものなのでしょうか?リンパ節郭清の個数の多さ(しかもレベル2まで)が、ひっかかります。

    ☆術後後遺症症候群?(無感覚・筋のつっぱり等)は、生涯 完治しないものなのか、リハビリを何年も続ければ少しはマシになってくるものなのか。
    <女性:55歳>

  885. トリプルポジティブの術後薬物療法について

  886. 右乳房全摘手術を受け、下旬に病理検査の結果が出ました。
    しこりは3cmで、センチネルリンパ節に転移なし。
    ホルモンレセプター 陽性、HER-2遺伝子増幅 陽性。
    以上が、聞かされた結果です。

    すすめられた術後薬物療法は、
    1.AC(ドキソルビシン・エンドキサン)を3週間毎に4回
    2.ハープセチンを3週間毎に18回
    3.ハープセチンと並行してノルバデックスを5年間内服
    <女性:42歳>

  887. しこりの大きい小葉癌

  888. 質問① 田澤先生、この検査結果をご覧になり、抗がん剤は必要と思われますか?担当医からは抗がん剤の話を次回したいとのことでした。
    しこりの大きさと核グレード2ということでやっておいた方が安全とのことした。
    <女性>

  889. 転院先について

  890. 現在、右側に5~7ミリのしこりが4個、左側に8ミリのしこりが2個と3ミリの水袋が2個。

    乳腺科の先生は、1年間みてかわりないとの事でした。

    治療してない為、検診という形になってて、治療が必要な患者さんが沢山いて6ヶ月毎に検査できないと言われ、次回の検診~先生の紹介先のクリニック(乳腺認定医)に転院する事になりました。

    クリニックが今の総合病院より遠いから市町村の検診に戻っても良いか聞くと「これだけしこりがあるのに検診だと精密検査になるよ。専門の先生で経過観察継続」と言われました。
    <女性:30歳>

  891. 術後、転移などの不安01

  892. 33歳の妻の病理の結果は、ステージ0から1の間、ルミナールA、術後は無治療を選択。
    ざっくりで申し訳ございません。
    転移の可能性もなく、年齢的に見て出産の可能性も高い為に薬物やホルモンは必要としない方が良いという判断でした。
    お風呂に入るとき等の自己診断は欠かしておりませんが、そのためか、神経質になりすぎてしまう事も多々あります。
    以前からあったとの事なんですが、歯茎に本当に小さな水泡のようなものがずっと消えないようなのです。
    <女性:33歳>

  893. 乳癌の診断ですが・・

  894. 約2年前に何気ない気持ちでマンモを受けたら右胸にしこりがあると言われました!
    細胞診の結果問題なかったのですが、念のため半年おきにマンモとエコーの検査を交互に受けていました。
    今年の1月まで異常がなかったのですが、7月下旬のマンモの結果左胸に乳腺歪みがあると言われ細胞診をし結果が悪く『癌と思ってて』と言われ、今は組織診の結果待ちです。
    しこりはないと先生に言われたのですが、明らかに左胸にしこりはあります。
    <女性:47歳>

  895. 乳がんの術後、反対の胸にしこり

  896. 1.このような場合乳がんの再発の可能性が高いのでしょうか?
    昨年からあったので、癌の見落としになるのでしょうか?
    (化学療法をお断りしたせいか、この1年間血液検査だけでエコー検査などは一切行っていただけませんでした。
    血液検査ではとりわけ問題なみつかりませんでした。)

    2.ネットなどでみるとエコーで青く広く移るのは、良性腫瘍、濃く丸く腫瘍の形がわかるように移るのが癌といったようなものもみかけるのですが、どうなのでしょうか?
    <女性:42歳>

  897. 胸の大きさの違い

  898. 良性腫瘍があり経過観察中の者です。

    ブラジャーを買う時、サイズを測った店員さんに言われて気づいたのですが、
    胸の大きさが左右違うようです。

    しこりのある側は、健側より小さいです。

    しこりの有無によって発達が違うのでしょうか?
    それとも何かの病気でしょうか?
    改善方法などアドバイスお願いします。
    <女性:28歳>

  899. ホルモン治療について

  900. 針生検の結果、乳がんが確定し、当然ですがこちらを先に治療する事になりました。
    クリニックで検診を受けていましたが、カルテが共有されていた方がよいと思い、5月に婦人科でかかっている病院へ転院しました。
    移った病院で超音波検査を受けたところ、腫瘍の大きさは1.1cmでした。
    手術まで2ヶ月待つ間に、先にホルモン治療を始めることになりました。
    5月からリュープリン、6月からタモキシフェンを始めました。
    <女性:47歳>

  901. 今後の治療方針と予後

  902. H27年1月からホルモン剤(タオスミン)を飲み始め、4月に左乳癌温存手術を受けました。

    そしてちょうど1年後にCTをして、今年5月に腋窩リンパ節に
    再発?転移?が発覚しました。
    先生に腋窩リンパ節摘出手術を勧められ、7月に手術を致しました。
    【H28年7月結果:サイズ2.3×1.8cm、LN6/13(レベル1が
    6/12、レベル2が0/1)、ER(TS=2、旧分類-、J-scoreは1)、
    PR(TS=0、旧分類-、J-scoreは0)、HER2+3、Ki-67は50%】
    <女性:42歳>

  903. 皮膚側の断端について

  904. 乳がんで先月,温存手術しました。

    病理結果は,浸潤がん1ミリ,それを中心に2センチの非浸潤がんでリンパ転移なし。
    ホルモン陽性で,グレード1でした。

    放射線をする予定ですが,その場合,再発率は2%,ホルモン療法すれば1%と言われました。

    初期だと思うのですが・・・断端が気になります。

    皮膚側が非浸潤がんより0.3ミリだと言われました。
    <女性>

  905. 乳頭分泌液

  906. 断乳後、5~6年たっていますが、今だに両側、多穴から絞ると母乳がでます。

    生理不順で産婦人科にかかっていますが、プロラクチン値も甲状腺の値も問題ありませんでした。
    もちろん、乳癌健診も異常なしです。

    放っておいて大丈夫でしょうか?
    <女性:37歳>

  907. 乳ガンと脇の痛み

  908. 乳腺外科(内科等があるクリニック)を受診しました。
    触診で硬いものがあるとの事で、エコーとマンモをとり、8mm程のしこりがあるとの事で、MRIを受ける事になりました。
    その結果、やはり何か小さい
    物があるとのことで、大学病院でマンモトームを受けてくださいとのこと。
    しかし、この先、2週間程かかるそうです。

    昨日までは、気持ち的には半々でしたが、今日、ひきつれを見つけたため、多分、乳ガンだと思います。
    <女性:49歳>

  909. 乳の痛み

  910. 年齢的なものもあるかも知れませんが、最近両胸が痛みます。

    チクチクしたり圧痛があったり、なんだか両胸から汁が出てきそうな感覚があります。

    最近では半年前にエコーとマンモをしましたが問題ありませんでした。

    ①この両胸の痛みや違和感は乳がんの可能性はありますか?
    年齢的なものと考えて放置でよろしいですか?
    <女性:39歳>

  911. 術後の治療について

  912. 術後の病理診断です。

    Invasive ductal carcinoma ,scirrhous carcinoma,of the left breast,,CD,partial resection WHO Grade 2,pT2(2.2cm),f,n(+,1/1 sentinel in
    frozen,0/9 LI) margin(+)

    ER:90%,強‐中
    PgR:90%,強
    HER2:0(IC,in situ lesion)
    MIB-1:M-GI(<20%)
    PS19%(64/344)
    D2-40:ly(+),s(1+)

    <女性:39歳>

  913. 組織診の必要性

  914. 細胞診にて以下の結果が出ました。

    好中球:FEW
    赤血球:+
    泡沫細胞:FEW
    アポクリン化生細胞:FEW
    導管上皮細胞:FEW
    双極裸核:FEW
    筋上皮細胞を伴い、変性した導管上皮細胞を小集塊で少数認めます
    導管上皮細胞が少数のため、経過観察を推奨
    →クラス2

    おそらく線維腺腫だろうとのことで、組織診はせず経過観察となりました。
    <女性:28歳>

  915. 今後の治療法について

  916. 主治医から今後の治療方針として、抗がん剤(TC 3w/4クール)+ホルモン治療をすすめられました。
    (年齢、リンパ管侵襲、ki67の数
    値、グレード2 ルミナールタイプだがリスクが高いからとの事でした)
    ki67の数値がグレーゾーン、リンパ節転移2個…という事で私としてはホルモン療法単剤で…という思いが強くあります。

    出来れば抗がん剤は避けたい…と思っているのでオンコタイプDXの事を聞きましたが、閉経前でリンパ転移があるので適応ではないと言われました。
    <女性:47歳>

  917. 2日前からの微熱と乳房が熱い

  918. 今回のしこりは場所もかたさも前回とは、違ってとても硬く、熱があって辛いです。
    熱は日中も下がりません。

    もしかしたら炎症性乳ガン?と考えてしまいます。

    乳房に赤身とオレンジの皮のような病変はありませんが、炎症性乳ガンは、熱がでてどの位経つと乳房が赤くなってくるのですか?
    乳頭から分泌物はとくにありません。
    <女性:46歳>

  919. どれも悪性

  920. 左右エコー、マンモ、造影剤MRIで悪性疑いでした。

    左:6mmしゅりゅう
    右:微小石灰化集族→領域性変化
    エコーでも悪性疑い、MRIも悪性疑い→癌と考える
    どちらも生検勧める。
    との事でした。

    そこまでの結果で生検までして悪性を確定する必要があるのか と疑問です。

    今の段階で、診断をつけなくてよい(癌でも治療する気はない)と申し出ています。

    が、色々悩んではいます。
    手術しようかな?とか。
    <女性:50歳>

  921. マンモトーム生検後の結果

  922. マンモトーム後の血腫があるため落ち着くまで出来ない、11月(中旬)日に予約ですと言われその時は了承したのですがだんだん不安になってきました。

    ここから質問なのですが、私としてはすぐにでも調べて貰いたいのに本当に出来ないのでしょうか?
    よそで見るとマンモトーム時目印にクリップを入れると読みました、それを入れてくれていたらすぐに場所が特定できて切開生検ができたのではないか?
    3ヶ月も放置して大丈夫なのでしょうか?(先生は心配いらない悪性でも早期だから的な事を言ってました)
    <女性:46歳>

  923. 病理結果について

  924. 6月の乳がん検診で1.1センチのしこりが見つかりその後癌確定になりました。

    7月中旬に手術を行い先日病理結果がでました。

    内容は以下の通りです。

    右乳がん 硬がん
    腫瘍径 1.2センチ
    リンパ転移なし
    脈管侵襲なし

    核グレード 2
    ER90%
    PGR 80%
    HER2 陰性 (スコア0)

    ki67 43%

    気になるのはki67の値です。

    先生も高いね、と言われてたのですが
    number of mitomic figuresが1なので大丈夫と思う、と言われてました。
    <女性:36歳>

  925. 乳腺線維腺腫と診断されました

  926. 視触診、マンモグラフィー2方向、超音波検査(クリニックの先生自身に)をやってもらいましたが、結果は「線維腺腫2つ(1cmくらい)ありますが、マンモグラフィーには何も写ってない。
    良性で癌にはならないので大丈夫です。」と言われ安心していたのですが、先生のQ&Aを読ませていただいているうちに、ほんとうに良性なのかどうかわからないし、安心してはいけない事がわかりました。

    Q&Aに何度も先生が書いていらっしゃる通り、若いときの線腺腫維と違って、更年期の頃の線維腺腫は要注意なのですね?
    <女性:49歳>

  927. ノルバテックスとリュープリンの併用について

  928. ガイドラインでは、若年性以外のリュープリン併用の優位性は確認されていないようです。
    大規模臨床試験中という記事も見ます。

    1 リュープリンは必要な治療なのか。
    2 臨床データのため、実施するのか (研究機関でもある病院のため)
    3 子宮筋腫等があるため、ノルバテックスによる肥大を相殺するためにやるのか
    4 ノルバテックス単体投与者よりも、再発リスクが高い患者ということか
    5 同時投与、6ヶ月分投与で、副作用がますのではないか
    6 PMSに長年苦しんでおり、ピルや漢方薬を試したが効果がなかった。

    副作用による更年期障害症状がひどいのではないか。
    <女性:45歳>

  929. 針生検の結果がわからないまま入院が決まったことについて

  930. 8月に、右胸の針生検をしました。
    右胸については、生理のときにグリグリになる部分があり、それについては気にしていたものの、生理のタイミングと連動していたので、自分でもこれは良性のものだと思ってはいましたが、針を刺された部分は全く別のところでした。
    針生検後、左胸の針生検結果の詳細が聞けると思い、医師に尋ねたのですが、乳がんであるとは言った、詳しくはまだ出ていないと言われ、(下旬)日の入院のときには出ていますからと言われました。

    左胸の針生検から10日程度経っているのに、結果が出ておらず、また、結果がわからないまま入院しなくてはならないことになり、戸惑っています。
    <女性:38歳>

  931. 術後のマンモグラフィー

  932. 1年程前に非浸潤癌(わかりやすく石灰化の集簇が写ってました)
    2cmで温存手術。

    病理にて浸潤(トリプルネガティヴ)が見つかってしまい
    半年間の抗がん剤と放射線治療。
    先日1年振りにマンモグラフィーをしました。
    すると患部のあったところからは離れているであろう辺りに
    微細の石灰化が散らばって4つ程ありました。

    主治医が術前の画像を拡大してみると
    この時からあった物だと思うと。
    <女性:40歳>

  933. 隆起

  934. 6月上旬に左胸全摘。
    8月より抗ガン剤治療半年予定です。

    術後リンパ液がなかなか止まらず、抗ガン剤開始のさいも、ちょっとまだでてるかな、と。
    ただ抜くほどではなく、抗ガン剤治療が始まりました。
    ただ、左ワキより少し背中よりが隆起しており、贅肉なのか、やはり少したまっているのか、少しゼリー状になってきているのか、不安です。
    <女性:48歳>

  935. 手術は必要でしょうか?

  936. マンモトームの結果が書かれているパソコン上には、異形細胞が見られること、しかし、「癌と判断するには、躊躇します」という文字が。

    さらに、「DCIS相当」という文字も書かれていました。

    医師からの説明は、100%ガンといいきれません。
    手術をして、検査をしてからの判断になります。
    手術をしてみて、癌ではなかった、ということもあります。
    そうなると、果たして、手術が必要だったのか、という疑問もでてくるので、そこを了承してください、ということでした。
    <女性:49歳>

  937. 術前検査結果と病理検査結果

  938. シコリは1つではなくまとまって何個かあると言われていました。
    すべて同じ乳管内だったそうなので多発では無いと言われました。
    シコリの大きさ 8ミリ リンパ節に転移無し ホルモン受容体陽性 ガン細胞
    悪性度 2 HER2陰性 充実腺管ガン
    Ki67は術前検査のマンモトームでしか調べてない。
    この病院は一度しか調べませんと言われました。
    ステージは?と聞いたらこの時点でステージは関係ないですと言われました。
    ステージ2Aのままですか?
    このサイトで先生がKi67はしっかり病変で見ないとと書いてありモヤモヤしてしまいました。
    <女性:48歳>

  939. 石灰化のみの乳がん病変

  940. 【質問①】
    非浸潤ガンでも、各施設スタンダードは予防照射をするようで、温存手術だけでいいのか、ということです。
    手術だけでいいとする時は、どのような条件になるのかも教えてください。
    断端陽性ならまた切除すればいい、という事でしょうか?

    私が少し調べた範囲では、癌研有明は、非浸潤の部分切除に照射しない、というのもやっておられるようですが、施設のレベルも違うだろうし。
    照射しないなら、よほど手術技術の高い所でないといけないのではないか。

    先生の施設のようにかなり入念に病変を取り扱う施設でも、照射されているのに、とも思ってしまいます。
    <女性:50歳>

  941. 29歳手術後の治療について

  942. 主治医は若いのと結果が中リスクなので5年ホルモンを飲んでから子供をつくれば?
    と言われたのですが、娘はとりあえず1人 子供をつくって授乳が終わってからホルモン治療をしたい。

    田澤先生のご回答には先に妊娠・出産・授乳後にホルモン治療とのご意見が多いようですが、
    娘の場合でも大丈夫でしょうか?

    主治医はホルモン治療をするなら今でないと産んでからでは遅いと。
    <女性:29歳>

  943. 硬癌と診断されました

  944. しこりを見つけ乳腺科を受診し、細胞診と組織診を(中旬)日に硬癌と言われました。

    腫瘍の大きさはエコーで10mm
    核グレート2
    Er.pr共に90パーセント
    her2は3+
    ki67は22パーセント
    リンパ球に高く浸潤、赤血球+となってました。

    ①このデータは初期でしょうか?
    <女性:47歳>

  945. センチネルリンパ生検

  946. 乳癌の温存手術を受けました。
    術前病理は、
    浸潤性乳管癌 ER+100% PgR+80%
    Her2 DISHで陰性 グレード1
    腫瘍の大きさは約1.5センチ リンパ節への転移はなさそうとのことでした。

    ルミナルAだし、早期だから標準治療をきちんと受ければ心配ないと思っていたのですが、手術の時センチネルリンパ節がみつからなかったとのことなのです。

    リンパ管を一部取って陰性だったことと、大人しいタイプの癌であることから、リンパ節郭清はしなかったとのことでした。
    <女性:59歳>

  947. 治療法について

  948. 術後の傷が化膿して、抗がん剤が始められない中、6月中旬に、エキスパンダーの水入れ後に高熱が出て、エキスパンダーの周りに膿が溜まりエキスパンダーを摘出しました。
    何故、2ヶ月たってこのようになったかは分からないそうです。

    その後、7月下旬から抗がん剤TCを始めましたが、8月上旬より高熱が出て、右胸に膿が溜まり、胸にドレーンを入れ膿をだしました。

    CTで見たところ、肋骨の軟骨に菌があり軟骨が薄くなっているとの事でした。

    そこで、先生より以下の提案をされたのですが、悩んでおります。
    田澤先生でしたら、どの方法をおすすめしますか?
    ①胸にドレーンを入れ膿を出しながら、抗がん …

  949. 乳がん検診の結果

  950. 昨年も受診しましたが、結果は触診・エコーともに異常なしでした。

    しかし、今年は「A域、E域に低エコー腫瘤が見つかったので12ヶ月後に再検診を受けること」というような内容が書いてありました。

    ここで、何点か疑問が起こりました。

    まずA域、E域とはどこなのか?
    次に腫瘤があるのに12ヶ月後の再検診でいいのか?
    良性か悪性か現時点ではわからないから、1年後なんてのんきなことを言っているのか?
    腫瘤の大きさはどれほどなのか?
    <女性:27歳>

  951. 術後の不安

  952. ○病理結果は面談書という紙に主治医が書きながら説明されました
    帰宅して改めて見ると 面談書には癌の大きさ1.5cmと書かれてますが地域連携で他院に受診する時用のノートには腫瘍径0.8cmと書かれていました これは違うものを指しているのでしょうか?
    記載ミスなのでしょうか?
    ○転院した先ではKi67は必要な時しか調べていないと言われましたが
    調べなくて大丈夫ですか?前院のマンモトームでは調べてます
    <女性:42歳>

  953. 低エコー腫瘤と診断されました

  954. 職場の健康診断を受診しました。

    その際に一緒に女性検診も受けました。

    乳がん検診は触診とエコーのみで、マンモグラフィーはやっていません。
    (昨年も同様の検診を受けて、触診・エコーともに異常なしでした。)
    触診は異常なしだったのですが、エコーで腫瘤が見つかりました。

    右側のA域とE域に低エコー腫瘤があり、12ヶ月後に再検診を受けてくださいと結果表には書いてありました。
    <女性:27歳>

  955. 術後の皮膚移植

  956. 7月(下旬)日に全摘手術を受けました。
    (左)
    皮膚の回復力が悪く今月初めに再縫合(?)の手術を受けましたが、ほかの浸出液が多く毎日通院して、ここ数日は大分治まってきました。

    ただ、再縫合部は皮膚の盛り上がりが悪く”移植手術”をと言われています。

    ただ、術前の転移検査の時に腎臓の腫瘍(6~7センチ?)が見つかり今月末に他病院で手術の予定です。
    <女性:69歳>

  957. 娘結節のある場合の術式

  958. MRI画像所見
    右乳腺D領域に径13mm大の造影結節あり daynamic studyでrapid-
    plateauの造影パターン
    上記乳頭側に6mmの造影結節あり
    遅延相で上記2病変の周囲にも造影結節あり 乳管内進展/娘結節の可能性、これも含めると3cm強の広がり
    リンパ節転移疑う所見なし
    T1c(m)N0
    <女性:51歳>

  959. 段端陽性と今後の治療について

  960. ①段端陽性の説明で、”検体右側の剥離面に乳管内成分の露出を認め
    る”とあり、その部分を追加切除したのですが、そもそも乳管内成分、というのは癌細胞のことなのでしょうか?

    ②検体の輪切り写真のようなものを見ながら説明を受けたのですが、癌の周りに点々で印がしてあり、その点が1箇所だけ検体からはみ出ている(=その部分を追加切除した)のですが、点が検体ギリギリまで来ている部分もありました。
    点は癌の周りにランダムにあるように見えるので
    すが、切除した部分以外にも残っていたり、乳房全体に広がっている可能性があるのでしょうか。
    <女性:34歳>

  961. 乳腺症

  962. 乳腺症ではないか
    と書かれていますが、
    つまりあたしは乳腺症ということですか?
    4ヶ月前にエコーとマンモをしましたが、
    しこりはなかったのですが、
    それでも乳腺症なんですか?
    乳ガンの可能性もあるということですか?
    <女性:46歳>

  963. 母の乳ガンについて

  964. 母の乳ガンが発覚しました。

    7月にマンモ、エコー、生検、造影CT,MRIを行い、来月手術の予定です。

    生検の結果では、核グレード1、ホルモン陽性、ハーツー陰性、ki-67 30%、大きさは、しこりと周りに浸潤しているのを合わせて5センチ程度と言われてます。

    検査では転移所見ないとのことですが、最近やけに空咳が気になります。
    癌が発覚してから色々気にしすぎなのかもしれませんが…激しい咳ではなく1日に何回かなんですが…
    画像にはうつらない、微少に転移してるのではないかと心配です。
    <女性:63歳>

  965. 再建の方法について

  966. 片側全摘、センチネルリンパ節生検のみ。

    術後、ノルバテックスとリュープリン治療。

    同時再建が希望でしたが、
    手術した病院では対応していませんでした。

    落ち着いてから二次の自家組織を勧められました。

    インプラントは感染症もあるし、入れ替えが必要なので実施しない。

    自家組織は温かいし一生ものだからという説明で、
    選択の余地はありませんでした。
    <女性:45歳>

  967. 乳がん手術から6年で肝臓転移

  968. 肝臓専門医の意見は、肝臓に出来ている腫瘍の位置がとても取りやすい位置にあるため
    肝生検するよりも切除してしまった方がいい。
    主治医の意見は、おそらく転移性乳がんである。
    元来ならばもっと症状が進んでから
    抗がん剤治療を開始するが、どんな性質のものか知る判断材料のため切除してしまった方がいいのかな・・。

    質問
    ①トリプルネガティブ手術から6年 転移は起こりうるのか。
    (しかも、肝臓にだけ)
    ②腫瘍切除してもいいのか。
    ③腫瘍が悪性ならば切除だけでいいのか。
    <女性:48歳>

  969. 術後の妊娠と再建について

  970. 現在リュープリンの注射2年が終了しようとしています。
    初発の時に卵子冷凍していまして、再発リスクが高い事も重々理解しておりますが、年齢的な事も考えて、治療を一旦やめて妊娠にチャレンジできないかと考えたんですが…。

    主治医からはリンパ節転移の数も多く再発リスクの危険性が高すぎるので駄目だと言われました。

    もし妊娠出来たとしても、ホルモン値が急激に上がり残っているであろう癌細胞が大きくなって手遅れになると……。

    諦めた方がいいのかと悩んでおります。
    <女性:41歳>

  971. 乳癌 術後療法について

  972. 7月(下旬)日に右乳頭乳輪温存乳房全摘手術を行いました。

    シリコンエキスパンダーを入れ乳房再建中です。

     病理検査結果を昨日聞き、
    非浸潤性乳管癌 腫瘍径6.5×2.8×1.9cm
    病期分類 T is N 0 M 0 ステージ0
    リンパ転移 0個 3個摘出(センチネルリンパ節生検)
    ホルモン受容体 エストエロゲン 陽性 プロエストロゲン 陽性
    脈管侵襲 陰性 核異型度 2 HER2 2+ Ki-67 13%
    ルミナルAタイプ
     ○術後補助療法でノルバテックス内服5年間と言われ副作用でホットフラッシュが
    起きること40になったばかりの為 それに耐えられるかと内服したら …

  973. 今後の治療について

  974. 初期乳癌の手術を受け、部分摘出手術をしました。
    病理結果は、ステージ1、Her2タンパク質3+、ki値50、エストロゲン・プロゲステロン感受性ともに30-40%でした。
    センチネルリンパ節生検の結果、リンパ節転移はありませんでした。

    22回の放射線治療が終わり、9月より化学療法を行う予定です。
    ドセタキセル+ハーセプチンを3週ごとに1回で4クール行い、その後2月いっぱいまではハーセプチン単剤、その後FECという流れを希望しています。

    このような順番を希望している理由は
    来年2月末に国家試験の受験を控えているためです。
    治療効果は変わらないでしょうか?
    <女性:35歳>

  975. 病理組織検査の結果について

  976. 組織学的には、A-L列にかけて腫瘍は存在し、浸潤癌成分はA-J列にかけて認められます。

    浸潤癌成分の多くはリンパ管腫瘍塞栓よりなり、間質に浸潤する成分は、硬癌の像を呈します。

    リンパ管腫瘍塞栓を含めた浸潤癌成分は散在性に乳腺組織内に拡がります。

    リンパ管腫瘍塞栓では、核分裂像・アポトーシス像を示す細胞が散見されます。

    →Q. リンパ管腫瘍塞栓とは、どの様な状態なのでしょうか?
    →Q. 『核分裂像・アポトーシス像を示す細胞が散見』とは、
    癌細胞の増殖が早いタイプなのでしょうか?
    <女性:48歳>

  977. MRIにしか映らない乳がんがあるのでしょうか?

  978. 左乳腺に3ミリの扁平な腫瘤と5ミリ×4ミリの結節がありました。

    結果を持って乳腺クリニックに再度受診をしたら、「経過観察」となりました。

    MRIにしか映らない乳がんもあるが、
    これ以上検査をするなら、MRIガイド下生検しかないが、今はそこまでしなくてもいいと言われました。
    画像が癌を疑わせるものではないからという理由でした。

    ですが、こちらのQ&Aを見させて頂いていると、このまま経過観察でいいのか不安になってきました。
    <女性:42歳>

  979. 断端陽性。全摘出か追加部分切除か。

  980. 断端陽性なので全摘出しか選択肢がないと覚悟しましたが、
    「全摘出してしまうのが間違いないですが、ただ、上部や脇方向にはがんが検出されていないので、もう一度、追加で2センチ程追加部分切除手術、ホルモン治療プラス6wの放射線治療。という選択肢もあります。」
    とおっしゃっていただきました。

    切除部分から1ミリ未満もあり、取り切れるかは賭けになるということ。
    <女性:47歳>

  981. 乳頭の分泌物

  982. 乳頭から透明の分泌物が出ます。

    気づいたのは6年ほど前で、出てるのは必ず決まって右側の乳頭の1つの場所からのみです。
    他の場所からは、一切出ません。

    搾るように力を入れてつまむと、プクッと1.2ミリほど出てきます。

    色は無色透明で、ややねっとり、少し粘り気のあるものです。
    <女性:26歳>

  983. 抗がん剤の追加について

  984. 抗がん剤の追加についてお伺いします。

    病理結果は浸潤性乳管癌で
    しこり9mm×8mm
    ER90 PR50
    ki67 50%
    異形度2
    HER2 3+

    現在AC×4を終了し来週からハーセプチンが始まります。

    AC×4、ハーセプチン、放射線、ホルモン治療の予定なのですが、それにドセタキセルを追加するかどうかで迷っています。

    しこりが1cm以下でリンパ節転移もないのですが、ki67が50と高いことと年齢(37歳)を考えてどうなのかと。
    <女性:37歳>

  985. 怖いけどがんばります!

  986. 7年ぶりに受けた検診でエコーに引っかかり、
    当日針生検をして左胸内側上部の一番大きな8ミリのものが
    『非浸潤性小葉癌』だと判明しました。

    オペに向け近々MRIや骨シンチを予定、という段階です。

    ER(+100%) 、PgR(+100%)、HER(-)です。

    宣告された日は放心状態でしたが、
    7年ぶりの検査で早期で見つかるなんて、こんなラッキーなことはない!
    と自分に言い聞かせて生きていく心構えはできました。

    Q1
    私の場合、他の小葉部分に多発がなければ部分摘出は可能ですか?
    また多発があれば全摘が必要ですか?
    ちなみに右乳は良性でした。
    <女性:48歳>

  987. セカンドオピニオン、本人なしで相談できるか?

  988. 詳しく病状を聞き出せる状況ではありませんでしたが、その後ぽつぽつとわかってきたことは・・
    癌が胸骨にくっついている、皮膚浸潤していたようだ、手術は不可能らしい。

    全摘手術が困難な状態でも、もう少し生活の質を良くしてあげたいし、
    田澤先生に診ていただければやれることが、今とは違うできることがあるのではないかと思っています。
    <女性:56歳>

  989. 胸の違和感

  990. 今は、全体的な張り、痛みは治まりましたが、手を平らにして胸を押さえると、乳首奥にしこりを感じます。
    また、たまにじーんとした感じがあります。
    普通に下着を着けたり、体を洗うときはしこりを感じません。
    母が子宮がんの病歴ありです。
    <女性:36歳>

  991. 針生検

  992. 針生検をしましたが、3本とる予定が2本しかとれませんでした。

    「針が切れなくなってきたかな」と言っていましたが、「2本しっかりとれてるから大丈夫だな」とのこと。

    判定に問題はないでしょうか?
    ちなみに11×8×4で、繊維せんしゅもしくは乳腺症ではないかと言われています。
    <女性:30歳>

  993. 病理結果について

  994. 乳癌の診断で、1.3cm。
    針生検の結
    果、ER+ PgR+ HΕR2(1+) ki67:6.5%
    でルミナールAの診断で自分の希望で全摘しました。

    手術の結果腫瘍径15×11mm、浸潤径5×4mm、リンパ管、静脈浸潤なく、センチネルも陰性で小さいものでしたがER+
    pgR+ HΕR2+(3+) ki67:20%で化学療法とハーセプチンをすすめられました。
    こんなた病理ってかわるものなのでしょうか?
    <女性:38歳>

  995. 乳頭からの分泌物について

  996. 8月(中旬)日に左の乳頭の1つの穴から、しぼると分泌物がでました。
    右からはしぼってもでませんでした。

    色は見た目はクリーム色~乳白色で、ティッシュにとると黄色っぽい(初乳のような色)かんじでした。

    量は小さな水滴1滴程度が2、3回でました。
    乳頭に滲むかんじで、たれてくるようなことはありませんでした。
    分泌物トータルで0.5mlにも全然及ばない量かと思います。
    <女性:32歳>

  997. 浸潤性乳管癌の今後の治療の流れに関しまして

  998. HER2陽性かトリプルネガティブという事だと思われるのですが、主治医からは術前化学療法と、術後化学療法の2択を提案されました。
    抗癌剤を先にやると半年以降に手術になりそうです。
    (田澤先生が疑問視され
    ている見えない癌を叩くに近い表現でした。)
    来週のリンパとMRIの結果次第ですが、本人はここ2週間でどんどん大きくなってきてるようで痛い、全摘で良いから取りたいとの事なのでやはり手術可能ならば先に手術を行いたいと思っています。
    触れたりしても痛くリンパもズキズキするとの事です。
    <女性:32歳>

  999. 治療方針について、化学療法は必要でしょうか。

  1000. 1.私の場合、ホルモン療法だけの5年後、10年後の再発、転移のベースラインリスクはどのくらいですか。
    2.抗ガン剤を2年追加することで、そのリスクはどれ位減らせるのですか。
    3.1年では効果がないのですか。
    4.途中で止めると何らかの害がありますか。
    5.脈管侵襲 1+というのは、どのくらい悪い事なのですか。
    血液に乗ってがん細胞が体中に回っているということですか。
    <女性:67歳>

  1001. 病理検査、予後

  1002. 腫瘍全体の占拠範囲は28×20×20mmですが乳管内病変と間質浸潤部が複雑に混在しており浸潤部の最大の拡がりは計測困難→これはもっと実際は大きく癌ができているということですか?

    NewAdjuvant.comで調べていただくことできますか?

    家族や親戚には遺伝性リスクが高い癌発症歴の人はいませんが若年性、トリプルネガティブだと遺伝性も心配です。

    でも私はまだ子供いなく私自身一人っ子なので定期的に乳房の検査と卵巣がんも超音波など子宮頸癌検査と共にしてもらい今のところ受けるつもりはありません。
    もし遺伝性乳癌だと生存率、再発率の値は変わってきますか?
    <女性:28歳>

  1003. ホルモン療法について

  1004. 現在、タモキシフェンを処方されながら、のんでいません。
    再発予防に有効である事は、このサイトで学び理解しているのですが…

    先生の患者さんで、この様な症状の方はいらしたでしょうか?
    私の主治医は、タモキシフェンの副作用では無いよ、と言うニュアンスだったので、勝手に薬を止めている事が間違っているのか不安です。
    <女性:42足>

  1005. her2陽性の化学療法について

  1006. 現在、手術時に摘出された原発、リンパ節の病理の結果待ちですが、
    *今後はおそらく放射線治療→化学療法を行う
    *ハーセプチン、パーシェダ、カドサイラも効かない稀なタイプのher2
    陽性だろうと言われました。

    私としては副作用が少なく転移先には効果があったので、カドサイラを使い続けたいのですが、
    主治医はACまたはECなどアンスラサイクリン系の薬から始めて、
    効かなくなったらウィークリーパクリタキセル、アバスチンなど薬を変えて治療をします、とのことです。
    <女性:39歳>

  1007. 乳房のニキビ?

  1008. 昨年の9月に石灰化が非浸潤性乳管ガンで温存手術をし、放射線を30回して今は無治療です。

    質問をさせて頂きます。

    某芸能人が温存手術をして同じ乳房にニキビみたいなものが出来、それが乳がんという事でまた温存手術をしたと聞きましたが、そのニキビみたいなものとはどういうものなのでしょうか?

    2日前に手術した側にニキビなのか虫にさされたのか赤く1cmぐらいの丸いものがあります。
    <女性:48歳>

  1009. 再発・転移の今後について

  1010. 5年前に両胸に違うタイプのガンが見つかりました。

    温存を考え術前化学療法(FEC)をしましたが両胸全摘となり、
    その後、左側に放射線治療、閉経前でしたのでリュープリンを3年、ノルバデックスを5年と治療を進めてまいりましたが、

    5年目にして右鎖骨上リンパ節にシコリ(複数)を見つけ不幸中の幸いというかひとつを局所麻酔で細胞を取り、検査した結果
     ER(+) PGR(ー)  HER2 FISHにて陰性でした。

    造影CT,PET-CTと検査し単発での転移・再発と診断を受けました。
    <女性:45歳>

  1011. 境界型葉状腫瘍

  1012. マージンを確保する手術になるともおっしゃておりましたが、手術までに腫瘍が3cmくらいにはなる可能性もあるともおっしゃってました。

    最初の診断(5mm)から既に5カ月(1.5mm)も経過しているので不安で・・・。

    a)手術予定時3cm(境界型)の腫瘍の場合、どれくらいのマージンが必要だとお考えになりますか?

    b)摘出後病理検査結果で、境界(針生検)⇒良性(摘出後)となる場合はありますか?
     
    c)摘出前から悪性と考えたマージンを確保して頂く様に打診させて頂いた方がいいのでしょうか?
    <女性:37歳>

  1013. 乳首・乳首周辺・乳首奥の鈍痛

  1014. 最近になって、乳首と乳首の周辺(狭い範囲)、乳首の奥が、ズンズン・ズキズキという鈍痛がするようになりました。

    痛みの強弱はその時により、とても痛かったり、軽いものであったり、長く続いたり、
    短時間で消えていったり色々です。

    このような乳首・乳首奥・乳首周りの痛みは初めての事です。

    乳癌ではないとわかっていても、痛みはつらいので、(かなり痛い時もあります)何故そうなるのか不安です。
    <女性:55歳>

  1015. 血液検査の結果について

  1016. 今結果待ちの1-CTP数値が6前後だったら、今度こそは骨シンチを受けて骨転移チェックをするようにと主治医に言われています。
    (CT検査もということです)
    それでよいでしょうか。

    私は今は術後1年経ってないくらいですが、私の癌の状況と治療で、
    こんなに早くに骨転移もあることなのでしょうか?

    白血球の数が随分と少なくなっていること(何か骨髄に問題??)、
    じわりじわりと少しずつあがってきている腫瘍マーカーの数値(1-CTP基準値超え)から、
    私には骨転移の兆候がありますでしょうか。
    <女性:40歳>

  1017. 抗がん剤の追加は必要ですか?

  1018. このたび、病理の結果がでて今回切除した組織の中にがん細胞は認められず前回の検査時に取り切れていたそうです。

    リンパへの転移も認められず、おとなしいタイプのがんで、発見も早く
    ラッキーだったといわれ、今後はタモキシフェンとゾラデックスを併用するホルモン治療のみで
    おそらく再発もないのではないかと言われました。

    ただ、私がわがままを言って乳輪乳頭を残してもらったにもかかわらず、
    そこに再発するのではないかという不安が頭をよぎり
    抗がん剤を上乗せしたほうが良いのではないかという思いに取りつかれております。
    <女性:46歳>

  1019. 粘液性乳がん

  1020. 地元では、名の知れた先生なので手術をお願いしますが 家族より早くから受診してたのに見つからず、5cmもあるなんてと言われ 手術も○曜しかしないので当初(中旬)か(下旬)日と言っていたので、
    仕事の都合もあり(中旬)とお願いしたのに、(下旬)になり延びたこともあり不信感も生まれてきました。
    信用して手術を受けたいので先生の見解をお尋ねしたいです。

    細胞診から1か月おっぱいにたまに痛みと、しこりが増えた(大きくなった)気もして不安です。
    <女性:36歳>

  1021. 乳癌手術について

  1022. シコリは15ミリ大でリンパへの転移はありません。
    術前抗がん剤を勧められ、今はAC療法4回が終了し、ハーセプチン+ドセタキセルの1回が終了した所なのですが、AC療法が終了した時点でエコー上確認出来なくなっていて、マーキングも出来ないので、
    おそらくあったであろう場所を手術する事になると言われました。
    取り残しなどは大丈夫なのでしょうか。
    <女性:38歳>

  1023. 術後の治療方法の選択について

  1024.  術前は、リンパ転移が分からなかったため、放射線とホルモン療法(ノルバデックス)を予定していましたが、転移が見つかったことで今後の治療として、抗がん剤(TC療法)か、リュープリンのどちらかを自分で選ぶように言われました。
    医学的知識がない私にはどちらかを選ぶことができません。

    来週に返事をしなくてはならないのですが、先生でしたら、私の場合、どのような治療をすると良いと思われますか。
    <女性:44歳>

  1025. 乳頭のしこりについて相談させて頂きます

  1026. 左の乳頭にしこりがあることに7月中旬頃に気がつきました。

    そのしこりは石のような硬さではありませんが、右側にはないものです。
    また、両胸にかゆみもあり、(去年の10月まで授乳していました)両側の乳頭から米のとぎ汁のような汁も出ます。

    関係ないかもしれませんが、授乳中、子供2人とも1歳を超えたあたりから左側から飲むことを嫌がり、飲まなくなりました。
    <女性:38歳>

  1027. 5mm浸潤といわれました。

  1028. 妻(44歳)ですが、5年前に左胸に乳がん(非浸潤、ステージ0)の温存手術を受け、その後放射線治療もうけました。
    その後も定期検診はうけておりました。

    今年の2月ごろ、おなじ左胸にしこりを見つけ、7月に日帰りの切除手術を受けました。
    良性だろうとのことでしたが、病理検査で5mmの大きさで浸潤と判断されました。
    先生は、この大きさでよく見つけられたと驚いていたようですが、
    妻もこれからのことを考えて温存ではなく摘出手術をうけたいと話しています。
    <女性:44歳>

  1029. いきなりステージ3の疑い

  1030. サブタイプも聞けてませんが、抗がん剤(ハーセプチンも)はあまり効かないタイプなのでトリプルかルミA?
    治療方針はシンチとCTの結果、
    遠隔転移がない場合ですが、術前にホルモン、アントラサイクリン、タキサンを半年やって手術と言われてます。

    手術が出来るとも最終結果が
    出ていないからか明確に言われていないのも心配です。
    抗がん剤が効かないから?
    あとリンパの腫れが大きいため温存手術しても凹んで変形するとの事で全摘になるだろうとも。
    そもそも抗がん剤が効かないのに何で術前化学療法なんでしょうか???本来はお手上げでは?
    <女性:47歳>

  1031. 乳腺エコーでの結果の違いについて

  1032. 左乳房がチクっと痛んだり、触ると痛かったり、生理前や排卵前で痛み方や場所が変わるのが気になり、先ず、婦人科で乳腺エコーをしてもらいました。

    その際に、黒い影があり乳腺の出来物があるから、大丈夫だと思うけれど、専門科で念のためにマンモを受けてみてと言われました。

    そこで、乳腺外科にてマンモと触診と乳腺エコーを受けました。
    結果は
    「異常なし、石灰化もなし、乳腺症もなし」とのことで、それだけを聞いて帰ってきてしまったのですが、
    では婦人科で受けた診断は何だったのかと急に不安になりここで質問さていただこうと思いました。
    <女性:45歳>

  1033. 若年性乳がんの遺伝について

  1034. 乳がん発覚時32歳、トリプルポジティブです。

    乳がん治療が終わり、可能であれば子供を作りたいと考えていますが、遺伝に関して分からない部分があります。

    若年性乳がんは遺伝の確率が高く、何人かの先生には、もし心配であれば遺伝子検査を受けてみては?と言われました。

    ですが、私の親族には、乳がんや卵巣がんを発症したものは1人もおりません。
    <女性:35歳>

  1035. 再手術か放射線照射か

  1036. * 乳房の断端陽性の部分に関しては、
    追加の切除(部分もしくは全摘)、もしくは部分照射を追加した温存乳房照射のいづれか

    * 腋窩リンパ節転移に関しては、
    追加の腋窩リンパ節郭清、もしくは腋窩に対する放射線治療のいづれか

    の選択を次回まで決めるよう言われました。
    <女性:51歳>

  1037. 抗癌剤の追加投与について

  1038. ご相談させていただきたいのは、
    医療関係の知り合いから、核異型度が3である事、HER2が(-)である事、ホルモン感受性が低いことを考慮し、化学療法の追加をした方が良いのではないかと言われました。

    田澤先生の見解をお聞かせ願えないでしょうか?
    また、ホルモン感受性がかなり低いのですが、ホルモン療法は効果が期待できるでしょうか?
    ホルモン療法については、卵巣脳腫の既往(30歳時)と子宮筋腫(線維腫)があり、不安もあります。
    <女性:52歳>

  1039. 胸の赤みと分泌液

  1040. 妊娠7ヶ月になった今、
    右の乳首からは赤~赤茶色~黄色~透明の分泌液が出ます。
    左胸は黄色~透明です。
    赤い分泌液は乳がんとの記事を見ました。
    これは乳がんなのでしょうか?乳腺外来に行き、乳がん検診を受ければいいのでしょうか?
    あと、不妊治療をしていた時に潜在性高プロラクチン血症と言われています。
    <女性:33歳>

  1041. 術後5年8か月後に左鎖骨上リンパ節に転移の疑い

  1042. 左鎖骨上部リンパ節のポリープが悪性か良性か判断がつかない(細胞診できないため永久に判断できない)
    現在の状況下で、5年8か月前の乳がんの領域再発を前提として手術、放射線治療や抗がん剤治療を実施する必要はありますでしょうか?
    また、領域再発の可能性は何%くらいと考えるべきなのでしょうか?
    <女性:66歳>

  1043. 乳ガンの疑い

  1044. CT検査をし、水の塊見たいのがみつかりました。
    大きさは3センチです。
    腫瘍マーカーは陰性でした。
    まだエコー、マンモグラフィー等の検査はしてません。
    このシコリを感じ始めた時は中学3年生くらいで、その時に一通りの乳ガン検診(生検なし)をし、陰性でした。
    不妊治療をきっかけか、乳房の発達に伴ってか、若干大きくなっているような気もしますが、中学時代のことは忘れていて分かりません。
    <女性:29歳>

  1045. 治療について

  1046. 8月初めに乳ガン右の温存手術をうけました。

    乳頭に近く3.5センチあるため乳頭も切除しました。

    リンパ節には転移はありませんでした。

    退院してしばらくして検査結果を聞きに行きました。

    体の中にまだがんは残っているけど再手術はしなくて大丈夫ですと言われましたが、ぜひ抗がん剤を受けて下さいと言われました。
    9月始じめから始める予定ですが副作用が怖くて仕方ありません。

    体に残っているがんを殺す為に必要な治療だと言う事なのでしょうか?
    <女性:50歳>

  1047. センチネル転移での腋窩リンパ節郭清省略

  1048. ①腋窩リンパ節に転移がある場合(この場合は取り残し?)、大きくなるまでほっといて、そのがん細胞は悪さをしないのでしょうか?
    例えば1年後に腋窩再発した場合、その間に遠隔転移などを引き起こすきっかけになるのではないかと不安です。
    先生が、「リンパ節は関所のようなもの」と説明されていましたが、関所にがん細胞がキャッチされた、というイメージでよいのでしょうか。
    そこだけが増大・増悪するものですか?
    <女性:42歳>

  1049. アンスラサイクリン系の抗がん剤の使用について

  1050. 抗がん剤は、「タキサン系は効かない」と言われ、
    アンスラサイクリン系の抗がん剤を使うそうですが、
    どこでわかったのでしょうか?

    アンスラサイクリン系の抗がん剤の「心毒」が書かれており、
    つわりも非常に強かったので、不安です。

    手術後の検査結果を見ないとわからないのかもしれませんが、
    術後の抗がん剤は、投与したほうがいいのでしょうか?
    <女性:57歳>

  1051. 胸の痛みについて

  1052. 婦人科もあわせると3人の先生に見ていただいていますので、しこり等の見落としはないと思いますし、先生たちがおっしゃっていることはそのとおりだと思っております。

    ただ、痛みや乳首のかゆみは異常がなくともあらわれるものなのでしょうか?
    また乳腺の厚みが一部分だけ違うということはあるのでしょうか?
    <女性:26歳>

  1053. ステージの予後について

  1054. 私はリンパ14個中2個転移有りでステージⅡAと言われました。

    自分ではシコリも分からず問診でもリンパは大丈夫だろうと言うことで手術を受けました。
    手術前は96%治ったも同然と言われていましたが、
    術後はリンパに転移有りでステージも1から2に上がりました。
    術後は放射線とタモキシフェン10年になりました。

    お伺いしたいのはステージⅡAでの5年再発率10年再発率と5年生存率10年生存率です。
    <女性:42歳>

  1055. 病理検査結果 marginについて

  1056. 主治医の先生は「がんはきれいに取り切れてます。」とおっしゃっていました。

    検査レポートを見直していたところ、
      margin (2-5 mm) DCIS/ductal spread: なし, IC: #6裏面(muscle)
      margin (<2 mm) DCIS/ductal spread: なし, IC: なし
    という記述があり、気になっています。

    これは、#6裏面という部分の胸壁側断端 2-5mmのところに 浸潤がん細胞が見つかった ということではないでしょうか?
    2mm以内には「なし」なので、問題ないと考えて大丈夫なのでしょうか?
    <女性:52歳>

  1057. 今後の治療について

  1058. 現在、大学病院で行った針生検の結果待ちとなっております。
    エコー画像の腫瘍の形や大きさから、おそらく悪性で手術と思っていてくださいとは言われております。
    大きさは2.5~3cmとのことでした。
    腋窩のリンパ節エコーもしたのですが、こちらは異常なさそうだとのことでした。
    9/(上旬)に結果を聞きに行くのですが、その結果をプリントアウトしてもらって田澤先生に診ていただくことは出来ますでしょうか。
    <女性:37歳>

  1059. しこりとくぼみ

  1060. 1年ほど前にしこりが大きくなっていることに気づき
    境界もわかりずらかった乳首上のほうも なんとなくわかるようになってきて、
    皮膚の盛り上がりと しこりの下部分にくぼみがあります。

    しこりはやや硬くぽっこりした形でゆっくり指をすべらせると
    小さな凸凹があります。

    しこりはここ1年から2年の間に知らない間に大きくなっていましたが
    それ以後は成長はしていないように思います。
    <女性:53歳>

  1061. 浸潤性微小乳頭癌 ステージ3B

  1062. 大きなしこりは、消えていましたが微小転移がたくさんあり かなりショックでした。
    抗がん剤が効いていなかったのでしょうか。
    術後の病理組織診断の結果
    浸潤径が11×6cm
    Grade 1
    TNM pT4aN1
    ER 90
    Pgr 90
    Ki 19
    リンパ2ヶ所転移
    水平断面は陰性ですが、深部断端は、胸筋と胸筋筋膜の明らかでない脂肪織に面して、微小乳頭癌の癌巣が散見され陽性となりました。
    放射線治療の後にホルモン治療という流れになります。
    <女性:39歳>

  1063. 乳腺ゆがみ

  1064. 8月にはじめての乳ガン検診で乳腺の歪みを指摘され細胞疹をしました。
    結果、悪性のものではないと言う事ですが・・・・
    ここの質問者で乳腺の歪みガ結果癌だった!を拝見しました。

    私の気にしすぎなのか、しこりを確認しましたので先生に聞くと、細胞疹の時の血腫だろうと言われました。
    血腫はそんなに長くしこりとして確認できるのでしょうか?
    <女性:49歳>

  1065. 胸のしこりについて

  1066. 7月末、左胸に小指の先ほどの大きさのしこりを自覚。

    そのしこりが1か月の間でみるみる大きくなり
    左腋下や鎖骨の上にも小さなしこりが出現したため、先日乳腺科を受診しました。

    マンモグラフィやエコー検査を受けたところ
    しこりは4.0cm×3.5cmと大きく、
    詳しく検査したほうがいいとしこりの針生検、吸引細胞診を受けました。

    まだ生検の結果は出ていないのですが、
    血液検査を行ったところ
    CA15-3が69.0であり、もしかすると乳癌かもしれないと言われました。
    <女性:30歳>

  1067. 乳房全摘術後の脇のしこり(ふくらみ)について

  1068. 術後から右胸側の腕のつけねあたりがぷっくりふくてれていて
    今もふくれていて、センチネルリンパ節生検の時に
    見逃されることもあると読んだこともあり、
    リンパ節転移なのかと気になるようになってきました。

    脇のふくれと違和感は、
    腕をあげたときにくぼむあたりと胸の間の柔らかい部分です。
    <女性:41歳>

  1069. 右胸のシコリについて

  1070. 8/(上旬)に超音波とマンモグラフィーを行い、右胸の下側に1.2センチ程度の硬いシコリがあると言われたものです。

    その場で超音波下針生検を行い、8/(下旬)の結果を聞きに行くと、判定不能とのことで、9/(上旬)に組織をマンモトームで採取→9/(下旬)結果判明とのことです。
    これが最速のスケジュールとのことです。

    今年2月に超音波を受けた時には全くなかったシコリですので、この半年で1.2センチになったことを考えると、検査のスピードはこれで良いのか不安になっております。
    <女性:34歳>

  1071. 術後の治療方法について

  1072. 7月末に右乳房温存術で手術をしました。

    リンパ節転移なし

    術後の組織所見は

    部分切除された右乳腺には、境界不明瞭でやや硬く触れる腫瘍をみとめます。

    組織学的には、最大径16㎜の腫瘍で、異型の強い腫瘍細胞が小塊状あるいは索状に増生しています。
    線維性間質の増生を伴っています。

    腫瘍の一部では腺管構造の形成もみられ、乳管内進展を認めます。
    <女性:50歳>

  1073. 腫瘍切除について

  1074. (初診から4年経ちました)
    以前、こちらでご相談された方の回答に乳頭のしこりは、良性でも切除と書いてあり、自分の腫瘍が気になってました。
    主治医の先生に気になる話をしたら、切除しようか?と言われました。
    結婚の関係で次回の検査を最後に転院する事になります。
    今後の事を考えると気になってる腫瘍・・・
    転院する前に切除しようか悩んでます。
    <女性:30歳>

  1075. 今後の治療方針について

  1076. 2007.9 右鏡視下乳腺部分切除
    乳頭腺菅がん【アポクリン】1.4×2.5cm
    トリプルネガティヴ 2年抗ガン内服後無治療

    2016.7 乳房内同箇所〈乳頭付近〉再発 右全摘+フィッシュ再建中
    病理結果にて、同菅がん
    ryp T1b リンパ転移なし
    ER 0
    HER2 3+
    CK19 ++
    《タキソール+ハーセプチン+REC4+ハーセプチン単剤》
    の治療方針です。
    ハーセプチンも出来るのだからこの方針がベストだとおっしゃて頂いてます。
    <女性:53歳>

  1077. 乳がんの可能性について

  1078. 7月末ごろ、左胸にしこりがあるのがわかり、先週末に近くの乳腺外来でエコーをしてもらいました。
    その結果として、
    9??8??3ミリの辺縁明瞭、内部不均一、低エコ 1腫瘍が認められたとのことでした。
    今週、近くの大学病院で細胞診の予定ではありますが、とても不安でしょうがありません。
    状況内容から、乳がんの可能性が高いのでしょうか?
    <女性:37歳>

  1079. 遠隔転移や再発について

  1080. リンパ節転移が大きいため術前化学療法です。
    ルミナールAですがリンパ節の影響で化学療法しています。

    これから辛い半年になるのですが、
    こちらのQ&Aでも再発の質問を読むと怖くなります。

    化学療法中でも途中で遠隔転移したり、他から再発などの可能性も高いのですか?

    病院の示した治療
    方法通り進めていますが、再発や遠隔転移を予防するための方法は無いのでしょうか?
    <女性:48歳>

  1081. センチネルリンパ生検とリンパ節廓清について

  1082. 今後右側の乳がんを手術する際、リンパ節廓清したくないというのが正直な気持ちです。

    両手とも不自由になると仕事や日常生活にかなり支障がでると感じるからです。

    医師の話では、
    今回のガンも初期の乳がんの可能性が高いという話ですが、
    初期であってもリンパ節廓清するかどうかという見極めのためにセンチネルリンパ生検はするのでしょうか?
    <女性:43歳>

  1083. エコーに映るリンパ節腫大について

  1084. 結果、乳房には特にエコーではなにも映っていないし触診でもなにも見当たらないといわれました。

    しかし電子カルテには「LN(+)」と書いてあり、青い線がエコー内に引いてありました。

    質問したところ「これはリンパ節で問題ないです」と言われました。

    自宅に帰ってネットで調べたところリンパ節が映っているということは腫れているということだと知りました。

    私が見た限り映っていたリンパ節は細長く紐のようでした(青く矢印が引いてあった部分の印象)
    マンモ・エコーで何も発見されずリンパ節腫大でがんの見落としなどあるのでしょうか。
    <女性:45歳>

  1085. 田澤先生の診察と検査を希望します。

  1086. 乳がんプラザを見ていても、その他の乳がんに関するパンフレットなどを見ても、
    病理レポートをもらえないということは、通常ではないことと思いました。

    エコーを担当医師がしたのは、結局悪性ではなかった右胸の針生検をしたときのみで、
    それ以外には、初診時以降、左胸や脇のリンパのチェックもありません。

    最近は、左側だけでなく、右側の脇にも痛みを感じて不安が増しています。

    1クール目の抗がん剤治療が済んだ段階ではありますが、田澤先生のもとで診察、再検査等していただき、ご意見をいただけないでしょうか?
    <女性:38歳>

  1087. 診断結果について

  1088. 今月の初めに再来した際、やはりマンモグラフィーでの異常は見られず、エコーで昨年見つかった良性のしこりの大きさも変わってないとのことでした。
    ただ、今回新たに見つかったしこりがあり、また細胞診を行うことになりました。

    翌週結果を聞きに訪れ「細胞診異常なし。ただ形がここちょっとギザギザだから、半年後にまた来てください。」と指示を受けました。

    形がギザギザなのは警戒が必要だということを知り、少し不安を感じております。
    <女性:33歳>

  1089. 右脇中央のいたくないしこりについて

  1090. 妊娠中に右脇中央にポツっと小さなものがあり気にしていませんでしたが、
    産後10日目にそれが1センチ弱のしこりのようになり乳がんではと不安になりました。
    その二日後その場所より腕側にもう一つ小さなしこりができました。
    昨日産婦人科で診てもらったら
    乳がんなら先に乳房に異変を感じるので可能性は低い、リンパならもっと固くなる、副乳でもない、毛穴でもないのでとりあえず経過観察と言われました。
    <女性:33歳>

  1091. 乳がんかどうかについて

  1092. 半年後、再度受診すると、
    しこりが、19㎜程度に大きくなっているようで、
    触診、マンモ、エコーの画像では、それほど怪しいと思えるようではないみたいでしたが、
    「ここで、また経過観察にし、
    次回、しこりがまた2cm程度に大きくなっていたとしても必ず検査するだろうから、
    ここで、針を刺して、白黒はっきりつけましょう。」
    と先生に言われ、
    針生検を行い、今は、その結果待ちです。
    <女性:39歳>

  1093. 今後の治療について

  1094. 母の今後の治療についてご相談させてください。

    今年の1月末に左乳房部分切除
    センチネルリンパ節転移なし
    浸潤性充実腺管がん
    トリプルネガティブ
    大きさ 9.7×9.1mm
    核グレード3
    ステージ1

    主治医からは、抗がん剤をすすめられませんでした。

    3月から4月に放射線療法(50グレイ)を終了。

    今後の治療はなしで良いのか不安になり、詳しい病理結果を確認してみました。
    <女性:68歳>

  1095. 乳頭を残せる条件について

  1096. 乳頭を残せる条件と全摘手術について質問致します。

    術式が全摘の場合は、乳頭を残せる事は少ないのでしょうか?
    やはり局所再発のリスクが高いからですか?
    残せる条件としまして、乳頭に直接浸潤していなければ大丈夫と考えで良いですか?
    私は乳頭の下にも腫瘍があると言われております。

    この場合はやはり残さずに全摘してしまう方が安全なのでしょうか。
    (二次再建を考えております)

    また、全摘手術についてですが、かなりの貧乳で痩せ型の場合、皮膚が足りなくなり傷が大きくなる可能性もありますか?
    <女性:30歳>

  1097. 術後の診療方針についてのご相談

  1098. 今後の治療について是非ご相談をさせていただきたいと思い、ご連絡いたしました。

    1mmの浸潤がんが見つかった場合、今後の治療はどう行っていくのがベストか、先生のご判断をお聞かせ下さい。

    反対側の乳房のことも含め、内服したほうが5%(95%は大丈夫)のためにメリットがあるのかどうかをお教え頂けたらと考えております。

    がんのグレードや核異形度等、詳しい病理結果は聞いておりませんが、詳しく聞いたほうが良いでしょうか。
    <女性:49歳>

  1099. 術後の治療について

  1100. 術後の治療についてご相談させてください
    4月末に浸潤性乳癌右胸全摘
    術後の結果
    ホルモン治療5年以上
    グレード2
    Ki67.26%
    リンパ転移なし
    しこりの大きさ2.6センチ

    現在アミノデックス服用中
    主治医は抗がん剤は必要ないホルモン治療だけで良いといいますが、先生も抗がん剤は必要ないと思われますか?
    <女性:61歳>

  1101. 説明不足でした

  1102. 7/(下旬)の検診の4、5日前に左側から水のような分泌液が一度あり、
    伝えたのですが、そのことに関しても何も説明はありませんでした。

    元々プロラクチン値が35くらいで少し高く、妊娠前にはテルロンを服用しておりました。

    今は時々両側乳頭に白や黄色の固まりがつきます。
    <女性:47歳>

  1103. 今後の治療方針

  1104. 治療方針で凄く悩んでおります。
    担当医からは、抗がん剤も念のためにやりましょうと言われ、何故か?お聞きしたところ、年齢が若いので再発や転移のリスクを下げる為にと、再発したら根治は難しいと、他、色々と恐怖心が出てくる様な話しをされました。

    術後翌日から、抗がん剤を先にと強くすすめられています。
    (医師の説明では一番強いタイプの薬だと。)
    私は、副作用もそうですが、抗がん剤とゆうものに凄く抵抗があり、また、担当医の若いからと言う説明だけで、正直必要性が分からず、不信感を抱いてしまい躊躇しています。

    私は本当に抗がん剤をしなきゃいけない状態なのでしょうか?
    それに代わるものは、な …

  1105. 放射線治療について

  1106. 母(65歳)が初期の乳がんと診断され、7月(中旬)日に部分手術を行い、
    9月初旬に病理の結果が出ました。

    ・ステージ0
    ・非浸潤がん
    ・がんの大きさ 6×5mm
    ・センチネルリンパ節生検結果→転移なし。

    手術前は1cmほどといわれていましたが、実際はそれより小さいものでした。

    今回質問したいことは術後の放射線治療が必要かどうかです。
    <女性:65歳>

  1107. 術後の抗がん剤使用について

  1108. 両側乳がんと診断され、針生検で、進行癌 ⅡAということで、温存手術をいたしました。

    術中のセンチネルリンパ節生検により左のみリンパ節郭清をしました。

    術後の組織検査結果(左)
    Scirrhous carcinoma,18x12x25mm,Locus D,fat
    infiltration(+),ly(+),LN(5/7=レベルⅠ4/6+センチネル1/1)
    6.5x5.5x3.0cmの検体。
    皮膚2.3x1.0cm。
    腫瘍、18x12x25mm大。
    <女性:58歳>

  1109. 乳がんの可能性とシコリについて

  1110. 16歳高校1年生です。

    今年の5月6月くらいに右胸の外側に痛みを感じ、痛みの元に右外側の上から真ん中あたりにかけてのところに硬めの小さい丸いシコリがあります。

    今もあります。
    サイズの変化は分かりません。

    それを見つけてから2,3ヶ月が経ち、

    ネットで調べたところ、
    ・胸が崩れた感じになる
    と書いていたので見てみたら、右胸だけが崩れているというか少し垂れてるのか引きつってるのか、というような感じに見える気もします。
    <女性:16歳>

  1111. 治療後の方針について

  1112. 質問です。
    1.核グレード:3、MIB1:80%からすると、肺に見えているという気になる部分は遠隔転移の可能性も高くなるでしょうか?
    2.HER2、核グレード、MIB1いずれも高いスコアですが、このケースでも完治出来る可能性はありますか?(生存率が高いのはホルモンタイプの乳がんかも知れないと思いました。
    進行がゆっくりなので。)
    3.予後はどのようなものになるでしょうか?
    <女性:44歳>

  1113. 今後の治療法について

  1114. 先日、
    アリミデックス治療から3ケ月後の治療効果をみるため胸部CTを撮りましたが、
    肺転移がはっきりと映ってしまい、
    腫瘍マーカーの数値も数倍に上がってしまいました。

    アリミデックス錠では、治療効果が出ないという事で
    今後の治療法を医師より3つ、提示され
    選択するように言われました。

    1つ目は、フェソロデックス 注射 2週間毎→4週間毎
    2つ目は、ゼローダ 服用薬 3週服用1週休み
    3つ目は、アブラキサン 点滴 3週間毎 
    <女性:66歳>

  1115. ステージ3a 術前化学療法

  1116. 左乳がん 湿潤がん 乳管がん
    大きさは大きなものを合わせて7.5cm(長径43㎜、42㎜を筆頭に多数と
    MRIの報告書にありました)
    リンパ節転移あり 生検では2個(10㎜前後の結節を複数認める)
    ステージ3A
    ホルモン受容体陽性(ルミナールは詳しく調べてないけどBだろうと言われました)
    HER2は陽性と陰性の間なので、今は陰性。
    術後陽性に変わるかも。

    核グレード3
    Ki67は93%
    PET-CTでT2N1M0とありました。
    <女性:43歳>

  1117. 抗がん剤治療について

  1118. 8月に右乳房温存手術を行いました。

    31mm大。
    核異型度グレード3〈核異型2、核分裂3〉。

    Her-2 陰性、ER 3b、PgR 3b、増殖能 中~高、断端 陰性、EIC 陰性。

    ルミナールAとのことですが、判断が微妙でありルミナールBの可能性も
    なくはないとのことです。
    ルミナールBだと抗がん剤治療も追加とのこ
    とですが、やはり抗がん剤治療も行うべきなのでしょうか。
    <女性:40歳>

  1119. 全摘後の断端 近接について

  1120. 8月上旬手術終了。

    術後 病理検査結果左乳腺 全摘
    腫瘍径10(厚さ)×8×6mm
    PT1b
    f 脂肪織浸潤
    ly(-)
    v(-)
    pNO
    核グレード1
    ER90%
    PgR80%
    HER2 -
    ki67 10%
    センチネル(0/1)陰性

    所見欄に「浸潤癌の断端は陰性ですが、非浸潤癌が断端に近接しています。」とあります。

    再発不安があり、温存ではなく、全摘を希望しました。
    <女性:44歳>

  1121. 乳頭の白いポチっとした所から角栓と液体

  1122. 乳頭の分泌かと思っていたら、乳頭の、先にある小さい白いプツプツ(結構沢山あります)からにゅるにゅるっとした、鼻の角栓に似たような物であったり、そのにゅるにゅるっとしたものと一緒に透明の液であったりが出ます。

    白いプツプツが少し溜まるとプチっと破れて透明な液としてでてきます。
    <女性:30歳>

  1123. 非湿潤癌 トリプルネガティヴ

  1124. 非湿潤性乳管癌 トリプルネガティヴ コメドタイプ
    全摘手術をしました。
    悪性度の高さからたまに
    再発があるとのことで、抗がん剤を勧められています。

    再発することはどのくらいあるのでしょうか。
    迷っています。
    <女性:48歳>

  1125. 術後の定期検診について

  1126. 右乳房温存手術いたしました。

    腫瘍径2cm、リンパ節転移無し、核グレード3 MBI30% 脈管浸潤無し、断端陰性
    ルミナールB との診断で TC 4回、放射線25回を終えて アリミデックスを飲んでいます。

    先日術後の定期検診がありました。

    胸のレントゲン、血液検査、主治医の触診でした。
    今後もしばらくら3ヶ月ごとに同じ内容のようで、マンモは一年に一回でエコーがありません。

    希望してもこちらでは技師さんになるようです。

    そこで質問ですが、エコー検査だけでも医師の診察を受けれるクリニックを受診したほうがいいでしょうか?
    <女性:59歳>

  1127. 健診を受けていたのに乳癌に

  1128. 出産し今年7月に人間ドックで腫瘍マーカー、触診するも異常はなかったのですが
    線維腺腫ありとの指摘で同じ場所か気になったので
    いつもの病院でエコー実施したところ、しこりが急激に大きくなっているので、組織生検をやるといわれました。
    4センチ弱とのこと。
    授乳中であったため、まさか癌ではないと思っていたのですが、結果癌でした。。

    定期的に見てきたのになんでこんなことになるのでしょうか。
    <女性:34歳>

  1129. 脇と乳房が生理期間以外でも痛みます。

  1130. 私は乳房が硬く基本張っているタイプで、昔から生理前になると乳房に
    強い痛みを感じていました。

    しかし、1年~2年前くらいから、生理前でなくとも時々乳房に痛みを感じることが増えました。

    最近では、乳房だけでなく脇も痛むことがあります。
    痛みは我慢出来る程度ですが、かなり頻繁です。

    そんな中、先週突然右脇の下のど真ん中にしこりが出来ました。
    排卵日前後でした。

    初めは大きなニキビのようなものだと思いましたが、皮膚の色は変わらず、毛穴の開き等もありません。
    <女性:25歳>

  1131. 乳がんと言われました

  1132. 現在わかってる事で質問したいのが、シコリが並んで2つあります。

    一つが8mmぐらいともう一つが7mmぐらいでエコーで確認出来ています。
    2個の間が5mmぐらいで多分繋がってるから20mm~21mmぐらいでステージ2と言われました。
    ステージはこのよう決まるものですか?
    あと、エコーでのリンパの腫れは無く状態は良いと言われましたが、ネットとかでリンパ節の転移の情報を見ると不安になります。

    主治医の先生は安心して大丈夫とは言ってくれてるけど、気を使ってくれてるのかなとか思っちゃいます。
    <女性:42歳>

  1133. ルミナルBでの抗がん剤を迷っています

  1134. 6月に乳がんが確定し、8月上旬に温存手術をいたしました。

    先日病理結果が出ましたので、質問させて頂ければと思います。

    宜しくお願いします。

    右乳がん pT1cNOMO stage1,LuminalB(HER2-)
    浸潤性乳管癌(硬癌)
    浸潤径 1.5cm
    摘出リンパ数4、転移0
    ER:3+ >90% 強 Allred 5+3=8
    Pgr:1+ <1% 中 Allred 1+2=3
    Her2:1+
    Ki67 index:36.2%
    核異型度 2
    組織異形度 2
    リンパ管、脈管侵襲 無
    <女性:54歳>

  1135. 再発か、もともとあったものか

  1136. 化学療法1回目終了した頃、左の鎖骨下に楕円形のしこりとその少し横に円形のしこりを触れました。
    ひとつは2センチひとつは5ミリほどの大きさでグリグリとよく動きます。

    主治医に診ていただいたところ触診で心配ないと言われましたが、どうしても気になり翌日もう一度診察してもらいに行きました。

    先生はかなりご立腹の様子でしたが、エコーで診てもらい、「線維腺腫だから気にしないでください」と言われました。

    いつも全摘した部分と左鎖骨から頸部にかけてチクチクとした痛みがあり、再発もしくは元からあったの
    に見落とされてしまい、癌または葉状腫瘍ではないかと不安です。
    <女性:51歳>

  1137. リンパ節転移と全身治療について

  1138. 浸潤性小葉がん(1病巣) pT2 pN1 pM0 ⅡB

    核異型1 核分裂1(2/10 HPF) 核グレード1

    波及度gf リンパ管侵襲ly0 静脈侵襲v0 

    断端側方close insitu ca+ 娘結節- comedo-

    リンパ節転移 3/9

     SNB(1/1)LevelⅠ(1/5)LevelⅡ(1/3)

    サブタイプ ルミナルA

    ER(5+3) PgR(4+2) HER2(1+) Ki-67(5%)

    治療方針は、抗がん剤優先(EC+アブラキサン)、
    その後放射線治療(鎖骨を含む)、閉経後ホルモン剤です。
    <女性:54歳>

  1139. 術後ホルモン療法について

  1140. 今年5月にステージⅡa(リンパ節転移なし)で乳房温存手術を受けました。
    術後の病理検査で腫瘍径が術前より大きかったため、断端が2ミリとなってしまった箇所があり、放射線療法で全房照射+ブースト照射を行いました。
    高度ホルモン反応性、グレード2、HER2はゼロでした。

    その後、タモキシフェン20mgによるホルモン療法開始と同時にCYP2D6の検査を受けた結果、低代謝の判定で、トレミフェン40mgに変更になり、現在に至っています。

    トレミフェンはタモキシフェンのように効果を判定することができないため、もし効果がなかった場合を考えると不安です。
    <女性:49歳>

  1141. 1ヶ月近く続く生理周期とは関係のない乳房痛

  1142. この生理周期に関係のない痛みは何かと尋ねると、ホルモンバランスの影響とのこと。

    この胸の痛みがまだ続いています。
    痛む部分は外側の下や鎖骨の下側、
    脇の方など様々ですが、一番痛むのは左右谷間側の部分です。
    胸の下の肋骨部分や二の腕が痛いときも。
    触ると痛むときも痛まないときもありますし、触らなくとも痛いときもあります。
    最近は和らいできましたが、胸部のピリピリ感やぐっとへこむ?ふくらむ?ような違和感もよくありました。
    日中は明らかな「痛み」という感じですが、夜になるとなぜか全体がビリビリと痺れるような感覚になります。
    <女性:30歳>

  1143. 術後の不安

  1144. 8月(上旬)日に右乳がんの温存手術+センチネルリンパ節を致しました。

    結果は、
    ステージⅠ期 ルミナールA
    非浸潤性乳管癌+浸潤性乳管癌
    浸潤径8mm 広がり18mm
    リンパ節転移0個 取ったリンパ節2個
    グレード2
    ki67:10%
    ホルモン受容体:陽性
    HER2受容体:陰性
    脈管浸襲:なし

    術後:ホルモン療法 ノルバテックス20mg(毎日1錠)
       5-10年服用予定
       放射線治療 25回(今週より開始)

    一番心配なのは、今後の転移や再発です。
    <女性:44歳>

  1145. Ncc st439の上昇について

  1146. 術後TC療法6回、その後ホルモン注射、ノルバデクス五年を今年3月に終了致しました。
    定期検査では、特に異常はなく、3月から無治療となりました。
    しかし、今年3月の血液検査で、ncc st が、
    5.1となり、先日、再受診、もう一度血液検査をして、3週間後に結果を聞きに行きます。
    <女性:43歳>

  1147. 片側、単孔性の分泌物について

  1148. 左側の乳頭に以前から分泌物がありましたがが、毎日ではないし、透明だったので気にしていませんでした。
    しかし、先週、お風呂に入っていて鮮血が出でいることに気づきました。

    そこで、出血に気づいて3日後、ようやく乳腺外科に行きました。
    しかし、その頃には分泌物がほとんど出なくなってしまい、それでも担当の先生は分泌物(血)を絞り出し、血液を調べてみましょうと、検査中です。

    ちなみに以前からエコーで左側乳房に5mmのシコリがありましたが、担当の先生は乳頭の出血場所からして、エコーで映ったシコリとは関係ないとおっしゃっていました。
    <女性:38歳>

  1149. 乳頭近辺の乳ガン症状について

  1150. 一昨年位から気になり出したのですが、乳頭下側から乳輪にかけてプクリと膨らみが
    あり境目がありません。
    また、乳頭が片方の胸より赤く腫れています。
    しこりは無いように感じるのですが、乳ガンの可能性はありますでしょうか?
    <女性:34歳>

  1151. 乳ガンになりました

  1152. いくつかの石灰化がみつかり、集合してるものが数ヶ所、そのうちの1つをマンモトームで調べた結果、非浸潤性乳管ガン
    グレード1
    ER陽性 PgR陽性 ハーツー陰性 Ki67
    8%です。
    数ヶ所ある石灰化のひとつを調べたのが非浸潤ガンでも他の場所が浸潤ガンの可能性もあるんですよね?
    <女性:40歳>

  1153. 乳癌の疑いについて

  1154. 先週、MRIをとったのですが、造影剤を入れると、左胸左上に1センチ未満の、白く丸くうつる部分があって、癌の可能性があるとのことでした。

    すぐにそのあと、マンモトーム生検(エコー使用)をしました。

    その結果は、二週間後に出ることになっています。

    マンモトーム生検の際に、お医者様が、「かたい!」と言っていたこともあり、癌の可能性が高いのか、心配です。

    MRIまでやるということは、癌の可能性がかなり高いということなのでしょうか。
    <女性:32歳>

  1155. 検診を受けていた嚢胞に悪性の疑い

  1156. 8月(中旬)日に以前からある嚢胞の側に小さなシコリを感じ乳腺外科にいきました。
    マンモグラフィー、エコーをし、先生も嚢胞がいくつか確認できた。
    でも以前からある嚢胞の形がしっかりしてないように見え、中も真っ黒でなく、薄くモヤモヤして見える(エコー所見)から針生検をしました。
    結果はクラスⅣで、先生も驚いたようです。

    驚いたのには少し理由がありまして、5月に市の検診のエコーを受けていて、2014年11月にも受けており、いずれも嚢胞と診断されました。
    <女性:34歳>

  1157. 8月初旬に温存手術、2週間後に再手術と言われました。

  1158. 8月初旬左乳房温存手術致しました。

    (4×5cm摘出 リンパ節1個転移あり2個摘出)

    《術後病理検査》
    ルミナールB ホルモン受容体 陽性 HER2:陰性 Ki67:高値

    2週間後、担当医から摘出した病理検査によると、
    しこりの周りに浸潤ガン2つ飛んでいる。

    しこりの下方、断端まで浸潤している箇所があるので再手術したほうが良いと思う。

    温存手術か全摘手術するか、家族で相談して来てください。

    と言われました。

    手術も終わり安堵していた私にとっては驚きでした。
    <女性:61歳>

  1159. 脇の下の違和感と手足のしびれについて

  1160. 8月に入ったあたりから右胸が重く、時々痛みを感じるようになりました。

    2週間前から急に右の脇の下にしびれや違和感、右手足のしびれが出始め、腕を閉じたり脇の下を触ったりすると足のしびれが増すように感じます。

    整形外科で診ていただいたところ、脇の下と足のしびれは関連がないと言われました。

    薬はリリカとメチコバールを飲んでいますが、症状は改善されません。

    また、子宮内膜症で5年ほどディナゲストを服用して生理を止めています。

    しびれがある箇所に湿布を貼っていますが、特に脇の下が気になり、とても気持ちが悪いです。
    <女性:34歳>

  1161. トリプルネガティブの治療について

  1162. 病理結果が出ました。

    CNB 2a2 HG 3 ER 5 PgR 0 HER2 0 Ki67 80%
    浸潤性乳管癌 浸潤範囲 約4cm それとは別に腫瘤2cmのものが2箇所
    T2 N0 M0 リンパ節転移無し StagⅡAか、とのことでした。

    術前化学療法をすすめられていますが、先生ならこういった患者に対して、今後の治療方針をどのようにお考えになりますか。
    <女性:49歳>

  1163. 食事

  1164. 乳ガンは女性ホルモンにさらされている時間が長いなど条件がありますが、食事はどうなのでしょうか。

    主治医に聞いたところ、バランスのいい食事と言われました。

    太ることにより、乳ガンの確率が上がるということも聞きました。
    太るほど食べるわけではありませんが、小麦や牛乳がよくないということも噂されてます。

    原材料を考えるとパンやケーキは食べない方がいいのでしょうか。

    また、イソフラボンは乳ガン患者に良いとか悪いとか両方言われてます。
    黒豆茶というお茶があるのですが、このようなお茶も飲まない方がいいのでしょうか。
    <女性:46歳>

  1165. 今後の治療について

  1166. 主治医より抗がん剤(FECとタキサン)を勧められています。

    Q&Aを拝見するとルミナールAでリンパ節転移3個は抗がん剤の必要(効果)ないのではと思うのですが、
    主治医より抗がん剤をした場合の上乗せは9%位あると言われ、後々、後悔しないようにやっておいたほうがいいでしょうとの事。

    もしホルモン治療のみを選択した場合、気になる点として手術標本で
    ER/PgR/Her2/グレード/Ki67等の検査をしていない。
    <女性:49歳>

  1167. 術後の治療法について

  1168. 今年の8月に左全摘・同時再建の手術を受けました。

    4月の針生検では非浸潤でしたが、術後の病理結果が思った以上
    以上に悪く(ki67高値)困惑しています。

    Breast carcinoma,left EBD area,3
    area,34×7×25mm,Invasive ductal

    caricinoma,scirrhous,caricinoma,f,ly0,v0,pN1mi(1/1
    (1/1)

    浸潤癌34×7×25㎜、腫瘍全体では長径58㎜
    <女性:50歳>

  1169. 検診の結果 乳腺腫瘤と

  1170. 「乳腺腫瘤」の意味するところが、昨年発見された「のう胞」がマンモで写っただけなら良いのですが、重ねて不安なのは、賛否あるとは思いますが今回一緒に受けた「アミノインデックス検査」で、乳腺と肺に「C」判定が出てしまい、不安が倍増しております。

    肺はCTは撮りませんでしたが、X線では何もありませんでした。

    乳腺に癌があると、肺などの数値も上昇してしまうそうです。
    <女性:46歳>

  1171. 管状癌

  1172. 春に乳ガンと診断され、六月に右胸全摘出と同時再建手術をいたしました。

    手術前は、術後抗がん剤はしないであろうと言われていたのですが、最後の最後で、
    Her2増幅が出てしまい、Her2療法+抗がん剤治療とホルモン療法を10年程の治療とを提案されました。

    病理検査は以下の通りとなります。

    組織型:管状癌が認められます。
    周囲には、Sclerosing adenosisが著明です。
    なお、
    CNB では硬癌にみえました。

    大きさ:肉眼では12mm,顕微鏡では7×5mm
    <女性:46歳>

  1173. 家族から見て

  1174. 妹が乳がんになり、抗がん剤→手術→放射線治療まで来ました。

    ここまでの治療の道のりを、近くで見てきましたが最近どのように接したら良いのかがわからなくなる時があります。

    本人の気分の浮き沈みが激しく、簡単に「大丈夫。治るよ。」と言って良いのか…
    本人にしか、わからない辛さ怖さがあると思うと、何て声を掛ければ良いかわかりません。

    自暴自棄というか、悲観的な考えを耳にする事が多くなり心配です。

    ステージ1でも、再発や転移する人はするし しない人はしない。
    <女性:39歳>

  1175. 乳がん術後療法で化学療法の上乗せをするべきか迷っています

  1176. ホルモン療法単独の場合と抗がん剤上乗せした場合の再発率と生存率はどのようになるでしょうか
    またリンパ転移2つでも抗がん剤上乗せした方がいいのでしょうか

    T1c N1 M0 ステージ2A ルミナルA
    乳がんの大きさ1.8cm
    核異型度、核分裂像 中間
    (顔つきは普通)
    ki67=16.81%
    ホルモン感受性 強陽性
    ER=93.44%
    PgR=93.90%
    HER2遺伝子 陰性
    閉経前で生理はあります
    <女性:44歳>

  1177. 粘液がんについて

  1178. 2016年8月(上旬)日に
    粘液がんで、右乳房全摘 + 再建 (エキスパンダー挿入)をうけました。

    手術前は、DCISで非浸潤でしたが乳頭から乳腺の中を広い範囲で広がっていたので、全摘手術となりました。

    その後の、病理の結果が出て
    残念ながら8ミリの浸潤がみられたということでステージ1になりサブタイプを考慮して、
    TC療法と、その後ホルモン療法をすすめられました。
    <女性:43歳>

  1179. 乳がんの可能性

  1180. 先日受けた乳がん検診でカテゴリー3b 右乳腫瘍疑い 大きさ5ミリ
    要精密検査と書かれた紙がきたので、すぐに乳腺外来のある総合病院に予約を入れました。

    まず再度エコー検査をして、しこりを細胞診で取ることになりました。

    ちなみに去年の検診では異常なしでした。

    細胞診の数日後にMRIを受けて2つの診断結果をみて、連絡をもらうことになりました。
    そして先週連絡がありました。

    ①細胞診ではガン細胞は検出されず
    ②MRIで右乳と似たタイプのしこりが左乳にも見つかった。
    エコーでは見つけられなかったもの。
    右乳左乳に同じタイプのしこりがある。
    <女性:31歳>

  1181. 浸潤性小葉癌 乳腺内リンパ節転移とは

  1182. リンパ行性転移と血行性転移があるということですが、
    脇の下のリンパ節に転移していなくとも血行性で遠隔転移はありうるので全身治療が必要ということですよね?

    血行性とリンパ行性ではどのくらい時間差があるのでしょうか?
    遠隔転移が心配です。

    (造影CTは術前にしましたが、PETとか骨シンチなどはしておりません。
    骨はCTでもわかるものですか?MRI?)
    <女性:51歳>

  1183. 石灰化が心配です。

  1184. 8月(下旬)日健診でマンモを受けました。

    結果、右乳頭直下の微細石灰化集簇でした。

    エコーを追加したところ、両側乳頭直下に、同程度の乳管拡張、現状乳管拡張、現状でしこりはなしでした。

    その時、先生に言われたことは、
    石灰化の写りも、ガンの時のように、きらきらしてないし、乳管の中もきれいだから、多分ガンではないでしょう。

    念のため、半年後にもう一度、検査となりました。
    <女性:57歳>

  1185. 右胸の痛み

  1186. 1年ほど前から右胸内側が手を上げたりする際突っ張るような痛みがあり気になっていたのですが昨年10月の健康診断で乳房エコーを行った際その旨を伝えて見て頂きましたが異常なしでした。

    しばらくは痛まなかったり時々痛んだりする感じでしたがここ2か月ほど痛みが頻繁になり乳房下や乳頭と時々痛みが出るようになりました。
    しこりはないようです。
    <女性:51歳>

  1187. 乳癌再検査について

  1188. 人間ドックで乳癌検診を受けたところ、要再検査となり、本日説明外来に行って来ました。
    先生の話ではエコー画像で右胸の乳首の少し上辺りに6mm程の影があり、悪性の可能性もあるので、もう一度エコーで詳しくみると共に針で組織をとって検査したいと言われました。

    他にも良性の腫瘍と思われるものが幾つかあり、それらは形が横長なのに比べ、問題のものは縦に長いとのことで、悪性の可能性があるそうです。
    私も画像を見ましたが、確かにつぶれた感じではなく、丸に近い感じでした。

    先生は調べてみなければまだ分からないと言われましたが、専門医がエコー画像を見れば、悪性か良性かはだいたい判断できると聞 …

  1189. 気になる症状

  1190. 今年の5月くらいから左脇に違和感があります。
    チクチクしたり重くなったり症状は様々です。

    すぐに近くの乳腺科を受診しましたが7年前からある右胸に線維腺腫が
    あるのと、新たに右胸に線維腺腫と思われるものがあるのみで特に異常はないと言われました。

    ここで質問なのですが、
    生理とか関係なく脇に違和感がありますがこれも心配いりませんでしょうか?(転移では!?と心配です)
    <女性:27歳>

  1191. 乳がん治療方針について

  1192. 8月の下旬に左乳房全摘を行い、治療方針を決めている途中です。
    左乳がん(硬癌)
    大きさ?1.1×0.7cm と0.8×0.4cmの2つ
    リンパ節転移あり(1/3つ)2.1mm
    グレード2
    脈管侵襲なし
    ER70%陽性
    PgR60%陽性
    ki67 12.6%
    HER2は、細胞診では0の値が術後検査で2+に。
    FISHの結果(-)で陰性。
    ステージⅡAの診断。
    <女性:54歳>

  1193. 急にしこりができた?

  1194. 今年の7月に胸が痛いので乳腺クリニックにかかったところ、特に異常は無かったのですが、その後、脇が痛いので8月に別の乳腺クリニックにかかりましたら超音波にてしこりが発見されました。
    大きさは1センチ程で形もキレイなので線維腺腫との診断でした。

    ですが、極度の心配性の私は今月また、違う乳腺クリニックで診てもらったところマンモグラフィーは異常なし、超音波はやはりしこりがあったのですが1.5センチ程と言われました。
    形は楕円ではなく丸くてギザギザしてなくキレイだから線維腺腫だよと言われたのですが1ヶ月で大きくなってるのが気になります。
    そもそも7月に診てもらったときは何も言われていない …

  1195. マンモトームの結果から

  1196. 追加報告
     部内の検討で、少なくとも一部は低異型度DCIS相当であるとの総意を得ました。
    診断確定のため、摘出生検による病変全体の検索などにつき、ご検討ください。
    診断に変更はありません。

    免疫染色 ER:positive(100%)
    PgR:positive(90%)
    HER2:negative(score0)乳管内病巣であり参考所見
    と書かれていました。

    ①癌なのでしょうか?
    ②手術(3泊4日)で、部分摘出を勧められていますが、適切ですか?
    <女性:48歳>

  1197. 細胞診の結果

  1198. エコーを見ながらの細胞診では、検診時の見え方と違っていたようで、
    検診時の検査技師さんも来てくださり不鮮明になっている所、2カ所から細胞を取りました。

    1週間後の結果では「悪い細胞は取れませんでした。おそらく良性でしょう。
    ちゃんと針もあたっているので、悪性ならその判定が出ています。
    そうでない場合は良性のことがほとんどです。
    半年後にエコーでもう一度見てみましょう。」
    とのことで、それ以上の検査は進められませんでした。

    先生の口から説明はありませんでしたが、カルテには判定不能と書かれていました。
    <女性:41歳>

  1199. 乳がんと葉状腫瘍

  1200. 7月末に、左胸乳がん 右胸葉状腫瘍と診断され、
    8月、両胸 部分切除手術を受けました。

    術前病理検査 ER(+) PgR(+) Her2(1+) MIB-1 LI=10%
    エコーでのサイズ 1.3センチ

    術後結果 浸潤性乳管癌 サイズ浸潤径 T1 5×4ミリ リンパ節転移無し
    ステージ1
    核グレード2 脈管侵襲無し 切除断端陰性
    ER(80%) PgR(90%) Her2(2+) Ki67=10%

    葉状腫瘍 サイズ5センチ弱
    悪性所見はないが増殖の激しい所があり、境界型と言われました。
    <女性:46歳>

  1201. 左胸しこり

  1202. お腹の子供の事もあり、セカンドオピニオンを希望し、早急に見て頂ける地元の県内の複数の大きな病院を、市立総合病院に当たってもらい返答待ちの状況。
    ((東海)県内)

    私達は、先生のサイトを見て、肉芽腫性乳腺炎と言われると思っていましたが、組織診の結果がはっきり出ていないのに、(貰ったメモには細胞診の結果しか記載が無いので。
    夫婦で気が動転してましたが、多分、組織診の結果は聞いてないはず。
    記憶より)乳癌を宣告されるのに違和感を覚えて投稿させて頂いた次第です。
    <女性:37歳>

  1203. 細胞診後の血性乳頭分泌

  1204.  血性分泌が続いていることの不安を訴えると、「血性分泌はこのしこりからと思われる。
    心配であれば分泌液細胞診(スメア)や精度の高い針生検をしては?」

     しこりと血性分泌の原因が異なる可能性を聞くと、「それはもちろんある。ただ見極めるのは非常に難しい。
    原因が乳管内乳頭腫であれば問題ないし、乳管内がんであってもごく初期のもの。
    経過観察で判別できるようになってからの治療でも遅くない。」

     乳管造影(乳管区域切除・乳管組織診断)を希望している旨を伝えると、
    「難しい検査。近隣で 今も実施しているところはないと思う。」
    <女性:37歳>

  1205. 右乳房の違和感について

  1206. ①一番最初に見つかった丸いもの、結局なんだったのか。

    ②現在の違和感(最初は痛みがあちこちだったが、2週間くらい経ち、嚢胞を指摘された場所あたりに何かできているような気がする)で、乳腺外科を早急に受診すべきか?

    ③北斗晶さんのような、
    見落としはよくあることなのか。
    違和感に納得できない場合、複数の乳腺外科を受診すべきか。
    <女性:44歳>

  1207. ca15-3上昇

  1208. 3か月後に再検査で結果で精密検査です。

    やはり転移の可能性大でしょうか?とても不安です。

    マンモグラフィー、エコーとも異常はありませんでした。

    自覚症状もありません。

    この8年で体重は5キロ増、ガンマーGTもずっと100前後で高いです。
    アルコールは1日酎ハイ2ぶんの1杯ほどです。
    <女性:54歳>

  1209. 乳腺拡張と不妊治療について

  1210. ・不妊治療を行うと乳がんの確率が上がるのでしょうか。
    hcg注射等のせいで乳がんや、乳腺拡張等の確率があがるのでしょうか。

    ただ、今回乳がん検診へ行く前にhcg注射を打ったのは16日も前の事です。

    ・次回の検診の周期も不妊治療は特に問題ないとの事でしたが、今人工授精にステップアップの時期で、もし成功すると妊娠する事になるのですが、妊娠後に乳がんだと発覚してしまう事を恐れています。

    3ヶ月後まで、不妊治療は何もしない方が良いのではと考えてしまいます。
    <女性:32歳>

  1211. 特殊型で癌の広がりと多発が気になります

  1212. 粘液癌(純粋型か混合型かはまだ分かっていません)
    浸潤径 2.5cm×2cm その他1cm、8mm合計3つ
    非浸潤径 10cm×15cm
    グレード1
    リンパ節転移なし
    リンパ管浸潤1+
    ER 99%
    Pgr 80%
    HER2 FISH陰性
    ki‐67 10%

    私はルミナールAと思って良いのでしょうか。
    ステージはⅡAでしょうか。

    担当医はホルモン療法単独でいいのではといっています。
    抗がん剤を迷うならオンコDXがあると提案されています。
    <女性:39歳>

  1213. 乳房の痛みの不安

  1214. 1年ほど前から左乳房に時々痛みを感じます。

    ズキズキしたような鈍痛で生理とは関係が無いように思います。

    マンモグラフィと触診のガン検診は毎年受けており
    今年も1月に受け乳房の痛みの件を伝えましたが異常なしでした。

    それでも心配になり2月にエコー検査と触診を別な病院で受けましたが、
    5ミリほどの嚢胞はあるけどシコリはなく脇のリンパも腫れていないし
    嚢胞も放置しておいて大丈夫なものだと言われました。
    <女性:46歳>

  1215. エコーでカテゴリー3 腫瘤

  1216. 専門病院に行き、再度マンモとエコー(技師さんによる)を受けたところ、
    「何も写っていない、大丈夫」とのことでした。
    細胞診や組織診を覚悟していたので、
    拍子抜けし、
    「では、6月に写っていた腫瘤はなんだったのでしょう」と尋ねると、「乳腺か何かでしょう。
    もしくは、(6月の)技師さんの見間違えか」と言われ、今後も一年に一度の検診で良い、とのことでした。

    そのときは、ほっとしたのですが、後になって、本当に大丈夫なのかな…専門病院の技師さんの見落としだったら…などと考えてしまい、いまいちスッキリしていません。
    <女性:33歳>

  1217. 同時再建について

  1218. 乳房再建について教えていただきたく思います。

    5年ほど前に非浸潤がんで温存術、放射線治療を受けました。
    今年の春ごろ局所再発し、日帰り切除でのちに5mmの浸潤とわかりました。
    その後の検査において、転移なしとわかり、再発であるから全摘を行うこととなりました。
    (予定では月末です)全摘と同時に再建もお願いしたと
    ころ、再発の時は治療中は同時再建できないといわれました。
    これは常識的な対応なのでしょうか。
    <女性:44歳>

  1219. 針生検の結果について

  1220. 臨床所見:左E6ミリもmassあり、濃縮嚢胞?粘膜癌?FNAしました。

    検体適否:適正
    所見:樹枝状構造を示す乳管上皮細胞の集塊が多数見られる。
    細胞の異型は弱く筋上皮細胞も保持されている。
    背景には間質裸核も認められる。

    Fibroadenoma Suspected
    判定:正常あるいは良性

    半年後に再度受診する予定です。

    この結果で癌でないと安心していいでしょうか?
    組織検査をしたほうがいいのでしょうか?
    <女性:47歳>

  1221. 手術までの時間

  1222. 1週間後、細胞診の結果、2cmのほうがクラス4、1cmの方はクラス2でした。

    担当の医師は、「1cmの方は今回は出なかったが、同じものと考える。
    エコーガイド下マンモトーム生検をして確定させましょう」
    となりましたが、その時点でマンモトームの予約が2週間後となりました。

    少し時間があくので、その間にMRIとCTをすることになり、すべての結果が出るのが9月末です。

    医師は「まず手術となったら、11月末までにはしましょう」とのことですが、マンモトーム後はなるべく早く手術をした方がいいと聞きました。
    <女性:44歳>

  1223. 高齢の母の乳癌と私の石灰化について

  1224. まず母について

    85歳です。
    先日乳癌と診断を受けました。

    本人の話で記憶が確かではないのですが、3年ぐらい前から石灰化があり、今年は調べてみましょうとのことで、大きさ6ミリの乳癌が見つかりました。

    私は住居が遠方なので妹からの電話での話ですが、診断をした先生によると細い針でしたので麻酔なしの針生検で、クラス5と出たのでおそらく浸潤性の癌であるとのこと。
    したがってセンチネルリンパ節生検のできる病院に行ってくださいとのことでした。
    造影剤によるMRIでは転移はないでしょうとのこと。
    <女性:85歳>

  1225. 乳ガンの治療について

  1226. 浸潤性乳管癌 大きさ1cmで、広がり1.8cm
    リンパ節転移なし ホルモン陽性 HER2ゼロ
    HI67 12パーセント

    放射線科治療の説明を受けました。
    乳房全体に25回と言われましたが、
    帰宅後連絡があり標本を確認したら断片数ミリのところに癌があった為
    乳房全体25回の他切除部分に5回追加しますと言われました。
    不安を感じています。
    断片陰性と言われますが再度手術をせずこの治療方法で大丈夫でしょうか?
    <女性:46歳>

  1227. 手術までの性生活について

  1228. 1ヶ月後に手術(小葉癌約1センチ、ステージ1、ルミナルA MRIの所見ではリンパに転移なし)を控えています。

    病巣は小さいですが、全摘予定です。

    教えていただきたいのは
    手術までの性生活です。

    もうあまり触ったりしない方がいいのでしょうか?
    そういう刺激でリンパや他の細胞に転移してしまうことが考えられますか?
    <女性:50歳>

  1229. 断乳後の血乳について

  1230. そもそも左側からなぜ母乳が出たのか?
    ホルモンバランスの変化でもあったのかと思い、もしやと思い調べた所、妊娠の陽性が確認できました。

    先生の回答で、妊娠中、授乳中の血性分泌は問題ないと拝見しましたが、血が出たのは妊娠したか、していないのかという微妙な時期な為、当てはまらないような気がします。

    また妊娠中はがんの進行も早いと聞いた事もあり、もし見つかった頃手遅れになるのではないかと不安です。
    <女性:35歳>

  1231. マンモの検診結果について

  1232. 軽度異常(放置可)
    右カテゴリ2 左カテゴリ2
    乳腺濃度:B(乳腺散在)
    両側:不明瞭、びまん性分布の石灰化

    この結果に対していろいろ検索していたら、
    マンモグラフィガイドラインのチャートがありました。

    これを見ると
    私の場合は明らかな良性石灰化とわかるカテゴリ2ではなくて、
    良性か悪性か判断がつきかねた上で、不明瞭・びまん性という形態と分布で決めたカテゴリ2と言うことになるのでしょうか。
    <女性:52歳>

  1233. 授乳中の不安について

  1234. ? 12/23 から突然左乳だけ飲んでくれなくなり、そのまま一週間放置した。

    ? その後ガチガチになった左乳をやっと絞ると、やや黄緑がかったスライム状のものがいくらか出てきた。

    ? 排出し切った後は通常通り左右平等に授乳を再開したが、以前と比べて左乳房自体が小さくしぼみ、母乳でパンパンに張ることがなくなった。

    ? 母乳は変わらず出ていて、現在までにしこりやひきつり等の症状は見受けられないように思う。

    上記について、左乳の乳腺や乳管だかの細胞が壊死してしまったのではないか、そしてそれが癌化してしまったりしないのか、とても不安です。
    <女性:28歳>

  1235. 温存手術の後に出てきたモンドール病と放射線治療について

  1236. 少し前から胸に小さな痛みがあるのに気付きました。
    切除後の6cm程の傷口から下に(おへその方に向って)ピンと引っ張った筋が出て、手を挙げると少し痛いのです。

    モンドール病というそうですが、血管かリンパ管の炎症だと聞きました。
    放射線治療は少し治まるのを待ってみましょうと言われました。

    やっと決心がついた放射線治療ですが、モンドール病がすっかり治らなくても放射線治療は大丈夫でしょうか?
    又、温存手術から放射線科治療までどの位の期間、空いても影響がないのでしょうか?
    <女性:67歳>

  1237. 胸のしこり

  1238. しこりがあるほうの乳輪が全体に腫れており
    皮膚がひりひりしており、乳首がその中に埋もれかけているように
    見えるので心配になり質問させて頂きました。

    実は、不妊治療のためにフェマーラという薬を
    生理の3~7日前に服用しており、その後両方の
    胸の乳房痛があり、右は痛みもなくなったのですが
    左だけ痛みのあるしこりが残った状態です。
    <女性:32歳>

  1239. 両側腋窩リンパ節腫大について

  1240. 半年以上経ち、まだしこりがあるので気になり、乳腺専門医のクリニックを受診し、エコー、触診をしてもらいました。
    結果、両側腋窩リンパ節腫大、右1.3 、左は右より大きい
    と言われました。
    (左のしこりは気付きませんでした)しこりは副乳っぽくもいが、悪そうなものでもないと。
    乳房内に明らかな腫瘤は無いと言われました。
    両側なので何とも言えないが、潜在性乳癌の可能性もあるから、念のため大学病院へ紹介されました。
    <女性:33歳>

  1241. 両側乳がん(左T4)の手術をありがとうございました

  1242. 手術をしてくださり、本当にありがとうございました。
    前の病院にて「皮膚に腫瘍が広がっているため、手術できない」と言われ、化学療法づくしの治療を提示され行っておりました。
    ですが本サイトのQAを切っ掛けに転院、田澤先生の診察と治療方針で手術可能となり、それだけでも先の見えない化学療法づくしから解放され万々歳なのに、さらに、手術後の肥立ちのあまり良さに驚くとともに、感謝しております。
    <女性:51歳>

  1243. 6年前の乳癌 局所再発の診断 治療方法をお聞きしたいです。

  1244.  6年前、右胸下内側に乳癌の診断を受け、早期だったので、温存切除手術+放射線のみの治療を行いました。
    この度の検診で、右胸を触診すると、同じ場所にしこり、押された時はビクっとするほどの痛みがありました。
    (後で自分でさわってみると、つるっと動きのあるとても痛いしこりがありました)その後マンモとエコーを行いました。
    マンモには
    なにも映りませんでしたが(先生は下なので映らなかったとおっしゃっていた)、エコーに楕円のしこりが映り、腫瘍性病変を認めるということで、針生検を行いました。

    局部再発という診断でした。
    <女性:46歳>

  1245. 右胸の痛み

  1246. 初めて痛みを感じたのは一年前くらいだと思いますが、右胸上の横あたりを触ると痛みを感じたり、悩みすぎなのか、手を挙げた時に脇に突っ張ったようなピリピリ感を感じたり、常に頭から離れなくなってしまいましたが、一時期忘れたようになにも感じず過ごしていましたが、また最近テレビの影響か若年性乳がんが心配になり、また痛みやピリピリ感を感じしこりがないか確認したりしていました…

    しこりは触った感じはありませんが、

    痛みが乳がんになることは関係ないですか?
    <女性:28歳>

  1247. 術後の抗がん剤治療について

  1248. 病理の結果、
    ステージ2a 4.3cm リンパ転移なし グレード3 kiー67 39%
    ER陽性 PgR陽性 HER2陰性

    ルミナールBとのことで、主治医からは抗がん剤を進めますとのことでした。
    核グレード3、年齢などが要因のようです。

    また、オンコタイプの検査を行いスコアは20。

    低リスクに近い中間リスクで、抗がん剤の上乗せ効果が疑問です。

    出来れば抗がん剤はしたくないです。
    <女性:36歳>

  1249. 69歳の母の今後の治療について

  1250. 私の母(69歳)は、今年3月に左乳房全摘手術を受け、その後ホルモン治療中です。

    母は自分の癌についてあまり詳しい話を聞いておらず、病理結果も手元にありません。
    (主治医がくれないのではなく、母が希望しなかった為です。)
    今まで分かっていたことは、大きさ1.8cm+そのすぐ近くに数ミリの小さいものが2つ、ステージ1、センチネル転移無し、小葉に出来た非浸潤癌とのことでした。

    主治医が母の癌は珍しいと言っていたそうなので、先日の定期検診で何という名前の癌か聞いてきたところ、「アポクリン」というそうです。
    <女性:69歳>

  1251. 妊娠中で8センチの癌

  1252. シコリ大きさ:大きく、8センチ~くらい。

    妊娠中というのもあってCT、MRIはできず。
    (産科からはCT撮って良いと言われたのですが、…乳腺外科の医者は妊娠中という事に敏感で撮ってもらえなかった)
    肺のレントゲン、肝臓のエコーによると転移はないとのこと。
    <女性:37歳>

  1253. 検診

  1254. エコー結果を聞いた時には、乳癌かもということで頭がいっぱいでした。

    徐々に冷静になってみると、
    「乳癌であれば12か月経過観察するのはどうなのだろう。
    腫瘤が大きくなり転移の可能性も出てくる。12か月待つしかないのか?」
    と、疑問が生じてきました。

    私は12か月経過観察するしかないのでしょうか?
    田澤先生に診察してもらい、腫瘤が何なのか調べてもらうことは可能なのでしょうか?
    <女性:44歳>

  1255. 部分切除か全摘かで悩んでいます

  1256. 右側の乳房の内側下部に8.6mmしこり、しこりの上から乳頭に向けてモヤモヤした影があります。
    また、しこりの下に微小石灰化が幾つかあります。
    マンモトームの結果は、
    ホルモン剤のよく聞くタイプです。
    しこりは皮膚に近いところにあるそうです。
    しこりの周囲を2cm余分に切除し、モヤモヤに向かって端を少しづつ検査しながら悪性であれば切除を追加していきます。
    <女性:53歳>

  1257. 脇のしこり

  1258. ネットで脇にも乳腺があるので乳癌になる、というのを見て、もしかしてこのしこりも乳癌ではないか?と心配になってしまいました。

    来週、地元の総合病院に行こうと思っていますが、そこは乳腺外科はないので、外科でも良いでしょうか?マンモや、乳癌手術はしている病院です。
    やはり、乳腺外科がある病院で診てもらった方が良いでしょうか?
    <女性:35歳>

  1259. 胸がジーンと痛む

  1260. 両胸が擦れるような痛みは乳癌とは関係ないと思っていてもよろしいでしょうか?
    右脇にしこりのようなものがあり←(以前に乳腺外科で副乳と言われました)両胸と同時に脇のしこりも痛みます。

    年齢によるホルモンバランスの乱れ?と考えても良いですか?

    某有名人のブログを読んで、1人の医者様だけに診てもらうことだけでなく複数の医者様に診てもらう必要があるのか?と不安になっております。
    <女性:39歳>

  1261. 石灰化

  1262. 市の検診でマンモと触診を受け結果が要精密検査だった為
    今日検査を受けてきました。

    先生は本当に小さい石灰が5~6粒あるが心配ないとのことで半年後にまた来てくだい。
    その時またマンモをして経過をみましょうとのことになりました。

    エコーも入念にみてくれましたが腫瘍はないと言ってました。

    田澤先生も石灰化は良性がほとんどと仰ってますがマンモトームしなくていいのでしょうか?
    <女性:48歳>

  1263. 乳瘤なのでしょうか

  1264. [管理番号:3632] <欠番> …

  1265. 胸の上部の痛む腫脹

  1266. 今回は妊娠中の影響かはわかりませんが、両胸はズキズキ痛みますが、
    心配なのは乳房の痛みではなく右、胸の上部で鎖骨の始まりの部分(体の中央の部分)の真下で、鎖骨の骨から指一、二本ほど下に位置する部分がしこりというのか、、ふっくらと腫れていて、触らなくても痛みがあります。
    どこかにぶつけて腫れたような腫脹と痛みも似た感じです。
    <女性:30歳>

  1267. 治療方針について

  1268. 結果は9月下旬です。
    その時は、初期治療の段階で出来る限りの治療を受けたいと思っていたことと、HER2の結果のセカンドオピニオン的な気持ちでしたが、いざ受けたらまた別の不安が出てきました。
    もし、Oncotype DXで高リスクになった場合、また、HER2がpositiveとなった場合、どのような治療法を受けたら良いでしょうか。
    抗がん剤治療を受けた場合の上乗せはどの程度ありますでしょうか。
    今となっては、ホルモン治療のみで大丈夫であれば、抗がん剤治療は受けない方がありがたいと思っています。
    <女性:43歳>

  1269. リンパ節転移への考え方

  1270. ハーツー因子マイナス(と主治医に言われましたが、
    コピーをいただいてよく見ると1+とあるのはなんなのでしょうか)グレード1で悪性度が低い、
    しこりも小さいのは本当にほっとしたのですが、リンパ節などへの転移を確認していない点です。

    主治医はそんなに心配ならいつでもやりますよ、とおっしゃいますが、センチネルリンパ節生検だと、また切らないといけなくて、入院も5日間くらいになるかもと。
    <女性:41歳>

  1271. 転移再発(トリプルネガティブ)に対する所見と今後の治療選択肢について

  1272. (質問)
    現時点では右胸壁以外の部位への転移は見当たっていないため、貴院で既に実施されているトモセラピー及び(現在はまだ準備段階もしれませんが)BNCTについても模索をしているのですが、13年前の初発治療時に右乳房に放射線治療を実施しているような場合は、やはり適用対象外となってしまうのでしょうか?
    <女性:46歳>

  1273. 術後の治療について

  1274. 左乳房温存手術をしました。

    センチネルリンパ節に8mmの転移あり=(1/2)
    Level1=(0/15)

    術後病理結果
    組織型:硬癌
    腫瘍の大きさ:浸潤部=11×11×16mm
    浸潤の範囲:g、f
    脈管侵襲:ly1、v0(4段階評価:0-3)
    核グレード:Grade1(核異型スコア=2、核分裂スコア=1)
    随伴するDCIS:Minimal(~25%)
    切除縁:断端露出なし
    -水平方向(9mm、内頭側)
    -垂直方向(0.5mm以下、浸潤部、深部側)

    主治医からは抗がん剤を進められました(TC療法)。
    <女性:48歳>

  1275. 抗がん剤について

  1276. FEC 2回目の時に こちらの都合上で6日間ほど延びてしまい、ドセタキセル初回時に白血球減少でハーセプチンだけを点滴、3週間後にドセタキセル初回+ハーセプチン 2回目になってしまい、自分で計算した所 RDI 総投与量が85%を切っている様で不安になっています。
    この場合、
    これからの抗がん剤をどのようにしていけば良いのでしょうか?
    <女性:38歳>

  1277. 乳腺腫瘤の経過観察

  1278. 最近になり、腫瘤は悪性も良性もあり、細胞診をしないと画像判断だけでははっきりわからないとネットで読み、私の場合エコーだけでの診断のため不安になってきました。

    のう胞のままだと安心していたのですが、その後腫瘤と診断名も変わっているので、もう一件違う病院を受診した方がいいのでしょうか?
    <女性:32歳>

  1279. 検診の結果が心配です

  1280. 先生に伺いたい事は
    ①今回のマンモグラフィー、触診、エコーの検診だけで良性という判断はどうなのでしょうか?

    ②さらに詳しい検査は必要ないですか?

    ③一年後の検診で大丈夫ですか?

    ④良性なのに経過観察という事はいずれ癌になるという事ですか?

    もし、今の段階で癌だと分かれば早期発見だと思うのですが
    一年ほっといて取り返しのつかない事になったらと思うと怖いです。
    <女性:36歳>

  1281. エストリール膣錠の使用は乳癌のリスクになるでしょうか?

  1282. 今年1月婦人科で老人性膣炎と言われエストリール膣錠を使用始めました。

    1日置き使用していましたが最近乳房の痛みや張り感があり気になり
    ネットで検索した所ホルモン療法は乳癌のリスクを高めるとの情報があり
    不安になりました。

    膣炎の為ヒリヒリ感に悩まされていましたがエストリール使用のおかげで
    痛みから解放されていますが、もしリスクが高ければ使用を中止した方が良いのか悩んでおります。
    <女性:67歳>

  1283. 抗がん剤における白血球低下および、病理についての質問

  1284. ウィークリーパクリタキセルを点滴していますが、わずか2回受けたところで白血球が
    基準範囲の7割程度
    (3300μL~のところ2802)になり、1週空けたものの今度は好中球が低く(42%~のところ40.9%)足踏み状態です。

    主治医からは次回受けることができる状態なら、75%の量でやりましょう、と言われましたがそれでも効果があるのでしょうか。
    <女性:43歳>

  1285. ハーセプチン+抗がん剤の適用について

  1286. 私の希望としては、左胸は全摘で良い、これ以上大きくなる前に一日も早く手術をしてほしい。
    ホルモン療法が有効であれば使う。
    抗がん剤はできるだけ使いたくないが、術後の詳しい病理検査が出た後で、どうしても使わないといけないとなれば我慢して使おうという気持ちです。
    HER2陽性+3のがんで、ハーセプチンを使わずに術後ホルモン療法だけというのは難しいのでしょうか。
    グレードやステージがはっきりしないのですが…
    <女性:46歳>

  1287. 乳頭分泌について

  1288. 乳頭分泌のチェックをしたところ
    左胸の1ヶ所から濃い黄色のような薄茶の分泌液、他の3~4ヶ所からは白いカスのような固体のもの、
    右胸は、3~4ヶ所より白いカスのような固体のものが出ました。

    左胸の薄茶の分泌に気づいてから1ヶ月後再びしぼってみると、色は黄土色のような色になり、
    2ヶ月後の現在も黄土色のものが出ます。

    毎回出ている場所が同じように見えます。

    両胸、複数の他の場所からは白い固形の分泌物が出ます。
    <女性:36歳>

  1289. 石灰化の病理結果について

  1290. マンモグラフィーで右乳房に石灰化(集簇性、円形でカテゴリー3)が見つかり、
    ステレオガイド下マンモトーム生検を行いました。

    病理結果は以下の通りでした。

    検体は4材で、右乳腺より吸引式針生検にて採取された。

    4材(2°、6°、10°、12°)いずれにも乳腺組織が得られている。

    3材(6°、10°、12°)では、一部の腺腔内・腺管近傍に粗大な石灰化物を認める。
    <女性:28歳>

  1291. ホルモン治療

  1292. 7月末に温存手術をしました。

    1ミリの浸潤がん、グレード1、ホルモン陽性でした。

    現在、放射線治療中で、今後ホルモン治療をするか悩んでいます。

    主治医はどちらでも良い、強くは勧めないと言っています。

    私は10年程前から子宮内膜が厚めで、定期的な検診を受けています。
    なので、体がんの確率が上がるのが不安です。

    婦人科の先生は、もしホルモン治療するなら、検診は半年に一度にしましょうとおっしゃいます。
    <女性:41歳>

  1293. 母親の乳がんの今後の治療について

  1294. 母親の乳がんの今後の治療について
    私は現在大学生で母親は乳がんの闘病中です。

    不安な点として現在8回程の抗がん剤治療の後乳房温存手術により病巣を取り除いた後放射線治療を行っている段階なのですが、
    前日主治医より手術の際取り除いた病巣の病理検査の結果がん細胞が抗がん剤により完全には死滅しておらず、
    放射線治療の後に再度抗がん剤治療を行うとの説明を受けたようで、その後の再発の可能性や生存率についての不安、「またあの辛い抗癌剤治療を行わなければならない」というショックで非常に苦しんでいるようです。
    <女性:60歳>

  1295. 術後の抗がん剤治療

  1296. 手術前、大きさが2センチといわれており、それゆえにステージⅡAでした。

    しかし、術後の組織検査にて1.95センチに訂正され、ステージⅠとなしました。

    使用する抗がん剤は、ステージがⅠへ変更になったこと、リンパ節転移がなかった。
    ということでアンスラサイクリン系を使用、いわいるEC療法4クールです。

    しかし、左のグレードが3ということで、本人の希望に
    よっては、4クールではなく8クールへ増やすことも可能。
    また、別にタキサン系を4クール追加することも可能だと言っています。
    <女性:63歳>

  1297. しこり

  1298. 医師がエコーをしてくださいました。
    指でしこりを確認しながら探し「あっココだね」といわれ指差されたところを見ると黒い丸いものが写ってました。
    大きさは3.5ミリ。
    画面を見ながら、ここが乳腺、脂肪、肋骨など、説明され、乳腺からは外れてる。
    と言われました。
    コレは何ですか?と聞くと、正体は取って調べない限りコレだとは言えない。
    細胞を取ってしらべるか、組織を取って調べるか、外科的処置で、しこり自体を取って調べるか。
    今見た限り心配ないと思うけど、
    気になるなら2カ月おきに診せにきて。
    と言われ診察は終わりました。
    <女性:39歳>

  1299. 授乳中の乳輪にできたしこりについて

  1300. 現在1才11ヶ月の子に夜のみ授乳をしております。

    6日前にふと乳輪部をつまんだときに、3ミリせくらいのしこり、その下にも同じくらいのしこりがあり怖くなり翌日に産婦人科でその部分を乳腺エコーで見てもらいましたが何もありませんでした。

    その時は夕方で乳腺もはっていたのもあり、
    先生にも結果を信じるのはあなた次第と言われて、また不安になり翌日に乳腺外科の先生にもエコーで見ていただきました。
    そこでも何もうつらず、病的なものは何もない。
    炎症をおこしたあとが固くなって
    るんだねと言われて帰ってきました。
    <女性:35歳>

  1301. 右乳房全摘後の経過と治療の妥当性について

  1302. 田澤先生の見解をお聞かせください。

    ①皮膚転移はいわゆる局所転移と考えてよいでしょうか。
    また、手術時の取り残しが出現したものなのでしょうか(主治医からはそのような説明を受けたと記憶しています)。

    ②放射線治療について主治医は、皮膚切除前は「断端陽性であれば考える」と言っておられました。
    しかし、病理結果を聞きに行った際に放射線の話が出なかったので、こちらから「放射線は断端陽性であったら考えると言われていました。
    <女性:48歳>

  1303. 乳癌検査

  1304. エコーでしこりの1/3ぐらいにギザギザ境界不明瞭な箇所があり悪性の疑いがある為、MRIで9/(上旬)に再検査するという事でした。

    9/(上旬)にMRIをした結果、しこりは嚢胞でした。
    先生曰く、画像でしこりは
    まわりが白く、中は真っ黒なので、嚢胞の中の水が渇いた?(固体化?)したものという事でした。
    中は真っ黒で血流も一切見られず、中の組織が死んでいる状態で、回りに血流もないので6ヶ月後の経過観察と言われました。

    かなり確定した言い方でしたのであまり質問せず帰りましたが、不安はまだあります。
    <女性:37歳>

  1305. 術前化学療法について

  1306. 癌のタイプは トリプルネガティブ kIー67 90% 核グレード3
    右胸内側上部 湿潤癌 4cm リンパ節に転移あり

    手術は1・5カ月待ちなのと進行性のあるタイプだからその時間がもったいないのですぐにでも画像ではみえない全身の癌細胞を叩く為抗がん剤を早急にやりましょうとのことで、それを言われて怖くなり言われるがまま術前抗癌剤をしました。

    EC療法2w毎と言われましたが、生活や体力に自信がないことを伝えると3wで4回を終了しました。

    今週金曜に初めて抗ガン剤の効果を見るCT(胸、腹、骨盤)を撮ってから
    その日にドセタキセル開始予定です。
    <女性:42歳>

  1307. 確定診断に向けて

  1308. 【針生検の結果:良性と言われた場合】
    ・エコーではどのように見えたのですか?(楕円?、扁平?、異形?)
    ・画像所見と針生検の結果に大きな乖離はないのですか?
    ・葉状の可能性はないでしょうか?
    ・(経過観察と言われたら)次回の検査はいつごろですか?

    【針生検の結果:悪性と言われた場合】
    ・治療方針
    ・手術の時期
    ・MRIの結果及び術式(乳管内進展・娘結節の有無)
    ・腫瘍径(浸潤径)
    ・サブタイプ
    ・核グレード
    ・腋窩リンパ節の評価(エコーで既に行っているか?)
    ・手術までに行う検査
    <女性:45歳>

  1309. 腫瘍径(浸潤径)について

  1310. 先生にお伺いしたいのは、腫瘍径(浸潤径)のことです。

    最初は、18mmの腫瘍と7mmの腫瘍が密着するように並んでいることから
    18+7=25mm(ステージ2A:無治療時の再発率30%)が診断結果でした。

    その後、CTやMRIなどの検査をした結果、二つの腫瘍の間には隙間があるので大きい方を主腫瘤としてステージを改めるといわれ、18mm(ステージ1:無治療時の再発率20%)となりました。

    ところが、術後の病理結果レポートを見ますと、腫瘍径39×18mm(ステージ2A:無治療時の再発率は40%)と倍に悪化しており、仰天しました。
    <女性:76歳>

  1311. 脈管侵襲高リスクについて

  1312. 32歳 既婚
    【妊娠、出産を強く希望しています】
    乳頭温存皮下乳腺全摘手術を受け、病理結果が出たところです。
    治療方針について悩みご相談させて頂きました。

    ルミナールタイプ
    2.5センチ
    核異型度 1
    リンパ節転移なし
    (センチネルリンパ節生検で4個中0個)
    ER + PgR +
    HER2 0
    脈管侵襲 高リスク (1y+++と記載あり)

    病理結果にはki67の表記がなく、カルテにはリスクlowとありました。
    <女性:32歳>

  1313. 術後の治療について

  1314. 標準治療では、温存をした場合には術後、放射線治療を行うと思いますが
    私はできれば放射線治療を行いたくないと医師に申し上げたところ、
    この結果であれば放射線はかけなくても、まあいいでしょうとの答えでした。

    担当の医師は、温存後は放射線治療をするのが普通だが、放射線治療をすると、
    皮膚が伸びなくなったりして再建をする際、きれいにならないことが多い、
    この病理結果であれば、省略もありかというようなお考えでした。

    (私はもう手術は2度としたくないと思っているので、形を整えるためだけに再建手術をするつもりは、まったくありません。)
    <女性:48歳>

  1315. 集簇性石灰化でST-MMT希望です

  1316.  その先生は「年齢からはごく稀なケース、今後はドックを兼ねて一年後に受診してね、なので今日はマンモは撮らなくて良いよ」と言われましたが、4年もマンモを撮っていないのでお願いしました。

     田澤先生の記事にも「60才以降に線維腺腫が出来るのはまれ」とあり納得しました。

    実は半年前から老化防止の為「プラセンタサプリ(黄体ホルモン)」を摂取しだし、その後右乳房痛が激しくなりしこりが出現したように思います。
    <女性:62歳>

  1317. 早期の乳ガンとバセドウ病

  1318. 9月上旬に左胸にしこりがあるのに気付き、すぐに大学病院に行きました。

    触診、マンモグラフィー、エコー、針生検を行いました。

    一週間後『早期の乳ガンで、しこりは1センチないくらい』でした。
    『リンパへの転移はなさそう」とも。
    詳しい検査はこれからですが、バセドウ病でメルカゾールを服用中です。
    2つの病気を同時進行で治せるのでしょうか?
    <女性:39歳>

  1319. 右胸皮下乳腺全摘手術後6年 脇下に悪性しこりが再発

  1320. A)先生であれば、やはり局所療法=しこりの摘出手術と放射線照射を勧められますか。
    B)6mm程度のしこり摘出の場合、先生であれば、手術時間及び入院期間はどのぐらいになりますか。
    C)実は2013年4-5月に食道がん治療のため、リニアックの放射線照射60グレイ(+シスプラチン/5FU)を受けているので、放射線治療は二重照射になる可能性があります。
    トモセラピーであれば、腋窩などに絞った照射も可能なのでしょうか。
    D)出来れば先生にオペをお願いしたいと思いますが2-3ヶ月待ちとも伺います。
    <女性:59歳>

  1321. 今後の治療について

  1322. 検査報告書より。
    ER/PgR染色判定基準はJ-Scoreとありました。

    HER2結果 0
    ER結果 Score0
    PgR結果 Score2
    MIB-1:組織の癌細胞のうち、細胞核にKi67(MIB-1)陽性細胞率は85~~90%です。

    ホルモン療法になるのではないか、ということとKi67が高いので抗がん剤の話も出るかもしれないと話してくださいました。
    <女性:40歳>

  1323. 30代後半で見つかった7mmの腺腫

  1324. 去年の10月に受けた時には何も言われてなかったのが自分では気にかかり、
    乳腺外科に受診、乳腺エコーとマンモを受けました。

    マンモは異常なし。
    乳腺エコーも左はカテゴリー2でおそらくは腺腫でしょうとのことで。
    (ここでは7mmと言われました)
    連日の報道でナーバスになってしまっているのとこちらのサイトでは30代後半で見つかる腺腫には注意が必要との事。

    針生検をしてもらった方がよいでしょうか。
    <女性:37歳>

  1325. ゾメタやフェソロデックス使用中の”温活”について

  1326. 私は再発患者で、現在フェソロデックスとゾメタでの治療中です。
    こうした西洋医学の治療を受けるほかに、癌にいいといわれることを取捨選択して生活の中に取り入れていこうと思っています。
    その一環として、身体を温める活動、いわゆる“温活”に取り組んでいます。
    温泉、半身浴、発酵酵素風呂、陶板浴などです。
    <女性:58歳>

  1327. 単孔性乳頭分泌について相談があります。分泌物CEA400 分泌物細胞診クラスⅢ 良悪性判断つかずとなっており、9月下旬に造影MR予定です

  1328. 私の主治医も、乳管造影の話は初めにしてくれたのですが、それは今はあまりしないし、患者の体に負担がかかる(やる場合は、麻酔は乳管造影に差し支えることがあるから麻酔なしでするそうです)、まず造影MRをすると言っています。

    それで場所が分かれば、その部位をもう一度超音波で徹底的に見て(セカンドルックというそうです)部位が分かれば生検もしわからなければ、乳管造影して摘出生検
    と言われていますが、これは田澤先生が折に触れて書いていらっしゃる、MRを確定診断に用いるのは間違っています、というのにあたるのでしょうか。
    <女性:42歳>

  1329. 授乳中のわきのしこり

  1330. わきの下、といっても横乳、肋骨のあたりらへんにしこりをみつけました。

    以前からあったものなのかは不明ですが、自分では気づきませんでした。

    大きさは2.5センチほどです。

    横に寝て腕をあげ触るとすぐにわかります。

    わきの下は危険だと聞いたことがあるのでとても不安で、授乳中ですが検査にいくべきかどうか、授乳が終わったわった後にいくべきかと悩んでいます。

    また、以前右乳にあった一番大きいしこりはかなり小さくなりましたさくなりました。

    授乳したおかげで線維腺腫は小さくなることってあるんでしょうか?
    <女性:29歳>

  1331. 宜しくお願いします

  1332. 次回の診察で悪い、という結果を受けたら早々に手術、早々に抗がんなどで早めに叩きのめしたいのに
    2、3か月待たないとダメなのでしょうか。
    その間私のガンの性質がすごく進行するタイプなんじゃないかと勝手に思ってもうどうしていいのかわかりません。
    <女性:36歳>

  1333. 手術について

  1334. 病理の結果は、5ミリ浸潤とわかり、転移はなし、HER2はゼロでした。
    これからのことも考え、乳腺の全摘術を月末に受けることになりました。
    術後にはホルモン治療も勧められております。

    それで、先生に教えていただきたいのが、乳頭も全部取った方がいいのかというのと、そして、5ミリの大きさなら本当にホルモン治療が必要なのかどうか、
    そして、術後、定期検診ではどのようなことをしてもらったらいいのかということを教えていただきたく思います。
    <女性:44歳>

  1335. 右胸の線維腺腫について

  1336. 乳腺外科を受診したところ、触診、乳腺エコー、マンモグラフィーをした結果、5㎜程(と言われたと思います)の線維腺腫と言われました。
    エコーを少し見たところ、きれいな楕円形に見えました。

    この年齢で大きくなることは稀なので、また1年後ぐらいに検診をしたらよいと言われましたが、線維腺腫は、エコー上で、そうであると確実に判断できるもので、これ以上の検査は今のところ必要ないのでしょうか?
    <女性:33歳>

  1337. 術後の治療について

  1338. 8/(中旬) 温存手術済
    浸潤性入管癌
    腫瘍径 21×20×12㎜
    右センチネルリンパ節 0/3
    ER 陽性
    PR 陽性
    HER2 2+ (+HER-2の増幅を認めました)
    KI-67 3.5%
    年齢 35歳0ヶ月 (手術時34歳)

    術後の治療方ですが、HER2の値、年齢、腫瘍の大きさを考え化学療法を勧められました。
    その後、ハーセプチン、ホルモン療法、放射線となります。
    <女性:34歳>

  1339. 術後の不安

  1340. 乳頭腺管癌 転移はなし
    pT1b(1.0cm.波乃度g) pNO(sentine0/2)
    MO,Stage1 Nuclear1(1+1)
    腫瘍の最大径は10mm
    ER陽性  PgR陽性 Her2 陰性  Ki-67 10.5%
    と記載されていました。

    今はホルモン治療をしています。

    先生は全摘もして心配はない。
    無駄な治療、検査は必要がないししないほうがいいといいます。
    <女性:44歳>

  1341. 最終結果

  1342. 私は先月に左乳房の全摘出手術終えました。
     <結果>
    ●乳頭腺管癌(浸潤7mmあり、ステージ1a)
     
    ●リンパ節転移なし

    ●核グレード1、病理グレード1

    ●エストロゲンレセプター+、プロゲステロンレセプター+

    ●HER2陰性

    ●ki67が5%
     
    と分かりました。
    抗ホルモン剤内服に決定しました。

    先生から見ても、ホルモン剤必要かいらないか知りたいので10月に江戸川病院に予約を入れました。
    <女性:34歳>

  1343. 1歳2か月授乳中 しこり

  1344. 先生曰く、『授乳中はこういうのはよくある』『授乳期は診断が難しい』『これは〇〇病です、というものではない』『手っ取り早いのは、断乳して様子を見る』『お乳が出るから、針は刺さないんです』『断乳してしばらくしてもしこりが消えなければ、来てください』
    とのことでした。

    その場では、なーんとなく安心して、帰路に着きましたが、無理を言ってでも、針を刺して調べてもらった方が良かったのでは?と思い始めました。
    <女性:34歳>

  1345. 右胸の異変について

  1346. 右胸に現れた変化について不安になってしまったので質問させていただきます。

    一昨日右胸が張ってるようなダルさを感じ、少し揉むように手を当てたところ痛かったのでやめました。
    (老廃物が溜まっているような、リンパマッサージを受けたときのような痛みです)

    昨日同じ右胸に毛が刺さっているかのような痛痒さを感じたので見てみると乳輪のすぐ斜め上が赤くなり少し腫れていました。

    虫刺されかと思ったのですが腫れていたのは毛穴でその周り直径2センチほどがあかくなっていました。
    <女性:33歳>

  1347. 細胞診クラス5 手術中迅速病理良性

  1348. 7月の人間ドッグで右胸腫瘤カテゴリー3となり
    再検査時、細胞診をしクラス5となった為
    乳癌確定、MRI CT レントゲン 採血などあらゆる検査後緊急オペとなった。

    画像所見で良性の確率も0ではないとの判断も。

    しかしクラス5を翻すのは難しいのと
    腫瘤が大きくなって為、手術中迅速病理検査で良性なら腫瘤を、悪性なら全摘を希望。

    迅速病理が良性となったが
    主治医の判断で端陽?を調べる為、多めに取り除き、術後病理検査へ。

    今、退院し検査結果待ち。
    <女性:49歳>

  1349. 全摘後のしこりについて

  1350. ①再発乳がんですが上記のような病理で、全摘後すぐ(2ヶ月~)胸壁に再発する事はあるのでしょうか。

    ②インプラントのしわがシコリのように触れることはあるのでしょうか。

    手を下げた状態で触ると良く触れ、ぴんと伸ばしていわゆる自己検診ポーズで触るとごくかすかになります。
    <女性:47歳>

  1351. 母乳育児中のシコリ

  1352. 3ヶ月前に子供が産まれ、完母で育てております。

    出産後1週間ほど経った頃、右の乳房の外側の方に1センチほどのシコリがあることに気づきました。
    (それまではそこまで念入りにチェックすることもなかったため、シコリがあったかは不明。)
    総合病院で入院中だったこともあり、念のため乳腺外科で見てもらえることとなり、マンモグラフィーとエコーでの検査を行いました。

    その結果、『ガンのようなものではなく母乳の溜まりでしょう』という説明を受けました。
    <女性:32歳>

  1353. 細胞診と今後について

  1354. 年明けから右の腋の下の疼痛自覚があり、
    生理周期で痛みがなくなり忘れることもありましたが、4月に右の乳首先端の痛みとともに、米粒大の真っ白なものができていました。

    5月早々に上記を主訴に初めて乳癌検診に行きましたが、『脇の下の痛みは生理周期によるもの。
    乳首の白いのは化膿してるだけ、自然排泄を待てばいい。
    それより左乳房にエコー上しこりがあるので念のため細胞診を。』とのことで検査しました。

    結果は電話で『良性だったので問題ない、一年後にまた。』との連絡で、クラス分類は不明ですがそういうことでした。
    <女性:35歳>

  1355. 胸の痛み、しこり

  1356. で、今、げっぷ、食道痛、胸の痛み、しこり、なんかしこりは大きくなってる感じです。
    固めですが、ガチゴチでもなく、硬いんですが表面は柔らか感じもするし、周りとは違うので芯が固め?なのか、コリコリした感じなのかなと。

    1cmの丸さで2cmの長さで脇のほうに向かっています。
    場所は前と同じ乳首から
    10cm斜め上のところで、そこから脇下中央まで10cmありますので、乳首と脇下中央が20cmあるとそのラインの真ん中です。

    押すと痛いです。
    痛くないときもありますがほぼ痛いです。
    <女性:49歳>

  1357. しこりについて

  1358. 私自身、乳がんにすごく敏感になっていて両胸の上の方にしこりと言うよりかたまり?
    触った感じぼこぼこしたものがあり母乳外来の方で不安で聞いたら乳がんとかのしこりではないよと言われたんですが、不安なら乳腺外来を紹介しますと言われ、今年の一月に乳腺外来を受診し、まだ母乳が出る事もあり超音波検査をして頂きました。

    その際の診断が私も緊張しすぎてもっと質問したらよかったのですが、ホルモンによるものですので大丈夫との事でした。
    超音波検査はしっかり見ていたと思います。
    生理前などに痛みはひどくなる感じはあります。
    <女性:27歳>

  1359. 葉状腫瘍の疑いについて

  1360. 今年5月頃に胸のしこりに気付きましたが、授乳中のため、そのままにしていましたが、何となくしこりが固くなった気がして、近くに新しく開設された乳腺外科を受診しました。

    触診、超音波、マンモ、細胞診をして頂きました。
    担当医自ら超音波を行って下さいました。
    結果として、腫瘍は2cmで葉状腫瘍か乳頭腫の可能性が高いと言われました。
    理由は腫瘍の内に嚢胞?が見える(私が見ても分かります)こと、太い動脈が確認できることとのこと。
    <女性:35歳>

  1361. 手術について

  1362. 腫瘍 6mm
    浸潤性乳がん
    エストロゲン受容体 陽性
    プロゲステロン 陽性
    HER2 陰性
    Ki-67 8%
    グレード2
    リンパ節への転移がなければステージ1

    9月(下旬)日より、ノルバデックス10mgの朝・夕2回の服用を開始しました。

    現在、手術について悩んでいます。

    ●「全摘、背中からの同時再建」を希望しました。

    その場合、形成外科のスケジュールの関係で手術は11月末になるとの事。
    <女性:37歳>

  1363. 手足のしびれ。

  1364. (上旬)日の検診でエコーに腫瘍らしき物を確認し(中旬)日に大学病院にて精密検査致しました。
    右胸に7㎜の腫瘍があるとの事で直ぐ様、局所麻酔による針生検を行い今現在結果を待ってる状況です。
    そこで質問なのですが針生検後、手足を中心に酷い神経痛に似た痛みを感じているのですが、転移の可能性があるのでしょうか。
    日に日に悪化してる様な気がして毎日怖くてどうして良いかわかりません。
    痛み方としてはピリピリ、
    ジンジンと常に痛みます。
    <女性:39歳>

  1365. 術前科学治療に効果が無かった場合について

  1366. 乳がん 48才
    右 浸潤性 ステージIIa Her2陽性 ホルモン受容体陽性 Ki-67 30% しこり
    3.5センチ
    リンパ節転移なし
    左 非浸潤性 1センチ

    現在、術前科学療法にてEC法エンドキサン4クール、DTX法 ドセタキセル+ハーセプチン4クールが終了目前です。

    また10月下旬に両乳房全摘手術+同時再建予定です。

    先日、ハーセプチン2クール目が終わった段階のエコー検査で、左(非浸潤)はしこりが半分になっているが右(浸潤)はあまり変わらないと言われました。
    <女性:48歳>

  1367. 術後の抗がん剤について

  1368. とてもおとなしいガンであるが、腫瘍の大きさが4.5センチで大きい事、リンパに4個転移があるとの事でAC療法半年後にホルモン治療と放射線治療も鎖骨あたりにやると言われました。
    先生のお話で小葉がんは腫瘍系が大きくなりがちと言っておられましたよね。

    全摘で同時にエキスパンダー同時再建もしております。

    全摘なので放射線はやらないと思ってましたのでかなり動揺しております。
    病理結果も英語表記だからと先生がプリントしたものを頂きました。
    ki-67の数値がないとルミナルの判定はできないでしょうか?
    抗ガン剤はやりたくないので、本当に必要なのか?
    <女性:44歳>

  1369. 術後のリンパ節転移で抗がん剤選択悩んでます

  1370. 術前はリンパ節転移なしとのことでしたが
    術後センチネル生検で4ミリあり、2ミリ以下であれば
    放射線治療とホルモン治療でよいが
    抗がん剤治療したほうが今後のためよいと言われ
    来週返答するよう言われました。

    まさかの抗がん剤治療で動揺しております。
    <女性:50歳>

  1371. 乳ガンの疑い大

  1372. 授乳はほぼしていません。
    身長は167センチ、体重51キロでどちらかというと食べても太りません。

    がんでも治療はがんばります。
    できれば再発、転移は嫌ないので全部切除してもらいたいです。
    医者からは入院は長くて一週間と言われました。

    乳ガンで体重減少の場合末期ですか?
    右胸のしこりの大きさは聞いていませんが、触った感じ山のようなしこりは2個でひとつひとつは2センチ以下全部合わせると5センチ位な感じです。
    リンパにはしこりがあって1個かなと。
    触った感じエコーでは転移から来るものではなさそうと。
    <女性:38歳>

  1373. 血性乳頭分泌について

  1374. 今年5月のマンモグラフィーとエコーでも異常なしとのことでしたが、
    数日後左胸(しこりがある方)から血性乳頭分泌に気づきました(色は古い血のような褐色のもの)。
    絞ったら出るぐらいの量でした。
    すぐに担当の先生に話をし、大学病院の乳腺外科に紹介状を書いてもらいました。

    そこで再び①マンモグラフィーとエコー検査:特に異常なし
    ②乳腺内視鏡:特に腫瘍は見当たらず
    ③内視鏡検査の際にとった乳官内の成分検査では識別不可の結果
    ④しこりの針生検:良性

    の結果だったので、半年後の12月に再度マンモグラフィーとエコーを受けて相談することになりました。
    <女性:36歳>

  1375. 今後の治療について

  1376. 主治医の先生は、「抗がん剤を使用する場合の上乗せは4%だが、組織型を考慮するとTC療法を3か月間の4コースで追加しても良いのかなと思います。
    ホルモン療法だけだと少し弱い気がします。
    ご希望でKi67を測定しますので、結果をみて最終判断としましょう。」とのことです。
    <女性:48歳>

  1377. QandAの質問者からの閲覧者へのメッセージ

  1378. 針生検の結果は癌でした。

    しこり発見から確定診断まで丸々2ヶ月かかりました。
    とても長かったです。

    やはり、気になる要素がひとつでもあった場合には、とことん検査するべきですね。

    1軒目の病院でエコー技師さんが、一番見栄えのよくない、悪性を疑う角度で撮影してくれたことにも感謝しています。

    あの 良性っぽく見えないエコー写真のおかげで わたしは癌かも?とモヤモヤとした気持ちを忘れずにいられましたし、そのおかげで田澤先生に相談をすることもできたのだと思います。
    <女性:40歳>

  1379. 断乳後のマンモについて

  1380. 断乳後4か月目に、健診にて、通常のマンモ(2D)と超音波検査を行いました。
    その結果、小石灰化が認められ要検査でしたので、その後、都内のの乳腺専門のクリニックにて3Dマンモと超音波検査を行いました。

    専門医の先生からは、断乳後間もないのでその影響だろうし心配はいらない、1年後の検査でよいと言われました。
    <女性:33歳>

  1381. ルミナルBの薬物療法について

  1382. 母(70歳)が乳癌(右乳房)になりました。

    浸潤性乳管癌・ステージⅠ
    腫瘍径:11mm
    エストロゲン:8
    プロゲステロン:6
    HER2: 2+ (精査中)
    Mib-1:40%
    リンパ節転移:MRI,PETの段階では見えない(ないものと思われる。)とのこと。

    HER2については現在精査中ではあるが、ホルモン受容性乳がんとのことであり、手術後は、聞き間違いでなければ、抗がん剤のことは言わず、ハーセプチン+ホルモン療法を考えている、とおっしゃいました。
    <女性:70歳>

  1383. とっても不安です

  1384. 針生検の結果は
    Invasive ductal carcinoma
    核小体明瞭でクロマチンの増大した腫大、大小不同核を有する腫瘍細胞が
    大小の胞巣を形成して浸潤性に増殖しています。
    間質の線維化を伴います。

    となっています。

    血液検査のCA15-3も34.7と高いとのこと。

    今分かっているのはここまでです。
    <女性:37歳>

  1385. ルミナルA StageⅡaの治療について

  1386. ①ルミナルAですが、抗がん剤の上乗せ6%となることに迷っています。
    できれば抗がん剤は回避したいですが、少しでも再発を抑えたい気持ちもあります。
    リスクが低~中程度となっているため、低リスクに比べれば抗がん剤の上乗せがあるということでしょうか。

    ②若年性乳がんが予後が悪いとされているのは、進行してから発見されることが多いからでしょうか。
    トリプルネガティブも多いと言われていますが、私のようにルミナルAの場合でも、全く同じ病期、サブタイプである若年性以外の方と比較しても予後が悪いということがあるのでしょうか。
    <女性:34歳>

  1387. 乳輪の下にできたしこりについて

  1388. 初めてしこりを触知したのは、2週間ほど前です。

    鏡の前で自己検診をしていた際、
    右乳房の乳輪の下(奥ではなく、下です。)に影があり、
    その部分を指で触ってみたところ、しこりに触れました。

    皮膚に近い場所にしこりがあり、
    しこり部分が膨らんでいたため、その下に影が出来ていました。

    大きさは1cmに満たない程度かと思います。

    ちょうど乳輪の淵に沿うように、横に長い形をしています。

    硬さは、座っている状態で触ると、グミのような硬さですが、
    横になった状態で触ると、小さく(平べったく)なり、
    柔らかくなるように感じます。
    <女性:30歳>

  1389. 石灰化とピルの服用について

  1390. 生理痛がひどいため、低用量ピルを処方してもらっています。
    マンモグラフィーを定期的にしてもらっていますが、先日『右胸に石灰化があるから、1年後必ずマンモグラフィーをしましょう。
    その時にまだあったら、乳がんの初期を疑います。』
    と先生に言われました。

    突然のことで
    何が何だか分からず、聞きたいことも聞けないまま帰ってきました。
    これから妊娠・出産を希望しており、時期をみてピルの服用をやめようと考えていました。
    このままピルを服用していても問題ないでしょうか。
    <女性:32歳>

  1391. 授乳期の検査について

  1392. 授乳期間中ですが、2人の医師がエコーで、「はっきりとは解らない」から「マンモを撮った方がよい」と言い、その場で解決ならなかったのは技量の問題なのでしょうか。

    今は、頂いた結果を信じ、半年後に乳腺外科で経過をエコーでみて頂くつもりですが、話題の有名人の方も、授乳中の検査では乳腺外科医に問題ないと言われ、その数ヶ月後に癌が発覚し、骨や肺への転移まである…という事を見て、不安が残ります。
    エコーで解らないものが、遠隔転移などない、のでは?
    <女性:33歳>

  1393. 針生検の結果

  1394. 2週間ほどして出た報告書の内容は次のようなものでした。
    【右乳腺から4本針生検標本が提出されている。
    領域的な間質増生と乳管上皮増生を認め、線維腺腫の一部が採取されていると考えられる。
    また1本において、軽度核異型を伴い、乳管内に乳頭状の構造異型を示す乳管上皮の増生を認める。
    二相性は保たれ、均一性にも乏しいことから、異型を伴う過形成病変と診断する。
    念の為、免疫染色で検討します。】
    <女性:39歳>

  1395. 脇の下の痛みについて

  1396. 2ヶ月前くらいから右の脇の下が痛みます。

    筋肉痛のような痛みが主ですがズキズキするような痛み、チクチクするような痛みを感じることもあります。
    また、ときどき腕や胸の上の方も痛いです。
    痛みは感じたり感じなかったりします。
    しこりや腫れはありません。

    たまに左脇も痛むことがあります。
    <女性:35歳>

  1397. 乳ガン精密検査

  1398. 8月(下旬)日に以前から考えていた乳ガン検診に初めて行きました。
    乳腺外科で視触診で異常なし、エコーで右胸を左より長く見ていたようで、本人は初めての検診でしこりがありいつ頃からあったかもわからず不安です。

    もしかしたらと思っていましたが、やはり要精密検査手紙が10日後ぐらいにきて、
    9月(中旬)日に前回の乳腺外科に行き1回目の医師とはちがう先生でエコー画像を見ながら「ここね」とおっしゃり、自分でわかるか聞かれたようですが、わかりにくかったけれどなにかあったと申していました。
    <女性:32歳>

  1399. ルミナールA?B? 抗ガン剤をするかしないか。

  1400. 術後の病理結果がでました。

    腫瘍の大きさ、2.1×2.8
    ホルモンレセプター.+
    HER2.ー
    ki67.20~25%
    センチネルリンパ転移なし、
    リンパ節郭清していません。

    右胸、全摘です。

    主治医が言うには、ステージ2a、ルミナールB。

    ki67 14%以下ならルミナールA、30以上ならBで抗ガン剤ですが、
    微妙な%なのでどーするか悩んでいるけど、すすめててる感じです。
    それと本人が決めて下さいともいわれました。
    <女性:52歳>

  1401. 777 リンパ節転移(センチネルと腋下の違い)の質問に便乗して

  1402. リンパ節に転移するにはまずセンチネルリンパ節を通ると言われていますが、ということはつまり私のリンパ節転移一個というのはセンチネルリンパ節に転移していたということでしょうか。

    センチネルリンパ節はそのあとのリンパ節に転移する前の見張り役と言われていますが、私の場合、先のリンパ節にはがん細胞が行かずセンチネルリンパ節で食い止められていたということでしょうか。

    センチネルリンパ節でとどまっているということは予後もそんなに悪くないと考えて良いのかと希望的観測で考えてよいのでしょうか。
    <女性:37歳>

  1403. 乳ガン治療とリウマチ治療の両立

  1404. 先日浸潤性乳ガンと診断され、ステージ1.腫瘍16mmでルミナールAかBかは不明。

    10/(中旬)に乳房温存術をする予定です。

    その後の治療について伺います。

    通常、乳房温存術の後は抗がん剤か放射線治療に入ると思いますが、
    関節リウマチを10年前から患っており、リウマトレックスを週4錠、プレドニン3mmを1日置きに服用しております。

    その場合、放射線治療や抗がん剤治療は出来ないですか?
    もし出来ないとしたら他の治療法はありますか?
    ホルモン治療はもちろんやるつもりです。
    <女性:49歳>

  1405. マンモグラフィーで石灰化(カテゴリー3)が見つかりマンモトーム検査をしましたが、検査結果がよく理解できず癌の可能性がないのか不安です

  1406. 担当医師からは 癌ではなく乳腺症といわれ 半年後に検査でいいと思うとのことでした。
    100%癌じゃないということでいいのでしょうか と聞いてみたのですが
    病気の話で 100%ない ということは、ありませんといわれ モヤモヤ不安感があります。
    気になるなら紹介状も書きますと言っていただいたのですが…
    <女性:47歳>

  1407. Luminal B の乳がん治療、予後について

  1408. 乳房部分切除術を選択しました。

    しかし、結果は硬癌、35mmの広がり(乳管内進展を含む)で断端陰性でした。
    術中のセンチネルリンパ節生検で陽性で、Ⅰ群のリンパ節郭清を7個行いました。
    病理の結果は郭清した7個のリンパ節への転移はなく、
    センチネルリンパ節の転移のみでした。

    サブタイプはLuminal B ER+ Pg+ HER-2 ( – ) Ki67 50%でした。

    予想より広がりが大きかった事で全摘術を選択した方が良かったのではないかと心配しています。
    <女性:46歳>

  1409. ルミナルAで、抗ガン剤の使用について

  1410. 以前の先生の回答に下記のものがございましたが、
    4個以上転移があった場合に行う、予想される抗ガン剤はどのような名称のものになりますでしょうか。
    ——–
     ルミナールAの場合は
     唯一の「抗がん剤の適応」は「リンパ節転移4個以上」と考えてください。
    ———-
    また、上記の検査結果後、先生にセカンドオピニオンをお引き受け頂くことは可能でしょうか。
    <女性:31歳>

  1411. 5ヶ月の子を完母で育てています。がんと宣告されました

  1412. ①この病理所見から分かる範囲で、私の腫瘍はどういう状態なのでしょうか
     先生からはごく初期の乳がんで進行が遅いものであるとは聞いています。

    ②昨年の生検で癌の組織が取れなかっただけで、すでにしこりは癌だったのでしょうか。

    ③検査の為に断乳をするよう言われましたが、今すぐに断乳をした方がいいでしょうか。

    ④先生の診察は今とても混んでるのでしょうか、出来れば早く見て頂きたいとは思いますが。。。
    <女性:31歳>

  1413. 局所再発の可能性

  1414. 昨年10月に乳輪乳頭温存術と同時再建術(ティッシュエキスパンダー)を受け、
    今年の6月シリコンインプラントへの入れ換え術を受けたた者です。

    リンパ節転移なし、ルミナールAで、抗がん剤はせずホルモン療法を受けています。

    先月少し早いけどと1年後の検査として両側エコーとマンモグラフィー(反対側のみ)、採血検査を受け、異常なしとのことで安心したばかりでした。

    しかし、先日シリコン側の胸を何気なく触ったところ、米粒ほどのしこりのようなものに気がつきました。
    <女性:37歳>

  1415. 胸のしこりと痛み

  1416. 10日ほど前に、右胸上部外側に小豆くらいのしこりをみつけ、病院に検査の予約をしたところ
    (市内で一番大きい病院ですが、乳腺外来はなく外科)
    生理などの関係から3週間後にマンモと、超音波の検査になりました。

    こんなに待たされるものなのかとすでに不安なのてすが、他の病院に電話すると症状があっても乳腺外来は11月まで予約で無理といわれてしまいました。

    気になってしこりを触ったり、脇の下をさわっているとそのうち胸や脇のしたの突っ張り、肩から腕がしびれるようなだるさがでてきました。
    <女性:39歳>

  1417. 点滴の抗がん剤か、飲み薬の抗がん剤か?

  1418. 主治医の治療方針は、ガイドラインにそってタキサンorアントラサイクリン(ドセタキセル3w1回orパクリタキセル1w1回)+ ハーセプチンを抗がん剤共に点滴でと言われました。

    スケジュールは①抗がん剤+ハーセプチン②ホルモン治療③放射線でした。
    ステージ1でここまでフルコースをしないといけないかとセカンドピニオンを受診、こちらの先生は
    ステージ1でまず、点滴の抗がん剤はしないと言われました。
    <女性:44歳>

  1419. ステージ3c?

  1420. 一年前に左乳ガン全摘。

    浸潤3センチ。
    非浸潤を含めると
    5.6センチ。

    ER+++PR+++
    硬がん。

    腋下リンパ節転移13個。

    アンスラタキサン。
    放射線を終えホルモン療法中です。

    ki67は46パーセント
    田澤先生の区分だとステージ3cでは?と思い、主治医にステージ2bと言われていたのですが、ステージ3ではないですか?
    と質問したところ
    分類的にはステージ2bで良いとのことでした。
    <女性:47歳>

  1421. 乳癌

  1422. 昨日 検査の結果 乳がんと言われました。

    Ⅰ Ⅱ Ⅲ Ⅳ ⅤのⅤのでした。

    先生いわく 1センチ 初期だから 大丈夫。
    エコーとマンモグラフィーを見ても リンパもキレイ?だから。
    っと 言って下さいましたが …正直 今は 頭が真っ白で 自分に
    何がおきているのか理解できていない状態で 食欲もなく一睡もできませんでした …

    そして 大きな病院を紹介して下さり (上旬)日に行くことになりました。

    Ⅴの診断って事は 転移してるってことはなんでしょうか。
    <女性:45歳>

  1423. 医師の見解に相違について

  1424. 主治医は異動予定になっており、
    術後一度診察があり
    再発率は10%程度のローリスクなので放射線とホルモン療法を
    しっかりやっていきましょう。

    病理が出た際、
    新しく来られた先生に変わった訳ですが・・・。

    ステージ1でも、腫瘍はほぼステージ2である
    充実腺管ガンは、血行性転移率が高いタイプである
    MIB-1 9.5%と低いが、5年10年後に再発する率が高い
    ホルモン剤がしっかり効き目があるタイプでもない等々、何だか前向きになれないような事を並べます。

    確かにこの様な事も聞きますが、言われた所で私にはどうする事も出来ません。
    <女性:47歳>

  1425. 乳頭分泌の検査について

  1426. 乳管造影をやってもらったとして、良性なのか悪性なのか、
    当日に結果はわかるものなのでしょうか?
    もしも乳管造影で診断がつかなく、もう一段階上の検査をするとなっても、その日にできるものなのか、その結果もその日にわかるものなのか教えていただきたいです。

    もう4年も毎日大丈夫なのか不安で、グレーゾーンのままではなく、白黒はっきりつけたいです。
    <女性:38歳>

  1427. 悩んでいます(長い関係)

  1428. PT1b(9mm)ですが、少し離れたところにもう一ヶ米粒ほどの腫瘍あり
    PNO
    トリプルポジティブ

    温存手術を終え、これから全身療法を開始する所ですが、抗HER2療法における抗がん剤の種類のことで主治医との見解が合わず悩んでいます。

    主治医からはFEC×4(3ヶ月)→ハーセプチン単剤×17~18(1年)を提示されていました。

    私は抗HER2療法は受けたいが、抗がん剤が不安で副作用は少しでも軽いものが良いという思いがあり、TC+ハーセプチン×4→ハーセプチン単剤×14 「これで充分」という結論を出しました。
    <女性:55歳>

  1429. 術後

  1430. 病理結果
    9mm×8mm、異形度2、
    ki67 50、ER 80 her2 3と言われました。

    手術のみだと再発率はどのくらいなのでしょうか?

    ホルモン治療
    放射線治療
    抗がん剤治療

    を受けた場合で再発率はそれぞれどのくらい変わるものでしょうか?

    ホルモン治療と放射線は受ける予定です。

    ハーセプチンと抗がん剤を受けるか迷いがあるため質問させていただきました。
    <女性:38歳>

  1431. 葉状腫瘍の手術について

  1432. 2016年5月頃から、左胸の手術した所と同じ場所辺りにまたシコリを感じて、針生検をした所「3センチ以下の良性の葉状腫瘍」という結果が出て、今度摘出手術を日帰りでする予定です。
    医師より、葉状腫瘍から少し離れた場所にも小さな腫瘍があり少し気になるが、それを含めて摘出すると胸の形が少し変わってしまうので、今回は葉状腫瘍の部分を取ります、と言われました。

    そこで質問です。

    ①2年前に摘出した線維腺腫に実は葉状腫瘍が隠れていて、今回それが大きくなったという事は考えられますか?
    <女性:36歳>

  1433. 単孔乳汁分泌について

  1434. 半年後も分泌は量は全く増えないものの、
    ごくたまに茶色い分泌があるため
    再度受診→精査超音波のみ→経過観察です。

    担当医に乳かん内に腫瘍はないか、分泌物の検査などは必要ないか聞いたところ、嚢胞はいくつかあるが異常は認められないし、経過観察でよいとのこと。

    色々調べこちらのサイトを見て、乳頭異常分泌は単孔だと乳管造影すべきなのかとそちらを受診したく考えております。
    <女性:44歳>

  1435. 放射線治療

  1436. weekly抗ガン剤をやっと9月(上旬)日で終了しました、これから放射線治療なのですが、
    とても混んでいて、開始が9月(下旬)か10月(上旬)月からスタートなのですが、1ヶ月も空いて大丈夫なのか、不安です?

    リンパ転移2個
    現在50歳○ヶ月ですが、タモキシフェン飲んでます、49歳の時に子宮と右卵巣全摘しています。

    生理がないので閉経してるかわかりません、タモキシフェンで良いのでしょうか?H27.3.2 FSH14.1 E2 49更年期障害の為めエストラジオール補充なのでこの数値です。
    <女性:50歳>

  1437. 病理結果による予後の不安

  1438. 右乳房下側非浸潤癌と診断されました。

    8月上旬、部分切除の手術を受けました。

    病理結果は
    病名:右乳癌 浸潤性乳管癌
    腫瘤の大きさ:3mm 非浸潤癌を含めた腫瘍の大きさは7cm程度
    細胞の顔つき:②
    ホルモン感受性:高い
    HER2:陰性
    Ki-67:40~50%
    リンパ節転移:なし
    乳腺断端:陰性

    現在放射線治療中で、タモキシフェン服用中です。

    不安に思っているのは、腫瘤の大きさが3mmとはいえ、
    非浸潤癌を含めた腫瘍の大きさが7cmあり、自分でみつけたときには
    わからなかった腫瘍が思いのほか大きいと感じたこと。
    <女性:39歳>

  1439. 石灰化としこりについて

  1440. マンモグラフィーで左胸乳首付近に石灰化があると言われました。
    (白い小さな点々が散らばっているように見えました)

    画像上、授乳の影響がまだありはっきりしない。
    3ヶ月後にもう一度検査を受けに来て下さい。

    (総合的に考えると)おそらく大丈夫だと思います。
    授乳直後でなければすぐ組織を取って見るのですが、まだ母乳も残っているような感じですので、マッサージをよくして下さいということでした。

    私としは、疑わしいのであればすぐ検査していただきたかったのですが、経過観察ということでした。
    <女性:40歳>

  1441. 検査延期か転院について悩んでます

  1442. 検診からずっと診察してもらってる先生が、乳癌等の治療患者が増えた為、
    検診廃止と治療してない検査だけの患者は、検査延期か転院の方向で現在うごいてます。

    ①今のA病院に継続診察で1年1回に延ばしてもらい、半年後の検査は、B病院で受ける。
    この場合2ヵ所の病院に1年1回ずつでも保険診療になりますか?それともB病院に市町村の医療機関検診
    ②転院して半年毎に定期検査受ける。
    (紹介しようとしてる先生は、乳腺専門医でなく乳腺認定医で2次病院)
    ①なら次回の予約②なら紹介状をお願いしなければなりませんが、①か②を迷ってて結論がでません。
    <女性:34歳>

  1443. 検診について

  1444. 市の乳がん検診を受けに行きました。

    触診、超音波検査です。

    超音波検査で右胸に5.9mmのしこりがあり
    先生から線維腺腫?だと思いますと言われました。
    丸い感じのしこりの形でした。

    診断としてはカテゴリー3。

    市の検診という事もありすぐに精密検査では
    なく一ヶ月後に市から検査結果が送られて来るのでその時に精密検査をして下さいと言われました。
    自分で触ってもしこりを確認する事はなかったのでショックでした。
    <女性:33歳>

  1445. 腫瘤性病変について。

  1446. 乳癌検診にて超音波検査の結果が書面にて届きました。
    結果は、所見あり。
    腫瘤性病変 左 と記載があり、予約の上、1ヶ月後に超音波の再検査をして下さいとありました。
    検査した病院に電話しましたが、予約が一杯で11月に入らないと予約が取れないと言う事で、
    それまで放って置いて大丈夫なものなのか、腫瘤性病変とは、癌なのかわからず、不安でネットで検索していたところ、先生のHPにあたりご質問させていただきました。
    <女性:45歳>

  1447. なんとなく重たい感じ

  1448. 一年ちょっと前に、触診、マンモ、エコーと検診してます。

    数ヶ月前からなんとなく左の胸がたまに痛みます、ズキズキ、キーンというか重たい感じです。

    左のほうが生理前には特にごつごつして、痛みます。

    生理後にも左のほうが、こりこりとしています。

    そろそろ検診に行こうと思いますが大丈夫かと心配です。
    <女性:45歳>

  1449. 乳頭部の痒み

  1450. 左胸の乳輪に円形の出来物ができ、激しい痒みがあったため乳腺科を受診したところ、
    顕微鏡検査で「白癬菌」と診断され、ラミシールを処方されました。

    右側も同様の症状になりましたが、顕微鏡検査では右側には白癬菌は見つからず、両側にラミシールを塗るように言われたのですが、2ヵ月経ってもまったく痒みがなくならなかったため、皮膚科を受診したところ、白癬菌ではなく「皮膚炎」と診断されました。

    2週間抗ヒスタミン剤とステロイド剤を1日2回使用し、症状が治まってきたので、抗ヒスタミン剤とプロトピックという薬を1日1回使用していたのですが、数日前から乳頭の痒みが再発してきました。
    <女性:42歳>

  1451. 先日診ていただいた石灰化についてです

  1452. 私の両胸石灰化が悪性である可能性は一割以下とのことで、マンモトームではなく念の為の半年経過観察を勧めて頂いたのですが、その後の予定についてです。

    来年4月の診察でもし疑わしい石灰化が増えていた場合マンモトーム生検を行うとは思いますが、もし増えていなかった場合は更に半年の経過観察になるのでしょうか?
    <女性:31歳>

  1453. 両胸のしこりについて

  1454. 乳腺外科専門医に診てもらったところ
    右側は異常なし
    左 胸 の左上 にしこり4ミリほどあり
    と言われました。

    大丈夫だから安心してと 言われたものの 病名は何も言われておらず半年後、さらに半年後の マンモとエコーによる 検診を繰り返しました。

    2016年今年9月(中旬)日にマンモとエコー検査を受けたところ、
    左胸のしこりはそのまま4ミリ右胸の下の方にもしこり3ミリほど見つかりました。

    医者は首をかしげていました。
    また 今回も 病名も何もつけられずに経過観察となりました。
    <女性:37歳>

  1455. ホルモン治療副作用について

  1456. ルミナールAタイプだと思われるとの事です。

    術後ホルモン治療を行うと思うのですが、私は2年前の42歳の時に、子宮筋腫で子宮の全摘をしています。

    ただ、更年期障害の不安から卵巣は残しました。

    その卵巣に内膜症が出来ていて、今でもたまに痛み止めを飲まなければならない程の痛みがあります。

    ホルモン治療の副作用に卵巣の腫れがあったと思うのですが、卵巣に内膜症がある場合、その副作用で内膜症が悪化する事はあるのでしょうか?
    それと、卵巣ガンになるリスクはあるのでしょうか?
    今となっては、なぜ卵巣を子宮と一緒に摘出してしまわなかったのか、
    後悔しきりです。
    <女性:44歳>

  1457. 乳ガン

  1458. 左胸温存手術を行いました。

    初見ではリンパには転移なしで早期ですと言われ少し安心しておりましたが、
    術後の結果はNG1でher2陰性?ホルモン感受性高め、ki16%、リンパ1/14、ステージ2A、ルミナールAという結果でした。

    術後リンパ転移有りとなりかなりショックを受けております。
    田澤先生から見てこの結果は予後はどう思われますか?
    早期の部類には入りませんよね。

    今は放射線とタモキシフェン、リュープリンを行なっています。
    最近喉に違和感を感じ過呼吸のような症状やホットフラッシュが良く起こります。
    <女性:41歳>

  1459. KI67数値の高さに怯えてしまい、落ち込んでいます。

  1460. ステージ1で腫瘍13mm。

    エストロゲン受容体 陽性
    プロゲステロン受容体 陽性
    HER2 1+
    核異形度 グレード1
    Ki67 90%
    Ki67の数値が高いためにルミナールBだという診断を受けました。

    発見された腫瘍以外にも近隣にステージ0の小さな腫瘍が多々見つかり
    (MRIで確認していただきました。)10月末に右胸乳房全摘をする予定です。
    <女性:41歳>

  1461. 脇の腫瘍

  1462. 総合病院で再度、先生によるエコーで脇にもくっきりした、腫瘍があると言われました。

    私が見ても、大福を横から見たような感じでした。
    あと、クリニックで指摘された2センチの腫瘍以外にも、同じ左胸に気になるシコリがあり、針生検をしました。

    その際、おそらく術前化学療法になり全摘と言われました。
    <女性:43歳>

  1463. 組織診の結果

  1464. 病理組織所見の説明についておうかがい致します。

    「右乳腺から4本針生検標本が提出されている。
    領域的な間質増生とや
    や目立つ乳管上皮増生を認める。
    線維腺腫の一部が採取されていると考えられる。
    悪性所見を認めない」
    と記載されていました。

    良性の線維腺腫であることはとても安心したのですが、乳管上皮増生という言葉が気になっています。
    <女性:29歳>

  1465. 抗がん剤の使用と今後の治療について

  1466. 右乳管癌温存手術を終え、放射線治療も終了しました。

    9×6㎜ idc a3 NG1(NA2+MC1) pT1b f+
    ductal spread + , ly- v- pNO(0/1)
    ER+++ PgR+++ HER2;0 Mib1=40% P53=30%

    とても痩せており、胸も脂肪も殆ど無いのですが、やはり、露出(-)だが近接で、
    本当に露出ギリギリだったそうです。
    放射線治療は25回と電子線5回追加ブーストでした。

    主治医からはホルモン治療に加え、抗がん剤治療をすすめられていますが、今後の治療の事で悩んでいます。
    <女性:45歳>

  1467. 10年前からの乳腺線維腫疑?

  1468. 今年春のドックのマンモで所見なしでしたが、最近の報道に前後して左乳房や脇に痛みを感じることに不安を覚え、半年待たずに近くの乳腺外科でエコー診察してもらうと、触診では所見なし、痛みは乳腺症からのもの。
    エコー画像は、これだけでは線維腫か水が溜まってるのかわからない。
    10年前からあったものと言われてもエビデンスもないので、どうしますか?仮に今、初めて見つかったものであれば生検します。
    所見はこの一個、とのこと。
    <女性:44歳>

  1469. 不妊治療中に乳がん発覚

  1470. 現在39歳で不妊治療中です。
    不妊治療をしている病院で胸のしこりを相談したところ、癌の疑いがあると言われ、すぐに大きな病院を受診し
    乳ガンと診断されました。

    左の乳房に3センチ程のがんがあり そこから腕のように伸びている部分があるいびつな腫瘍だそうです。
    その他にも同じ左の乳房内に小さいがんが点々と見える言われました。
    リンパ節にも転移しているそうです。
    <女性:39歳>

  1471. 左胸違和感

  1472. 33歳女性です。

    妊娠、出産経験ともになく親族に乳ガン経験者もいません。

    生理前など関係なく前から左乳房のチクチクした痛みや時々ズキっとする重めの痛みが気になっています。

    場所は乳首の直ぐ上の乳輪あたりです。

    時々乳輪から1、2センチ離れた左側が気になる時も…
    ここは時々です。
    <女性:33歳>

  1473. 乳がんの診断について

  1474. ドクターは経験豊富な方のようですが、私がしっかり聞けなかったこともあり、曖昧な点が残っています。
    「MRIで集積がみられるということは、悪性の可能性が高いということですよね?」と聞いても、「画像の技師さんがそう言っている以上はね…」とのお返事で、こちらのサイトで言われているような、形状や大きさ、クラスなどの説明は聞けませんでした。
    また、手術後の生検で悪性が判明した場合、もう一度手術をして、乳頭やリンパも取ることになると言われました。
    <女性:34歳>

  1475. アドバイスをお願いします

  1476. ①良性の乳管内乳頭腫でも大きさが大きくなったり形がいびつになったりすることはあるのでしょうか。

    ②(他の方の質問などを読んでの疑問なのですが)針生検で診断可能なのでしょうか?
    ③悪性だった場合、乳管内のしこりということは非浸潤ガンなのでしょうか。

    ④通訳を通しての、海外での地元の大きな病院にかかっております。
    今後の診療で何か注意すべき点があれば教えてください。
    <女性:37歳>

  1477. 針生検結果待ちです

  1478. 針生検はマンモトーム生検かバネ式か
    どちらかでしたが、担当医師の判断により
    バネ式生検になりました。

    生検中に先生がぼそっと弾かれるな、、
    と言いました。

    エコーの画像は嚢胞とゆわれた右側は
    黒くくり抜かれてる用に見えて丸く
    なっていますが、問題の左側は
    乳腺の白くなっているところが
    若干?モヤモヤしているように見えるものでした。
    <女性:28歳>

  1479. 線維腺腫について

  1480. 私は41歳 で、9月に脳ドックで髄膜腫(良性)が見つかり、年末に手術を予定しています。

    でも、9月(中旬)日に右胸に3ミリと5ミリの しこりが あることがわかり、その場で 針生検をして、(下旬)日に 線維腺腫と言われました。

    しかし、線維線維と葉状腫瘍は区別がつかないと 言うことを知り、葉状腫瘍だったらという不安が消えません。

    先生の病院で、マンモトーム生検をしていただき、調べていただくことは可能でしょうか。

    髄膜腫のことも あり、できるだけ早めに
    していただくには、どのように手続きしたら良いでしょうか。
    <女性:41歳>

  1481. 抗がん剤の使用

  1482. 52歳の母が8月に両胸に乳ガンと診断があり、9月に全乳房切除術を行いました。

    左は非浸潤癌(ki67:10%)で石灰化の本当に初期でした。

    右の状態は下記の通りです。

    浸潤癌
    腫瘍の大きさ3.3cm
    リンパ節転移 1個 3個中
    核位型 1
     ER 陽性
    PgR 陽性
    Her2 1+
    脈官への襲撃(リンパ官) あり

    血管に対しての話はなかったのでリ
    ンパ官襲撃のみかと思われます。

    ki67:40%

    治療は抗がん剤から始まります。
    初回は入院2週間、その後は通院の半年3回行います。

    <女性:52歳>

  1483. 再発について

  1484. 温存していただいたのですが、放射線かけるのと、再建術(乳頭乳輪を残して皮下乳腺全摘)
    では、どちらが再発率が低いのでしょうか?
    <女性:43歳>

  1485. 悪性の可能性を教えてください

  1486. 昨日以前からある右胸内側上部にあるシコリが気になり、個人病院を受診しました。

    エコーでの検査だったのですが、
    大きさは15.6mmと画面を見ると書いてあり、先生は楕円形で辺縁明瞭だけど、内部不均一だから
    確実に大丈夫とは言いきれない部分があるので大きな病院で1度マンモ等の精査をしてみる?と言われました。

    10代の頃からこのシコリはあり、2年ほど前にも1度違う病院でエコー検査をうけ楕円形だし、大きさも今回測ったほどであまり変わりはなく大丈夫だろう、よく動くし。
    もし不安なら紹介状書くけどとのことでした。
    <女性:24歳>

  1487. 予防接種

  1488. FEC4回+タキソール4回の抗ガン剤治療中です。
    10/(上旬)に4回目のFEC、3週間後からタキソールの予定です。

    抗ガン剤治療中にインフルエンザの予防接種は可能なのでしょうか。

    また、打つ場合、このようなスケジュールですが、いつがのぞましいのでしょうか。
    <女性:48歳>

  1489. 急にできたしこり

  1490. 授乳期に見つけた胸のしこりが心配です。

    授乳中に肺炎になり、抗生物質を処方されました。

    結果的にはこの抗生物質は授乳中でも問題ないものでしたが、
    念のため、授乳を1日止めて、パンパンに張ったおっぱいを搾乳しました。

    その後、授乳は再開したのですが、抗生物質を飲み始めて3日目くらいに右胸の上部にしこりを発見しました。

    病院に行き、エコーを見ると、先生が液体ではなく、血液も腫瘍の中に流れているおり、
    怪しいので針生検をしましょうということで検査を行い、結果を待っている状態です。
    <女性:40歳>

  1491. ホルモン療法はするべきか

  1492. 今年5月に右胸全摘しました。
    病理結果は非浸潤2箇所広がりはよくわかりません。
    と浸潤1ミリ大の多発でした。
    去年12月の針生検で浸潤癌でしたが、術後その場所は非浸潤でした。
    針生検で採取したのが、たまたま?浸潤してて術後は非浸潤のみなのでしょうか?
    多発していまして2箇所ははっきりしていましたが、下な方にもモヤモヤしてる所を細胞診して貰いCLSSⅢbでした、その場所だと思うのですが1ミリ大の浸潤癌がありました。
    <女性:53歳>

  1493. 母の病状について

  1494. 先週の受診の際に母が尋ねたときに触診もしてくださったようですが、
    特に問題はなく、念のためマンモとCTを行うことになり来週結果が出ます。

    私は心配性なので転移?と考えてしまいますが、心配しすぎなのでしょうか。

    ちなみに今年の3月に術後2年検診をしていますが、その際は問題なくクリアしています。

    PMPSというのがあるのを知り、私はその状態ではないかと思っているのですが不安で仕方ありません。
    <女性>

  1495. ルミナルAの治療でよいか

  1496. マンモグラフィフィー(縦、横、部分)、超音波(エコー)、針生検
    (組織診)、MRIを受け、乳がんと診断されました。
    今のところ以下の通りです。

    ○癌の種類は、浸潤癌
    ○大きさは、超音波では2.8cm、MRIでは3cm
    ○しこりの数は、1個(エコー、MRI)
    ○異型度(グレード)は、2(腺管2核異型2細胞分裂2)
    ○ERは陽性99%
    ○PgRは陽性70%
    ○HER2は 1+(陰性)
    ○ki67は 20%(80/440)
    以上です。

    ステージⅡA、ルミナルBのようです。
    <女性:51歳>

  1497. 皆様の投稿に思うこと

  1498. ○皆様からの投稿についてのご意見です。<女性:48歳>

  1499. 術後、抗がん剤後の検査について

  1500. 私は4月に右胸全摘後、リンパに1つ転移があったので、TCを4回終え、今は8月からホルモン治療中です。

    再発するのが恐く、今後も細かく検査をしていってほしいなぁと思うのですが、マンモやエコーはどのくらいの周期でするものですか?
    術前にやった、胸や頭、お腹のCTやMRI、
    骨シンチもやってほしいと思うのですが、
    術後いつくらいにどのくらいの周期でやるものでしょうか?また、ペット検査は私のクリニックにはないのですが、受けたほうがよいですか?先生のクリニックの患者さまはうけていますか?
    <女性:38歳>

  1501. 胸のしこりの経過観察

  1502. 自分で触って気になったところはなんだったんでしょうか。
    と尋ねると、なんでしょうね。
    しこりはないですよ。
    と淡々と終わりなんとなく聞きにくい雰囲気でしたので、そこで終わってしまったのですが、筋のようなこのグニグニしたものはなんだったのか。

    そして小さいしこりはなんだったのか、2か月後悪性の可能性があるのか不安になっています。

    ただ筋のようなものは右にも同じようなものがあることに気づき、乳腺なのかなとも思いました。

    ちなみに2ヶ月後にも受診はしようと思いますが、今月末に町の健康診断がありオプションで乳ガン検診も入れてもらいました。
    <女性:32歳>

  1503. しこりの痛み

  1504. そこの病院は太い針でも細胞は取っているという事ですが、
    太い針で細胞を取れば確実に良性と判断して頂けるのでしょうか?

    毎回毎回しこりを抱えて良性悪性と悩むくらいなら、この状態で全て取りり除いて
    乳がんの心配を確実に無くすという事は不可能なのでしょうか。

    通っている先生は、そんなことは出来ない。
    悪くないものを取るなんてできないという事でした。
    <女性:36歳>

  1505. 乳頭分泌について

  1506. 乳頭からの分泌液について質問させてください。

    ・左右とも、乳房全体を絞るようにすると、いくつかの穴から白っぽいミルクのような液が出る。

    ・左側の乳首の一箇所のみ、乳首だけを摘むといつも同じところから透明の少し黄色がかった液体がぷくっと2ミリほど出る。
    一旦溜まっていた分が出るとそのあとは出なくなるが1日ほどして絞るとまた同じ量出る。

    以下気付いた経緯です。
    <女性:25歳>

  1507. 右胸の脇側のしこり

  1508. 今年4月にマンモ、超音波の検診はしています。
    その時は一年前の検診の時と何ら変わらず問題ない、との話でした。

    3日前に、右胸の脇側にしこりらしきものを見つけました。

    しこりの片側は完全に境がわかり、段差があるのですが、もう反対側は
    境がわからず、、です。

    指先で押すと、動く感じです。

    ガンの可能性はありますか。
    <女性:41歳>

  1509. 抗ガン剤の件

  1510. 1999年に左乳房温存手術をしました。

    当時は5年間のリュープリン注射で治療が終わり、それから16年何もなく、検査をしながら生活してまいりました。

    今回、胆嚢ポリープの検査時に右乳がんと診断され、生検の結果
    9月(上旬)日に手術となり、(下旬)日に病理検査の結果が出ました。

    腫瘍は1.5センチ
    リンパ節には転移なし
    トリプルネガティヴタイプ
    ki67は60パーセントで抗ガン剤の治療法しかないと言われました。
    <女性:52歳>

  1511. DCISについて

  1512. DCISと言われ、全摘(異常のない右乳房も視野に入れ)を検討しましたが、今、結果が曖昧で、ひどく大きいものではないので部分切除+放射線を勧められ迷っています。

    CTと骨シンチはしますか?と聞かれ、よく知らなかったので今週することになりましたが、こちらを拝見しDCISには必要ないものと知り、骨シンチは断るつもりです。
    ただ、昨年卵巣に腫瘍がありましたのでCTは受けてもいいのかもと思っています。
    <女性:37歳>

  1513. 線維腺腫とマンモグラフィのカテゴリーについて

  1514. もし悪性だったり、悪性が混じっていたら、2年以上も放っていたことになり、進行しているのではと不安です。

    半年位前から骨盤に鈍痛があるのですが、もしや転移じゃないのか…と色々と関連付けてしまい夜も眠れません。

    手術は来週、病理の結果が1ヶ月後に出るそうですが、既にその話を伺って2週間で精神的に参ってしまい、まだあと1ヶ月以上もこの精神状態のまま過ごすのが辛いです。

    また、今回は可能性は低そうだけど、摘出してみたら葉状腫瘍だったという場合もあると言われました。
    <女性:35歳>

  1515. 今後の治療法を教えてください

  1516. 1年前から、ホットフラッシュ真っ最中です。

    9/(下旬)温存手術をし現在入院中です。

    術前検査結果は、手術前日しこり1.7cm
    細胞針結果 クラスIV、
    針生検(組織針)
    グレード2、HER2(+3) 陽性、浸潤癌、
    MRI、CT、骨シンチ検査の結果 転移無し

    手術時、センチネルリンパ生検で3個取り、その中の1個、一番手前6ミリの転移がありました。
    2個は、転移無し。
    転移があった為、その先のリンパ節をごそっと取ったそうです。
    <女性:52歳>

  1517. CTを受ける時期(肺の影の経過)

  1518. 2月に乳がんがわかり、4月に右乳房全摘手術と
    センチネルリンパ節生検をおこないました。

    今はホルモン療法中です。

    術後の病理結果です。

    ・浸潤性乳管癌
    ・浸潤径22ミリ
    ・拡がり 脂肪まで
    ・リンパ管浸襲ly0
    ・脈管浸襲V0
    ・リンパ節転移0
    ・ER.PGR 陽性
    ・HER2 1+ FISH(-)
    ・核異型度 グレード1
    ・KI67 3%

    2月にCTをとったときに、肺に2ミリくらいの影があり
    最初の病院で、ステージ4ですか?
    と聞いたら
    まだちゃんとは分からないけど、そうなると言われました。
    <女性:41歳>

  1519. しこりが無い乳がんについて

  1520. 先生にあくまで確率ですが、見た感じどうか尋ねたら、初見では5分5分と言われました。

    しこりに触れない乳がんもあるからと言われましたが、
    小さくて触れないとしか調べられず(ネットの情報は不確実ですが)
    数センチのもやもやもガンだとしたら、
    だいぶ進んでるのではないかと不安です。

    これだけの情報ですが、
    やはりガンの可能性は高いでしょうか?
    ガンだった場合、転移も有り得る状態でしょうか?

    生検で問題無くても、マンモトーム出来る病院へ行った方がいいでしょうか?
    また生検の結果は確実でしょうか?
    <女性:40歳>

  1521. 細胞診結果クラスIII

  1522. 慌ててブレストクリニックに行って、すぐにマンモグラフィー、エコー、細胞診の検査をしていただきました。
    数年前から気になっていたしこりと反対側のしこり、それぞれ1箇所ずつ細胞診を採ったのですが先日結果で数年前から気になっていたしこりがクラスIIIであったと告げられました。

    受診時からしこりの存在を知らせていたため一通りの検査をしていただき、エコー上も異常な感じはしないけど…と言われながら細胞診をされました。
    <女性:30歳>

  1523. 左のしこり(腫瘤)

  1524. 先日、ドックにてエコー検査をした際、左腫瘤あり、要再検査となりました。
    大きさは約1センチ。
    私自身触ってみてもわかりません。

    ドックでは、エコーのみで触診はありませんでした。
    場所が低層部にあるらしく、それが心配だと医師の説明を受けました。
    <女性:43歳>

  1525. 健康診断で乳腺嚢胞の疑いと言われました。

  1526. 実は、先月の健康診断で乳腺超音波の検査をしたのですが、左右乳腺嚢胞の疑い、精密検査と結果が届きました。

    嚢胞とはどういうものなのでしょうか?
    初め聞く言葉に不安でもあります。

    先生のところで再検査をお願いすることは可能でしょうか?

    右・乳腺嚢胞の疑い、最大8ミリ(一部隔壁を伴うものあり)
    左・乳腺嚢胞の疑い、最大7.1ミリ(一部石灰化を伴うものあり)
    <女性:47歳>

  1527. HER2 浸潤性乳管癌 今後の治療について

  1528. 病理検査の結果は以下です。

    ●浸潤性乳管癌 HER2タイプ
           (16mm×8.6mm。
    10mm。
    10mm。)
    ●エストロゲン受容体 10% 陽性
    ●プロゲステロン受容体 0% 陰性

    ●核異型 スコア2
    ●核分裂像 スコア2
    ●エコーではリンパへの転移は今のところなさそうだとのこと。

    術前抗がん剤に疑問を持ち、手術先行でお願いしました。
    手術予定は11月中旬です。

    2週間後にすべての結果が出て、主治医と今後の話をする予定です。

    手術まで時間がありますがこのタイプの乳がんは進行が速いと聞きます。
    <女性:44歳>

  1529. 脂肪のかたまり?悪性化しない??

  1530. 先日、左胸に柔らかいしこりを発見しました。

    乳腺外科で触診とエコーをしてもらい、確かに柔らかいしこりはあるけど乳がんではなく、脂肪が触れているだけと言われ、1年毎の検診で良いと言われ、それ以上の検査はしませんでした。

    マンモは同じ病院で4ヶ月前に撮っていたので今回は撮りませんでした。

    安心して家に帰りましたが、ふと、この脂肪は悪性化することはないのか?本当に脂肪なのか?エコーだけで良かったのか?と不安になりました。
    診察の際に先生に聞けば良かったのですが、慌ただしく聞けませんでした。

    私の触った感じでは、柔らかいグミのような触感です。
    <女性:39歳>

  1531. 細胞診クラス3b

  1532. 現在妊娠11週、健診のエコー検査で指摘あり、先日細胞診を行い本日結果をききました。

    細胞所見:N/C比増大、クロマチン増量を伴う異型乳管上皮細胞を集塊状~孤立性に認めます。
    二相性を認める集塊では重積が強く、二相性不明瞭な集塊では配列不整や結合性の低下を認めます。
    DCIS~invasive ductal
    carcinomaを疑う細胞像ですが、背景に粘液様物質も認mucinous carcinoma
    の混在も否定できませんでした。

    これを読むと素人目には癌なんじゃ、、と思ったんですが、クラス3bから組織診で良性になることはあるのでしょうか?
    <女性:35歳>

  1533. MRIの検査の結果について

  1534. 術後7年までは3か月に1回、8年からは半年に1回かかさず、手術して頂いた病院で検診を受けています。

    今年の8月で術後10年になり、全身検査を受けました。

    そこで手術をした左乳房でMRIの結果(マンモグラフィーとレントゲンでは異常なし)9時の方向に線維腺腫と思われる物がある 良性かどうかの判断つかず という結果が出ました。

    MRIは通っている病院でなく 検査病院の様な所で撮って頂きました。
    <女性:55歳>

  1535. 授乳中 痛みの無いしこりについて

  1536. 現在、1歳1ヶ月の子供がおり授乳中です。

    出産直後から母乳があまり出ず、張ることもあまりなかったため母乳とミルク半々くらいで育ててきました。

    現在もそこまで母乳は出ていないものの、子供が安心感を求めているのか授乳回数は多いと思います。

    そんな中、1ヶ月ほど前に左胸(外側)に痛みの無いコリコリしたしこりがあるのに気付き、さらにここ数日は脇にだけ痛みを感じるようになりました。
    <女性:31歳>

  1537. 非浸潤がんの再発?

  1538. 6年前、33歳の時に非浸潤乳がんになり温存手術をしました。

    しこりの大きさ2cm、リンパ節転移0、ホルモン受容体ER+、PgR
    +、HER2 2、核異型度 1、切除断端 -、脈管侵襲 -。
    術後、放射線を25回終了。

    その後1年に一度マンモグラフィーとエコーをしていましたが、出産をし今回2年半ぶりに市の乳がん検診を受診し、触診異常なし、マンモグラフィー 術側の不均一高濃度、カテゴリー3、もう一人の読影医はカテゴリー4で再受診しました。
    <女性>

  1539. 病院選択について

  1540. 大阪で定評のあるのは○○先生の○○クリニックですが、こちらで1昨年、○○病院の紹介状をもって検査にいったところ、「もう少し様子をみましょう」と言われ、
    針検診に至りませんでした。
    そのとき調べていたらという思いもあります。

    また、○○クリニック含め、○○センター、がんセンターなど手術例が多く
    定評のある大きな病院だと手術待ちで時間がかかり、進行するのではという不安もあり、決めかねています。
    <女性:44歳>

  1541. 悩んでいます。

  1542. 左乳がん全摘術をし、病理結果が出ました。

    腫瘍径3mm、リンパ節転移なし、エストロゲン100%、プロゲステロン
    100%、HER2判定 陰性です。

    非浸潤性入管癌で、ステージ0、ルミナルAタイプとのことです。

    今後の治療については、全摘術のため、放射線治療はなし、ホルモン治療を5年間という予定です。

    現在、不妊治療中で、体外受精で妊娠を希望していて、採卵(受精卵は凍結しています。)まで終わったところで、自己触診でしこりを発見し、不妊治療を一旦中断して、手術を受けました。
    <女性:43歳>

  1543. 迷っています

  1544. 9月に左胸の温存手術をしました。

    結果は、硬癌(ルミナルB)のステージ1
    リンパ節への転移、遠隔転移もなしでした。

    内分泌受容体は陽性、HER2は陰性でしたが
    ki67が34.1%と高く、グレードが3。

    癌の再発を防ぐためにも
    TC療法を4コースしてみては?とのことでした。

    タキソテールとシクロフォスファミドが抗がん剤の名称でした。

    オンコタイプDXをしてみてもとは言われました。

    が、高額なので迷っています。
    <女性:44歳>

  1545. 多孔性乳汁分泌

  1546. 断乳して4年。
    毎月のセルフチェックで分泌があります。
    色は、透明、白、薄いクリーム色です。
    下着に着くことはありません。
    昨年の秋、婦人科検診で多孔性→精密検査の診断。
    その後エコー検査をしました。
    結果→異常なし。

    そらから数ヶ月、乳汁分泌が気になってしまい7月に婦人科へ行きました。
    服用している薬があり(胃薬、うつ病)血液検査もしました。
    結果、
    正常値。
    今月末に婦人科検診があります。

    乳汁分泌多孔性は精密検査なのでしょうか?
    <女性:44歳>

  1547. 胸の痛みとマンモグラフィー

  1548. 結果はnegativeで白血球3+と導管上皮は認められないとのことでした。
    1か月後に再診でマンモグラフィーをしたいとのことでした。
    その後も痛みが続き、再診まで待てずに受診し、フロモックス1週間分と抗炎症剤(ロキソニン)をいただき内服しました。
    その時は乳輪のすぐ外側は発赤し、乳頭はやや陥没気味になりそのやや上方にしこりがありました。

    先生は乳腺炎でしょうと、数日したらよくなりますと言われました。
    とにかくマンモグラフィーをしましょうと。
    フロモックス内服しましたがすっきりせずに、自宅にあったジェ二ナックを2日ほど内服してしまいました。
    <女性:41歳>

  1549. 人間ドック乳腺超音波とPET/CTの検査結果

  1550. 超音波検査にて
    右7×6×4㎜の多角形の低エコー結節(境界明瞭平滑・内部均一)、近傍に4㎜の境界やや不明瞭な不整形の低エコー像を認めます。

    PET/CT検査にて
    右乳腺SUVmax=1.3のごく軽度のFDG集積を認めます。

    総合結果
    病変を疑います。

    上記の結果が届きました。

    来月専門クリニックで精査の予定ではありますが、専門的でどのような状況なのか家族が心配しています。
    <女性:46歳>

  1551. 妊娠中の再発

  1552. 妊娠中で全身の検査はできないのですが、
    この短期間で再発し、鎖骨リンパまでいってしまうということは、進行度が高くもう全身に転移してしまっている可能性もも高いのでしょうか?
    ルミナールAはおとなしいタイプと聞いていたので、こんなに早く再発したことに驚き、前回の結果が違っていたのではと思うほどです。

    主治医の話では、出産前にリンパの手術を受けることもできるとのことなのですが、妊娠中に手術を受けることでお腹の子供子供に影響がないのかも心配です。

    再発の場合、化学療法も必要になるのでしょうか?
    <女性:40歳>

  1553. 2年検診

  1554. 35歳の時に左胸乳がん

    広範囲の石灰化の為、全摘出。

    病理です。

    浸潤計5ミリ
    リンパ転移なし
    グレード3
    脈管なし
    エストロゲン、プラス10~50%
    プロゲステロン、プラス50%以上

    ハーツー、0
    ki6725%

    術後治療ノルバデックス、ゾラデックス

    もうすぐ
    2年検診があります。

    2年、3年が再発には注意と聞きますが、すごく不安です。
    <女性:37歳>

  1555. 右胸の外側 張り?膨らみ?

  1556. 30歳から毎年、超音波で乳ガン検診を受け、
    昨年はマンモグラフィーも併用して異常なしで、
    今年は超音波のみで検診を受けました

    まず触診で医師に
    右胸の張りを指摘され、
    (自分では指摘されるまで
    なんとも思っていませんでした。)
    超音波検査では技師さんより、
    多分、乳腺が厚くなっているのかなと言われ、
    枚数を多めに撮影した旨も伝えられ終了しました。
    <女性:39歳>

  1557. 心配です。

  1558. チクチクとした痛み(しこりに触れなくて普通の状態のときに痛みます)前より痛みがチクチクではなく、ズキズキぐらいに変わってきたので、気になり10月に入り別の乳腺外科に行きました。

    また乳がん検診を受け、今度は3Dマンモグラフィと超音波検査を受けました。

    結果超音波の時に先生が「良性だと思うけど、しこりがあるから念のため細胞検査しておくね」と言って細胞を抜かれました。

    前に検査を受けた時はそのような事はしなかったのに…と不安になりました。
    <女性:30歳>

  1559. ステージ1の再発・転移

  1560. 今年の1月にPT1bN0で左全摘出をしました。

    少し時間がたつと、次の不安が押し寄せてきました。

    ステージ1の再発率は10%程度ですが、その再発はどんな因子をもつ場合なのか教えてください。
    <女性:54歳>

  1561. ルミナルA リンパ転移1個でも抗がん剤すべきか

  1562.  先生、ほんの数%でも生存率が上がるのであれば
    今やれるべき事は全てやった方がいいという主治医の意向に沿うべきなのか、
    若かろうがグレード2だろうが
    ルミナルAには抗がん剤は無効という考えで
    間違いないのか、非常に揺らいでおります。

    是非、先生のご意向をお聞かせ下さい。
    <女性:52歳>

  1563. 右胸外側下方にかなり大きなしこりがあります。

  1564. 右胸外側下方にかなり大きなしこりがあります。

    最近、脇の下にも痛みを伴うしこりがあり、○○クリニックと言うブレストセンターで受診しました。

    触診後すぐにエコーと生針検しました。
    (バチンバチンするやつ)

    その後、MRIとCT

    後日、PET検査と言われました。

    胸のしこりには11月頃気づきました。
    痛みもあったりなかったりです。

    しこりが痛いのか乳房が全体が痛いのか、わからないくらいズッキンズッキン痛いです。
    <女性:50歳>

  1565. オンコタイプの結果と今後の妊娠について

  1566. 今年8月上旬に温存手術を受け、その後断端陽性で10日後に2度目の温存手術を受け、現在放射線治療中です。

    しこりは18mm程度の浸潤癌、ステージ1、センチネル転移なし(0/1)、そして先日、オンコタイプの結果が出ましてスコア17、ERスコア9.7、PR
    スコア7.5、HER2スコア9.7(FISH陰性)でした。

    低リスクですのでホルモン治療(名前が分かりませんが3ヶ月に一度の注射と、タモキシフェン)をするということです。
    <女性:34歳>

  1567. 石灰化 2人目妊娠希望

  1568. マンモで両胸にポツポツと石灰化があると言われました。

    断乳後2ヶ月程なので授乳の影響もあると思います。

    悪いものではないので一年くらいたったらまた受診してみてください。

    妊娠してもエコーは受けられるし、もし乳癌の場合は自分でも違和感がわかると思います。

    とのことでした。

    2人目妊娠希望とのことを伝えたところ、妊娠でどうこうなるものでもないので大丈夫ですよと言われましたが、一年も本当にあけてしまって良いものかとても不安です。
    <女性:31歳>

  1569. 高齢者の化学療法について

  1570. 7月下旬に母が右乳がんと診断されました。

    8月上旬に右乳全摘手術とセンチネルリンパ節生検を受け、先週、病理結果が出ました。

    サイズ20.5×16mm
    リンパ節転移なし
    グレード3
    ki67 80-90%
    トリプルネガティブ

    主治医から、補助療法として
    ①EC×4回
    ②ウィークリーパクリタキセル×12回

    の提案がありました。

    主治医の話では無治療でも再発率は30%もないそうです。
    <女性:79歳>

  1571. 生検の結果について

  1572. 先日、バネ式の針生検を受け結果がでたのですが、どうしても不安なので教えて下さい。

    病理組織検査報告書の内容です。

    組織学的診断
    〈正常あるいは良性〉
    所見
    3本:管内、菅周囲、乳腺症型の亜型を伴うFAです。

    No wolegnay

    Q&Aを見させていただくと、皆さんの質問にのっている病理組織検査報告はかなり詳しく書かれているのに対し、私のはとても簡単に書かれていて、大丈夫なのだろうかと不安になってしまいました。
    <女性:44歳>

  1573. 乳がんの可能性…?

  1574. 医師からは、葉状腫瘍か線維腺腫のどちらかだと思う。
    と言われました。
    が念のため、後日マンモトーム検査を行うことが決まりました。
    (MRI当日検査後具合が悪くなってしまった為後日検査となりました)
    結果を聞いて私が乳がんですか?と問うと、
    年齢的にも葉状腫瘍か線維腺腫だと思うけどと言われ乳がんのことは触れず葉状腫瘍の説明ばかりされました。

    そこで質問なのですが、葉状腫瘍か線維腺腫と画像診断の結果言われていても、病理診断を行ったら乳がんだったと言うことはやはりあるのでしょうか。
    <女性:25歳>

  1575. 乳房しこり

  1576. 乳腺専門の病院へ行き、マンモグラフィーとエコーを撮ってもらったところ、左乳房に8ミリと6ミリのしこり、右にも5ミリのしこりがあるといわれてマンモトーム〔画像ガイド下吸引〕の予約を取りました。

    ネットではエコーなど見ればガンなのかほぼわかる。
    と書いてありましたが、担当の先生は特には何も言わずマンモトームの説明だけでした。
    私はがんの可能性が高いのかと
    心配になってしまい眠れません。

    やはり、いきなりマンモトームというのはがんの可能性がたかいのでしょうか…
    <女性:41歳>

  1577. 胸骨リンパ節転移

  1578. 細胞診クラス4で診断されたと前回お伝えしたかと思いますが、
    あれから病院を移り、再度、エコー、組織診断、MRIの結果、胸のしこりは悪性の所見はなかったです。

    しかし、MRIで昨年手術をした右側の胸側の胸骨のリンパ節に癌が発見され、PET検査を経て癌に間違いないとなりました。

    私の希望により、 その部分の細胞診を依頼し、結果待ちです。

    主治医は転移というよりは、昨年の手術の際の取り残しというような意見でした。
    また、胸骨リンパ節付近の癌は肺や心臓に近く場合によって
    は骨をきったり、難易度が高いところであるため、一般の病院では手術により取り出すのに積極的でない病院も …

  1579. HP療法の治療期間と今後の治療について

  1580. 先日主治医より今後の治療についてどうするか?
    ハーセプチンの副作用での心臓への影響は今のところ問題なく治療できているが
    このままHPを続けるか?いったん止めるか?検討をしてください。と打診がありました。
    もともとこの薬はそんなに何年も続けるような治療ではないと。

    もちろんHP療法にお金は掛かりますが、それより再発は怖いですし、
    でも主治医の説明でも、もしもまた再発した時にハーセプチンの副作用により心臓が駄目でハーセプチンが受けられなくなるのも怖いです。
    <女性:57歳>

  1581. 乳房、脇の痛みやだるさについて

  1582. セルフチェックは2、3日に1度、バストケアは毎日しているのですが、触知できるしこりは見付けられません。

    しかし、気にして見ると左胸の方が若干小さく思われます。

    以前胸の左右差について、先生のご回答中に乳がんが発生する前に正常組織を巻き込み胸が小さくなるというのを拝見したので、心配になってしまいました。

    ただ、ずいぶん前から左胸のちょうどブラのワイヤーがあたる部分に皮膚上に1センチ程の脂肪腫のようなものがあります。

    5年前に受けた検診のときにもあり、その時は特に何も言われませんでした。

    大きさは変わっていません。
    <女性:29歳>

  1583. 脇の下の筋

  1584. 脇の下をグリグリと触ると筋みたいに触れます。
    しこりというわけでは
    ありませんが、これは何だろうと気になります。

    先週、乳腺エコーをしたばかりで異常なしでした。

    その後、脇の下を自分で触ってみてみました。
    コロコロのしこりはありません。
    筋みたいなのが触れます。
    <女性:30歳>

  1585. 生検の結果

  1586. 右胸にしこりが見つかり、先週乳腺外来に受診致しました。
    マンモグラフィーとエコーの検査をしましたがエコーでのしこりの形が確実に良性と判断できない為、生検を行うこととなりました。

    生検の結果は良性の線維腺腫とのことで、放っといても大丈夫ですが
    大きくなることもあるので、心配なようでしたらまた1年後にエコーで大きさを見てみましょう。
    とのお話を先生よりいただきました。
    <女性:23歳>

  1587. マンモトーム検査を今度します。

  1588. 昨日、結果を聞いてきましたが、カルテには乳腺症の
    疑い、要検査C-3、C-4とあり、先生からエコーもしてもらい、少ししこりの境界線にも
    やもやとした感じがあるので、マンモトーム(エコー)しましょうと言われました。
    この時、0.8cmと言われました。
    私は、小心者で不安でたまりません。
    ちなみに痛かったしこりは自分では感じなくなりました。
    先生はあまり私が不安がっていたので、3ヶ月様子をみてもえのですが、、、と言われましたが、来週検査してもらうことにしました。
    <女性:52歳>

  1589. 乳がん手術後の化学療法についてお尋ねします

  1590. 左胸を全摘手術しました。

    病理組織診断は浸潤性乳管癌(充実腺管癌)
    浸潤径:9㎜、
    悪性度:Ⅲ
    リンパ節転移:センチネル(0/3)転移なし
    切除断端:陰性
    エストロゲン受容体(100%)
    プロゲストロン受容体:陰性
    ハーセプテスト:陽性
    ki67:38、6%
    ルミナールB(HER2陽性)タイプです
    9月(上旬)日からホルモン剤フエアストンを飲んでいます。

    抗がん剤はパクリタキセルとハーセプチンを勧められていますが
    副作用が楽な分転移再発のリスクが高くなるような気がして不安です。
    <女性:67歳>

  1591. 治療方針についてアドバイスをお願いします

  1592. 手術前ステージⅡBの見立てで、9月(上旬)日に温存手術とリンパ節をとる手術をしました。
    (右AC領域)
    手術後の病理検査結果は、T2 N3a M0 ステージⅢCでした。

    こんなに大きくステージが変わることがあるのでしょうか?
    <女性:49歳>

  1593. しこりについて

  1594. 3日前くらいから乳首下にしこりというか、かたいものがあるのに気付きました。
    境い目もわからず、5ミリくらいかと思います。

    今年4月に、エコー、マンモをしたときは
    特に異常ありませんでした。

    ただ、しこりはただ触れるだけではなく、
    少し強めに押すと気付くかたちです。

    動かないような気がします。
    <女性:28歳>

  1595. 転移について。

  1596. 先月針生検を行った2日後位から、
    首、肩、二の腕、腰周り、足の付け根にピリピリと痛みを感じる様になり日に日に増して酷い時には寝つけません。

    乳ガンの転移とは、どんな症状が現れるのでしょうか?
    また、見た目の変化等があるのでしょうか?つい転移に結びつけてしまい眠れない毎日です。
    また痛みは、やはりピリピリと痛むのでしょうか?
    <女性:39歳>

  1597. 病理結果と予後について

  1598. 〈病理結果〉
    ステージ1
    腫瘍径1.3cm
    リンパ節転移なし
    脈管侵襲 リンパなし、血管なし
    ホルモン感受性+
    エストロゲン80%、プロゲステ
    ロン80%
    HER2 3+
    核グレード1

    〈薬物療法〉
    リュープリン注射3か月ごと、5年間
    タモキシフェン5年間
    ハーセプチン単独 3週に1回、1年間
    <女性:47歳>

  1599. 乳癌の乳房の張りについて

  1600. 現担当医の方は「非浸潤だがとにかく範囲が広い。他の小さな癌細胞が浸潤している可能性はある。」と言われ、これに関しては田澤先生も再三回答されてましたので把握しております。

    「だから脇が光っているのは針生検した細胞以外から流れたのかな。でも非浸潤だと転移はありえない現象だから、あまり考えこまないで」と言われたのですが、仰ることも、その意味も理解はできますが、検査で脇が光るとはやはり転移を示すものなのでしょうか。
    転移なく完全に非浸潤であればそれに越したことはありませんし、そうであれば浸潤する前に早く手術を受けたいです。
    <女性:38歳>

  1601. 2cmは抗がん剤やるのか?

  1602. 先生は私の胸を見ることもなく、腫瘍は2cm、乳頭から1.5cmだから部分でもいけるよといいました。

    私は胸が小さいので形がいびつになると思い全摘を希望しました。
    抗がん剤はやりますか?と聞いたら、心配しなくても案外平気だから、と抗がん剤をやるかのような事を言っていました。
    反対側によく再発するけどちゃんと見てるから大丈夫と言いました。
    転移しやすいという事なんでしょうか?
    <女性:45歳>

  1603. 針生検を受けました

  1604. そろそろ一年後となる先日、左胸にしこりを見つけました。
    そして再診、触診で先生の顔が曇りエコーをしてさらに険しい顔に…悪性の疑いありとの事でバネ式の針生検を受けました。
    しこりは2.5センチくらいのようです。

    結果は10日後だそうでとても不安です。
    <女性:35歳>

  1605. HER2タイプ乳ガン

  1606. サブタイプがHER2タイプのため、術前化学療法してから手術しますか?と聞かれましたが、
    いつも田澤先生の手術先行と言う意見を見てたので、
    手術先行に決め、来週(中旬)日手術します。
    術後は、FEC4クール→パクリタキセル?
    ハーセプチンウィークリー12回→ハーセプチンの予定です!
    やはりHER2タイプの乳ガンは再発率は他のサブタイプより高いのでしょうか?
    <女性:52歳>

  1607. 術後の治療について

  1608. 現在、術前化学療法→手術を終え、放射線治療を控えています。

    (ステージⅢ、ルミナールB)
    術前の画像診断で、鎖骨下、レベルⅡまで腫れているとの事でしたが、術前化学療法でリンパ節は消失したため、手術ではレベル1まで郭清をしました。

    後で調べた所、通常は化学療法で消失しても、レベルⅡまで郭清するのが推奨される事を知り不安です。
    <女性:30歳>

  1609. 微小浸潤の無治療の判断について

  1610. 術前のエコーマントモームの診断は非浸潤性乳管がんでした(篩状、非コメド型)。

    乳頭の下の部分と乳腺内の広がりがMRIで予測出来たため、納得して全摘しました。

    術後、病理の結果、1㎜以下の浸潤がありました(浸潤性乳管がん、乳頭腺管がん)。

    微小浸潤1㎜以下が1枚のスライドの範囲に2か所あり、本当にこれだけなら無治療と経過観察でと思いました。
    主治医の先生もそうおっしゃいます。
    <女性:45歳>

  1611. 右胸にあるしこり

  1612. しこりは1cm無いくらいで、消しゴム程度の硬さ(MONO位です)上から押すと左右に動きます(左右にグニグニするという感じでしょうか)
    生理前になるとやや痛い感じもします。

    エコーは技師さんがやってくださって診察と触診は先生がやって下さいました。
    マンモグラフィーは年齢を考えると上手く映らないと思うからエコーのだけの方が良いんじゃないかと言われたので受けませんでした。

    触診もエコーも私がしこりがあると思ったところを確認して下さいました。

    先生が「これだね、でもこれはしこりとは言わないかな…」と仰いました。
    <女性:28歳>

  1613. 授乳中のしこりについて

  1614. しこりには産後2ヶ月くらいの時に気付き、今日に至るまで産院の母乳外来を2度、総合病院の乳腺外科を2件受診しています。

    妊娠中、産院の検診で乳房の触診はありましたが、これまで乳がんの検診等は受けたことはありませんでした。

    乳腺外科では2件とも視診、触診とエコーで、1件目の病院は産後4ヶ月の頃受診して「授乳中で発達した小葉に触れるのだと思います」との診断、2件目は産後8ヶ月で受診し、「乳瘤でしょう」との診断で、2件とも1年後くらいに心配ならまた来てくださいという感じでした。
    <女性:34歳>

  1615. リンパ節の石灰化

  1616. 先日、初めてマンモグラフィーとエコー検査を行いました。
    その結果、
    左のリンパ節に石灰化があると言われました。
    先生に「左右の胸には異常所見はないが、リンパ節だけに石灰化があるのが気になる。
    こういう人を今までに見たことがない」と言われ大きな病院でMRIを撮るようにすすめられました。
    石灰化の周囲に病変があるというわけではなさそうでした。
    <女性:29歳>

  1617. HER2 ステージ4 肝臓転移 今後の治療について

  1618. 53歳で、閉経しています。

    今年4月に以下のような乳がん診断がなされました。

    浸潤:あり
    腫瘍径:50X43X20ミリ
    エストロゲン受容体:陽性
    プロゲステロン受容体:陰性
    HER2:2+/fish:陽性
    Ki67:40%
    リンパ転移:あり
    遠隔転移:肝臓(右半分)
    サブタイプ:ルミナールB+HER2
    ステージ4

    治療として、ハーセプチン、パージェタ、ドセタキセルを7回投与したところです。
    <女性:53歳>

  1619. 術後転移後の治療選択について

  1620. 温存手術後9年経過します。
    Er,pgr陽性、her2陰性、核異型度1、リンパ節転移1、原発巣1.6cm でした。
    3年後に肺多発転移でノルバデックスから
    フェマーラにそして、昨年1月に腸骨転移が見つかりフェマーラからアフィニトールとアロマシン併用になりました。
    アフィニトールの副作用の口内炎が酷く、量を半分にして8月まで続けました。
    その間発熱などで休薬することもありましたが、減少、縮小、が見られ、効果があると思われました。
    8月末のCT検査で、肺に増悪がみられ9月に医師に抗がん剤を勧められました。
    <女性:59歳>

  1621. 乳がんなのか

  1622. 最近なぜだか、テレビの影響なのか若くても乳がんになると知りとても怖くなりました…
    親族に乳がんがいない場合は若くにはあまりならないものですか?
    最近体調が悪くなったり、なんとなくすぐれない時がありますが、乳がんの症状にそうゆう体調不良はありますか?

    しこりは見当たらないので痛みがあったりしても安心しても大丈夫ですか?
    <女性:28歳>

  1623. 投薬副作用についてのご相談 指のこわばり

  1624. アロマシン服用後半年ほどして、左手中指にこわばりを感じて薬の副作用を疑ったが、念のため他の病院でリウマチ、膠原病、甲状腺などの検査をしたが異常なし。

    右手親指にも痛みが出てきて字を書くことも不自由になった旨を主治医に伝えたところ、薬の副作用だろうとのこと。

    解決法としてアロマシンを継続するか、同系統のアリミデックス、または別系統のノルバデックス、または休薬、の4択を提示され、薬のパンフレットを渡され、血液検査の結果が出るまでの1時間の間に本人がどれにするか決定するよう言われた。

    素人が短時間で決めるのは困難な為、結局アロマシン継続に決めた。
    <女性:74歳>

  1625. 石灰化カテゴリー3 マンモトーム生検をしたい(他質問あり)

  1626. 今回、母親が乳がんになったことや、
    38歳で未婚出産経験なしであることから、
    マンモグラフィーとエコーを初めて受けることにしました。

    自分の感覚ですが、右胸がなんとなくモヤモヤし、しこりと言うほどではないが
    触るとなにかがある気がしたというのもあります。
    <女性:38歳>

  1627. 片側多孔性の分泌

  1628. 片側単孔性の分泌は要注意なのは理解しました。

    ○片側多孔性(右胸だけ3、4箇所)

    も1000%気にせずとも良いのですか?
    透明です。
    爪で白斑みたいな脂肪の固まり部分をギュッと押すと透明な液体がでます。
    たまに白色と脂肪の固まりです。
    <女性:30歳>

  1629. 良性の葉状腫瘍について

  1630. クリニックの先生からは、「葉状腫瘍の疑いです。
    対応策としては、①摘出する②もっと太い針で検査する③経過観察」
    を提示されました。

    こちらのサイトで、葉状腫瘍はまず初回の手術が肝心。
    と先生がおっしゃっていたのを見ていたので、私はすこしでも小さいほうが良いと思い、すぐさま「①摘出する」を選択しました。
    <女性:33歳>

  1631. むくみについて

  1632. 今年、4月に右胸全摘とリンパもとりました。
    5~7月に抗がん剤を終え、8月からホルモン療法でタモキシフェンを飲んでリュープリンをしています。

    抗がん剤はTC療法を4クールだったのですが、回を増すごとに足のむくみがひどくなり、4クール目には歩くのも大変なくらいむくみがひどくなりました。

    そこでフロセミドという利尿剤を処方してもらったところ、でなくなっていたオシッコがでるようになり、今は苦痛じゃないほどにむくみが消えてきました。
    <女性:38歳>

  1633. 精密検査の結果について

  1634. 低エコー腫瘤と嚢胞の区別がつかないのであれば
    別な病院で細胞診した方が良いのでしょうか?
    田舎なので乳腺外来がほとんどありません。
    <女性:42歳>

  1635. 左胸や脇の下、谷間、背中の痛み。

  1636. 先月の始め頃から息苦しいかんじがして不調を感じ、今は息苦しさはないのですが、そのあとから急に左胸の上あたりや、左右の胸の谷間あたり、左の脇の下、左の肩の背中あたりがジンジン痛み出し、朝方目がさめるようになってしまいました。
    左の胸の上が右と比べ盛り上がってるような‥。
    血液検査、レントゲン、CT、心電図、心臓エコーをしましたが、どれも異常はなしでした。
    <女性:31歳>

  1637. 乳癌検診での腋窩リンパ節腫大について

  1638. 母が乳癌のため乳癌検診を受けました。

    結果は

    視触診 異常なし
    乳腺エコー 異常なし
    マンモグラフィ 左側の腋窩リンパ節腫大

    でB判定で経過観察でした。

    自覚症状は全くありませんでしたので驚いています。

    マンモグラフィの腋窩リンパ節腫大とはどのような意味でしょうか?
    <女性:32歳>

  1639. エコーで所見なしの石灰化

  1640. エコーで腫瘤(B寄りのE領域)と嚢胞(場所不明)、マンモで石灰化(C領域)、が見つかりました、全て右側です。

    精密検査依頼書によると
    腫瘤は「C3-1、5.0×7.3×3.4mm」
    石灰化は「C3-2、不均一高濃度、不明瞭区域性」
    図にポツポツと点が打ってあり、最低でも5~6こ?はあるようです。

    嚢胞はあることしか記載されていません(健診直後に複数あるとは聞きました)。
    <女性:48歳>

  1641. オンコタイプ検査について

  1642. 主治医からは、リンパ節転移があったので抗がん剤も勧められましたが、決断できず今の治療を優先していただきました。
    自分としては、低リスクの可能性が高いと信じ、オンコタイプの検査をしてみたいと思っています。

    主治医からはその検査のお話はなく、こちらで先生が説明されている中で初めて知りました。

    術後3ヶ月が経過していますが、今からでも遅くはないでしょうか。
    (検体は残っているのか?)

    また患者側からお願いすれば、どの病院でもできるのでしょうか。
    <女性:50歳>

  1643. 断端陽性について

  1644. 断端陽性で40歳以下では、断端陰性の人よりも乳房内再発が2倍になるというのを読みました。
    これは、断端陽性でその後放射線治療をしなかった場合ですか。
    それとも、放射線をしても2倍ということでしょうか。
    <女性:38歳>

  1645. 術後の治療について

  1646. 左乳房全摘、リンパ節レベル2まで郭清しました。

    病理の結果
    浸潤性乳管癌 T2N1M0
    癌の大きさ 浸潤部約2.3cm 広がり約3.6cm
    リンパ節に転移3/12(センチネルリンパ節)
    異型度 Grade2(核Grade1)
    微小なリンパ管、静脈への広がりなし
    ER70%
    PgR70%
    HER2 陰性(1)
    Ki67 5%

    担当医から癌の大きさが大き目であること、リンパ節転移が3個ということ、あと年齢の事を考慮してフルコースの治療法を勧められました。
    <女性:34歳>

  1647. 術後約1年

  1648. 良性腫瘍の摘出していただきました。

    そろそろ術後1年になるので先生に見ていただきたいと思っていたのですが、気になることがあり連絡しました。

    1 術後の傷は大分薄くなってはきたのですが、周りが黒くなってきました。
    皮膚がカサカサなのはあまり気にしていませんが、
    黒く変色はするものでしょうか?
    <女性:39歳>

  1649. 乳房の皮膚のへこみについて

  1650. 私は4月に右乳房全部摘出し、その後TC療法を4回終え、8月からホルモン療法でリュープリンとタモキシフェンで治療中です。

    毎月、もう片方の左胸の自己検診をしています。

    昨日もやってみたところ、乳房の下のほうでちょうどお腹の少し上にあたる部分に、皮膚のへこみをみつけました。
    クレーターみたいになっています。
    2センチくらいです。
    <女性:38歳>

  1651. 74歳トリプルネガティブの治療法について

  1652. 9月上旬に左乳房全摘手術、リンパ節郭清を受けました。
    先日主治医から組織の結果の説明がありました。

    ・しこりはないけれど、癌のあった範囲は6センチ
    ・トリプルネガティブで抗がん剤しか効かない
    ・浸潤癌でリンパ管も浸潤あり
    ・リンパ節にも転移があったため、3個リンパ節をとりました
    74歳の母は腎機能がやや悪く治療はしていませんがBUN、CREが高めです。
    喘息治療中で総合感冒薬、抗生剤、鎮痛剤のどれかわかりませんが全身に薬疹がでました。
    <女性:74歳>

  1653. 肺転移なのでしょうか?

  1654. 先日、乳ガン4年目検査で胸部レントゲンに
    白く丸いモノが写り、CTを追加検査し 結果待ちです。
    左側の下部、小さく、心臓のちょっと外側に1つです。
    去年の検査時、今年の5月に会社のレントゲンではありませんでした。

    4年前、健診で7ミリの乳ガンが見つかり温存手術しました。
    <女性:48歳>

  1655. 線維腺腫と脇のしこりについて

  1656. 乳腺外科に行ったところ、エコーで左胸にしこりがあると言われました。

    良性だと思うが来年診察に来いと言われました。
    しかしチクチクとした
    痛みもあり、また来年診察でいいという根拠の説明もあまりなく、不安にかられたため、マンモを受けるため断乳を決意。
    断乳1ヶ月後に別の乳腺外科でマンモ、エコーを受けました。

    そこではしこりは良性だと思うが念のためと針でしこりの生検を取り、
    1週間後結果が出て、1センチほどの線維腺腫と言われ、ガンではない、
    しこりは取りたかったらいつでも取れると言われホッとしました。
    左胸のしこり以外は何もないとのことでした。
    <女性:36歳>

  1657. 線維腺腫の診断について

  1658. 今月、三ヶ月が過ぎたのでエコー検査をしました。

    しこりの大きさは1.2センチとほぼ変わらず、経過観察でよいとの事でした。

    ただ、同じ右胸に7月にはなかった新たなしこりが今回のエコーで見つかりました。

    こちらは8ミリなので針検査は不要、しこりも、もう一つのしこりと似ているのでおそらく同じ線維腺腫であろうとの話でした。

    線維腺腫は若い年齢で出来やすいとの事ですが、38歳でも新たに出来るものでしょうか?
    <女性:38歳>

  1659. 石灰化を伴う嚢胞について

  1660. 田澤先生にお伺いしたいのが、
    ①悪性の疑いはあるでしょうか。
    悪性だった場合、経過観察している内に進行しないか不安です。

    ②3ヵ月後の再診で医師に確認するべきポイントなどありますでしょうか。

    ③心配性なので、しこりがある以上心配になると思うので、いっそのこと摘出してもらいたいと思うのですが、
    摘出するにあたって弊害などありますでしょうか。

    良性の所見と言われながらも、悪性ではないかという気持ちが拭えず、ストレスと不安な日々を過ごしております。
    <女性:29歳>

  1661. 乳房のしこりについて

  1662. 今年で34歳になります。
    毎年乳がん検診を受けていたのですが、今回の検診時に視触診では問題無しとされたのですが、乳房エコーの際にいびつな黒い影がうつりました。
    その時は技師さんしかおらず、質問には答えていただけませんでした。
    検査結果は3週間後でないと出ないと言われているのですが、とても心配です。
    左乳房だけ時間をかけて撮影などもしていたので。。

    また家に帰ってから自分で乳房を触った際に左胸の内側上部に2センチくらいのアーモンド型のしこりがあることをみつけました。

    これはがんの確率が高いのでしょうか?
    <女性:34歳>

  1663. ホルモン治療について

  1664. これからホルモン治療へ入る予定です。

    年齢とステージもⅢの事から、リュープリンorゾラデックス5年とノルバデックス10年の服用と言われております。

    お聞きしたいのが、
    ①リュープリンとゾラデックスの違いはありますか?
    先生でしたら、どちらをすすめますか?

    ②先発薬とジェネリックは、全く同じ成分と考えて良いですか?こちらについても先生は患者さんにどちらをすすめておりますか?

    ③現在、術後1ヵ月程ですが、ホルモン治療の開始にあたって、注射と飲み薬を同時に始めても問題ないですか?
    <女性:29歳>

  1665. 標準治療とは?

  1666. 私は、ルミナルAなのですが術前化学療法を受けました。

    ですが、田澤先生のQ&Aを見て疑問を感じました。

    セカンドオピニオンを受け、そこでも術前化学療法を勧められました。

    全国どこの病院で治療を受けても、ガイドラインが決まっているので同じ治療法だと
    説明を受けていたので、自分の治療法は間違いないものだと思っていました。

    できれば、温存を希望していましたが 絶対に温存したいと言ったわけではありません。

    なぜ、このようにガイドラインが決まっていても術前化学療法を勧められるのでしょうか?
    <女性:38歳>

  1667. 治療方針について

  1668. 質問したいことは1点です。
    オンコタイプが中間リスクだったとき、治療をどう考えたらいいのでしょうか?やはり抗がん剤は必要なのでしょうか?
    私としては絶対必要でなければ避けたいです。
    <女性:32歳>

  1669. 高濃度乳腺 A判定、しかし、しこりが・・

  1670. 職場の同僚です。
    マンモの結果が返ってきて、Aだった。
    よかった。
    といっていました。

    しかし、実は、5年位前からしこりに気が付いていて、大丈夫。
    マンモがAだからといっていました。
    そこで、別の同僚が、さわらせてーといって、さわったところ、「これは骨だよ。気にしない」といいあっていました。
    わたしもさわってというので、触ったところ、左の胸の乳首の上のほうに、たての長い(4センチくらい)骨のようなものがありました。
    <女性:45歳>

  1671. 葉状腫瘍なのか線維腺腫なのか?

  1672. 先日、総合病院で左胸のしこりの針生検をしていただきました。
    外来の先生の説明では、悪いものはでなかった、
    形としては3つがくっついている紅葉がた。
    中がぼこぼこしているので病理の葉
    ○○?とも矛盾しない。
    半年の経過観察で、形が変わっったり大きくなったら検査のやり直しします。
    後で調べて葉状腫瘍だったらと心配しています。
    先生のところで診て頂くことは可能でしょうか?
    <女性:48歳>

  1673. にきび。。

  1674. 昨日、右の乳頭を見たら一つだけ小さい(1ミリ)膿が入っている、ニキビのようなものを見つけ、気になって爪で絞り、潰しました。
    黄色っぽい膿が出た後に血も出てきました。

    乳頭(乳輪ではありません)にもニキビのような物はできますか?
    乳がんの分泌物なんじゃないかと、
    心配です…
    乳がんの可能性はありますか?
    顔に出来るようなニキビを潰した時と同じ感じです。
    <女性:32歳>

  1675. 乳腺内の腫瘍

  1676. 先生曰く、良性か癌かは手術して
    取り除き検査しないと分からないと
    言われ手術を進められています。

    手術は全摘ではなく一部その部分だけ
    取り除くようになるみたいです。

    いきなりの展開で少々動揺しています。

    先生そこで質問させてください。
    他に良性か癌を見分ける方法はないのですか?
    手術は妥当だと思われますか?
    <女性:46歳>

  1677. ルミナールA抗がん剤の上乗せ効果について

  1678. 9月に左乳房全摘+同時再建(エキスパンダー)手術を終え、
    病理結果が出ました。

    浸潤癌径 2.8cm(他に1cmほどの浸潤癌が2つ)非浸潤は
    6cm大
    ER・PgR 強陽性  
    核グレード Ⅰ  KI67 19%
    センチネルリンパ節 転移なし
    脈管浸襲 lyなし v軽度あり

    今後はタモキシフェン単独おそらく10年とのことで、2週間ほど前からホルモン療法に入りました。
    これが今現在の標準の治療だと認識しています。
    <女性:42歳>

  1679. 35-40歳のリュープリン上乗せ効果

  1680. 質問です。

    ホルモン療法について、ノルバデックス単独とするか、ノルバデックス+リュープリンとするかについて悩んでおります。

    リュープリンの上乗せ効果ですが、こちらの以前のQAを拝見しますと、

    SOFT試験の解釈は
    ①化学療法を行った後、生理が戻るようならLH-RHagonistを行い「卵巣機能を抑性」することで「上乗せ効果」がある。

    ②35歳以下の場合には(有る程度のリスクの方が対象ではありますが)「上乗せ効果」がある。

    とのご回答を拝見しました。
    <女性:35歳>

  1681. のう胞内乳頭腫について

  1682. ①触って分かるしこりでも超音波に写らないことがあるのでしょうか?
    写らない場合は、特に心配しなくて良いものでしょうか?

    ②初回の検診で疑いのあった、嚢胞内乳頭腫とは、この現在9ミリのしこりの事でしょうか? 嚢胞なので、しこりとは違う気がして不安です。

    また、あまり聞くことのない病名なので、不安なのですが、このまま経過観察を止めても良いのでしょうか?
    <女性:28歳>

  1683. ウィークリーパクリタキセルの効果

  1684. トリプルネガティブ 2b で、術前抗がん剤でac療法+ウィークリーパクリタキセルの治療を行っております。
    最初のac療法では結構シコリが小さくなりました。
    その後ウィークリーパクリタキセルを始めました。
    先日2回目のウィークリーパクリタキセルを受けてきたのですが、その際主治医に触診していただきました。
    しかしac療法後のエコー検査の際とシコリの大きさがほとんど変わりませんでした。
    ある医師(主治医とは別の医師)からパクリタキセルの効果は、
    1回目が一番大きいと聞いていたので心配になりました。
    <女性:53歳>

  1685. 乳がんでしょうか

  1686. 今年の3月から、肋骨と左右の胸が痛み、肋骨は、湿布で痛みがとれました。

    4月と9月に、病院でみて頂き、乳ガンで痛みは、基本的にありませんからとの事でした。

    しかし、最近乳輪から乳首の周辺が痛みます心配になり、メールさせて頂きました。

    63才で、家で親の介護をしています。
    <女性:63歳>

  1687. 乳がんの手術について 部分摘出か全摘出か

  1688. 乳がんを宣告され、11/(上旬)に手術が迫っており、
    本日医師より部分が、全摘出かどちらかを選択して下さいとのことでした。
    1年前シコリに気付き、2ケ所の病院を受診し、針生検もしましたが、ガンがわかりませんでした。
    大変ショックを受けております。

    今分かっていることは、C領域に28ミリ、rapid washout pattern
    硬ガンを考える、周囲に乳管内進展と思われる線状の造影効果が連続しているが、長さは1センチ程にとどまっており、腫瘍範囲は局限しているものと考えると書かれております。
    <女性:48歳>

  1689. 乳腺膿疱について

  1690. 先月の乳ガン検診のエコーで水の袋があるけど大丈夫ですと言われました。
    以前膿疱があると言われましたが水の袋とは膿疱の事でしょうか?
    以前ネットで膿疱は癌にならないけど、膿疱のなかに癌が出来ると書いてありましたが、本当でしょうか?
    今いくつか膿疱がありますが、そのなかに癌が出来ないか心配です。
    あとマンモで石灰化を指摘されました。
    癌とは関係ない
    と言われましたが放っておいて大丈夫ですか?
    <女性:39歳>

  1691. 非浸潤がんの術後治療について

  1692. 「非浸潤がん(DICS)で、リンパ節への転移、他の臓器への転移は疑われていません」
    と言われました。

    ご助言いただきたいのは、術後の治療方針です。

    担当の先生からは
     ddECを2週間に1回×4
     タキソテールとハーセプチンを3週間に1回×4
     その後ハーセプチンを1年間
    とお聞きしました。

    そのときには大きさが大きさだけに仕方がないと思いましたが、
    非浸潤がんでもやはり抗がん剤が必要なのかどうかという疑問がわきました。
    <女性:51歳>

  1693. 乳がん手術後、健側にしこり?

  1694. 今年6月に 術後1年検診でマンモとエコーをしましたが異常なし。
    最近では9月に定期診察で、血液検査と主治医に触診で診てもらったばかりで それも異常なし。

    ですが先週から、健側の左胸にしこりを感じます。

    左胸の上部・脇に近いところ、硬く、境目がはっきりしていないので何cmという表現はしにくい感じです。
    それと別に、近くに小豆大のよく動くしこりもあるようです。

    もし悪性の場合 マンモ+エコーで異常なしだったのに、そこから4か月で自覚症状として感じるほどのしこりができる(現れる)ことはあるのでしょうか。
    <女性:38歳>

  1695. しこりについて

  1696. 今年の5月に左胸乳房の下〔ちょうどブラのワイヤーの辺、肋骨の凹み〕にしこり発見。

    乳腺クリニックに行って、手でしこりには触れるのにエコーに映らない、、わかりにくかったらしく、ようやく映りエコーの形からして多分線維腫瘍とのことでした。

    最近、大きさを確認しようと触ったら、少し場所が移動していて
    多分大きさは、変わっていなかったのですがその時、別にしこりらしきものが、、
    乳房の下部分〔下乳〕を押すと脂肪の中に硬い大きいボコボコしたものがあるのですが強く押すと痛みます。
    また生理時も痛みます。
    <女性:26歳>

  1697. 精密検査について

  1698. 後日クリニックの方へマンモのフィルムを返しに行った時に、先生から今回は何もなかったけど3ヶ月に1度エコーを受けに来てくださいとお話がありました。

    医大では、結果として年に1回の健診でと言われたのにと伝えましたが、次回9月から12月の間にと言われました。

    細胞を取らないと白黒つかないのはわかっていますが、両者の食い違いに悩んでいます。

    大きさもクリニックと医大では、話が違っており、これからどうすべきか迷っています。

    地方のため、乳腺の診れる病院が限られており、別の病院からまた医大か日赤へと話がなったらと悩みます。
    <女性:40歳>

  1699. 乳腺腫瘤検出後の今後の検査について

  1700. 妻がくすぐったがりで、エコーや触診の体動が大きいため、
    お医者さまは「針生検は全身麻酔でないと難しいかもしれず、そう何度も全身麻酔するわけにはいかないので、
    この細胞診結果では針生検よりエコーによる経過観察を勧める」とのことでした。

    確かに、針生検→切除となるとそれだけでも2度の全身麻酔となれば侵襲もあると思うので理解できるのですが、これで大丈夫でしょうか。

    「最初から切除生検した方がよい」ということはないでしょうか。

    クラス3aでもがんの場合もあることや、場合によってはがんより恐ろしいという葉状腫瘍を危惧しております。
    <女性:30歳>

  1701. ホルモン治療のスタートのタイミングについて

  1702. 先生、抗がん剤が終了したら、ハーセプチンとホルモン治療を
    一緒に行うことは主流なのでしょうか?

    ドクターは、ハーセプチンが終わる二ヶ月前にホルモン治療を止めて
    妊娠・出産・その後ホルモン治療を続ければと??

    ハーセプチンが終わる二ヶ月前にホルモン治療を止めて
    妊娠・出産・その後ホルモン治療について、どう思われますか?
    <女性:44歳>

  1703. 細胞診の結果についてご助言お願い致します

  1704. 昨日、細胞診の検査結果を聞きに行って来ました。

    すると細胞診の結果が、少しおかしかったらしく・・・

    細胞は1つしか提出していないのに、一枚の紙にですが2つの結果が記されて返ってきていました。

    医師も、こんな事は今までに無いからおかしい・・・と当惑されてました。
    <女性:31歳>

  1705. ガンしこり以外に複数の腫瘤がある場合

  1706. 6日後に温存手術を控えています。
    左胸2時方向の乳輪と外乳房の中間位の一に8.8ミリのガン
    腫瘍があります。
    ステージ1です。

    その周辺に3ミリ~5ミリくらいの良性腫瘍が脇のしたの方角にはうようにして数個点在しています。
    良性しこりは全部は取れないと主治医からいわれました。

    良性のしこりが点在したままですと、再発があったときに分かりにくくないでしょうか。
    <女性:47歳>

  1707. 乳管内乳頭癌の細胞診と組織診について

  1708. 私は年齢的にも乳癌の覚悟で結果を聞きに行ったのですが、この結果だったので、なんとなく納得できずにいます。
    細胞診の結果からすると
    乳管内乳頭癌か乳管内乳頭腫のどちらかなと思うのですが、どう思われますか?
    結局3ヶ月か半年後に受診して下さいと言われたので、3ヶ月後の来年1月に予約してきました。

    違うところを採ってしまった可能性はありますか?
    外科生検をした方がいいのでしょうか?
    腫瘍が小さいので3ヶ月待った方がいいですか?
    セカンドオピニオンも含め悩んでいます。
    <女性:52歳>

  1709. 石灰化

  1710. マンモ、エコー、MRIの検査を受けました。

    MRIの画像が良くないので、来週、マンモトーム生検をする事になりました。

    石灰化の説明も無く、触診は一度きり。
    しこりの場所もずれてました。

    画像のみの診察。
    総合病院の診察に不安を感じてます。
    <女性:48歳>

  1711. 葉状腫瘍(悪性)

  1712. 葉状腫瘍は悪性良性ともに転移はやはり早くから起こるのでしょうか?
    また骨の転移とはどの様な痛みを感じるのでしょうか?
    また骨に転移をしてしまっている場所は今後どのようになるのでしょうか?先生に助けて頂きたいです。
    <女性:39歳>

  1713. 乳がんでしょうか?

  1714. 2か月前から左胸の内側に5センチくらいの固いしこりがあり、気になって先週市の集団検診(視触診のみ)を受け、要精密。
    今週、マンモとエコーを受け、医師からマンモでは「白くもやっと写っていて気になるから針生検」しましょうということに。
    検査中、医師が固い固いと言っていました。
    細胞を見ると脂肪のような気もするけど、乳がんかは半々くらいといわれました。
    3週間後に結果がわかります。
    この3週間、どんなことを準備すればよいでしょうか?
    <女性:38歳>

  1715. 治療計画について教えてください

  1716. 主治医の先生から治療計画の提示を受けた際、手術前の”抗がん剤治療の開始”を提示されましたが、
    話し合いの中で、私の方から「全摘で構わないこと」「先に手術をしてほしいこと」をお伝えしたところ、
    先に手術をしましょう、ということになりましたが、
    「抗がん剤は術前、術後、どちらでも構わない、リンパに1個でも転移があれば必ず抗がん剤を使う、
    リンパはレベルⅠに転移を確認したので、レベルⅡまで郭清する」とのことでした。
    <女性:46歳>

  1717. 乳管癌の切除に関しまして

  1718. 私は53歳の主婦です。
    先月早期乳管癌で追加切除致しました。

     前回の手術は部分切除で、乳管に広く進展しており、断端陽性とのことで、追加切除となりました。

     
     ● この時点での病理結果です。

     ① ほとんどが非浸潤癌だが、一部浸潤あり。
    浸潤部分0.5ミリで1ミリ以下。

     ? ホルモン陰性。

     ③ ハーツー陽性(+3)
     ④ グレード3
     ? 脈管侵襲なし
     ? リンパ管侵襲なし
     ⑦ Mib1 40
    <女性:53歳>

  1719. 病理結果について

  1720. 7月末に右乳房右内下部に微細分葉状腫瘤と診断されガンセンターにて
    温存でリンパ節かく清手術を受けました。
    病理の結果は浸潤性乳管が
    ん、リンパ節摘出20個のうち転移は
    2ミリ以上1個、浸潤径1.5×1.4、
    範囲3.8×3.3、核異型度2、組織異型度2、リンパ管、脈管侵襲はなし、ki16.6%、ホルモン感受性ありHER2なし、断端陽性、断端成分は非浸潤で日帰り手術予定です、
    治療はアナストロゾール5年間と放射線です。
    ルミナールの事は言われませんでした。
    <女性:55歳>

  1721. リンパ節転移と抗がん剤

  1722. 9月に乳癌の温存手術をしました。
    病理結果
    は浸潤型硬がん12ミリ×10ミリ×10ミリ
    断端陰性グレード1脈管侵襲なし、ホルモン感受性ありHER2陰性リンパ節転移なしですが
    腫瘍を含む切除した部分のリンパ節3つに5ミリ4ミリ0.3ミリの転移が含まれていました。
    リンパ節覚醒はしていません。
    今後の治療として抗がん剤TC療法
    その後ホルモン療法放射線リンパ節領域含むと言われました。
    抗がん剤は必要でしょうか?
    <女性:62歳>

  1723. 局所再発にについいて

  1724. 8年前右乳房切除その後ゾラ2年ノルバ5年服用しました。

    9月傷跡しこり発見10月局所再発し せつじょしました。

    ペットctの結果です。

    椎体中央にfocalな軽度集積があるようにみえます。
    すぐ尾側に椎間板から連続するガス像を認めます。
    変形性変化を考えますが経過観察時にご注意下さい。

    左乳房b領域に3.6ミリほどのfocalなFDG集積を認めます。
    ごく小さな乳癌の可能性があります。

    このサイズだとusで確認できないかもしれませんが経過観察時にご注意下さい。
    <女性:50歳>

  1725. 質問する前にこのサイトから学びませんか?

  1726. ご自身が質問する前に、キーワード検索をして田澤先生が過去に回答されているものをじっくり読んで、それでもなお不明な点があった時に初めて質問しませんか?

    そして、医師にはそれぞれの経験や見解相違があり、病院の方針もそれぞれです。

    ましてネット上の数字と毎日実際に現場に立たれている先生の感覚も違いがあると思われます。

    田澤先生がおっしゃる通り、先生の回答になお不安が残る方は他を当たるしかないでしょう。

    どれを、何を、誰を信じるかは自分自身が決める以外にないのです。
    <女性:51歳>

  1727. オンコタイプdxについて

  1728. ①オンコタイプdxの結果、低~中間リスクは抗がん剤治療を受けない予定ですが、高リスクになった場合、抗がん剤治療をしないことで、この数値で再発や転移の割合はどの程度なのでしょうか?
    抗がん剤要否でで、どの程度の差が生じるのか不安です。

    ②またオンコタイプdxの低・中・高とは、どのようなことなのでしょうか?
    例えば、高に近い中と、低に近い中とは違うと思いますが、数値は
    は、でないのでしょうか?また、ki67の数値の変化はあるのでしょうか?
    <女性:65歳>

  1729. 黄体ホルモン注射について

  1730. 妊娠六ヶ月目にはいり切迫早産予防のため
    プロゲテポー250mgを二週間ごとに接種することになったのですが、
    ホルモン補充の乳癌のリスクが心配になっしまいました。
    この計算だとあと5.6回は打ちそうです…。

    どの程度リスクはあがってしまうのでしょうか。

    エストロゲンとの併用をしていなくてもあがってしまうのでしょうか。
    <女性:28歳>

  1731. 画像でわからない乳がん

  1732. 画像でわからないなら果たして本当に腫瘍があるのかも疑問を感じています、乳腺症ではないかと考えたりしましたが、先生が腫瘍というならあるのかと…
    はっきりさせる検査はできないのでしょうか?
    悪性の可能性があってもそのままにしていていいのでしょうか?
    <女性:35歳>

  1733. 乳房の違和感について

  1734. 生理前から左の乳房や乳房の横、脇下あたりに違和感がありしこりのようなものは触ってもありません。

    先週の19日に生理が来て4日で終わりました。
    それからも違和感があり、ずっと気になって触ったりしてます。
    <女性:40歳>

  1735. 硬化性腺症との診断について

  1736. ①硬化性腺症というのは癌化することがあるのでしょうか。

    ②また、バネ式の生検で、組織が取り切れていなくて、癌が見落とされているということもあるのでしょうか。
    (私の記憶の限り、 3 回刺していたように思います。)

    ③硬化性腺症の中から癌が発生する事がある。
    リスクがある乳腺症なのですか?
    <女性:44歳>

  1737. 乳腺症

  1738. 石灰化はあるがシコリは見当たらず おそらくホルモンの関係での乳腺の腫れ(乳腺症)であろうということで放置していました
    ところが ぼっこりとなった部分が生理周期に関係なく痛いのです。

    更に硬さが増してるのですが
    やはり乳腺症なんでしょうか
    乳腺症は生理周期に関係するとありますが・・
    生理後3日ですが今日は激痛で何もできませんでした。

    乳腺症とは そうゆうものなのでしょうか
    <女性:40歳>

  1739. 病理検査結果

  1740. 針生検の病理検査結果で、核異型スコア:2、核分裂スコア:1、なのに核グレードは2となっています。
    合計3点だとグレード1のはずですが、結果が間違っているのでしょうか?
    ちなみに硬癌で、腫瘍は17mm大です。
    <女性:37歳>

  1741. FEC療法7回目について

  1742. 乳癌(肺、肝、骨、リンパ転移あり)治療中で先日FEC療法の6回目を終えました。

    今後はタキサン療法を行う予定ですが、FEC療法の1,2回目に減量をしたため、医師より減量をした分、7回目をしますか?と問われました。

    医師は提案のみであって、決めるのは本人とのことです。

    前例もないとのことです。

    本人は何を規準に考えればよいのか迷っている状態ですが、7回目をするメリット
    デメリットがあれば教えていただけないでしょうか?
    <女性:66歳>

  1743. HER2に関連して

  1744. 当方HER2タイプなので、このことに関連してお聞きします。

    1:サブタイプとステージについての質問です。

    田澤先生は、サブタイプは治療法を決める要因で、予後はステージで決まると回答されています。

    生存率や再発率など、ステージが上がるほど悪いです。

    サブタイプでは、HER2タイプは薬がよく効くと先生の回答に出ています。

    ハーセプチンは再発を半分にするという回答を見ます。

    薬がよく効く方が、予後が良いのではと期待してしまうのですが、どうなのでしょうか?
    <女性:55歳>

  1745. 乳がんの種類について

  1746. 浸潤小葉がんで温存手術し、現在は定期健診で経過観察中です。
    ネットや書物で調べると、がんの種類が説明してあります。
    自身の種類は病理検査の結果でわかりましたが、主治医の先生はほとんど「何がん」という言葉は使いません。

    一般型か特殊型か、硬がんや小葉がんなど、原発の種類はあまり問題ではないのでしょうか。
    種類によって、予後に特徴はないのでしょうか。
    (多発しやすいとか、転移しやすいとか)
    <女性:57歳>

  1747. 手術の必要性について

  1748. 2回生検を受けて線維腺腫という結果でしたが、これはガンである心配はないという認識でよいでしょうか?

    ころから二人目の子供を考えているのですが、妊娠中と授乳中は何か変化があっても分かりにくいようですので心配です。

    現在のしこりの大きさは1センチから1.5センチくらいです。

    外科手術をした方がいいのでしょうか?
    <女性:34歳>

  1749. 本当に線維腺腫なのか。

  1750. 不安感があるから針生検をしたいと話をしましたが、痛いし腫瘍があるたびにさしてたら大変だよ~と言われました。

    その時は確かにそうかも、と思ってしまいましたが…
    田澤先生は針生検をすれば済む話と色々な回答でおっしゃっていますが、
    細胞診や針生検をせずMRIという運びとなったのはわたしが超音波後の診断に納得がいっていない様子だったからでしょうか。

    腫瘍の形や大きさ等を見て、針生検をする必要がないと断定出来ることはあるのですか。
    <女性:30歳>

  1751. 薬の効果

  1752. 薬の効果のことでお聞きします。

    ①術前、術後の薬物療法に差はないとのことですが、術前で腫瘍がある方が効きが悪いということはないのでしょうか?
    濃厚療法であるドーズデンス化学療法でも、効果が高いとされていますし、
    RDIでも予定量の85%以上投与することで、効果が出るとされています。

    見えるがんが50、見えないがんが50あるとすれば、手術などで見えるがんが無くなれば、がんの総量も減るはずです。
    少ないガンの方が薬も行き渡るので、効果も大きいのではないでしょうか?
    <女性:53歳>

  1753. 更年期の線維腺腫について

  1754. 乳腺外科の先生にマンモトームなどの検査はしなくても大丈夫ですか?
    とお聞きしたら、まったく必要ないとのことでした。

    4ヵ月後に線維腺腫が大きくなっていないかの検査があります。

    そこで、なにも問題なければ、一年に一度のエコー、2年に一度のマンモで良いと思うとのことでした。

    更年期の線維腺腫ということで、検査は終わったものの、不安な毎日です。
    <女性:51歳>

  1755. 乳腺のう胞と乳腺腫瘤(線維腺腫疑い)

  1756. 今年8月下旬に再び日本に一時帰国し、同じ病院でエコー検査のみ受けました。
    結果は、「右乳腺腫瘤(線維腺腫疑い)、左乳腺のう胞で念の為、乳腺外来を受診してください。」とのことでした。

    この結果を受け取った際に、自分でネットで調べて、
    「乳腺腫瘤は、乳腺のう胞が固まったもので、ほとんどは良性。」とありましたので、日本での滞在期間も短かったため、乳腺外来を受診せずに在住国に戻ってきてしまいました。
    <女性:42歳>

  1757. 針生検の時期について

  1758. 44歳出産経験はありません
    9月に検診を受け 両側乳腺腫瘤で精密検査の診断を受けました。

    昨日、乳腺外科で マンモ エコー 触診を受けエコーで 先生が気になる物があり、それは縦長で形が良くないと言われました。

    大きさは5ミリなので、
    半年後また受診して大きくなってたりしたら針刺してみましょうと言われました。

    半年後でも大丈夫なのかと不安になり、こちらに質問お願いしました。
    <女性:44歳>

  1759. 乳癌と診断されました。

  1760. 初診では画像を見ての説明がなく、
    次の診察でしこりとその近くに癌が散っている画像、細胞診、血液検査の結果で悪性の乳癌と診断されました。
    胸骨上や鎖骨上にしこりがあり、又、色々なリンパ腺が腫れたり引いたりしていているので不安で仕方ありません。

    胸骨上等の腫れは乳癌とは関係ないとの説明を受けているのですが本当でしょうか?
    今後、CTと更に詳しい細胞診?を受け、それからどのような治療に入るのか不明です。

    手術も待たなければならない様で、それまでに色々な所に転移し手遅れになったりしないのかとても心配です。
    <女性>

  1761. 急にできたしこり

  1762. 25歳~半年に1回、マンモグラフィと超音波の検診を2カ所の病院でしてます。
    (前半1回目A病院、後半2回目B病院とします)
    昨日B病院で検診受けました。
    はじめてエコーで
    引っ掛かり保険診療に変わり、形が気になるとの事で細胞診をやりました。

    半年前のA病院では異常なしでした。

    半年の間にできるしこりは、癌の可能性ありますか?
    はじめて言われてビックリでした。
    <女性:30歳>

  1763. トリプルネガティブについて

  1764. トリプルネガティブであることは針生検の結果からもわかっていたので事前に知らされていたのですが、浸潤部が30ミリと大きくなっていたことにショックを受けました。

    主治医からは「思ったより浸潤部が広がっていたし、悪性度は高いが、リンパ節転移がなくてよかった。
    (親族に乳がんの人はいないが)そういう人でもトリプルネガティブの人はいる。
    気持ちを切り替えて化学療法をしていきましょう」と言われています。
    <女性:42歳>

  1765. 乳汁分泌??

  1766. 8月に乳癌検診をしたばかりで。

    乳腺専門医の診察で触診、エコー、マンモの検査をして異常はありませんでした。

    最近になり、汗なのか?分泌液なのか?胸が(特に右胸、右胸だけのこともあります。
    左胸からはほとんどないです。)リップクリームを塗ったみたいに光っています。

    浸出液というよりもリップクリームを塗ったようにピカピカと光っています。
    <女性:39歳>

  1767. 針生検の診断結果と生検手術について

  1768. 生検手術当日は、
    エチゾラム錠0.5㎎という不安を抑える薬を処方されたのですが、
    飲んだことのない精神的な薬を飲むこと自体にも不安がありますし手術を乗り越えられるか不安です。

    結果次第では、もっと大変な手術や治療が必要になるのかと思うと
    途方にくれそうなくらい不安にかられ涙がでてきます。

    針生検の結果、生検手術、そしてその結果
    不安で不安でたまりません。

    このまま2週間後に生検手術を受けるのが最善の選択なのか、心が決まりません。
    <女性:35歳>

  1769. はじめまして

  1770. 左乳房の5ミリくらいの黒い影も、同様に注射器で詳しく検査してもらうべきだったでしょうか?

    自分では左乳房の方が違和感を感じ、押すと痛みます。

    右乳房は結果次第ですが、もし癌だった場合、2.2センチはどの様な治療になっていきますか?右乳房をなくすことになりますか?
    <女性:34歳>

  1771. 非浸潤がんからの再発について

  1772. 昨日胸の内側上部(鎖骨から下14cm、中心から3cm程)に硬く動かないしこりを発見し右肩にぶょっとした腫れを確認しました。

    先月の検診はしこりが出来た部分はマンモグラフィーでは映らない範囲で、エコーは乳房の膨らみのない部分の為、調べられなかったのでしょうか。

    2週間前から背中に違和感があり、鈍い痛みで朝方目が覚めていました。
    (今は肩甲骨付近がこっている感じがします)

    再発の可能性は高いのでしょうか?
    <女性:48歳>

  1773. 再発乳がん 抗がん剤の選択

  1774. 2014年11月に、右胸1.6cm トリプルネガティブの乳がんを温存手術し、
    その後、抗がん剤・放射線治療をせずに経過観察しておりました。

    しかし今年9月に右腋窩リンパ節に再発が発覚し、同月手術。

    再発がんの病理検査の結果は、
    ER:5-10%
    PgR:20-30%
    Her2:3+
    ki67:20-40%
    E-cadherin +
    リンパ節転移の数は1個のみ
    遠隔転移はなしでした。
    <女性:64歳>

  1775. 放射線治療の要否

  1776. 正直、放射線治療をするかどうか迷っています。

    私の迷いどころは、放射線治療をすれば、根治に近い状態になるのは分かっているのですが、副作用として可能性のある二次発癌のことです。

    10年、20年、もしくは3年から白血病や、食道癌、肺がんの発病の可能性があるようです。
    <女性:42歳>

  1777. 乳頭異常分泌

  1778. MRIの結果は、がんとみられるものは確認できないとのことでした、しいて言うなら、1.8mmのしこりがあるので、針をさして細胞を検査しましょう。
    ということになり、細胞を4か所からとりました。
    ただ、とても小さいため、先生も確実にとれるかわからないとのことでした。
    結果は2週間後にでますが、エコーでもしこりがなかなかとらえにくそうでしたので、はっきりした結果は得られないのではないかと思います。
    分泌物はまだ出ています。
    はじめは鮮血のようでしたが、
    いまは茶色っぽくなってきました。
    <女性:48歳>

  1779. 治療方針について

  1780. 私の乳癌は、

    ステージⅡa
    腫瘍の大きさ:48×30×34mm
    浸潤の範囲:g,f
    脈管侵襲:ly1,v0
    リンパ節転移なし
    核グレード1
    断端露出なし
    ER95%,PgR90%,Her2 score1

    ホルモン治療が効くタイプですが腫瘍が大きいので抗ガン剤を使うか担当の先生も悩んでいました。
    <女性:37歳>

  1781. スピキュラ?乳がんでしょうか?

  1782. 乳腺外科医の診察の日、黒い影のことは全く触れずに違うマンモグラフィの画像を出して、「乳首の斜め下に白い丸があるでしょ?これしこりなんだけど、その横にモヤが前回より広がってるので、今度はエコー下マンモトームしましょう」と言われました。

    このしこりの事は「様子を見てた」と言われましたが、これがあるのは初めて知りましたので、大きさを聞いたところ、しこりは1cm、モヤが広がってる所は2.5cmと言われました。
    <女性:42歳>

  1783. 乳腺の腫れ?

  1784. 現在妊娠6ヶ月なのですが、左の胸にだけ痛みがあり
    左だけ触ったらごろごろと何かに当たる感じがしました。

    6月にエコーで検診を受けていたのですが、心配になり乳腺外科でエコー検査をしてもらいました。

    結果なにかしこりみたいなものが映っていたのですが、
    両端が乳腺に繋がっているので、授乳に備えて乳腺が発達しているんだと思います。

    と言われました。
    <女性:32歳>

  1785. 乳がんの可能性が大きいでしょうか。

  1786. 右胸から脇の下、腕の付け根近辺に痛みが有り、とても不安で悩んでおります。

    痛みは鈍痛やチクチクした感じに時々ズキッとした痛みが走る事も有ります。

    毎日の様にチェックはしておりますが、しこりの様な物は感じられません。

    強めに胸を触ると、筋の様な物は有りますが両胸に同じ様に有りますので、しこりではないのかと思っております。

    また、凹みや乳首に異常は見当たらない様に思いますが、時々乳首にチクチクした痛みが有ります。
    <女性:54歳>

  1787. 乳房部分切除 再手術について

  1788. 癌細胞を中心に余裕をもって切除したはずだが、なぜか切除部が
    端に寄っており、病院基準では細胞から断片まで6mmの余裕を持って
    切除できていれば良しとするところ2mmしか無く、万全を期すには追加切除が望ましいとの説明。

    前回は2ヶ月待ちだったが、最短で月末10/(下旬)なら空きが有り、
    切除部がわかるなるべく早めの日程が良いとの事で急遽再手術する事に。

    なぜ切除部がずれたのか、こんな事は今まで無く、他の先生にも相談したが
    プローブ(エコーカメラ?)を当てた時とはずした時で、乳房がずれた事が考えられるとの説明ですが納得がいきません。
    <女性:49歳>

  1789. オンコタイプDXと抗がん剤について

  1790. 左胸全摘出手術
    広い範囲の非浸潤癌
    浸潤5mm
    Her2 0
    ホンモン陽性 どちらとも陽性だが30~50くらいとのこと。

    kI67 26%

    脈管浸潤、なし
    リンパ転移なし

    主治医から
    抗がん剤とホンモン剤の治療を言われています。

    田澤先生のこちらで勉強させてもらって、
    抗がん剤を使うことに疑問があります。

    すると、オンコタイプDXを勧められました。
    <女性:36歳>

  1791. 人間ドック 要精密検査

  1792. 人間ドックのエコーで去年は右乳房線維腺腫疑い

    今年 右乳房腫瘤疑い 要精密検査という結果でした。

    人間ドックの病院と、念のため別の総合病院の乳腺外科に行ってます。

    人間ドックの病院では嚢胞がいくつか集まってるけど大丈夫。
    血流もないし。
    ただ稀に癌の時もあるから半年後またエコーという結果でした。
    <女性:36歳>

  1793. 非浸潤癌の治療について

  1794. 10月初めに右乳房全摘、左乳房の摘出生検をしました。

    結果は右は非浸潤癌で今後は無治療。
    左も非浸潤癌だったのですが、病変は5mmと小さくおとなしいタイプなのでこちらも無治療で良いとの診断でした。

    左乳房は温存なのに無治療でよいのか、放射線が必要なのでは?と疑問に思い こちらのQ&Aを「非浸潤癌 放射線」で検索したところ、非浸潤癌でも部分切除であれば「全例照射」と回答されています。
    <女性:51歳>

  1795. 右乳首下のしこり(来週針で検査)について

  1796. 1.手術となった場合、田澤先生にお願いすることはできますか。

     その場合の手術までの待つ期間、手術後に東京に通う頻度はどのくらいですか。

    2.先生のお弟子さん等、(東海)市周辺でご紹介いただける先生はいらっしゃいますか。

    3.父の旧知の内科の先生に、〇医科大学病院、〇大学病院、〇市立大学であれば口添えできると言われました。
    <女性:40歳>

  1797. 乳頭から液がでます。

  1798. 乳頭から液がでてきます。
    胸を絞ってみると、クリーム色?の液が両方の胸から出てきます。
    今まで気付かなかったのか、たまたま分かりました。

    すぐ、乳腺外科を受診してマンモ、エコー、触診をしました。
    乳管も綺麗でガンの所見はないです。
    生理的なものだと言われ安心したのですが、先生の言葉を読んで不安になりました。
    <女性:38歳>

  1799. 小葉癌 断端陽性について

  1800. 二回目も断端陽性ということですが、先生はすべて取り切れたとおっしゃっており全摘や再々手術を考えていないようです。
    このまま残しておいて大丈夫なのでしょうか?大変心配です。

    抗がん剤はどうしますかと聞かれていますが抗がん剤治療はした方がいいのでしょうか?断端陽性のままで再発率はどのくらいあがるのでしょうか?
    抗がん剤治療で再発率はどのくらい下がるのでしょうか?
    <女性:59歳>

  1801. 胸骨転移しました。

  1802. 妻(56歳)の、乳がんにつきましてですが、13年前に右乳房に乳がん 発覚しまして、当時右乳房全摘手術をしていただきました。
    年に1回検査を受けていましたが、2ヶ月前に胸骨転移と 診断され、検査の結果他への転移は無しと伝えられました。
    現在妻は、月1回のランマーク皮下注射とデノタスチュアブル配合錠2錠を毎日服用、 イルソグラジン
    マレイン酸塩錠2mg2錠(月10日間)朝食後 トレミフェン酸40mg3錠朝食後毎日服用しています。

    放射線治療は、大事な臓器が中に有るからしない方が良いとの ことです。
    <女性:56歳>

  1803. 石灰化

  1804. 9月中旬に人間ドックのマンモで、カテゴリー3の結果が出ました。
    右胸の乳頭の上2箇所に石灰化ありとの事で、(関東)県立がんセンターを受診した所、石灰化が見られる位置が深く、レアな場所なので、マンモトームができるか、ギリギリとのこと。
    また、2箇所は同時に採取できないため、1箇所のみ採取。
    診察が混んでいるため、12月中旬に検査予定。
    医師にがんの可能性を聞くと、五分五分とのこと。
    <女性:47歳>

  1805. リンパ節転移と抗がん剤

  1806. *リンパ節転移ですが物理的に腫瘍に近いとは言えセンチネルより先に転移するということの解釈がよく理解出来ないのです

    *担当医からはステージ2と言われましたが10年再発率が想像より低かったので驚きました。
    これはおなじステージでもケースバイケースがあるのでしょうか
    <女性:62歳>

  1807. 左胸のしこり

  1808. 今までの経過をすべてお話しした上で、触診と左胸のエコーをしていただきました。
    エコーには検診と同じように黒い歪な影が写りました。

    その日は写真だけ撮り、来月の生理が終ってから1週間後に再検査。
    大きさも形も変わらないなら一応細胞をとってみましょう、と言われました。
    エコーを見ながら先生が「たぶん乳腺症だと思うんだけどね・・で
    も案外乳腺が固いからねぇ・・」と言われてしまい、以前田邊先生が乳腺症と乳がんのエコー画像は似ているとお答えしていた記憶もあり、がんではないかという心配が一気に膨れ上がっています。
    <女性:34歳>

  1809. 抗癌剤治療について問い合わせ

  1810. 先月、乳がんの手術を受け部分摘出致しました。

    腫瘍径3.00×2.40×2.30cmとリンパ管侵襲:ly3があり抗癌剤治療を進められております。

    なお、ER:Allred PS5 IS3 TS8, PgR:Allred PS4 IS3 TS7,HER2:score
    0という結果です。

    子育てもありだるさなどの副作用を考えると抗癌剤治療は避けたいところなのですが、
    抗癌剤治療が必要(ベター)なのかどうかについてご意見を頂きたくご連絡致しました。
    <女性:42歳>

  1811. リンパ節転移の不安について

  1812. 1.組織検査でリンパ節転移無しという結果が出たものの、スライスの隙間に微小な転移が存在している可能性を考慮した場合、抗癌剤の上乗せを検討した方が良いのでしょうか?

    2.2月前より左上肢にリンパ浮腫が出現し(出現前より、場所により、0.5cm~1cm程度大きくなっている)、圧迫療法はせずマッサージのみ行い、ウォーキングなどの適度な運動と上肢の安静・保湿・挙上を心がけていますが、まだ改善は見られません。
    <女性:52歳>

  1813. 抗がん剤治療の必要性について

  1814. 9月、胸筋温存全乳房切除術を受けました。
    術中、センチネルリンパ節
    生検1/2陽性で、腋窩郭清が追加となりました。

    【質問①】ルミナールAかBかを教えていただきたいです。

    【質問②】術後の追加治療としてはホルモン剤のみでよいのか、それとも抗がん剤治療や放射線治療を追加した方がよいのかを教えていただきたいです。
    <女性:72歳>

  1815. Her2陽性のリスク

  1816. 組織検査の結果、乳癌。

    4月に部分切除術。

    術後に、乳頭腺管癌 浸潤性乳管癌(硬癌)と診断。

    5月から化学療法開始、EC4回、タキソテール4回、先日終えたところです。
    タキソテールと同時にハーセプチンを開始し、全18回継続予定。

    来月から放射線照射予定。

    その後、ホルモン療法予定。

    StageⅠというものの、HER2が3で増殖性が強いことや悪性度、再発がとても不安です。
    <女性:40歳>

  1817. 半年でしこりが1センチ近くにも大きくなるのでしょうか?

  1818. 突然1センチ弱のしこりが見つかり、先日、全摘をしました。

    たった半年でこれほどしこりが大きくなって
    しまうのでしょうか?1年前にもっと詳しく検査すれば浸潤しなくてすんだのでしょうか?
    進行が早いということは悪性度が高いのでしょうか?

    もうひとつ質問ですが私はサプリメントのプラセンタを半年ぐらい1.5倍量ほぼ毎日飲んでいました。
    細胞分裂を促してそれが短期間の間に腫瘍をおおきくしてしまったのでしょうか?
    <女性:48歳>

  1819. 温存手術後の治療について

  1820. 1.化学療法は本当に必要か。(必要ならばもちろんきっちり受けるつもりです)
    2.一番先に化学療法と言われましたが、今月に息子の結婚式で遠方まで行く、大きな仕事が今月に集中しているなどがあり、副作用を考えて放射線治療を先にするのは問題があるか。
    3.放射線治療を先にするならば、化学療法までの間にホルモン治療と放射線治療を同時にするということになっているが問題はないか。
    4.化学療法をしながらの仕事継続は可能か。
    5.和太鼓プレイヤーであるが、いつごろからプレイできるか。
    <女性:58歳>

  1821. 乳房温存手術、8年後のエコー検査

  1822. 8年前にみぎ右側の温存手術をおこない、放射線治療もおこなっています。

    半年ごとの定期検査の際、エコー検査で引っ掛かりました。
    先生の判断は、8年前の手術の傷の変化か、放射線の傷かもしれない。
    経過観察で半年後にもう一度診ましょうとのことです。

    8年も前におこなった手術の影響が、今になってエコー検査に現れるような事があるのでしょうか?
    <女性:56歳>

  1823. 左乳房のしこり 3センチは

  1824. 人間ドックに行き
    いままで指摘されたことがなかった左乳房下に
    マンモグラフィーで3センチの石灰化があると言われました。

    一年前のと比較してくれましたが私が見てもはっきりわかるものでその日に自宅で触ってみると硬いものが触れました。

    なんでこんなに大きいのに気がつかんかったのかと悲しくなりました。
    カテゴリーは4、多角形、スピキュラを伴う、円形石灰化と所見をもらい
    すぐに乳腺外来に行くように言われました。
    <女性:45歳>

  1825. 部分切除取り残し?

  1826. 生検で、乳ガンと診断されました。
    小さいからか(5mm)外来での手術をしました。
    その腫瘍の部分だけ、切除したみたいです。
    それで大丈夫なのでしょうか?というか、このへんかな?と言いながらきられました。
    MRIの時の印(マジックでつけた。)を目当てに手術しました。
    細胞診も生検も、他の先生が来てやってくれました。
    私が、自分でみつけたしこりも、違うものだよと、言われました。
    MRIの印だけで切られて、手術前のエコーで、これかな?って感じで手術されました。
    本当に全部とれたのか、とっても心配です。
    <女性:47歳>

  1827. 細胞診が良性でクラス4

  1828. こちらの国の医療システムで、いきつけのGP(診療所みたいなところ)
    の医師の紹介状が無いと、すぐに乳腺科にはかかれません。
    紹介状は書いてもらえたのですが、検査結果が一応「良性」と出ているからか、1か月後まで予約が取れずどうしたものかと食欲も無くずーっと落ち込んでいます。
    悪性の疑いが強いなら、待っている間も精神衛生上よくないので一時帰国して組織検査してもらった方がいいのかな、とも思い始めました。
    <女性:38歳>

  1829. PET検査について

  1830. 別の病理を予約し10月末なり硬癌であることが判明しました。

    組織診結果
    腫瘍の大きさ70ミリ位
    ホルモンセレプター陽性
    her2(3+)
    ki67…30パーセントです。

    今月中旬手術ですが、2週間前にPET検査して下しい。
    と言われました。
    私はPET検査した方がいいのでしょうか?PET検査したとして転移していなかったとしても、その2週間の間に転移する可能性はないでしょうか?
    <女性:45歳>

  1831. 受診して1ヵ月後にしこりを感じることはありますか?

  1832. 乳がんのセルフチェックとして一般的に、月に一度、自分で胸を触ってしこりが無いか調べるとあります
    が、それは1ヵ月経てばしこりが出来てもおかしくないことを意味しているのでしょうか?
    自分では1ヵ月前(受診時)から触れて感じていたようなしこりがありますが、果たしてその当時と同じしこりなのか自信がありません。

    ただ、1ヵ月前に先生にエコーで診ていただいているので
    あまり心配しなくても大丈夫なものなのでしょうか。
    <女性:41歳>

  1833. 検査後の状態について

  1834. 田澤先生にマンモトーム生検をしていただいたものです。

    検査の影響か?翌日は右胸全体が痛く
    ぱんぱんで38.5度位の熱が出ました。

    日曜月曜と徐々に落ち着いてくると、
    昨日から、右乳房上部のしこり付近だけが
    3センチほど真っ赤で、ちくちくや、
    圧痛のような痛みがあります。

    処方していただいたロキソニンたまに飲み、
    ゆったり生活しておりますが、
    2週間後の検査結果までこのままで
    大丈夫でしょうか?
    <女性:33歳>

  1835. 左乳房の分泌と痛み

  1836. 指導技師と研修技師が超音波検査を行い、医師は、「結果は1週間後で痛みは市販の鎮痛薬で抑えなさい」としか言いませんでした。

    1週間後の結果は仕事のため聞きに
    行くことができず、今日まで痛みが続き、鎮痛剤なしではいられない状態です。
    分泌は止まったままです。

    症状がある時に診てもらえず、苦痛と不安が続いています。
    現在、乳腺専門の医療機関は、非常に混んでいるとはいえ、患者の立場にたっていないこのクリニックで、誤った検査や診断、治療を受けるのを避けたいのです。

    このような症状に対しては、田澤先生でしたら、どのような診察をなさいますか?
    <女性:53歳>

  1837. 抗ガン剤の選択

  1838. 湿潤生乳管癌
    10月に右乳房温存手術をしました
    ?術後の治療で抗がん剤をするかで悩んでます。

    大きさ 1.8×1.1×0.9センチ?リンパ節転移無し?ER陽性 100%
    PgR陽性 100%?HER2陰性?グレード2?ki-67 59.1%
    担当医からは放射線、ホルモン治療に加え抗ガン剤治療の判断を委ねられました?抗ガン剤治療するべきか悩んでます。
    <女性:40歳>

  1839. 早期ではないのでしょうか。

  1840. 針生検の結果待ちです。
    超音波で右胸に
    1.2センチの腫瘍がみつかりました。
    先生の様子と(分葉形?形が明らかにガンなのでしょうか)、「どう取るにしても手術日は?日にしよう」と言われた事から、ガンは確実なのかなぁと思っています。

    また血流があり、周りにもしこりがいくつかあり、リンパが腫れているので、針生検の時に周りのしこりと脇の細胞診も行いました。
    周りのしこり(細胞診したのは1ヵ所です)は乳腺症だとその場で言っていました。
    同じ細胞診でも脇の方はその場で何も言われなかったので、転移していたからだと考えてしまいます。
    <女性:40歳>

  1841. 術後の治療

  1842. 術後療法
    TC療法 4サイクル
    ノルバデックス 5~10年 リュープリン 2年または5年

    主治医には「ホルモン療法だけでも、10年生存率は90%程度ありますが、抗がん剤で数%上乗せしましょう。ki-67も少し高い。」と言われました。

    ルミナルBの診断ですが、こちらのQ&Aを見ているとグレーゾーンではないかと思います。

    抗がん剤に抵抗があります。
    <女性:44歳>

  1843. 再発時の術式について

  1844. 現在、わたくしの希望としましては、
    ・乳房全摘出と再建手術を同時にしたい旨を主治医に伝えたが、無理だと言われた。
    が、どうしても同時に行いたい。
    本当に無理なのかを知りたい、どうにか同時にする方法や場所はないのか知りたい。
    ・再建手術の際、自分の皮膚をなるべく残したい。
    ・乳房全摘出手術の術式のうち、どの術式が可能であるのかを知りたい。
    であります。
    <女性:44歳>

  1845. 非浸潤性乳管ガンで温存か全摘出の相談

  1846. ①非浸潤性入管癌ステージ0の温存プラス放射線と全摘出の再発率を考えた選択についてのアドバイスとそれぞれの長所短所。

    ②この初期の状態で全摘出を望むことは極端な選択なのでしょうか。

    ③乳腺症(両胸)も進んできていると言われ、今は健全な左胸にも発症するのではないかとの不安もあり、右胸の一部を残すことが左のがん発症に関係しないのかが知りたいです。
    <女性:48歳>

  1847. 右脇にあるしこり

  1848. 右脇にしこりがあります。

    最初に見つけたのは約3年前で妊娠中でした。

    病院で診てもらい、悪いものではないと言われました。

    その後毎年、乳癌検診をしていますが異常を指摘されたことはありません。
    右脇のしこりについては、副乳と言う先生も居たり、脂肪のかたまりと言う先生も居たりでハッキリしませんが、悪いものと言われた訳で
    はないので放置していました。

    約3年になる脇のしこりとの付き合いですが、時々生理前にチクチクする程度でした。

    最近になって妊娠が判明しました。

    まだ7週目ですが、両胸が張って痛みがあります。
    <女性:39歳>

  1849. リンパ節転移

  1850. MRI検査を行い、その際に聞いていた内容は
    ・乳房の癌腫瘍=1cm程度
    ・石灰化は点在しているが、まず大丈夫だろう
    ・腋窩リンパ節への転移は現時点では見られない
    ステージ1の早期乳癌との診断でした。

    手術の日程も決まり、「乳房温存手術&センチネルリンパ節生検を行い
    場合によってはリンパ節郭清」という事で術前日に入院し術前検査(CT、超音波)を
    したところ、超音波検査で主治医が鎖骨の下(大小胸筋間リンパ節)に2つの腫瘍を見つけました。
    <女性:48歳>

  1851. 検査結果待ち、不安です

  1852. 現在、乳がん検査の結果待ちです。

    乳房が張る、.押すと全体が痛い、乳首が痛い、乳房の下あたり下着があたるあたりが痛い、の症状でがん拠点病院に受診いたしました。

    1年前の検診のエコーで、右に、のう胞がみつかってます。

    検診はエコーのみ。
    <女性:49歳>

  1853. スピキュラ?乳がんでしょうか?

  1854. ※前回質問したときの「管理番号」を入力して質問をしてください。
    <女性:42歳>

  1855. 適切な抗がん剤治療ついて

  1856. しこりは3,5センチ、硬がんと実腺管がんが混じったもの(ステージ2)とのことでした。

    ホルモン感受性 陰性
    HER-2: 3+
    Ki67 :50%
    リンパ転移 1/5(特に気にしなくて良いと言われました)

    自分が聞いた説明はこれだけなのですが、この結果、ハーセプチン+タキソテール4クール(ハーセプチンのみ1年)との説明を受け治療することにしました。

    治療前日に入院し、看護師より貰った治療計画はパージェタ+ハーセプチン+タキソテールと言うものでした。
    <女性:37歳>

  1857. 乳癌検診から保険診療へ

  1858. しこりが気になっていたので本日2回目の乳癌検診を受けました。
    今回も市町村に申し込みしたので「超音波」のみです。

    2月と同じ病院ですが、曜日が違うので、別の先生でした。
    今回担当の先生から「前回の画像と比べるとしこりに変化がある。
    詳しく調べるのに保険診療に切り替えてマンモグラフィと細胞とる検査を追加します」と言われ、隣のベットで触診と先生がエコーやり直ししながら細胞とりました。

    結果は、1週間で出るようですが、はじめての事に不安です。
    <女性:33歳>

  1859. エコー下マンモトーム生検、結果待ちです。

  1860. 超音波で左右を見比べて欲しいと言われ、左は脂肪も乳腺も綺麗に映っており膿疱が1個ありましたが問題なしとの事。
    比べて右は乳腺があるべき場所が黒くモワっとしていて『この辺に悪いものがありそうです。』と。
    診断結果として〈右胸に腫瘤が認められ悪性が疑われます〉との事でエコー下でのマンモトーム生検を受ける事になり、先日受けて来ました。
    10日後の結果待ちです。
    <女性:48歳>

  1861. 乳管内乳頭腫の術式について

  1862. 乳管内乳頭腫と診断されました。

    4年前から分泌物があり、良性のしこりと診断されていて半年に一度検診を受けていました。

    先月から血性の分泌物がありかかりつけに行くと、その日は診察とエコーだけでしたが、「乳がんですね」と言われましたが、後日針生研を受け、告知を受けにいくと乳管内乳頭腫と診断されました。
    しこりは乳頭の下のあたりに3センチほどになっていました。
    <女性:55歳>

  1863. 胸のしこりと痛み

  1864. 数日前に痛みがあり触ってみるとしこりがありました。

    個人病院に行って触診とエコーをした所1センチほどのしこりでした。
    詳しく検査をするため市立病院に来週行きMRIともう一度エコーの予約をしました。

    エコー診断書には「辺緑は明瞭平滑、乳腺境界線に断裂無し、ただ腫瘤に流入する血流あり、エラストスコアは1です。」
    となっています。
    <女性:38歳>

  1865. 乳腺?しこり?

  1866. 右 乳輪(乳輪より少し上)に丸い?コリコリがあります。

    痛みはありますが胸全体のため心配はしていません。
    (また、今は生理前なのでホルモンの痛みだと思います)

    発見した経緯は、
    ふいに座って胸を摘んだり揉んだり、横に寝っ転がりながら摘んだり揉んだりした時に発見しました。

    寝っ転がってセルフチェックをしている時は丸いコリコリは確認出来ません。
    <女性:20歳>

  1867. 非浸潤性乳管癌から浸潤性に

  1868. 先生にお伺いしたいことは

    ①やれる限りのことはやった方がいいと思うのですが、抗がん剤への抵抗があり
    出来れば経過観察、と思っているのですが無治療ですと再発のリスクが高いでしょうか。

    (がんの顔つきの悪さと、Ki67の若干の高さ、ホルモン治療の効果が低いと言われた事が気になります)

    ②術前にPET検査や骨シンチなど全身の検査をしていないので、希望した方がいいのでしょうか。
    <女性:39歳>

  1869. 授乳中からあるしこりと断乳後新たに出来たしこりについて

  1870. ・授乳期のしこりがこんなに長く続くものなのか。

    ・このしこりと新たに気づいた右胸上部のしこりも本当に乳腺が固くなっているだけなのか。

    ・授乳中から続く体の不調(しょっちゅうある胃腸のトラブル、右腕肘周辺にだるさ、そして左足鼠径部に痛み)はしこりと関連しているのだろうか。

    ・授乳期のしこりだからと、がんが見逃されてはいないだろうか。
    <女性:36歳>

  1871. 乳がんなのでしょうか

  1872. カテゴリ3bというのが気になっております。
    非浸潤性乳がんなのではないかと、、
    結果を聞きに行った時に、精密検査無しで、次は1年後に来てくださいと言われましたが、3bなら生検をしても良かったのではないかとも思っております。

    次の病院に行けるのは1ヶ月後で、不安で仕方がありません。
    <女性:31歳>

  1873. トリプルネガティブⅠ期の化学療法について

  1874. 先生に教えていただきたいのですが、
    ①先生のお考えでは、抗がん剤を使用しない場合の再発のリスクはどのくらいでしょうか。
    主治医のお話では、10%以下と低め(?)でしたが、脈管侵襲のため転移はしやすいとの説明があり、どう受け止めたらいいのか悩んでいます。
    ly(+)v(+) では再発リスクは高いのでしょうか。

    主治医より、核グレードのお話は無かったのですが、グレードが不明ではわかりませんでしょうか。

    ②抗がん剤を投与(100%または60%量)した場合に再発のリスクがどのくらい下がるのでしょうか。
    Kiが15%と低いと、薬は効きにくいのでしょうか。
    <女性:74歳>

  1875. 抗がん剤治療について

  1876. 現在乳ガンの術前化学治療中です。

    ステージ2b ルミナルb ホルモン(+) のタイプです。

    腫瘍は4.5cm リンパ転移ありです。

    既にFEC100の治療は終わり、次回からタキサン系のお薬になります。

    ですが…手先を使う仕事をしていまして、副作用の心配で受けるべきか悩んでいます。

    中止した事で延命率が極端に変わるんでしょうか?
    <女性:44歳>

  1877. ルミナールAで脈管侵襲高度はホルモン治療のみでいいのでしょうか。

  1878. 腫瘍が小さくても脈管侵襲高度なのは、細胞の悪性度が強いからでしょうか。

    ルミナールAで抗がん剤の上乗せは少ない(アドバンジュオンラインでは1%でした。)とのことですが、
    脈管侵襲高度はどのように考えればいいのでしょうか。
    ホルモン治療のみでいいのでしょうか。

    脈管侵襲高度は、転移再発の可能性が高くなるのでしょうか。
    根治の可能性は低くなるのてしょうか。
    <女性:47歳>

  1879. ずっと続く痛みについて

  1880. 10月に入ってすぐ胸あたりに違和感を感じるようになり、最初は脇の下あたりが痛いなぁという感じでした。
    日によって、脇の下のあたりが痛かったり、胸が痛かったり(右だったり左だったり真ん中のところだったり…)、背中のあたりが痛かったり、ずっとここが痛いとかではなく左右あちこちに痛みが移動します。
    何度か母乳をあげているときのような胸がツーンとする感じもありました。
    <女性:27歳>

  1881. 針生検後の経過観察

  1882. 昨年7月にエコーで1センチの黒く写るしこりがあるが「これは絶対、大丈夫。1年後の検診に」と言われました。
    1年後の今年7月、同じしこりが大きさ、形に変化はないが1部グレーっぽく写るので念のため3回パチンと大きな音のする針生検をしました。

    結果「脂肪」というだけで悪性所見なしでした。

    11月に経過観察ということで先週、エコーを再受診しました。

    「大きさは4ミリになり小さくなっている。
    悪性なら大きくなっても小さくなることはないから
    さくなることはないから大丈夫」ということで半年後にと言われました。

    ①針生検をして悪性所見なしで、しこりが小さくなっている場合は安心 …

  1883. 70歳の母の検査について

  1884. 穿刺吸引細胞診という検査をしたということなのでしょうか?針生検という文字もありよくわかりません。
    二つの検査をしたのでしょうか?この検査で、確実な十分な情報がえられるのか、どんなことが判るのか、教えて頂きたいのです。
    この検査は一般的なのでしょうか?病院のホームページに、「エリートマンモトーム導入しました」と出ていました。

    医師は癌前提で検査をされていたようでしたが、2.8cm×4cm位のしこりで、癌ではない可能性はありますか?
    <女性:70歳>

  1885. 左右の胸にシコリ

  1886. 先日、左右の胸にシコリを見つけました。

    右→乳頭と脇の下の皺がよる部分を結んだ線の中間あたりに1センチ位の半円形でグリッとしたものが奥にへばり付いている感じです。

    押すと多少の痛みがあり、生理前の方が痛いです

    左→正面から見て10時のあたり、乳輪の外側の線のギリギリの奥に右のシコリとは全く違う感じの硬いシコリがあります。
    大きさは横は1センチもない位で円形ではなく、奥に長いような形です。
    <女性:40歳>

  1887. 化学療法の選択

  1888. 1. こちらのQ&Aの中でルミナールBステージ1の場合、田澤先生はTCを薦めていらっしゃいますが、私は抗癌剤治療中も仕事は休まないつもりなので、少しでも副作用が抑えられそうなWeekly PTX(12回)単独を選択したいと思っています。
    私の病理結果から見てこの選択は正しいでしょうか?もし選択が正しくない場合、田澤先生は私にどのような化学療法を用いますか?

    2. オンコタイプDXのRSの数値が31と50では薬剤の選択は変わるものでしょうか?例えば、31ならWeekly PTXでOK、50ならばAC+TCにした方が良いなど。
    <女性:47歳>

  1889. 腫瘍の大きさについて。

  1890. 10月にエコーにより腫瘍が発見され先月腫瘍を摘出致しました。
    結果は線維腺腫だったのですが
    10月の次点では7㎜だったはずの腫瘍が摘出した際には20㎜×20㎜×28㎜に
    なっており急激に大きさが変わる物なのか葉状腫瘍ではないかと結果を見ても安心出来ておりません。

    当初より足や腕の着け根に痛みを感じている事もあり今だ不安が拭いされません。
    線維腺腫と葉状腫瘍はとても見分けずらいとも聞くので結果や転移が今だ心配です。
    急激に大きさが変化していた腫瘍は葉状腫瘍の心配はないのでしょうか?
    <女性:39歳>

  1891. 術前化学療法について

  1892. トリプルネガティブと伺いましたので化学療法は必須。

    術前術後どちらでも良いと言われており、その決断期日が明日です。

    (もちろん、迷いがあれば決断時期は伸ばせると思いますが)

    先に手術するなら(最短では)12月(上旬)日が可能と言われましたがその日はどうしても家族の都合がつかないので、まずは明日、次に最短で出来る日を確認するつもりです。
    (基本的に手術は混んでいるようです)

    どちらでも良いと言われると迷ってしまいます。
    <女性:46歳>

  1893. 温存手術後の断端陽性について

  1894. 粘液癌で左乳房部分切除+センチネルリンパ節生検の手術を受けました。

    昨日、病理結果が出て、断端陽性であることが判明しました。

    主治医からは、見つかったのは非浸潤癌で、1本の乳管のみであることから、放射線照射を通常よりも5回追加して30回照射にするか、もし心配であるなら全摘の選択もあると言われました。

    主治医は、放射線治療の追加でも大丈夫と言われましたが、どちらにしたらいいか迷っています。
    <女性:42歳>

  1895. 術後1年検診にて

  1896. 左側の乳がんの診断を受けました。

    浸潤癌
    腫瘍の大きさは2.3センチ
    ホルモン受容体陽性
    HER2は3+
    癌の顔つき グレード3
    ki67 27.3%
    遠隔転移は無し
    エコーで左脇のリンパにも肥大があり、生検をしてリンパ節転移も確定しました。

    ステージは診断時は2bでした。
    <女性:39歳>

  1897. 乳癌の可能性はありますか?

  1898. 妊娠7ヶ月の妊婦です。
    数週間前から右胸がちくちくズキズキ痛むことがあります。
    関係ないのかも知れませんが胸の横、肩甲骨あたりも痛く腕がだるい感じもします。
    たまに痛む程度でしこりのようなものはなく
    激痛でもないのですが乳癌ではないかと心配です。
    今年始めに乳癌検診を受けたのですが、
    その時はのう胞があるけど心配しなくて大丈夫と言われています。
    <女性:27歳>

  1899. 乳がん治療中の妊娠希望

  1900. 腫瘍 1センチ
    浸潤性
    リンパ転移なし
    ホルモン受容体陽性
    HER2陰性

    これから、ホルモン療法にすすむべきところですが、第二子を希望しています。

    現在41歳、年齢的にホルモン療法後は難しいので、ホルモン療法を数年後に後回しにし、妊娠、出産する事によりどれくらいリスクはありますか?また、再発リスクはどれくらい高まりますか?
    エストロゲンをおさえるホルモン療法と、エストロゲンが高まる妊娠…
    真逆なので心配です。
    <女性:41歳>

  1901. 嚢胞のはずが

  1902. 9月のエコーでは、空洞?やったのに、二か月で癌になるでしょうか?
    嚢胞内腫瘍癌の可能性は高いですか?
    エコーでは大きさは変わらないのに、なぜ見た目触った感じ大きく固く感じるんですか?
    モヤモヤが癌細胞でしょうか?とにかく不安です。
    今すぐにでも先生に診てもらいたいです。
    <女性:33歳>

  1903. 妊娠中に若年で乳がんになりますか?

  1904. 19歳経産婦 現在妊娠32週になります。

    お聞きしたいのは、妊娠中に若年で乳がんになるのか? ということです。

    9月後半~10月前半頃に胸を触ってみた所、右胸乳輪右上辺りに1cmぐ
    らいの丸いしこりを見つけました。
    指に触れた?ような感じでした。

    妊婦健診の時に担当医に相談した所、専門外だから行けとも行くなとも言えないけど… 若いし乳がんじゃないでしょ 乳腺の発達で目立ってるだけじゃないの? と言われ、自分でも調べてみた所 若い場合は良性の線維腫としか出てこなかったので様子を見ていました。
    <女性:19歳>

  1905. リンパ浮腫

  1906. 乳癌全摘、リンパかくせいしています。

    エストロゲン(+)、プロゲステロン(-)ルミナールタイプですが、
    リンパ節転移が多数あったため放射線、抗がん剤となりました。

    AC2wに一回、のあと現在ドセタキセル3wごと3クール終わっております。

    2クール目より術側にリンパ浮腫が出てきました。
    他の部位の浮腫はがまんできるのですが、リンパ浮腫が今後
    継続して残るのが大変不安です。
    4回目のドセタキセルについて迷っております。
    <女性:56歳>

  1907. 抗がん剤の上乗せについて

  1908. 二つの結節があり、いずれも硬癌の所見とのこと、二つには明らかな連続性は確認できないそうです。

    1
    腫瘍径1.7センチ
    核グレード3
    ホルモン受容体いずれも
    陽性
    HER2陰性
    Ki67:30%
    腫瘍切除断端陰性
    リンパ管侵襲が軽度見られる、静脈侵襲なし
    リンパ節転移0
    2
    腫瘍径1センチ
    核グレード2
    Ki67:40%
    ホルモン受容体、HER2、
    腫瘍切除断端、リンパ管侵襲、静脈侵襲の状況は、上記同様。
    <女性:39歳>

  1909. 嚢胞?

  1910. 自己検診については、
    【今は触ってもわからないけど、悪いものであれば大きくなって触れるようになるかもしれないから、自己触診してみて】と言われました。

    たしかに自分でその箇所をさわっても、なにもありません。

    嚢胞であるのに、半年後に念のため検査をするのは私が心配をしているから、念のため、ということなのでしょうか?
    それとも嚢胞かどうか判断が難しいからでしょうか?

    嚢胞というのは、誰にでもあるものですか?

    一年前にはなにもなく、今回見つかるのはよくないことですか?

    半年後の検査で手遅れになるようなことはないでしょうか(涙)
    <女性:38歳>

  1911. 抗がん剤

  1912. 2年前に右側のに乳房に癌がみつかりました。
    手術は温存です
    二人目妊娠希望のためホルモン治療は保留。

    1年後12月に妊娠、 そして今年7月妊娠
    34週の時左乳房に腫瘍確認。

    4ヶ月に1度のペースでエコーをしていましたが、すでに腫瘍は2.6cmにまでなっていました。
    その後、臨月に入り帝王切開にて出産し、翌月に温存手術をしました。
    <女性:42歳>

  1913. 骨転移

  1914. 9月中旬に左胸硬癌と診断され、温存手術をうけました。

    腫瘍の大きさは1.6×1.1cm
    リンパ節転移なし。

    ルミナルb
    her2陽性
    脈管浸潤なし。

    核グレード2
    ki67は28%
    ステージ1

    ①現在抗がん剤とハーセプチン治療を4回終わりました。
    ただ両方の肋骨あたりが締め付け、常に痛みがあるように感じます。
    転移でしょうか?もうすぐ術後2カ月ですが、こんなに速く転移ってしますか?術後抗がん剤治療中は転移しないと先生の回答を拝見したような気がしますがどうでしょうか?
    <女性:46歳>

  1915. 脂肪幹細胞により乳房再建した場合の再発について

  1916. 再建についてインプラントを考えておりましたが、エキスパンダーの痛みがひどいこと、異物感をすごく感じることがあり、インプラントをいれた場合同じように感じるのではないかとこわくなりました。

    自家組織による再建の方の自然な柔らかさをなどとても羨ましく思うようになりましたが、自家組織による再建で新しく傷を作る勇気がありません。

    そこで他の再建の方法を探しましたところ、脂肪幹細胞移植がありました。

    脂肪による再建は全摘では難しいと思っていましたが、あまり大きくない胸の場合は出来るようです。
    <女性:50歳>

  1917. 乳腺症でしょうか?痛みはいつまで?

  1918. 半年前から左胸、脇~胸下、肩、背中の痛みと手の痺れがあります。
    左胸の側面というので
    しょうか脇がぽっこりと腫れぼったいような気がします。
    シコリの様なものはありません。

    最初は癌かと思い夜も眠れませんでしたが、ここの質問欄に私と同じ様な症状で乳腺症と書かれていたのですが、私の場合も乳腺症で間違いないのでしょうか?
    <女性:34歳>

  1919. 乳頭の傷

  1920. 本当に乳頭分泌があるとしたら、自然に血がでてきますか?一応外科で診てもらったら明らかに傷が出来てるし、乳頭を爪でギュウギュウ何日もやってたら傷つけて血が出るに決まってるよと言われました。
    乳頭の垢や脂肪の固まりは無理に取ってはダメと言われました。

    ちなみに2週間前に乳腺外科でエコーしていますが全く何もないらしく、異常なしでした。

    爪を使い乳頭分泌を確かめるのはナンセンスでしょうか?
    <女性:30歳>

  1921. 石灰化 なかなか確定がつかない

  1922. 今年の検査で石灰化があり要検査を先月からしております。

    マンモグラフィー→エコー→細胞診(3b)→針検査(異常なし)
    →MRI→細胞診(3b)→針検査(来週結果が出ます)で1カ月心配で仕方ない日が続いております。

    同じ検査を2度しており、これで同じなら胸を切って細胞を大きく取ると言われました。

    先生はMRIの結果を見ながら全摘だねと言われ
    乳房再建の本も頂きました。

    女性だから自分の胸が無くなる事は、まだ考えられません。
    <女性:42歳>

  1923. 「足の速いがん」について

  1924. 乳腺外科医の診察を受けました。

    乳腺外科医の先生のお話では、マンモグラフィーの画像では、右胸上部に石灰化が放射状にみられるということで、昨年12月の検査で何も指摘されていないということを聞いたから、
    それにしては「足の速い」がんだといえるのではないか、このように検診医からすぐさま回ってきたのは初めてで経験がないことだ、検診医の段階でがんの疑いがきわめて強いと思ったからだろうと言われました。
    <女性:54歳>

  1925. 術後5ヶ月経ってからの腕の突っ張りにつきまして

  1926. 全摘手術を今年の6月に行い今迄順調にきておりました。
    はじめは残した乳首も壊死するかもしれないと言う話でしたが、色も正常に戻り現在は状態も良いように感じます。
    ステージも極めて0に近いとのこと
    で特に、抗がん剤等、ホルモン療法等の治療は無しを選択した為逆に気になる事もしばしば有ります。
    リンパへの転移も無いが、このケースは
    部分では無く全摘が好ましいとの事でした。

    ここ2.3日前から、手術をした側の手、右腕がなんとなく突っ張る感じが
    し、上げると突っ張るような感覚が有り二の腕の辺りも触れた時に痛みが有ります。
    <女性:35歳>

  1927. 妊娠期乳がん

  1928. 現在妊娠8ヶ月の妊娠期乳癌患者です。

    9月(下旬)日に乳癌告知。

    妊娠中のため転院。

    10月(中旬)日に右乳房温存手術

    病理検査の結果、
    しこり: 1.6cm
    組織型:硬がん
    腋下リンパ節郭清(レベル2) 26本中2本陽性(妊娠中のためセンチネルせず)
    ↑ 術前の検査で小さい怪しいのが1本あると言われてました。

    サブタイプ :トリプルネガティブ
    悪性度:3
    増殖率:80%
    脈管侵襲:陽性

    ステージ2a

    だと言われました。

    11月(中旬)より抗ガン剤治療がはじまります。
    <女性:40歳>

  1929. 授乳中の嚢胞?について

  1930. 診察の結果は「何もありませんね」でした。
    てっきり嚢胞を指摘されるとばかり思っていたので驚き、真っ黒でない箇所があるはずと伝えましたが無いと言われました。
    次に診て頂く時期を聞いたら3ヵ月後とのこと。

    なんだか気が抜けて帰宅しましたか、後から疑問と不安が甦ってきてしまいました。

    嚢胞?が短時間に消えることはあるのでしょうか?
    もしくは、授乳中の影響で検診の時だけ怪しく見えてしまったのでしょうか?
    また、何も無いのに3ヵ月後の診察というのも何だか不安です。
    <女性:34歳>

  1931. 乳がん術後治療について

  1932. 8月末に乳房温存手術をし、ステ-ジ1、センチネル生検でリンパに転移なしと言われました。

    主治医からは、TC療法4かい、放射線、ハ-セプチン、ホルモン療法を順番にします。
    との事です。
    ルミナールBで、ハ-ツ-タイプって事かな?と思っております。
    抗がん剤は2回終わっおります。
    あまり副作用も出ておりません。
    そこで質問ですが、センチネル生検で、リンパ転移の見落としとかはないのですか?TC療法は、よく効きますか?FEC4回はしなくても大丈夫でしょうか?再発転移したら、長く生きられないのですか?
    再発転移しても完治する可能性は何パ-セントありますか?
    <女性:41歳>

  1933. 教えてください

  1934. 妊娠中期なのですが乳首がちくちくと痛みます。
    しこりはなく分泌液なども出ていませんが胸全体が痛むこともあり心配です。
    乳癌検診でのう胞というものがあると言われたこともあるのですがのう胞が癌に変わることはありますか?
    <女性:27歳>

  1935. 脂肪のしこり?

  1936. 1歳半の娘がいます。
    4日前(生理日前日)入浴中に乳輪の真上に米粒ほどのつるっとした丸いしこりを見つけました。
    硬さは石ほどではないですが、少し固い日もあります。
    動くのはよくわかりません。

    数日前に婦人科でマンモグラフィーをしたばかりだったのですが、乳癌かと恐ろしくなり、触診とエコーを追加しました。
    ですが、しこりが昼間はなくなってしまうんです。
    触診中も見つかりませんと言われました。

    しこりは入浴後や朝にあり、昼はなくなることが多いです。
    <女性:35歳>

  1937. 乳がん検診後

  1938. 技師さんとお医者さんの反応が左胸には特に触れず、右胸のしこりのことを入念診ていました。

    少し心配になり、何か気になる点がありますか?と聞いたところ、
    ◎いつからこのしこりはあるのか?-5年程前
    ◎大きくなっているか?-ずっとあるから少しずつ大きくなっているとしたらわからない。

    ◎痛みはあるか?-痛みは無し
    ◎身内に乳がんになった人はいるか?-無し
    等々聞かれて少し不安になりました。
    <女性:31歳>

  1939. 針生検結果について

  1940. 1. 結果にはKi67が出ていないのですが、「Mitotic Rate: 1 (分裂速度1-3のうち、一番遅い1)」と出ていて、ERとPRがそれぞれ100% positive、HER2がnegative(0)なので、これはルミナルAでしょうか?

    2. リンパ管・血管侵襲はnot identified、確認されなかったと出ていますが、リンパ節転移の可能性はどのくらいでしょうか?
    <女性:41歳>

  1941. 抗がん剤中の風邪薬の影響

  1942. 6月に左胸全摘し、AC 4回終了、現在Weekly×12回の2回目を終えたところです。

    2週間ほど前に子供よりインフルエンザを移され、市販の風邪薬を毎日飲んで(微熱と咳が続いていたため)いたのですが、昨日の検診で肝臓値が以上に高いと言われてしまいました。

    ただ毎日といっても量は少なめにしていたつもりです。

    現在治療は休んでいるところですが、先生曰く可能性は二つ。

    1.薬の影響
    2.肝臓に癌が転移
    とのことでした。
    <女性:50歳>

  1943. 術前抗がん剤からの手術について

  1944. 右浸潤性乳頭腺管癌 トリプルネガティブki-67 80%、リンパ節転移疑い
    (エコーで脇~鎖骨まで数ヶ所あり)
    術前抗がん剤のAC4回、パクリタキセル2回で、現在間質性肺炎の治療中です。

    しこりは9月1.5cm、先日エコーでそれよりも小さく、リンパ節の影もほとんど見えなくなっていました。

    主治医には、抗がん剤はもう使えないので中止し、手術を早める。
    残った抗がん剤については、
    術後するかしないか検討する、と言われました。
    <女性:36歳>

  1945. 赤み

  1946. 胸の外側に赤みがあります。
    下着があたると赤い
    部分に痛みが出ます。

    赤みがある部分あたりは、変化のないしこりがあります。

    乳癌なのでしょうか?直ぐ病院行った方がよいでしょうか?
    <女性:33歳>

  1947. 術後の治療法について

  1948. 10月に左乳房全摘、同時再建、センチネルリンパ節生検の手術をしました。
    術後の治療法について宜しくお願い致します。

    主治医からはホルモン療法のみの治療法を勧めて頂きましたが、抗ガン剤もやるべきか迷っています。
    田澤先生でしたらどのような治療法を勧めますか。
    <女性:41歳>

  1949. 抗ガン剤の選択

  1950. 病理結果が出たのですが、先生から「抗ガン剤やるかやらないか、私の意見は五分五分なので、ご自身で決めて下さい」
    と言われました。

    ・浸潤性小葉癌
    ・腫瘍の大きさ:浸潤部=100×45×110㎜
    ・浸潤の範囲:g,f,s

    ・ER:+(100%)
    ・PR:+(100%)
    ・HER2:スコア0
    ・Ki-67 LI:5-10% approx
    ・センチネルリンパ節:Rt.pN0(sn)(0/2)
    ・所見:Rt.SLN1(-)
    ・Rt.SLN2:(-)
    <女性:47歳>

  1951. 中容量ピルと乳がん

  1952. これまで何度か(5回~10回ほど)旅行等と生理がかぶらないようにプラノバールやソフィアAなどの中容量ピルを服用してきました。
    避妊や治療のための日常的な服用はしておりません。

    ネットをみているとピルと乳がんの関係について、影響を与えるというものと関係ないというものとあり不安になっています。

    処方してもらう病院では、飲むのをやめれば、すぐに薬の成分は体から抜けるから心配するようなことはないと言われました。
    <女性:25歳>

  1953. 微小転移の捉え方について

  1954. 質問:
    ・抗がん剤の適用は行うべきでしょうか?
    ・上記状態における10年健存率(再発なしの生存率)と生存率(再発ありも含めたもの)を教えて頂けないでしょうか。

    ・核グレード3は、核グレード1と比べ、どの程度再発率が上がるのでしょうか?
    ・センチネルリンパ節への微小転移(マイクロメタ)があった場合の予後は、転移が全くない場合と比べ、どの程度悪いのでしょうか?
    ・再発防止のためにできるだけのことをしたいため、標準治療(放射線、ホルモン、、)に加え、効果が期待できるなら、免疫細胞療法などの非標準治療も視野に入れて検討したいと思っています。
    <女性:33歳>

  1955. 乳腺症でしょうか?

  1956. 7~8ヵ月ほど前から右胸全体に少し張っていて、乳房側面の痛み(軽く押さえると痛みます)、脇の下辺りが腫れているような感覚、肩、上腕、肩甲骨、腰の辺りの痛みがあります。

    乳がんかな?と思い寝転んで指で撫でたのですがしこりのようなものは分かりませんでした。
    乳頭からの分泌もないです。
    <女性:34歳>

  1957. 針生検

  1958. 先日、左胸に痛みを感じ、乳腺外来を受診しました。
    触診、エコーの結果すぐに医師が、針生検の指示を出し、あっと言う間にパチっという音の出る針生検を行いました。
    その間、乳がんの可能性等の話は一切無く、私自身も乳がんに痛みは無いと思っていたのです。

    しかし、針生検をするということは癌の可能性が高いからということを知り、恐々としています。

    診察後に針生検の結果が出る3週間後に、予約を医師は無理やりいれてました。
    すでに予約でいっぱいなので。

    その時にマンモ、MRIの予約も入っています。
    <女性:38歳>

  1959. 胸のしこり

  1960. 1カ月程前から右胸が痛く心配していたのですが、シコリもなく、痛みも治まりつつあったので、気にしてなかったのですが、最近又痛くなってきて、4日前にシコリがある事に気付きました。
    シコリは、硬くはなくコロコロしてる感じで、押さえたら痛かったです。
    で怖くなり今日、乳腺外科に行きました。
    結果は、シコリはあるが安心していい。
    と言われました。
    <女性:41歳>

  1961. 乳がんの検診結果について

  1962. 色々な参考書やサイトをみて,カテゴリー2の場合はがんの可能性は5~10%であるということが書かれていたことやガンは形がいびつであるという情報から不安がつきません。
    エラスト4ということからもガンの可能性は高いのでは…と不安です。

    今月末に大きな病院で検査をしてもらう予定ではありますが,予約まで2週間もあるため知識がないなかで不安も強くなっています。

    癌の可能性が高いのか。
    そして,再検査となっているためどのような検査を今後受けていくのか。
    左乳だけが癌のリスクがあるのか…など教えていただければ幸いです。
    <女性:55歳>

  1963. 石灰化

  1964. 私は非常に胸が薄く、マンモトームするには最低2cmの厚みが必要だが、今日のマンモグラフィーを見ると1.6cmだったため、麻酔で胸を膨らませたりして頑張ってはみるけど、もしかしたらできないかもと言われました。

    そのときは外科的生検になりますと。

    私としては外科的生検になるのは構いません。

    でもまたさらに予約のために1ヶ月2ヶ月と先延ばしになってしまうかも
    しれないということが不安で不安でたまりません。
    <女性:34歳>

  1965. 胸、脇の下、脇にかけての痛み

  1966. 先日針生研の結果、95%悪性と診断され来週からCT MRI等の検査を受ける予定になっているものです。

    生理前は胸が張る(痛みも)のでそのせいかとも思っていたのですが、問題の左側の方の胸(しこり周辺)、脇の下、脇にかけて痛みがあり癌が広がっている(言葉が適切で
    ないかもしれません)のではと非常に心配しています。

    今後の検査でわかるのだろうとも思うのですが、、癌の影響という可能性はありますか?
    <女性:43歳>

  1967. 非浸潤性乳管癌(コメド型ハイグレードDCIS)の術後治療について

  1968. 先月中旬に左乳癌で温存手術をしました。

    最終病理診断は、左乳癌
    非浸潤性乳管癌(High grade DCIS) 、
    20㎜×10㎜×8㎜、pTisN0M0、Stage0
    核グレード1
    ER陽性40%、PgR陽性20%、HER2陰性
    (IHC1+)
    20㎜の範囲でDCISが広がっていました。

    非浸潤癌のみで浸潤癌は認めませんでした。
    断端陰性でした。

    と主治医から説明がありました。
    <女性:43歳>

  1969. 今後の検査内容、ステージについて

  1970. 65歳母が乳がんと診断されました。

    検査内容は、
    マンモグラフィー(トモシンセシス)、超音波、視触診です。

    自覚症状は、右胸中央部しこり、右胸脇付近の骨の痛みです。

    検査機関からは、しこりの大きさは2cmで、骨の痛みはしこりからくる
    ものと言われ、大学病院を紹介されました。

    (下旬)日に大学病院へ行きますが、
    これからどのような検査をすべきかを教えて下さい。
    また、自覚症状から想像すると、やはり骨の転移が考えられ、末期なのでしょうか?
    <女性:65歳>

  1971. 針生検の結果

  1972. エコーの結果(8ミリの腫瘍。
    不整形、境界明瞭、内部均一、内部エコー低、後方エコー不変)
    針生検の結果(軽度の嚢胞状拡張、腺症を認める。
    上皮のニ相性は保持されており、明らかな悪性所見なし。)

    形状が不整形(トゲトゲした形)で、悪性を否定できないとのことで、針生検を受けましたが結果が良性で安心しておりました。

    ところが、主治医曰く『エコーを見る限り境界不明瞭な部分もあり、形状も悪いため、悪性の疑いを否定しきれない。
    <女性:33歳>

  1973. 抗がん剤が必須なのか

  1974. 病理の結果
    R7センチ L3.5センチ
    nR1/8 L0
    NG R1 L2
    ER RL+
    PgR RL-
    HER2 RL0
    Ki67 R10 L18
    t R3 L4
    STEGEⅢ
    が頂いた結果です。
    抗がん剤は予後のために必ず必要かご回答頂きたく
    よろしくお願いします。
    <女性:55歳>

  1975. ステージ2bにおける治療方法について

  1976. 【アドバイスいただきたいこと】
     医師からは「どうしますか?、家族/ご自分で判断してください」
     との状況になっております。
     
     (1)リンパ除去の再手術をしたほうが良いか
     (2)抗がん剤 or ホルモン療法の選択
     を踏まえて、どのような対応がよいのでしょうか?
    <女性:73歳>

  1977. 86才、治療法の選択

  1978. 当初「悪いところは取りたいから手術」と話していた母でしたが 今になって手術するかどうか迷い始めました。

    現在 母はアルツハイマー、高齢者水頭症、側わん症などが重なって歩行に支障がでています。

    また 日常会話は出来ますが声を出しにくく 歌を歌うのはほとんど聞き取れない声になりますので、
    胸の手術をした場合、なにかしらのリスクが高いのかと心配したりしております。

    田澤先生のご回答を読ませていただくと高齢者であってもまずは外科手術をお勧めになっているようですが また別にki67が30%未満ならホルモン療法単独というコラムもお見かけました。
    <女性:86歳>

  1979. 抗がん剤をやるかやらないか…

  1980. 左乳房の全摘手術をしました。

    術前の診察で、乳房内に2か所の小葉癌があるとのことで、温存ではなく全摘にしました。

    術後の病理結果で、
    ステージ1の浸潤性小葉癌(多発性)と言われています。

    ホルモン受容体が陽性の為、これから10年間のホルモン治療をすることは決まっているのですが、先日それに加えて、抗がん剤を3か月やるか、ご自身で選択をしてほしいと言われ悩んでいます。
    <女性:43歳>

  1981. 9月に全摘後 昨日脇にシコリ見つけました。

  1982. 9月に右胸全摘をしました。

    病理検査に結果、ルミナールBタイプで抗ガン剤をしなくてもいい、ホルモン治療でも大丈夫と主治医から言われて、迷いオンコタイプの検査を受けました。
    グレードは3です。
    kiも40-50、リンパへの転移なし

    結果が出て主治医から話を聞くまで1カ月の無治療でした。

    オンコタイプも中間リスク20だった為、ホルモン治療を選択しました。

    11月(上旬)日からタモキシフェンを飲んでいます。

    そして昨日朝着替える時に右脇の下に触れた時にシコリを見つけました。
    <女性:49歳>

  1983. 小さなしこりについて

  1984. 数日前に右胸の上部外側に5mm以下(人差し指の3分の1ぐらい)の大きさのしこりをみつけました。
    形は丸くて、グリグリしてます。

    ビックリして、検診に行っている乳腺外科を受診したのですが、非常に混んでて、触診のみで、先生は、
    「基本的に3mm以下のしこりは経過観察なんだけど、一応エコーする?」ということで来月に予約しました。
    <女性:39歳>

  1985. 線維腺腫について

  1986. 先生に質問だったのですが、
    1.病院の先生の話ですと(乳腺専門の先生です)、きれいな楕円形(エコーでみましたがきれいな楕円形でした)で5mm以下なので線維腺腫で間違いないと思うとのことでした。
    大きくなるようであればまた来てくださいとのことでしたが、細胞診などしなくても大丈夫なのでしょうか??

    2.線維腺腫は若い方にできると聞いていたのですが、年齢が39歳なのですが、この年齢でも線維腺腫はできるのでしょうか?
    40歳以降だとちゃんと調べなくてはいけないという話を聞いていたので、1歳しか違わないので不安です。。。
    <女性:39歳>

  1987. 術後の治療開始時期について

  1988. 術前はエコー、MRIでは10ミリ以下の腫瘍だったのですが、術後の病理結果を見て広がり
    が大きかったからと、主治医から放射線・ホルモン療法に加え、抗がん剤(TC療法 4クール)の追加を提案されました。

    そこで、やるならばある程度はっきりした上乗せの数字が知りたいと考え(また主治医が抗がん剤を勧めてくることもあり)、オンコタイプを申し込みました。

    ところが、大学病院から検体が発送されたのは私がオーダーしてから2週間後で、
    その後4週間以上経ちますがまだ結果が返ってきていません。

    結果が出るまで3週間程度のことで申し込みましたが、もう6週間以上経ちました。
    <女性:45歳>

  1989. 乳管内乳頭腫の外的生検について

  1990. 担当医から乳館内乳頭腫(良性)だろうと言われました。

    但し、超音波画像も怪しいので、
    外的生検(腫瘍病変全体を採取)をすすめられています。

    経過観察でもいいが、万が一悪性の可能性もあるので、
    保証できないと言われました。

    外的生検をして非浸潤ガンだったとしても、早期発見だから、
    少し放射線治療するだけでいいしと説明され、
    良性なのにガンの説明までされて驚きました。
    <女性:37歳>

  1991. BCAについて

  1992. 抗がん剤投与後3回血液検査をしたが、3回ともBCA225数値が参考値より高めだったと言ったそうです。

    調べた限りだとBCA225数値は乳癌特有の数値のようですが、全摘出でも右乳房に癌が残っている可能性はあるのでしょうか?
    それとも左乳房、または他臓器への転移の可能性が高いのでしょうか?
    先生がボソッと「利尿剤の影響かもしれないなぁ・・」と言ったそうですが、そういうこともあるのですか?
    とても心配で、居ても立っても居られないんです。
    <女性:72歳>

  1993. 術後化学療法と妊孕性について

  1994. 妊孕性についてですが、主治医はトリプルネガティブなので
    5年経過後なら妊娠してもいいとの事だったのですが、
    年齢の事もあり、私はもっと早めに希望しています。
    <女性:38歳>

  1995. 38.6度の発熱→タモキシフェンを疑うべきでしょうか?

  1996. 1.多くの方が飲んでいる、タモキシフェン飲んで、当日に突然、雪山にいるぐらい震えるぐらい寒くなってきて(ここは真夏です)発熱しました。
    今回の38度6の発熱は、
    タモキシフェンを疑うべきでしょうか?

    2.このような症状がありましたので、その日以降、タモキシフェンは止めていますが、
    主治医からは、来週にもう一度タモキシフェンを、試してみてと言われています。
    <女性:44歳>

  1997. このまま、担当医に従えばいいのでしょうか?

  1998. 気持ちは、抗がん剤を除き、きちんと治療をしたい(させたい)のですが、

    執刀医が担当医と中堅の 方で、治療方針も一方的に感じてしまい、
    妻が動揺し、軽いパニックを起こしていて、私自身も戸惑っています。

    とにかく安全に、後遺症のない負担の少ない手術を受けさせたい。

    また、術後はできるだけ、穏やかに過ごさせたいのです。
    <女性:52歳>

  1999. 化学療法の適用について

  2000. 乳がんのサブタイプ、ルミナールB
    ザンクトガレンのガイドラインによると、中間リスクAに分類されると考えております。

    この場合、今後の治療方針として、ホルモン療法単独と、化学療法の併用が考えられるものと理解しております。

    ここで、ホルモン療法はやるとして、化学療法を選択するか、迷っております。
    <女性:49歳>