乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科

1.乳腺腫瘍の分類
乳腺腫瘍の分類としては「上皮性腫瘍」「結合織性及び上皮性混合腫瘍」「非上皮性腫瘍」の3つに大きく分けられます。
1.「上皮性腫瘍」
良性上皮性腫瘍
1-1.乳管内乳頭腫
1-2.腺筋上皮腫
1-3.Adenoma(腺腫)
①ductal adenoma(乳管腺腫)
 癌と間違われ易い代表格
 乳管内に発生し、乳管を埋め尽くして圧排性に増殖する。
 硬化性変化により浸潤様に見える「偽浸潤像」を呈する事やアポクリン化生により「細胞が大型化し、癌細胞と間違われ易い」
②adenoma of the nipple
乳頭内または乳輪直下乳管内に生ずる乳頭状ないし、充実性の腺腫
Paget’s diseaseと間違われ易い 
 乳頭部の皮膚を破壊するため、Paget’s diseaseとの鑑別を要した当院の症例(下記)

③tubular adenoma(管状腺腫)
 腺腫とは一般に様々な組織(腺管や線維、脂肪など)が出鱈目な量で混じり合った組織であるが、管状腺腫は「過度な上皮過形成や間質増殖を伴わないため」pure adenomaとも呼ばれる。
 臨床像
 ・境界明瞭、孤立性の腫瘤
 ・稀な疾患であり、若年(閉経前)に多い
 ・高齢者に起こる場合には特徴的な石灰化(濃度の高い石灰化が高密度に集簇)
 病理組織的特徴
 ・管状構造(乳管)と腺房構造(ミルクを分泌)が密集した腺腫
 ・周囲の線維性間質はとても少ない
 画像所見(超音波)

 ・均一で境界明瞭、楕円形、後方エコーの増強を伴う腫瘤
 ・特徴的な所見に乏しく、線維腺腫や(縦横比が大きい際には)癌との鑑別を要する。
 ★ただし、completely benignであり、do not evolve into malignant carcinoma!!
④lactating adenoma授乳性腺腫
 妊娠授乳時に発生し、拡張した腺房は分泌性変化を示す
悪性上皮性腫瘍=癌
 
2.「結合織性及び上皮性混合腫瘍」
主たるものがfibroepithelial tumorである線維腺腫や葉状腫瘍です。

3.「非上皮性腫瘍」
 肉腫ですが、乳腺では非常に非常に(わざと2個用いています)稀です。