乳がんとは|乳癌の症状、しこりや石灰化について解説|石灰化にマンモトーム|乳癌の治療|東京の江戸川病院 乳腺外科・乳腺外来

一般検診で行う画像検査(マンモグラフィー、超音波)のその先に行う検査の事である。

乳管造影

乳頭分泌(主として単孔性)の診断には有用であるが、乳管造影をできる乳癌専門医は少ないのが現状である。

※ 乳管造影をしない医師はMRIで代用するケースが散見される。

1

細胞診

(通常の採血などに用いる)細い針で腫瘍の中をつついて細胞の集塊を採取する方法

2
 
 
※次に挙げる「針生検」の普及に伴い、癌の確定診断には用いられることは無くなり(現在では、細胞診のみでの確定診断は認められていない)限定的な使用となってきている。
  例)嚢胞の穿刺など、

※細胞診との根本的な違いは、その採取できる量である。
3

組織診

太い針(11G~16G)を用いて(多数の細胞により構成されている)組織を採取する。
 

①(バネ式)針生検 ※針の太さ16G(1.6mm), 14G(2.1mm)
4
 
 

②マンモトーム生検(超音波ガイド) 13G(2.1mm)
5
 

8 ① と②は採取できる組織量が違う ②>>>①
②は針が太い上に、更に吸引圧をかける為
吸引式針生検ともいう。

 
 

③マンモトーム生検(マンモグラフィーガイド) 11G(3.05mm)
6

※前述の①②は超音波ガイドであるが、③だけはマンモグラフィーガイドである。
③だけが、石灰化の精査専用である。
7