乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科

視触診

明らかな「しこり」を見落とさないために必要な検査

マンモグラフィー (Mammography ・ MMG )

乳房を挟んで行うレントゲン検査
乳腺は年齢と共に委縮し、脂肪に置き換わるが、脂肪に置き換わった乳腺の検査に特に有効(40歳代以上で推奨)

20KeVでの線吸収係数
・脂肪 : 0.45
・乳腺 : 0.80
・腫瘤 : 0.85 ( 参考値 )
・石灰化 : 12.50
◎腫瘍と脂肪は吸収係数に差があるため、コントラストがつきやすい

4-1.fw

超音波検査 ( US )

手軽に行える検査であるが術者の技量による差が大きい。
脂肪に置き換わる前の豊富な乳腺には特に有効(30歳代で有効)
5-1.fw

超音波検査では腫瘍は黒く(低エコー)描出され、乳腺(白い)の中の方が、脂肪(黒い)の中より目立つ
=乳腺の多い(若年)人の検査には特に有効である。

5-2.fw音響インピーダンスの差が大きくなると、反射が強くなり高輝度となる。

『マンモグラフィーとエコー何が違うの?どちらがいいの?』

『皆が気になる質問 ~マンモグラフィーとエコー何が違うの?どちらがいいの?~』 はこちらをクリックしてください。