乳がんとは|乳癌の症状、しこりや石灰化について解説|石灰化にマンモトーム|乳癌の治療|東京の江戸川病院 乳腺外科・乳腺外来

乳がんは増加しています。

1980~2010の30年間で乳癌は5倍以上に増加しています。
 ・食生活や生活習慣の変化(欧米化)により7万人近くが毎年乳癌に罹患(新しく乳癌に罹ります)
 ・癌全体では、30年間で3倍の増加です。

genjyou1

 
 

乳癌は若い年代に多い癌です。

他の癌が年齢と共に増加していく(高齢者病)と言われるのに対し、乳癌は40後半にピークがあり、この年齢層では実に半数近くを乳癌が占めています。

女性ホルモン(エストロゲン)が強く関わっていることが理由と思われます。

注1)後期高齢者(75歳以上)でも年間11000人以上で乳癌が見つかっていることに注意してください。 ※検診は、一生続けてください。
注2)他の癌と比較して若い方に多いとはいっても、20代まではかなり珍しい(0.4%以下)検診は30代になってからでいいでしょう。(症状がある場合には受診してください)
nyuugan1.fw
 
 

女性では乳がん罹患率はトップです。

 ・胃癌が低下して、乳がんが増加し罹患率では女性のトップとなっています。
 ・一方で死亡率は5位であり、罹っても亡くならない(予後が良い)癌です。

genjyou2

 
 

乳がんの罹患・予後

→さらに詳しく「乳がんの罹患・予後」