乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


こんにちは。田澤です。

記念すべき100回!です。

初回は2015年11月9日ですから、1年11カ月間となります。

まるで週刊誌に連載を抱える作家のように「ネタ」に困ったこともありましたが、最近では常に「これって、今週のコラムに使えそうだ!」と感じたら、「ネタ帳(名称は違いますが…)」に記録するようになりました。

Oncotype DXで100回目を迎えられたことは、大変幸いでした。

これからもよろしくお願いします。

 

Oncotype DX最終章

(このQandAでも、よく出てきますが)よく担当医から『Oncotype DXしても中間リスクとなると迷うだけだから(やっても意味ないよ)』と言われるようですね。

それに対してGenomic Healthも黙っているわけではありません(多分…)

今回は、それに対する回答について。

 

● 「intermediate risk(18-30)」に化学療法によるbenefitはあるのか?

Oncotype DX Breast Cancer Assay

 

 

 

 

 

 

 

 

上のグラフを見ると、「intermediate risk(18-30)」(中央のグラフ)では「Tam Alone」と「Tam + Chemo」が重なっていることが解ります。 ♯ 一方で、high risk(31≦)では開きがある(上乗せがある)ことが確認できます。

「low risk(<18)」では有意差はないものの、「Tam Alone」の方が生存率が高いのは興味深いことです。

Oncotype DX Breast Cancer Assay

 

 

これを見たら「ぐうの音」もでないでしょう。

high risk(31≦)では30%近い「上乗せ」があるのに対し…

low risk(<18)やintermediate risk(18-30)は「上乗せ無」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CT(Chemotherapy)が全く無意味

なのに、実に1/3(34%)で「無駄な」化学療法が為されている

 

◎intermediate risk(中間リスク)に「(化学療法による)上乗せがないことが解りましたが、一歩進んで、このintermediate riskに線引きができないか?

そういう発想から「25」という数字が仮想されました。(≦25と26<に分けるということ)

 

アメリカの主要な癌登録であるSEER(Surveillance, Epidemiology, and End Results)のdate baseを用いた(ER陽性、HER2陰性、N0) 49681症例のデータを示します。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「18-25」と「26-30」とでは大きな差があり、「18-25」が殆ど「<11や11-17(この2つは重なってます)」に近接していることに注目してください。

●更に、「26-30」と「31≦」の上乗せデータを見ると

 

 

 

 

 

 

「31≦」ほどではないが、「26-30」でも「上乗せ」が存在している可能性が示唆されました。

 

最新情報

ESMO:EUROPEAN SOCIETY FOR MEDICAL ONCOLOGY 2017 (MADRID SPAIN 8-12 SEPTEMBER 2017)にて40歳以下でのデータ発表されました。(Genomic Health KKより情報提供を受けましたので紹介します)

対象は上述したSEERの2004-2012のデータです。

ここではintermediate riskに相当するcut off値をTAILORxに準じて25にしているとコメントされています。

♯ TAILORxとはThe Trial Assigning Individualized Options for Treatementの略です。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「40歳未満」(左グラフ)と「40歳以上」(右)が殆ど変わらない事が解ります。

更に、本文では「30歳未満」や「30-34歳」でも同様の結果だったとあります。

 

★ 「若いから」抗ガン剤をしましょう。は過ちなのです。