乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


今年の夏は、雨多いですね?

「海の家」とか「ビアガーデン」などにとって、大打撃となっていることでしょう。

あまり暑くないとビールがすすまない?

「いえいえ、そんなことはありません。」この湿度のお陰でランニング終わりの汗は半端じゃない。

「YEBISU MEISTER」最高です。

今日、仙台育英が勝てばさぞかし美味いことでしょう。(相手の広陵は強いですが…)

 

FMから流れたショートストーリー

婦人

「まぁ、とても素敵な美術館ね。とっても有名な絵がいっぱいだわ。」

館長

「恐縮でございます。奥さま。」

婦人(絵を指さし)

「あれは、モネね。」

館長

「いえ、セザンヌでございます。」

婦人(更に)

「あれは、フェメールね。」

館長

「いえ、レンブラントでございます。」

婦人(今度は、自信たっぷりに)

「あれは、ピカソだわ。そうよね?」

館長

「いえ、奥さま。ただの鏡でございます。」

 

 

乳頭分泌

「たかが乳頭分泌。されど乳頭分泌」

このコラムでも何度となく取り上げましたが不十分でした。

 

つい先日の市川外来でも、いざ乳管腺葉区域切除の話になっても「入院期間」さえも解らない。

乳頭分泌の場合は特に「殆ど皆さんが、この乳癌プラザを見てイメージして受診」されているのに、これではいけない。

「もっと解り易く。」

そう実感したので、ここから特集します。

 

○基本

1.片側単孔性(多孔性)

2.性状:黄、血性(茶、黒、赤)

   ♯白や青、緑などは分泌液が変性したもので癌とは無関係

3.継続:3カ月以上「絞ると必ず出る」状態が継続すること

 

☆ここで注意点があります。

「陥没乳頭に伴う、炎症性の出血⇒単孔性血性の勘違い」

これが結構多いのです。

 

陥没乳頭に起因する「血性分泌」のしくみ(当然、癌とは無関係です)

これが乳頭の全体像です。

解りやすいように、以下は点線部分(乳頭)のみを拡大して説明します。

 

 

 

 

正常な乳頭部です。

表皮(皮膚)の細胞は(ご存知のように)毎日剥がれ落ち(垢です)、洗浄されます。

 

 

 

 

陥没乳頭

皮膚が陥没した状態です。

本来「外へ出ているべき皮膚」が内部に引き込まれている様子がわかります。

 

 

 

陥没乳頭内部での垢の「貯留」⇒「感染」⇒「炎症」

皮膚から剥がれ落ちた角質(垢)が外へ洗い流されずに「乳管出口」に詰まり「乳管閉塞」を起こします。

角質部分(垢)は感染を起こしやすく、時に強い炎症を起こします。

♯ 「臍ゴマ」を思い浮かべるといいでしょう。

 

 

炎症」⇒「繰り返す」非腫瘍性の「血性分泌」

角質の貯留が慢性化すると、慢性的に繰り返す「出血」=「血性乳頭分泌」の原因となるのです。

 

 

 

 

◎次回は「本物」の血性分泌を紹介します。