乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


 

夏ですね。

夏と言えば思い出すのは高校時代の部活動(バレーボール部でした)

体育館で寝泊まりしながら10日間?位練習するのですが…

何せ、高校生。体力はありますが「飯が不味いな。(今思えば女子マネ達が頑張って作ってくれていたわけですが)」

ちょうど、其のころ(新潟では)初めて進出したコンビニ(ローソンだったかな?)が高校から結構近くにできたので、夜に抜けだして買い食いしたものです。

「コンビニってすげーな。」(何でもあって、便利だし、何より「夜に開いてる」なんて!)

 

あの当時、(地方都市は)夜になると真っ暗になったものです。それが今のように「不夜城」のようになるなんて、誰も想像していなかった。

(それは)田舎の高校生が文明に初めて触れた瞬間でした。

「合宿って、ご飯が美味しく無くて大変みたい。だけど頑張ってね。」そんな手紙を思い出します。

 

 

FMから流れたショートストーリー

 

司会者

「ご紹介しましょう。こちらが、世界一の記憶力の持ち主。ミスターメモリーです。」

ミスターメモリー

「そう、私が世界一の記憶力の持ち主である。ミスターメモリーじゃ。」

司会者

「それでは、ミスターメモリー。 ちなみに昨日の夕食のメニューは?」

ミスターメモリー

「えーと、なんだったかな。えーと。うー。」

司会者

「えっ? ミスターメモリー。あなたは世界一の記憶力の持ち主なんですよね?」

ミスターメモリー

「(何を失礼な!)その通り、私の記憶力は世界一じゃ。ただ、思いだすのは苦手なんじゃ。」

 

 

 

○腋窩再発(最終章)

前回のコラムで『(もともと腋窩転移があるのに)術前化学療法後にセンチネルリンパ節生検してはいけない』とお話しましたが、

残念ながら、そのような診療が横行しているのが現状です。

 

実際の症例

腋窩リンパ節転移陽性の乳癌と診断され、

術前化学療法後手術

この際にセンチネルリンパ節生検が行われ「腋窩郭清省略」されています。

 

○術後2年半で「腋窩リンパ節転移(再発)」出現

前医で腋窩郭清(レベル1及びレベル2に複数の転移あり)

 

○その(更に)1年後「腋窩リンパ節(再再発)」出現

ここで当院での手術を希望して受診

 

●紹介状では「表面の腋窩リンパ節が皮膚側に再発」ということでしたが…

超音波で見てみると…

「奥(レベル2と3)にもある!」

何故、前医では「奥のリンパ節に気付かなかったのか?」とても不思議ですが…(自分でエコーしていないのかな?)

図1)

表面近くのリンパ節(レベル1)が表面に増大し、皮膚(直接)浸潤している様子

 

 

 

図2)

奥(レベル2及び3)のリンパ節

 

 

 

 

図3)

図2の解説

血管の近傍であることを確認

 

 

 

図4)

(位置関係の解説)

初回の再発時に手術した部位(②)の

表面(皮膚)側(①)と(その奥の)(③)に再発していたのです。

♯前医では①に気付きましたが③を認識していなかったのです。

 

★ 今回、手術時には「小胸筋も切除」し(視野を確保した上で)③も切除しました。(①は皮膚ごと切除)