乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


東京⇒福岡⇒仙台⇒東京

タイトな3日間でしたが、とても楽しいものでした。

 

久しぶりの福岡!

前回来たのは、やはり学会での滞在でした。

「結構前だったとは思うけど、いつ頃だったかな?」(記憶の硬化してしまった自分の脳には期待せず)ネットで調べました。

なんと、2004年でした!(ただ、福岡では無く北九州市でした)

 

2004年ということは…

大学病院から東○公○病院へ移って最初の乳癌学会(ということになります)

木○先生、平○先生と3人で、学会の合間にレンタカーを借りて観光をした覚えが(微かに)あります。

すでに東北地方の乳癌診療をリードしていたお二人を眩しい目で見ていた(筈です)

まだまだ学会自体がコンパクトだった古き良き時代。

 

福岡は暑かったけど、東京より爽やかに感じたのは、(前後して)彼の地は「梅雨明け」したからだろうか?

博多ラーメンにビール。

短かったけど、素敵な(美味しい)滞在でした。

 

 

土曜日は一路、仙台へ

ディーラーでデモカー(ディーゼルエンジンでしたが、低速トルクでなかなかの走り)を借りて、町中へ。

私自身の、この激動の3年に比して(時が止まったかのように)何も変わらない街並み。

 

そして「変わらなく迎えてくれる、拓 最高のワインと料理」

♯昨年と似た写真になりましたが、新品です。

 

 

 

 

「自分の故郷は、やっぱり仙台だな。」

そんな思いを、新たにしました。

「故郷は遠くにありて、思うもの」そういう存在でいいのです。

DSC_0201

 

仙台でのランニングコース

久しぶりに、このコースを走りました。

暑かったけど、気持ちいい。

ここは「かなりの傾斜」のコースですが、本物の大自然です。

一時は「熊に注意!」などの看板が出ていたくらいです。

 

 

 

 

 

○上半期(2017/1/1 ~ 2017/6/30)のまとめ  第2弾

乳癌手術症例は186件

内訳

乳房温存術 106件(温存率:61%)

乳房切除(全摘)69件

乳房切除一次再建 7件

(術後再発に対する)腋窩郭清術 4件

 

 

過去2年間の乳癌手術の変遷

2015は年間で161件

2016は年間で295件

 

☆2017は半年間で186件まで増えました。

3年前の赴任時に掲げた「年間400」 (現実味を帯びてきましたね。)

 

★更にもう一つ

 特徴的なことに(この上半期だけでも)4件もあった(術後再発に対する)「腋窩郭清術」があります。 全て他院での術後再発(取り残し?)でしたが、そのような症例が集まるのは、私がこのQandAを運営しているお陰?と言えます。

 

以下の2パターンがありました。

1. センチネルリンパ節の取り残しと考えられるもの

術中のセンチネルリンパ節生検が陰性で郭清省略した後で(その際に見逃されていた)転移性のリンパ節が増大

2.術前化学療法で小さくなったために、手術時に取り残されたと考えられるもの

もともと転移性リンパ節が存在していたのに、(術前化学療法後に小さくなったため、見逃され)「不十分な郭清」をされて残存していた転移性リンパ節が再増大

 

○次回は1の例について紹介します。