乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科

「霧島リラックスタイム 焼酎ダイニングYASU」

ご存知ですか?

土曜日、仕事をしながら良く聴く「お気に入りのFM番組」です。

 

先日、何気なく聞いていると、

ラジオから「本日のゲストはナカヤマ ミホさんで…」

『えっ? ナカヤマミホ? 中井美穂の聴き間違い?』一瞬思いました。

芸能界に極めて疎い私は、中山美穂は「芸能界を引退」していたとばかり、思っていたのです。

 

まるで私にとっては「今日のゲストは 山口百恵さん」と言われたのと同じ位びっくりしました。

「毎度お騒がせします」「ビーバップハイスクール」

木村 一八

遠い昔を思い出しました。

 

 

 

 

 

それでは本題に入ります。

「血液を回っている癌細胞をたたく」

 

時々、術前化学療法を(無理やり)勧める際に医師から発する言葉です。

果たして、それは本当なのでしょうか?

 

一つの例を挙げて考えてみましょう

Aさん 45歳、luminal type, 核グレード2、腫瘍径1.8cm、リンパ節転移なし

 

この方の再発率ですが

無治療:23%

タモキシフェン内服により:15%

タモキシフェン+化学療法:10%

となります。

 

これで何が解るかと言うと

①治療しなくても再発しない群は77%

②ホルモン療法と化学療法を行うことで再発を逃れる群は13%

③治療をしても再発する群は10%

ということです。

 

このケースでは「無治療でも77%は再発しない=77%では見えない癌細胞は回っていない」ということです。

 

まるで、「乳癌になった=見えない癌細胞が体を回っている」というイメージは捨てましょう。

 

早期乳癌では8割近くで「癌細胞は体を回ってはいない」のです。