乳がんとは|乳癌の症状、しこりや石灰化について解説|石灰化にマンモトーム|乳癌の治療|東京の江戸川病院 乳腺外科・乳腺外来

・乳癌の増殖に女性ホルモンが関与している タイプに適応(全体の約70%)
閉経前と閉経後では、治療法が異なります。

閉経前

  • LH-RH類似物質 ゴセレリン, リュープロレリン 下垂体での受容体の低下(ダウンレギュレーション)を起こすことで作用・・図①
  • 抗エストロゲン剤 タモキシフェン エストロゲンと競合することで阻害(SERM)・・図②

 

閉経後

  • アロマターゼ阻害薬 アナストロゾール, エキセメスタン,レトロゾール 閉経後の脂肪組織などでのアンドロゲンからの エストロゲン合成を阻害・・図③
  • 抗エストロゲン剤 タモキシフェン, トレミフェン, フルベストラン, エストロゲンと競合・・図④
内分泌療法1.fw

 

◎ SERM(タモキシフェン, トレミフェン)とSERD(フルベストラント)があります。
内分泌療法2.fw