乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科

今週のコラム 28回目 癌の診療さえできない医師よりは、「まだマシ」かもしれませんが、癌の診療しかできない医師ばかりでは困ったものです。

その「本気は本物か」 ノルディック複合で頂点を極めた英雄 荻原健司の言葉です。 「本気で頑張ります」そんな言葉をよく聞きます。 しかし、実際は(本気で)頑張っている「つもり」なだけかもしれません。       …

今週のコラム27回目 減量投与しなくても「白血球が下がらない」のです!!

ゴールデンウイーク 皆さん。どのような休日でしたか。 休めなかった方もいらっしゃるかもしれません。   カレンダー通りの営業である、我が江戸川病院の先週の営業日は月と金だけでした。 (月)と(金)と言えば、ちょうど手術日です。 先 …

今週のコラム 26回目 どこまで「早期発見を追い求めるか?」②石灰化

今朝(5月1日)は先週とは「真逆に」東京は快晴です。   この時期、「強い春の日差し」を見ていると必ず胸に「ある憧憬」が沸き起こります。 「輝くばかりの強い日差しの中での雪山の光景」です。 「雪山」といっても登山ではありません。 …

今週のコラム 25回目 どこまで「早期発見を追い求めるか?」①単孔性分泌

今朝(4月24日)はせっかくの日曜日なのに、ここ東京では雨です。 朝のランニング ぐしょぐしょ! (雑巾のように)絞ると水が出てきます。 ここ数年、幸いにも体調を壊さずにいますが、今回は少しだけ?心配です。   そろそろ自分の体力 …

今週のコラム 24回目 自分自身をアップデートしなくてはなりません 

「熊本の地震」 怖いですね。 5年前を思い出してしまいました。 「食糧」「ライフライン」大変な思いをしました。 「今週のコラムを書いている」今のこの「平凡な日常」こそが幸せなのだと感じます。 地震の一刻も早い終焉と、復旧を切に願います。 & …

今週のコラム 23回目 自分が受けている検診が「マンモなのか、超音波なのか」把握して欲しいということです

今、日曜日の早朝です。   Sunday morning 響きがいいですよね。 ちょっぴり日差しがあって、爽やかな風でも吹いていれば、なお最高です。 そんな素敵な休日に登場するのは、再度登場「☆ヤマ珈琲店」 時の流れからして、日常 …

今週のコラム 22回目 万が一、癌だったでは済まされないのです

2016年4月、いよいよ新年度です。   新生活と言えば、仙台で一人暮らしを始めた1988 思いだします。 「Sony liberty」 大学生活を始める際に、購入したミニコンポです。 当時はCDが出始めでまだ、レコードプレーヤー …

今週のコラム 21回目 肉芽腫性乳腺炎 「画像上は癌が疑わしい」し、「炎症と言っても、膿もでない」

みなさん。こんにちは。 年度末です。 同じ「末」がついても「年末」とは異なり「年度末」は「変化の時」ですね。 ご転勤やお子さんの入学など。 自分のことだったり、ご家族のことだったりで新生活が始まる方達もいらっしゃるかもしれません。 &nbs …

今週のコラム20回目 lumianl Bでは抗ガン剤の適応があるとはいえ、十分な早期では「必要がない」ことは統計データが物語っているのです

こんにちは。田澤です。 3月も終盤、「卒業のシーズン」ですね。 皆さんにとっての「卒業の歌」は何でしょうか?   柏原芳恵の「春なのに」 斉藤由貴の「卒業」 SPEEDの「my graduation」なんて人もいるかもしれません。 …

今週のコラム 19回目 つまり「術前化学療法を行う理由」として「効果の有る薬剤を調べる」というのは、『ナンセンス』なのです

春ですね。 3月。 新生活へ向けての「引っ越し」のシーズンです。   「引越しのバイト」 私は大学時代、普段は家庭教師をしていましたが、この時期は東京の実家に帰って「引越しのバイト」をしてました。   アート引越センター …