乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


今週のコラム 93回目 創部の下が痛い場合には「骨(肋骨)転移?」と、心配されるようです

涼しくなりました。 天気のためかもしれませんが、8月も中旬になると「確実に」峠を越しているのです。 我が懐かしの「新潟の海」は「8月10日を過ぎるとクラゲが出てきて刺される」ので海水浴の終焉を告げることとなります。   懐かしいと …

今週のコラム 92回目 この際にセンチネルリンパ節生検が行われ「腋窩郭清省略」されています。

  夏ですね。 夏と言えば思い出すのは高校時代の部活動(バレーボール部でした) 体育館で寝泊まりしながら10日間?位練習するのですが… 何せ、高校生。体力はありますが「飯が不味いな。(今思えば女子マネ達が頑張って作ってくれていたわ …

今週のコラム 91回目 「転移したリンパ節が残存」してしまうのです。

暑い夏が続きます。 私の周りでは夏風邪(夏バテ?)もチラホラですが、皆さんはお元気にお過ごしでしょうか? 私自身は(お陰さまで)とても元気で体調良好です。 巷では「30歳を超えたら…」とか、「40歳を超えたら…(急に体力が低下する)」などと …

今週のコラム 90回目  「本当に手術ができないのか?」と、当院を受診されたわけです。

先週末の福岡―仙台から日常に戻って1週間。 感じていたのはQandAの急増! もともと数制限はしていたものの、同時にエントリーされるケースが増えているのだと思いますが、感覚的には「いつもの倍!」   とっても有りがたい事なのですが …

今週のコラム 89回目  特徴的なことに(この上半期だけでも)4件もあった(術後再発に対する)「腋窩郭清術」があります。

東京⇒福岡⇒仙台⇒東京 タイトな3日間でしたが、とても楽しいものでした。   久しぶりの福岡! 前回来たのは、やはり学会での滞在でした。 「結構前だったとは思うけど、いつ頃だったかな?」(記憶の硬化してしまった自分の脳には期待せず …

今週のコラム 88回目 「分泌は継続期間こそ重要」それが鍵なのです。

梅雨です。 九州では大災害で大変なことこなっていますが(お見舞い申し上げます)、ここ東京は暑い日々です。 体力の奪われがちなこの時期こそ、踏ん張り時です。   緑のターサージール4 苦しい時期にこそ、最高のパートナーが必要なのです …

今週のコラム 87回目 ここでしっかりと(乳癌と副乳癌の)『皮下脂肪の厚さの違い』をご確認ください

QandAが5000を超えました! 始めた当初は、まさかと思われた数字ですが達成できたのは皆さまのおかげです。 ありがとうございます。 次の目標は5555? いえいえ、違います。 狙うは10000! まだまだ続けていきます。   …

今週のコラム86回目 このようにすれば、全摘で深部側断端が陽性となることはないのです

小林麻央さんが亡くなりました。 その若さゆえ、尚のこと残されたご家族の悲しみを考えると胸が締め付けられます。 残された我々が、それぞれの立場で考え、教訓とすることこそが故人の願いではないか。そう思います。 ご冥福をお祈りします。 &nbsp …

今週のコラム 85回目 ○この層構造の理解が、「皮膚側断端」「深部側断端」の理解に役立つのです。

前回、研修医生活について少しだけ触れました。 あの頃を思い出すと、いくつかの思いがありますが、その内のKey Wordの1つは「アルコール」です。   あの当時(20年以上前)は社会全体がアルコールに対して寛容な時代でした。 勿論 …

今週のコラム 84回目 「初回手術の取り残しを摘出するだけでよい」と言う事なのです。

梅雨に入りました。 屋内はムシムシしていても、外に飛び出して走るとまだまだ風はすずしくて気持ちいい。 いろいろな「町なか」を走ってきた私にとって、ここ江戸川の河原は比類なく快適です。   信号や歩行者のいる町中とは違ってスピードを …