乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


生涯12人に1人が罹る女性にとってたいへん身近な問題です。
乳癌はこの30年間で実に5倍以上と最も増加著しく、年間7万人近くが罹患(新しく癌に罹る)します。

若い年代に多い。
若い年代に多いのが特徴で、40代後半にピークがあり、この年代の癌の半数を占めます。

高齢者に増えています。
人口の高齢化に伴い、乳癌の中で70歳以上の占める割合は2010年のデータでは実に1/4(23.4%)に達しています。

大変予後がいい。
5年生存率は90%以上です。(2004年乳癌学会登録症例のデータ)

 
 

乳癌診療とは

局所療法(手術及び放射線)全身療法(薬物療法)の組み合わせで成り立っています。

 
 

乳腺センター設立

乳房再建の高まるニーズを受け「乳房再建部門」の新設、これを統合する形で乳腺センターを設立しました。

局所療法の担い手である乳腺外科医形成外科医放射線治療医と全身療法の担い手である腫瘍内科医の協力のもと◎乳腺センターでは診断~治療(手術)~術後の治療(再発予防)まで一貫して行います。