乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


今週のコラム103回目 超音波像は(線維腺腫というより)葉状腫瘍の特徴(葉状構造や裂隙など)を持っています

めちゃくちゃな天気ですね。 大雨、朝のランニングは全身ぐっしょり。 日曜日なのに気が滅入りそうです。 だけど、こんな時こそ(前かがみになり縮こまらずに)胸張って上体を起こして走るのです。   FMから流れたshort story …

今週のコラム 102回目 妊娠授乳期の「(突然できたかのような)大きい、しかし扁平な腫瘤」を見たら… それは、「授乳期腺腫」かもしれません。

突然の「気温差」 皆さん。体調壊していませんか? 先週、「半袖」で熱海へ行ったのに、その週末には長袖で走ることになるとは。 幸い、私はここ数年(風邪など)体調を崩してはいません。   先週の「せか○え」 とてもいいところです。 こ …

今週のコラム101回目 (Ki67が20代はluminal Aの可能性が圧倒的に高く)本当に「Aなのか、Bなのか迷うのは30代以降」と言えるのです。

こんにちは。田澤です。 今週は3連休ですね。 私は、土曜日は市川なので2連休です。   せっかくの2連休、久しぶりに温泉に行ってきます。 仙台時代、温泉といえば「秋保」「作並」「遠刈田」   しかし東京で温泉といえば「熱 …

今週のコラム 100回目! 「若いから」抗ガン剤をしましょう。は過ちなのです。

こんにちは。田澤です。 記念すべき100回!です。 初回は2015年11月9日ですから、1年11カ月間となります。 まるで週刊誌に連載を抱える作家のように「ネタ」に困ったこともありましたが、最近では常に「これって、今週のコラムに使えそうだ! …

今週のコラム 99回目 ★グレードは「参考程度」ということでいいですね?

すっかり秋めいてきました。 どうしても、「秋」という言葉には寂しい響きが伴います。(夏の解放感、存在感は大きいですよね)   ただ、夏を惜しむ気持ちは、年々少なくなってきています。 梅雨明けと同時に「海に飛び込んでいた」少年時代 …

『今週のコラム67回目 「術前や術後に、一体何回くらい外来受診が必要なの?」』を一部改訂しました。

今週のコラム67回目「術前や術後に、一体何回くらい外来受診が必要なの?」を見てもらえば解りますが… 今まで術前外来は1回で「初診~診察、説明同意書、入院案内」済ませることができましたが、「書類上の誤記載防止」のために「説明同意書、入院案内は …

今週のコラム 98回目 ♯このグレーゾーンを「AとBに分ける」ためにOncotypeDXがあるのです。

台風ですね。(この時期は仕方がないとはいえ…) せっかくの「3連休」が台無し。(日本経済にも打撃がありそうですね。「旅行のキャンセル」とか、「外出控え」など)   私はというと。 「貯まっていた仕事を片付け、(更に)先の仕事までや …

「脇のしこり」が気になる方は、管理番号「4917」「5449」をまずはご一読ください。

こんにちは。田澤です。 「脇のシコリ」=「(腋窩)リンパ節」=「転移(もしくは悪性リンパ腫」という、怖い連想をする方が多いように思います。 おそらく、この(極めて誤った)連想には「中途半端な情報(特にネット?)」が『悪』影響しているのではな …

今週のコラム 97回目 「腫瘤非形成性病変」の診断には、『広範囲の組織診(マンモトーム)が必要』そういうことなのです。

みなさん。こんにちは。 今朝、Onctype DXの情報提供などを受けていたので、このコラムを公開するのが少し遅れてしまいました。 近々、このコラムで「それら、最新情報を含めて」取り上げて、「巷にあふれている誤解」について正したいと思います …

今週のコラム 96回目 (乳管内腫瘍が疑われる以上)乳管腺様区域切除をして診断的治療注」を行いましょう

9月になりました。 「涼しくて快適だ」と感じる一方で「過ぎ去った夏」への寂しさもあります。 熱はエネルギー 寒くなることへの不安は、もしかして人間が生命体として本能的なものなのかもしれません。   昨日のFMで我らが「阿部礼二」が …