乳がん手術は江戸川病院・東京


今週のコラム 110回目 その成績(2017/1月~10月 乳管腺葉区域切除手術症例 46症例)について

  今日もTOKYO FM聴いていたら、sunday back nineというプロゴルファー丸山茂樹の番組。 元ボクシング世界チャンピョン「長谷川穂積」 「僕がいまだに走っているのは、体力をつけるためではなく、自分に勝って毎日走る …

今週のコラム 109回目 これは、「どちらが正しいのか?」という問題ではなく「どちらの診療を支持するのか?」患者さん自身に(その判断を)委ねます。

つい昨日(12月2日)日本乳癌学会関東地方会2017がありました。 発表が11時~だったため、土曜日市川外来を休診とさせてもらいました。(多方面に御迷惑をおかけしました)   内容的には2017 1月~10月までの当院での「乳管内 …

今週のコラム108回目 私は「葉状腫瘍の厄介さ」をご理解していただけることを望んでいます。

「オオカミと森の研究所」 今朝、お気に入りのVoice of Forestを聴いていたら流れてきました。 朝倉氏曰く「日本の森にオオカミを戻そう!」との活動のようです。 走りながら聴いていて「日本オオカミって、絶滅したよな? 夢物語?」 イ …

今週のコラム 107回目 術前組織診よりグレードが上がった8症例の内訳

今朝は冷えましたねー。 am5時、お気に入りのFM(voice of forest)を聴きながらの江戸川河川敷 凍えるような冷たい向かい風。そんな時こそ(体を縮こまらせずに)無理にでも「上体を起こして」走る 逆境に立った時にこそ、より強く「 …

今週のコラム 106回目 「前医でCNB(バネ式)良性」を信じられない私をご理解ください。

みなさん、こんにちは。 昨日は(前回、予告したように)「イブランス発売記念講演会」に行ってきました。 データは、かなり優秀! しかも副作用がコントロールできそう。(この点が、同じような薬剤として数年前に発売されたEverolimusとは大違 …

今週のコラム 105回目 「前医で細胞診良性」を信じられない私をご理解ください。

パルボシクリブ(イブランス) これが暫くぶりに「鳴り物入り」で登場する薬剤です。(本当に久しぶりに、大物登場です) 通常の抗がん剤とも違うし、分子標的薬でもありません。 CDK4/6阻害剤という全く新しいアプローチで、(ホルモン療法と併用で …

今週のコラム 104回目 バネ式針生検の登場は、(あたかも全自動洗濯機の登場のように)現場を変えたのです。

今週末も台風。そして雨。 この時期、雨が降るたびに季節がすすみ寒くなりますね。 仙台時代の私は、この時期は「早く雪が降らないかなぁ」 白銀のゲレンデに夢をはせていました。 今思えば、「夏が去る寂しさ」から(自分自身)眼を逸らしたかったのかも …

今週のコラム103回目 超音波像は(線維腺腫というより)葉状腫瘍の特徴(葉状構造や裂隙など)を持っています

めちゃくちゃな天気ですね。 大雨、朝のランニングは全身ぐっしょり。 日曜日なのに気が滅入りそうです。 だけど、こんな時こそ(前かがみになり縮こまらずに)胸張って上体を起こして走るのです。   FMから流れたshort story …

今週のコラム 102回目 妊娠授乳期の「(突然できたかのような)大きい、しかし扁平な腫瘤」を見たら… それは、「授乳期腺腫」かもしれません。

突然の「気温差」 皆さん。体調壊していませんか? 先週、「半袖」で熱海へ行ったのに、その週末には長袖で走ることになるとは。 幸い、私はここ数年(風邪など)体調を崩してはいません。   先週の「せか○え」 とてもいいところです。 こ …

今週のコラム101回目 (Ki67が20代はluminal Aの可能性が圧倒的に高く)本当に「Aなのか、Bなのか迷うのは30代以降」と言えるのです。

こんにちは。田澤です。 今週は3連休ですね。 私は、土曜日は市川なので2連休です。   せっかくの2連休、久しぶりに温泉に行ってきます。 仙台時代、温泉といえば「秋保」「作並」「遠刈田」   しかし東京で温泉といえば「熱 …