乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


◎乳腺にできる悪性腫瘍の殆どは乳癌です。

但し、非常に低頻度ではありますが、以下のものがありますので、ここで紹介します。

悪性葉状腫瘍

(乳腺悪性腫瘍に占める頻度:0.04%~0.5%程度)

乳がん1

葉状腫瘍は良性~境界悪性~悪性まで幅広い。

葉状腫瘍はこちらで詳しく解説しています。

 

血管肉腫

(頻度は全体で0.05%程度)

以下の2つに分けられる。

原発性血管肉腫 頻度は0.0005%と極めて稀
何の誘因もなく発生するものをいう
続発性血管肉腫 頻度は0.05~0.16%と稀ではあるが①よりは多い
乳癌(温存)術後の放射線照射が誘因と考えられる。
※近年、乳癌温存術の普及とともに報告が増加している。

 

 

乳がん2

上図は私の経験した続発性血管肉腫のCT像

非常に造影効果が高い(血管が豊富)であることが解ります。

また、皮膚所見では特徴的な発赤を認めます。(下図)

乳がん3

 

 

悪性リンパ腫

(頻度は文献的には0.5%弱)

但し、私の乳癌2000例の経験で1例位しか遭遇していないため実際はもう少し稀であると思われる。

*治療は悪性リンパ腫に準ずる。